ツアーのポイント

ポイント タブリーズとバンダル・アンザリーに連泊し、周辺の村々も観光

北西部の2都市を拠点に、キャンドヴァン村やマースーレ村など近郊の散策もお楽しみいただけます。

ポイント 世界遺産のタブリーズ・バーザールへ

中東最古のバーザールといわれ、世界遺産にも登録されているタブリーズのバーザール。 マルコ・ポーロもその大きさに驚嘆したというイラン国内最大の大きさを誇る市場は必見です。

ポイント 安心の日本語ガイドと専用車でご案内するプライベートツアー(全食事付き)

日本語ガイドと専用車による案内・送迎付きで、初めての土地でも安心してご旅行をお楽しみいただけます。他のお客様との乗り合いにはなりません。

ポイント 各種アレンジも承ります。お気軽にご相談ください。

延泊や訪問都市の変更などご希望に応じたアレンジも承ります。ぜひご相談ください。

訪問する
世界遺産

タブリーズ・バーザール

出発日と料金

2019年 
出発日
旅行代金
09月01日(日)~09月12日(木) 288,000円
09月13日(金)~09月22日(日) 308,000円
09月23日(月)~09月30日(月) 288,000円
10月01日(火)~10月31日(木) 288,000円
11月01日(金)~12月19日(木) 268,000円
12月20日(金)~12月26日(木) 308,000円
12月27日(金)~12月30日(月) 348,000円
12月31日(火)~01月12日(日) 288,000円
01月13日(月)~02月06日(木) 270,000円
02月07日(金)~03月10日(火) 278,000円
03月11日(水)~ お問合わせください
燃油サーチャージ 東京/ドーハ/テヘラン 往復
カタール航空の場合:2019年9月現在不要です。

東京・大阪/ドバイ/テヘラン 往復
エミレーツ航空の場合:24,000円(2019年9月現在)
一人部屋追加代金 28,000円
一人参加の追加料金
(一人部屋追加代金込み)
98,000円
  • 日本出発(往路)が金・土、もしくは日本着(復路)が土・日の場合、それぞれ3,000円の追加料金がかかります。
  • 日本の国内線割引:日本各地の都市から往復無料で別途手配いたします(ただし、利用航空会社の指定の予約クラスに空席がある場合に限る)。詳しくはお問い合わせください。
  • 羽田便出発をご希望の場合は、3,000円の追加料金がかかります。
  • 表内の料金は、2名様で参加され、ツインルームを2名様で使用された場合の1名様の料金です。
  • 3名様以上のグループは別途お見積もりさせていただきますのでお問い合わせください。
  • 国際線のビジネスクラスをご希望の方はお問い合わせください。

ツアー日程表

地名 スケジュール
1日目 東京 空路、東京(成田空港・羽田空港)よりドーハへ。
食事 朝:- 昼:- 夜:-/機中泊
2日目 ドーハ
テヘラン
タブリーズ
ドーハ着後、航空機を乗り換え、イランの首都テヘランへ。着後、入国・通関を済ませ、ガイドの出迎えを受けた後、専用車にてテヘラン国内線空港へ。空路、タブリーズへ。着後、ホテルへお送りします。
食事 朝:- 昼:○ 夜:○/タブリーズ泊
3日目 タブリーズ
キャンドヴァン
タブリーズ
専用車にて、午前はキャンドヴァン村の散策へ。午後はタブリーズ市内へ戻り、ブルーモスクアルゲ・タブリーズの観光、そしてイラン最大級の大きさを誇り中東最古のバーザールと称される世界遺産のタブリーズ・バーザールへご案内します。
食事 朝:○ 昼:○ 夜:○/タブリーズ泊
4日目 タブリーズ
バンダル・アンザリー
専用車にて、バンダル・アンザリーへ移動します。途中、ハルハールやアサーレムの自然豊かな景色をお楽しみください。バンダル・アンザリー着後、アンザリー湾にてボート遊覧へご案内します。カスピ海沿いの風景をご堪能ください。
食事 朝:○ 昼:○ 夜:○/バンダル・アンザリー泊
5日目 バンダル・アンザリー
マースーレ
ルードハーン
バンダル・アンザリー
終日、専用車にてバンダル・アンザリー郊外の観光へ。タレシュ山中にあるユニークな建築様式のマースーレ村、セルジューク朝の要塞が今も残るルードハーン城砦へご案内します。
食事 朝:○ 昼:○ 夜:○/バンダル・アンザリー泊
6日目 バンダル・アンザリー
テヘラン
専用車にて、陸路テヘランへ戻ります。テヘラン空港到着後、ガイドの見送りを受け、空路ドーハへ。
食事 朝:○ 昼:○ 夜:-/機中泊
7日目 ドーハ
東京
ドーハ着後、航空機を乗り換え、帰国の途へ。着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝4/昼5/夜4:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:カタール航空、エミレーツ航空、イラン国内線(イラン航空、アーセマーン航空など)
  • 最少催行人員:1名
  • 添乗員は同行しませんが、日程表記載の日本語ガイドがご案内いたします。
  • 各地のホテルのチェックインは午後から、チェックアウトは午前中となります。
  • 朝・昼食は日程の都合により、お弁当になる場合があります。
  • 上記はカタール航空利用の日程です。エミレーツ航空利用の場合は観光内容は変わりませんが、乗換地がドバイになります。

