ツアーのポイント

ポイント 台湾第5の高峰登頂と3,000m級の美しい稜線を縦走

台湾第5の高峰・南湖大山に至る長く続く3,000m級の尾根を歩き、山岳国家・台湾の山岳美を存分に堪能していただける名ルートです。この縦走では「名峰百岳」に数えられる審馬陣山(3,141m)と南湖北山(3,536m)、南湖大山北峰(3,592m)の三山に登頂。更に、体調が良ければ南湖大山東峰(3,632m)に登頂するチャンスもあります。

ポイント ベストシーズンにあわせた出発日限定企画

南湖シャクナゲとツツジの花咲く4月下旬と、晴天率が高く、遠く彼方まで山々の風景を楽しむことができる11月にあわせた出発日限定企画です。

ポイント 羅東では夜市の散策、登頂後は礁渓温泉へ

南湖大山登頂後は、礁渓温泉へ。炭酸水素ナトリウム泉では登山で疲れた体を癒すことができます。また羅東では、羅東夜市の散策をお楽しみいただけます。

出発日と料金

2019年~2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
11月11日(月) ~
11月16日(土)空気が澄み渡る秋のベストシーズン
6日間 248,000円
11月18日(月) ~
11月23日(土)空気が澄み渡る秋のベストシーズン
6日間 248,000円
04月20日(月) ~
04月25日(土)ツツジやシャクナゲの花咲くシーズン
6日間 248,000円
発着地 東京・大阪発着 最少催行人員 8名(15名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 3,000円(5月8日現在の見込み)
一人部屋追加代金 18,000円(山小屋泊除く)
日本の地方発着 名古屋・福岡・広島など地方発着も別途手配で可能です。ご希望の方はお早めにお問い合わせください。
ビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。
  • 特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。

コース難易度

体力 特別な登山技術は不要ですが、日本の夏山の縦走経験がある等、十分な体力が必要です。
高度 最高宿泊高度は3,390m、最高到達地点は3,742mです。山小屋や山頂付近では、頭痛などの軽度の高山病の症状が出ることがあります。
宿泊 山小屋またはテント3泊 山小屋泊の大部屋となり避難小屋程度の設備となります。マットは現地にてご用意します。
荷物 3泊4日の登山に不要な荷物はホテルに置いて行き、3泊分の着替えなどの荷物は5,000円にてポーターに預ける事ができます(2kgまで/ご持参した寝袋も含む)。登山中はデイパックををご用意ください。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
台北
大阪
台北
午前又は午後発
昼着又は午後着
午前又は午後発
昼着又は午後着
空路、東京・大阪よりそれぞれ台湾の中心都市・台北へ。着後、専用車にて羅東へ。羅東夜市の散策などをお楽しみください。
※添乗員は東京・大阪どちらか一方より同行し(往復)台北にて合流します。
羅東泊
台北
羅東
約2時間
2 羅東
勝光
雲稜山荘
07:00発
09:30着
約6時間
専用車で勝光登山口(1,830m)へ。
●雲稜山荘までの登り(約6時間)
樹林帯の登山道のアップダウンを繰り返し、最後にひと登りすると雪稜山荘(2,590m)に到着します。
雲稜山荘又はテント泊
3 雲稜山荘
南湖山荘
約6時間 ●名峰三山登頂と稜線歩き(約6時間)
台湾の名立たる峰々の大パノラマを背に歩く、このルートのハイライトです。途中、台湾の「名峰百岳」に数えられる審馬陣山(3,141m)と南湖北山(3,536m)、さらに南湖大山北峰(3,592m)を登頂。その後、カールを下ると、南湖山荘(3,390m)に到着します。
※この日に南湖大山に登頂する可能性もあります。
南湖大山山荘又はテント泊
4 (南湖大山登頂)
南湖山荘
雲稜山荘

約2.5時間
約6時間
●南湖大山登頂(約2.5時間)
南湖山塊の盟主としてそびえる南湖大山(3,742m)に登頂。360度の展望をお楽しみください。
●雲稜山荘へ(約6時間)
大パノラマを楽しみながら、往路を雲稜山荘まで戻ります。
雲稜山荘又はテント泊
5 雲稜山荘
勝光
礁渓温泉
06:30発
約5時間
●登山口へ下山(約5時間)
往路を勝光登山口まで戻ります。着後、専用車にて礁渓温泉へ。温泉浴をお楽しみください。
礁渓温泉泊
6 礁渓温泉
台北
約1.5時間 専用車で台北の空港へ。空路、東京・大阪それぞれ帰国の途に着きます。着後、解散。
台北
東京
台北
大阪
午前又は午後発
夕方又は夜着
午前又は午後発
夕方又は夜着
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝5/昼4/夜5:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:エバー航空、チャイナエアライン、キャセイパシフィック航空、日本航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間は、帰国時まで有効なものが必要です。
気候・服装 都市部では合服が基本となります。朝晩や曇天の日は寒く、フリース等が必要です。山小屋での朝晩や山頂付近ではかなり冷え込みますので、十分な防寒具をお持ちください。靴は防水の効いたトレッキングシューズ又は登山靴をお持ちください。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
高山病について 山小屋や山頂付近では、頭痛等の軽度の高山病の症状が出ることがありますので、心臓疾患や高血圧、その他の既往症のある方のご参加はおすすめできません。ご参加の方全員に健康アンケートのご記入をお願いしております。
高山病についてのご注意と取り組み
海外旅行保険について ご参加の方には疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。
登山について ルートはよく整備され、特別な技術は必要なく、初めての海外登山としておすすめのコースです。ただし、一日の行動時間が長く、勾配のきつい箇所も歩きますので、日本の夏山の縦走経験がある等、十分な体力が必要です。
宿泊について 登山中に宿泊する雲陵山荘と南湖山荘では、寝袋を利用した大部屋泊となります。マットは山小屋備え付けのものを利用します。山小屋では寝袋(冬用)が必要です。お持ちでない方には弊社より有料(5,000円)で貸出いたします。
荷物について 勝光/南湖山荘間は着替えなどの荷物を5,000円でポーターに預ける事ができます(2kgまで)。弊社貸し出しの寝袋をご利用の場合は、寝袋を山荘でお渡ししますので、上記2kgに含める必要はありません。
南湖大山の入域証について 南湖大山登頂に必要な入域証代(5,000円)はご旅行代金には含まれておりません。別途ご請求いたします。入域証取得後のお取り消しの場合、ご旅行代金の取り消し料がかかる以前でも入域証代はご返金できません。
その他のご注意 花の開花時期はその年の気候により多少ずれることがあります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

【入山規制があるため、お早目にお申込みください。】

南湖大山には1日の入山人数が制限されており、本ツアーは1ヶ月前から開始される入山許可が取得できた場合に催行されます。定員以上の申し込みがある場合は抽選になりますが、テント泊と山小屋泊に分かれる可能性があります。その場合は先着順に山小屋泊とさせていただきます。また、入山許可の申請にはパスポートコピー(顔写真のページ)が必要ですので、お申込みの際にお送りください。 ※入山許可の結果は、申請後1週間程で出ます。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。