シュンドルボン国立公園・パハルプールの仏教遺跡等を訪れる旅 「バングラデシュを撮る」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 南アジア(インド・ブータン等)方面 > バングラデシュを撮る

バングラデシュを撮る

写真撮影に徹底的にこだわった特別企画 通常ツアーで訪れないような厳選の撮影スポットへ

  • 世界遺産
  • 遺跡・史跡
  • フォトジェニック
  • バングラデシュの美しい農村風景と出会う
  • 美しいシュンドルボンの森をクルーズ
  • リキシャが行き交うオールド・ダッカ
  • 人々の笑顔に出会う
  • 船着き場にて石や砂を運ぶ人々
  • 市場にて
  • カタツムリを剥く女性
  • モングラ周辺の村にて
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • ツアーレポート
  • このツアーの地図を見る
ココに注目!

訪問する世界遺産

シュンドルボン国立公園/パハルプールの仏教遺跡

ツアーのポイント/ Tour Point 

●農村が最も美しく輝く季節限定企画

11月はコメの収穫の季節、黄金色の稲穂がまぶしく輝きます。今も機械だけに頼らず、手作業で行われる農作業に勤しむ村人やその風景に出会います。

●撮影に目的を絞った11名様限定の旅

美しくたくましいバングラデシュを撮影する特別企画。村の訪問と撮影をスムーズに行うために、最大11名様の少人数限定でご案内いたします。

●世界遺産シュンドルボン国立公園をクルーズ

世界最大のマングローブの森が広がるシュンドルボン国立公園をクルーズ。果物などの荷を載せて行き交うボートや、漁をする人々、川沿いに暮らす人々を撮影します。

素朴な農村風景、豊かな自然、喧噪の街…
美しくたくましいバングラデシュを撮る

農村の暮らし

道中の村ではその季節おりおりの農作業が行われています。稲刈りや脱穀、家畜の世話など美しい農村の風景の中で働く人々、日常の暮らしの風景を撮影します。

水とともに生きる、川沿いの暮らし

大河と網の目のように支流が走る大地。人々は、この豊富な水からの恵みを受けて共存してきました。漁をする姿、活気にあふれる船着き場などを撮影します。

稲刈の作業風景

伝統のカワウソ漁を撮影

人や物が行き交う街の暮らし

世界で最も人口密度の高い国として知られているバングラデシュ。中でもダッカの人口は最も多く、朝から車のクラクションやリキシャのベル、物売りの大声などが響きます。喧噪のオールドダッカ、船着き場ショドルガート、ダッカ郊外や道中でも様々な街の風景に出会えます。
  • クルナへの道中 線路脇の風景

  • 活気溢れる船着き場ショドルガート

バングラデシュの微笑み

バングラデシュでは、いたるところで人々の笑顔と出会うことができます。国民の80%以上はイスラム教徒ですが、他のイスラム教国と比べて外で働く女性の姿を多く見かけ、村を訪れると女性たちはあたたかく迎えてくれます。詩人タゴールが「我が黄金のベンガルよ」と讃えた豊かな大地や美しい農村風景、またその黄金の輝きを生み出す人々の笑顔に出会う旅です。
  • バイクタクシーとすれ違う

  • 農作業をする女性

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
アジア内都市
午前又は午後発 空路、東京・大阪よりそれぞれアジア内都市へ。着後、航空機を乗り換えて、首都ダッカへ。着後、ホテルへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、アジア内都市にて合流します。
ダッカ泊
大阪
アジア内都市
午前又は午後発
アジア内都市
ダッカ
夜又は深夜発
2 ダッカ
タンガイル
ボグラ
07:00発

18:00着
早朝、リキシャが行き交う喧噪のオールドダッカと活気溢れる船着き場のショドルガートを撮影。ダッカ郊外では川岸の船着き場にて石や砂を運ぶ人々を撮影します。その後、専用バスにて北部バングラデシュのボグラへ。途中、タンガイルの村で織物に従事する人々、景色を撮影、また、鉄道駅にて行き交う人々の風景を撮影します。
ボグラ泊
3 ボグラ
モハスタン
パハルプール
ラジシャヒ
08:00発


18:00着
道中の村での写真撮影をしながら、専用バスにてラジシャヒへ。途中、世界遺産でありインド亜大陸最大の仏教遺跡パハルプールを訪問。美しいレリーフや観光に訪れたバングラデシュの人々の姿を撮影します。また、ジョイプルハットではマーケットの様子を撮影します。
ラジシャヒ泊
4 ラジシャヒ
プティア
クルナ
08:00発

19:00着
早朝、朝靄に包まれたガンジス川と川沿いに集う人々、漁をする人々の景色を撮影。天気が良ければ、ガンジス川に映る朝日を撮影いただけます。その後、専用バスにてテラコッタ装飾が美しいプティアのヒンドゥー寺院群を見学。廃墟のような遺跡、街並みや人々を撮影します。道中の村での写真撮影をしながらクルナへ。
クルナ泊
5 クルナ
(シュンドルボン国立公園)
08:00発
10:00着
専用バスにてモングラへ。着後、世界最大のマングローブの森が広がるデルタ地帯・シュンドルボン国立公園をクルーズ。果物などの荷を載せて行き交うボート、漁をする人々、川沿いの暮らしを撮影。夕陽の撮影後、船着き場へ。専用バスにてクルナへ戻ります。
クルナ泊
6 クルナ
ダッカ
08:00発
18:00着
専用バスにてダッカへ。道中、畑で働く人々や乾燥したジュートなどを撮影し、ガンジス川をフェリーで渡ります。
ダッカ泊
7 (ショナルガオン)
ダッカ
  朝、ダッカ市内最大の野菜卸市場と線路脇のスラムに暮らす人々の様子を撮影。午後、ダッカ郊外のショナルガオンを訪れ、古い街並みを撮影します。夕食後、空港へ。
機中泊
8 ダッカ
アジア内都市
夜又は深夜発 空路、アジア内都市へ。着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。
着後、解散。
アジア内都市
東京
朝又は午前発
アジア内都市
大阪
朝又は午前発
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝6/昼6/夜6:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:タイ国際航空、キャセイパシフィック航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2018年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
11月10日(土) ~ 11月17日(土)
収穫の季節
8日間 328,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は7,500円~18,600円です(5月9日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 7名(11名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 36,000円
少人数限定コースのため再利用割引・特別割引はありません。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) バングラデシュ(無料)、代行手数料(4,320円)、写真1枚。旅券の残存有効期間・査証欄余白は入国時に6ヶ月以上・3ページ以上必要です。
気候・服装 乾期のベストシーズンです。日中は半袖又は長袖シャツで過ごせますが、朝晩は冷え込みますので上着もお持ちください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
宿泊について 地方のホテルはバスタブがなくシャワーのみでお湯の出が悪いこともあります。また、ホテルの部屋数が少ないため、稀に御一人部屋をお取りできないことがあります。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
写真撮影について 全行程添乗員がご案内し、講師などの同行はありません。
その他のご注意 各地の農作物の色付きなどはその年の気候により多少ずれることがあります。写真や日程表中の風景は必ずしも見られるとは限りません。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行