ツアーのポイント

ポイント ザトウクジラのバブルネットフィーディングが観察できる確率が高い7月限定企画

7月はザトウクジラが東南アラスカの海峡に集まる季節。ザトウクジラが見せる独特の漁“バブルネットフィーディング”の観察を狙います。また、ブリーチングと呼ばれる大きなジャンプ、胸鰭で水面を打つペック・スラップ、尾鰭で打つテール・スラップ、水中から頭を出し水上の状況を確認するスパイホップなどザトウクジラの様々な生態を観察できるチャンスがあります。

ポイント 少人数限定・MVディスカバリー号で巡る快適なインサイドパッセージの船旅

バブルネットフィーディングの観察の際、大型の船ではクジラの近くまで近寄ることができないため、小型のボートが適しています。今回のツアーでは最大7名様までの少人数限定クルーズで、間近にバブルネットフィーディングを狙います。

COLUMN ザトウクジラの水面行動

ブロー

息継ぎのため潮を吹く行動。大人は15分、子供は5分間隔ほどです。

フルーク・アップ

深くもぐる前に模様が見えるほど尾びれを高く上げた状態。

テール・スラップ

空中に突き出した尾びれを海面に力強く振り下ろす行動。

ヘッド・スラップ

頭から大きく飛び出し、海面にたたきつけます。

ブリーチング

体長10m以上、20~30トンある体が水面を飛びます。

スパイホップ

頭を出し水上の状況を確認する行動。

COLUMN 「バブルネットフィーディング」とは

東南アラスカの海には、毎年7月頃にザトウクジラが集まり、“バブルネットフィーディング”という独特の漁を行う事で知られています。数頭から数十頭の群れを成し、魚の群れを円を描くようにまわりながら泡を吐き出して魚を一カ所に追い込みます。ヒレを使いながら魚を取り囲み、魚群の下から一匹の鯨が大きな声を発し、パニックになった魚を上へと追い込みます。追いこみをする群れの上では別の鯨が泡を出して旋回し、バブルネットを作り、魚の群れをこの中に閉じ込め、最後には全ての鯨が大きな口をあけて海面へと飛び出し、一気に捕食するのです。このバブルネットフィーディングは東南アラスカのザトウクジラの特徴とされており、捕食する魚が豊富に集まる7月に多く見られる現象です。東南アラスカの中でも特に、アドミラルティ島近郊で良く観察することができます。

COLUMN MVディスカバリー号で巡る快適なインサイドパッセージの船旅

東南アラスカのインサイドパッセージを中心に1981年から多くのワイルドライフクルーズを実施した実績を持つMVディスカバリー号で巡る7泊8日の旅。客室は全6部屋、最大7名様までの少人数限定クルーズです。美しいマホガニーで作られたダイニング、クルーズ中のひと時をゆっくりと過ごす事ができるサロンやラウンジ、野生動物が観察できる展望サロンなど設備も充実。快適なインサイドパッセージの船旅を演出してくれます。

MVディスカバリー号外観
甲板からホエールウォッチング
サロン
ダイニングルーム
スーペリアシングルキャビン
ベーシックツインキャビン
展望サロン

出発日と料金

2021年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
07月06日(火) ~
07月16日(金)
11日間 【予価】下記をご覧ください
客室タイプ(MVディスカバリー号) 旅行代金
ベーシックツイン(全1部屋) 【予価】1,450,000円(2名1室料金)
スーペリアツイン(全1部屋) 【予価】1,580,000円(2名1室料金)
ベーシックシングル(全1部屋) 【予価】1,630,000円(1名1室料金)
スーペリアシングル(全3部屋) 【予価】1,680,000円(1名1室料金)
発着地 東京発着
最少催行人員 5名(7名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 未定 (前年料金:21,000円)
一人部屋追加代金 未定 【予価】25,000円 ※ジュノー泊のみ
国際線のビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
アメリカ内都市
ジュノー
午後発