料金に含まれるもの

交通費 国際線エコノミークラス航空運賃
カタール航空利用の場合:東京/ドーハ/テヘラン 往復
エミレーツ航空利用の場合:東京・大阪/ドバイ/テヘラン 往復

イラン国内線エコノミークラス航空運賃及び燃油特別付加運賃、航空保険料
(テヘラン~タブリーズ 片道)
ガイド料金 日程表記載の現地日本語スルーガイド料金
※繁忙期は日本語ガイドが不足する場合がありますので、お早目にお申込みください。
送迎費 日程表記載の専用車、送迎係員およびドライバー料金。
見学料金 日程表記載の各見学地における入場料。
宿泊費 日程表記載の各地における宿泊料金、及び税金、サービス料。
食事料金 日程表記載の食事代(朝4/昼5/夜4:機内食除く)

料金に含まれないもの

査証(ビザ) イラン査証代実費:2,700円
査証取得代行手数料:10,800円
※旅券の残存有効期間はイラン入国時6ヶ月以上、パスポートの未使用査証欄は見開きを含む2ページ以上必要です。査証申請に必要な写真は1枚(縦4cm×横3cm)、白黒またはカラー(背景が白いものが必要/眼鏡着用不可)
※現在のパスポートにイスラエルの出入国スタンプがある方は、イランに入国できない場合がありますので、お早めにお問い合わせください。
空港施設利用料 成田空港:2,610円、羽田空港:2,670円、関西空港:3,040円
国際観光旅客税 1,000円
海外空港税諸税 イラン国際線:3,700円
燃油特別付加運賃 東京/ドーハ/テヘラン 往復
カタール航空の場合:2019年9月現在不要です。

東京・大阪/ドバイ/テヘラン 往復
エミレーツ航空の場合:24,000円(2019年9月現在)
航空保険料 東京/ドーハ/テヘラン 往復
カタール航空の場合:約1,900円2019年9月現在)

東京・大阪/ドバイ/テヘラン 往復
エミレーツ航空の場合:2,320円(2019年9月現在)
個人的費用 超過手荷物料金、クリーニング代、通信費、医療費、日程表記載以外の飲食代、その他個人的性質の費用。
ガイド・ドライバーへのチップ ガイド・ドライバーへのチップについては含まれておりませんので、適宜、現地にてお支払いください。
海外旅行保険料 別途、ご加入することをお勧めいたします。

ご案内とご注意

利用予定ホテル ■タブリーズ:インターナショナル、ゴスタレシュ、シャフルヤール、パールス、ベフブード、ペトロシーミー、アフラーブ、エステグバール
■バンダル・アンザリー:セフィード・ケナール、デニーズ、ドルフィン、カードゥーサーン、アルマス、ベヘシュト・タラブ、パルシン、ズィーバー・ケナール、ツーリスト・イン
イスラム教のご注意 イランはイスラムの戒律の大変厳しい国の1つです。酒類の持込や飲酒は厳しく禁じられております。 また、女性は観光客の方も頭髪を含む肌の露出が禁止されています。
観光のご注意 イランの遺跡や博物館、モスク等は宗教行事や政治的行事のために急に入場できなくなることがあります。また考古学遺跡には現在も発掘・修復中のところも多く、秘密保持や遺跡保護のため突然入場や写真撮影が制限されることがあります。予めご了承ください。
渡航情報 2019年9月現在、当該地域には「レベル1:十分注意してください」という危険情報が日本外務省から発出されております上記以外にも、更新情報や最新スポット情報などが出ている場合もございますので、最新の情報につきましては担当にご確認ください。また、外務省情報につきましては、出発前に必ずご一読ください。
外務省海外安全ホームページ
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-395 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-8384
  • 大阪

    03-3237-0638

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。