ツアーのポイント

ポイント 黄葉に色づく美しき秋のバルト3カ国の森を歩く

黄葉に色づく秋のバルトの美しい時期に合わせ、ヨーロッパの北国の森と湖の大自然の中を歩きます。手つかずの自然が残るリトアニアの奥地のアウクシュタイティヤ国立公園や、30以上の湖と森に囲まれたトゥラカイ歴史自然保護区。渓谷と緑の美しさで"ラトヴィアのスイス"と呼ばれるスィグルダにあるガウヤ国立公園。エストニアの最も歴史のあるラヘマー国立公園ををゆっくり散策し楽しみます。

ポイント 世界遺産の3つの古都を散策

3ヵ国の首都の旧市街の散策も大きな見どころ。東西欧州の接点としてさまざまな人種が住んでいたことから、カトリックと異文化の十字路と言わているヴィリニュス。ハンザ同盟都市として中世の面影を色濃く残すリーガ、北欧と東欧を感じるエストニアの世界遺産タリン。中世の息吹を感じ、3ヵ国の歴史や伝統にふれる旅です。

ポイント 美しきバルト3カ国をめぐる

中世の面影を色濃く残すリトアニア第2の都市カウナスを訪問し、6000人ものユダヤ人の命を救った"日本のシンドラー"杉原千畝氏の功績を讃えた杉原記念館。湖上の島に築かれた古城・トゥラカイ城(トゥラカイ歴史自然保護区)、リトアニアの象徴的な聖地である十字架の丘、ガウヤ国立公園の「神の庭」と讃えられる赤レンガの古城・トゥライダ城など、見どころ満載です。

ポイント 無形文化遺産 キフヌ島にも訪問

バルト海に浮かぶエストニアのキフヌ島は周囲15キロメートル。500人が暮らす小さな島です。女性はいまだに伝統的な縞模様のスカートをはいて暮らしていて、本土ではすでに失われてしまった歌や踊り、手工芸などが残っており女性たちが、何百年にも渡って受け継いで来た独特の文化が無形文化遺産に指定されています。
ガウヤ国立公園をゆっくり散策
ベニテングタケ
訪問する
世界遺産

ヴィリニュス歴史地区(リトアニア)、リガ歴史地区(ラトビア)、タリン歴史地区(エストニア)

出発日と料金

2024年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
09月22日(日) ~
10月01日(火)ご好評につき追加設定・黄葉に色づく季節
10日間 668,000円
10月02日(水) ~
10月11日(金)黄葉に色づく季節・中沢伴行(東京本社)同行
10日間 668,000円
発着地 東京・大阪発着 最少催行人員 7名(12名様限定)添乗員同行
燃油サーチャージ

93,200円(1月26日現在の見込み)

一人部屋追加代金 78,000円
国際線のビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。
  • 相部屋ご希望の場合でもご出発時点で相部屋の方がいらっしゃらない場合は、一人部屋追加代金が必要となります。予めご了承ください。

コース難易度

体力 歩きやすく、勾配も少ないトレイルです。歩くことが好きな方でしたらどなたでもご参加いただけます。
宿泊 全ホテル泊
荷物 スーツケースでご参加いただけます。ハイキング中のデイパックをご用意ください。



ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール
1 東京
大阪
21:55発
21:50発
空路、東京・大阪よりそれぞれトルコ最大の都市イスタンブールへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、イスタンブールにて合流します。
機中泊
2 イスタンブール
イスタンブール

イスタンブール
ヴィリニュス
05:15着
05:00着

07:50発
10:50着
イスタンブールで航空機を乗り換え、リトアニアの首都ヴィリニュスへ。午後、深い緑に囲まれた都ヴィリニュスの観光聖ペテロとパウロ教会聖アンナ教会や16世紀創立のヴィリニュス大学などが並び立つ旧市街の散策等)
ヴィリニュス泊
3 ヴィリニュス
カウナス
午前発
夕方着
午前中、専用車にて手つかずの自然が残るリトアニアの奥地のアウクシュタイティヤ国立公園へ。 大小126もの湖が点在し、潤沢な水と緑の丘が見渡す限り続く、公園内の散策をお楽しみください。(約2時間)
午後、湖上の島に築かれた古城・トゥラカイ城を見学。30以上の湖と森に囲まれたトゥラカイ歴史自然保護区のハイキング(1~2時間)もお楽しみください。専用車にて、中世の面影を色濃く残すリトアニア第2の都市カウナスへ。
カウナス泊
4 カウナス
シャウレイ