夕方着
空路、アメリカ内都市を経由し、東南アラスカの玄関口となるジュノーへ。着後、ホテルへ。
ジュノー泊
2 ジュノー
トレーシーアーム
  朝、MVディスカバリー号に乗船。美しいフィヨルド海岸を南下し、トレーシーアームの入り江へ。道中、ホウェールウォッチングのチャンス。トレーシーアームへ入ると入り江に浮かぶ氷山、海岸に現れるヒグマを観察
※クルーズ中はどこでもバブルネットフィーディング見学の可能性があります。
※チャーターヨット・MVディスカバリー号での7泊8日の旅の始まりです。
MVディスカバリー号泊
3 トレーシーアーム
ウィンダムベイ
  トレーシーアームをクルーズし、ホウェールウォッチングヒグマ観察をお楽しみいただきます。その後、さらに南下し、ウィンダムベイへ。
MVディスカバリー号泊
4 ウィンダムベイ
ステファン海峡
ギャンビアベイ
  ウィンダムベイからアドミラルティ島のギャンビアベイへ。途中、ステファン海峡では、遡上するサーモンを狙う小川でヒグマ観察のチャンスです。
MVディスカバリー号泊
5 ギャンビアベイ
パイボスベイ
  フレデリック海峡を通り、アドミラルティ島のパイバスベイへ。途中、ホウェールウォッチングやトドが群れを成す岩礁などを見学します。
MVディスカバリー号泊
6 パイボスベイ
チャタム海峡
ウォームスプリングス
午前発 ザトウクジラやヒグマ、シャチなど野生動物の観察を楽しみながらバラノフ島のウォームスプリングスへ。アドミラルティ島とバラノフ島に挟まれたチャタム海峡はバブルネットフィーディングの観察率の高さで知られています。
MVディスカバリー号泊
7 ウォームスプリングス
テナキースプリングス
  チャタム海峡を北上し、チチャコフ島のテナキースプリングスへ。この日もチャタム海峡でのバブルネットフィーディング観察を中心に、ザトウクジラやシャチ、ヒグマやハクトウワシなど様々な野生動物を観察します。
MVディスカバリー号泊
8 テナキースプリングス
ドティコーヴ
  野生動物の観察を楽しみながらチャタム海峡を北上。アドミラルティ島を回り込み島の北東部に位置するドティーコーヴへ。
MVディスカバリー号泊
9 ドティコーヴ
ジュノー
  午前中、最後のホエールウォッチング。昼迄にジュノーへと戻ります。MVディスカバリー号を下船し、ホテルへ。 
ジュノー泊
10 ジュノー
アメリカ内都市
早朝発 早朝の航空機にてアメリカ内都市へ。着後、航空機を乗り換えて東京へ帰国の途に就きます。
機中泊
11 東京 午後着 着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝9/昼7/夜7:機内食は除く ※ジュノーでの昼食、夕食は含まれておりません。
  • 利用予定航空会社:デルタ航空、アメリカン航空、ユナイテッド航空、アラスカ航空、全日空、日本航空  
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存期間は帰国時まで有効なものが必要です。アメリカ電子渡航認証システムによる渡航認証(ESTA)が必要です。実費(1,700円)、代行手数料(4,320円)。※ESTAの取得にはIC旅券が必要です。また、2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメン、北朝鮮に渡航または滞在したことがある方は、ESTAの取得ができず、既にESTAを取得している場合でも無効となるため、別途アメリカ査証の取得が必要になります。査証取得には面接が必要で時間もかかるため、該当される方はお早めにお問い合わせください。
気候・服装 この時期のアラスカは初夏にあたります。日中晴れると15℃前後、朝晩や雨天時は10℃以下にまで気温は下がります。緯度が高いため、天候によって気温の変化が激しいのでしっかりとした防寒着もご準備ください。東南アラスカは雨の多い地域です。上下セパレート式の雨合羽、靴は底の滑りにくい防水性のものをご準備ください。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
日程について 天候や海の状況、野生動物の観察状況により航行ルートは変更になる可能性があります。予めご了承ください。
その他のご注意 日程表に記載の動物や野鳥は野生動物ですので必ず観察できるとは限りません。ツアーを設定している7月はバブルネットフィーディングの観察できる可能性の高い時期ですが、野生動物の行う習性ですので、必ずしも見られるとは限りません。予めご了承ください。
クルーズ旅行 取消料の規定について 本コースは旅行全日程の50%以上がクルーズ泊となるコースのため、取消料の規定が一般のツアーとは異なります。詳細はツアーの正式発表時にご案内いたします。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。