秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 旅行ガイド > 世界の山旅 > 高山病対策

高山病対策
 

山旅には、高山病は必ず付きまとう問題です。高所に強い人、弱い人、さらに高山病の自覚症状は人によって様々で、いろいろな印象や噂が語られているため、混乱を招いているのが現状です。高所に強い人がよく語る「心配ないよ。ぜんぜん平気だった。大丈夫」という言葉を信用せずに、「高山病は悪化すると死に至る」ということを肝に銘じて、正しい知識を持つことが重要です。正しい知識をもって適切な行動をとれば、心配なく旅行を楽しむことができます。

高山病について
パルスオキシメーター
ガモウバック
【高山病とは】

空気の薄い4000m前後の高所では人によって程度の差はありますが、何らかの高度障害が現れます。その症状としては頭痛、食欲不振、吐き気、不眠、運動失調、手足の痺れ、浮腫み等の軽いものから、肺水腫や脳浮腫の様な重度のものまであり、症状が進み重度の高山病にかかると簡単に死に至ってしまいます。

初めは頭痛など風邪に近い症状から始まります。ただし、高所を訪れてから最初の1~2日は体が高所に慣れていないため、頭痛や立ちくらみ等の症状が出るのは普通のことであまり心配はありません。何日経っても頭痛が取れずひどい、顔や手足の浮腫みがひどい、食欲がまったくない、咳が止まらない、となったら要注意です。すぐに旅行を中断して、一刻も早く標高を下げましょう。高山病は標高を下げない限り回復しません。酸素吸入や投薬では、一時的に緩和することがあっても治ることはありません。

【旅行前には体調管理を万全に】

現地ではもちろんのこと、旅行の前に体調を整えておくことは非常に大切です。風邪気味のまま突然高所に行くと、どんなに高所に強い人でも高山病にかかってしまいます。

高山病にかかりにくくする、また軽度でおさえるようにする予防法として下記のことを心がけましょう。

(1) 深い呼吸・・・
現地に着いたらすぐに横にならずに、ゆっくりと深呼吸をしながら散歩でもしましょう。高所に着いて最初のうちは睡魔がおそいます。高山病は呼吸の浅い睡眠中に進行してしまいますので、眠気をぐっと我慢して、深呼吸と散歩で体に空気をたくさん取り入れましょう。朝起きて頭痛がひどい時にも、深呼吸してゆっくり歩くことは有効です。

(2) 水分の摂取・・・
乾燥のひどい高所では体内から急速に水分が奪われ、体内で酸素を運ぶ血流が阻害されてしまいます。チベットにいる間は、平地の何倍も水分を摂るように心がけて下さい。

(3) 睡眠を十分に取る・・・
体調管理は重要です。夜遊びが過ぎて、睡眠不足のまま高所の旅行を続けると、高山病にかかりやすくなります。ただし、高所では眠りが浅くなりがちで、最初のうちはなかなか寝付けないものです。その場合は無理に眠ろうと焦らずに、ゆっくり深呼吸をして眠くなるまで本でも読みましょう。

(4) 保温に気をつけて暖かくする・・・
血流をよくするためにも保温は重要です。十分な防寒具を持っていって、こまめに温度調節しましょう。
(5) アルコールの摂取は控える・・・
高所に慣れるまでは、お酒は控えましょう。お酒を飲んで眠ると呼吸が浅くなりますので、アルコールはほどほどに。

パルスオキシメーター

指先を切ったり、針を刺したりすることなくに、つけるだけで脈拍数と動脈中の酸素飽和度を測定することができます。特に酸素飽和度の測定で高度順応の度合いを客観的に数字で判断する目安となります。

酸素飽和度は通常、平地では95から100%近くなり、高度を上ていくと数値が下がっていきます。西遊旅行の高地へのツアーでは添乗員がパルスオキシメーターを持参して計測し、毎日の健康チェックに努めています。

ガモウバックは携帯加圧装置とも呼ばれ、寝袋のような袋です。袋の中を加圧し、その内部を1000から2000m程度、標高を下げた状態にすることができます。

高山病に対応できる病院や設備のない高地で、高山病患者の症状の悪化を防ぐために使われます。西遊旅行の高地ツアーの一部コースでは、ガモウバックを添乗員が持参します。

ガモウバック