午前発
夕方着

午前、6000人ものユダヤ人の命を救った"日本のシンドラー"杉原千畝氏の功績を讃えた杉原記念館、大聖堂やバロック様式の旧市庁舎のある旧市街を見学します。
午後、専用車にてリトアニアの象徴的な聖地である十字架の丘へ。専用車にて、シャウレイへ。
シャウレイ泊
5 シャウレイ
(国境)
リーガ
午前発

夕方着
専用車にて、ラトヴィアの首都リーガへ。終日、リーガ市内観光(ひと際高い123mの塔がそびえる聖ペテロ教会ブラックヘッドのギルドリーガ大聖堂、三人兄弟と呼ばれる中世の住宅、唯一残る城門のスウェーデン門等)。壮麗な建物が並び建つ旧市街をゆっくり散策します。
リーガ泊
6 リーガ
スィグルダ
(国境)
パルヌ
午前発


夕方着
午前中、専用車にて渓谷と緑の美しさで"ラトヴィアのスイス"と呼ばれるスィグルダへ。着後、ロープウェイに乗って、深い渓谷とガウヤ川の流れる美しい渓谷の景観もご覧いただきます。渓谷美を楽しみながら、ガウヤ国立公園をゆっくり散策。「神の庭」と讃えられる赤レンガの古城・トゥライダ城も見学します。その後、専用車にて国境を越えエストニアのパルヌへ。
パルヌ泊
7 パルヌ
キフヌ島
タリン
午前発

夕方着
フェリーにて伝統文化が今なお息づくバルト海のキフヌ島へ。赤を基調にしたカラフルなスカートを身にまとい、日常生活を送っているキフヌの女性たちなど、本土ではすでに失われた生活文化が残っている島の中心にある博物館や教会を歩いて訪れます。(片道約30分) 見学後、フェリーにてパルヌへ。専用車にてエストニアの世界遺産・中世の町タリンへ。
タリン泊
8 タリン
(ラヘマー国立公園)
  専用車にてラヘマー国立公園へ。ヴィル湿原の木道歩きを楽しみます。(約2時間)
午後は、タリンへ戻り旧市街のかわいい雰囲気の街並みを歩いて楽しみます。(中世時代の砲塔太っちょのマルガレータ、タリンの旧市街を一望できるコフトウッツァ展望台聖カタリナ通りトーンペアの丘職人たちの中庭等)。
タリン泊
9 タリン
イスタンブール
19:30発
23:10着
午前中、自由行動。昼食後、希望者は添乗員と旧市街の散策へ。専用車にて空港へ。航空機にてイスタンブールへ。 
機中泊
10 イスタンブール
東京
イスタンブール
大阪
02:20発
19:25着
02:00発
20:00着
着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝7/昼8/夜7:機内食は除く
  • 上記はターキッシュエアラインズの日程です。フィンエアー利用の場合は、乗り換え地がヘルシンキとなり、国際線の発着時刻が異なります。
  • 利用予定航空会社:ターキッシュエアラインズ、フィンエアー

ご案内とご注意

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間はリトアニア・ラトヴィア・エストニア共に出国時に3ヶ月以上、査証欄の余白はリトアニアは2ページ、ラトビアは1ページ、エストニアは連続2ページを含む計4ページ必要になります。
気候・服装 ハイキング中は長袖シャツが基本となります。天候によって気温は大きく変わります。晴れると10℃前後まで暖かくなりますが、朝晩や曇天・降雨の日は5℃程度まで冷え込むこともあります。フリースなどの上着に加え、薄手のダウンジャケットなど防寒具が必要です。また、上下セパレート式の雨具をお持ちください。靴は防水の効いたトレッキングシューズが最適です。
利用予定ホテル 下記のホテルリストをご覧ください。
■ヴィリニュス:ベスト ウエスタン
■カウナス:ベスト ウエスタン
■シャウレイ:ホテル シャウレイ
■リガ:ラディソン ブル
■パルヌ:パルヌホテル
■タリン:ノルディック ホテル フォーラム
観光について 天候などの状況によりルートを変更したり、中止する場合もあります。
旅行条件について 取引条件はこちらの 海外旅行 旅行条件書を、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:00 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。