ツアーのポイント

ポイント ポーランド南部・タトラ山脈でハイキングを楽しむ

ポーランド南部には雄大なタトラ山脈が広がります。タトラ山脈はスロヴァキアとの国境地帯に位置し、ポーランド国内はもちろん、ヨーロッパ中の登山客にも人気のハイキングスポットです。

ポイント ポーランド屈指の山岳リゾート・ザコパネに3連泊

タトラ山脈の麓ザコパネの町に連泊しハイキングを楽しみます。不要な荷物はホテルに置いておけるので、身軽にハイキングが楽しめます。また、風光明媚なザコパネの街歩きも楽しみの一つです。

ポイント クラクフ2連泊で観光も充実

世界遺産・古都クラクフには2連泊し、中世からの美しい街並みの散策をお楽しみいただきます。また、塩で作られた地下礼拝堂ヴィエリチカ岩塩坑や色鮮やかな花柄が壁に描かれた家々が可愛らしいザリピエ村の訪問もお楽しみいただけます。
訪問する
世界遺産

クラクフ歴史地区/ヴィエリチカとボフニアの王立岩塩坑群

COLUMN タトラ山脈で可憐なクロッカスに出会う

クロッカスは早春に可憐な花を咲かせる球根性の植物です。ヨーロッパでは古くから春の訪れを告げる花とされていました。そのことから、春が青春と結びつき、「青春の喜び」という花言葉がつきました。また、春の暖かくなる時期が待ちきれないように咲くことにちなんで、「切望」という花言葉も持っています。ポーランドとスロヴァキア、国境をまたいで広がる中欧の屋根タトラ山脈。ポーランド側はタトラ国立公園として保護され、ポーランドでは数少ない山岳リゾートとして高い人気を誇っています。春を迎えるとタトラ山脈のホホウフ谷と大カスプロヴィ山では薄紫色をしたクロッカスが咲き乱れます。ぜひ「ポーランドの春」を感じるハイキングをお楽しみください。

タトラ山脈でフラワーハイキングを楽しむ
春の訪れを告げるクロッカス

COLUMN 塩で作られた地下礼拝堂 ヴィエリチカ岩塩坑

クラクフ近郊の世界遺産ヴィエリチカ岩塩坑の見学も楽しみます。13世紀から700年以上に渡って採掘が続けられ、全長300km、深さはビル54階分にも掘り進められました。内部では当時の採掘場の様子を伝えるトロッコや梯子のほか、聖キンガ王女に捧げられた神秘的な礼拝堂が見られます。

世界遺産ヴィエリチカ岩塩坑の塩で造られた地下礼拝堂

COLUMN 世界遺産クラクフには2連泊 絵本の世界ザリピエ村も訪問

ヨーロッパで最も美しい街の一つと言われるポーランドの古都クラクフ。王国の首都として栄えた当時の様子が良く残る街並みは世界遺産「クラクフ歴史地区」となっています。クラクフ連泊にてヨーロッパで最も広いといわれる中央広場や歴代ポーランド王の居城ヴァヴェル城などまるで中世に迷い込んでしまったかの様な街並みの散策をお楽しみください。また、家々に描かれたフラワーペイントで知られ、「ヨーロッパの美しい村30選」にも選ばれたザリピエ村にも足を伸ばします。

聖マリア教会
ザリピエ村のフラワーペイント
中央市場広場

COLUMN ポーランド料理に舌鼓

スプーンが立てられる程に具がたっぷり入った酸味のあるスープ「ジューレック」や餃子に似た「ピエロギ」などを代表とするポーランド料理。骨付きの豚肉ロースト「ゴロンカ」やタトラ山脈名物の「羊のチーズ」などバラエティー豊かなポーランド料理もご賞味いただきます。

ジューレック
羊のチーズ

出発日と料金

2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
04月08日(水) ~
04月16日(木)クロッカスの花咲く季節
9日間 338,000円
04月15日(水) ~
04月23日(木)クロッカスの花咲く季節
9日間 338,000円
発着地 東京・大阪発着 最少催行人員 9名(15名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 14,000円(5月8日現在の見込み)
一人部屋追加代金 45,000円
ビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

コース難易度

体力 多少のアップダウンはありますが、歩くのが好きな方でしたらどなたでもご参加いただけます。
高度 高山病の心配はございません。
宿泊 ホテル6泊 ザコパネでは3連泊、クラクフでは2連泊します。
荷物 スーツケースでご参加いただけます。ハイキング中のデイパックをご用意ください。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
大阪
21:20発
23:45発
空路、東京・大阪よりそれぞれアラブ首長国連邦のドバイへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、ドバイにて合流します。
機中泊
2 ドバイ
ドバイ
ドバイ
ワルシャワ
ワルシャワ
クラクフ
ザコパネ
03:35着
05:15着
08:10発
12:15着

ドバイで航空機を乗り換え、ポーランドの首都ワルシャワへ。
着後、専用車にてワルシャワ中央駅に移動します。その後、ポーランドの新幹線と言われる高速鉄道ペンドリーノでクラクフへ(約2時間半)。着後、専用車に乗り換えてポーランドを代表する山岳リゾート・ザコパネへ。
※山岳リゾートのザコパネに3連泊。

ザコパネ泊
3 ザコパネ
(クジニツェ)
約2時間 ●タトラ山脈フラワーハイキング(約2時間)
専用車と混乗車にてクジニツェへ(約15分)。着後、クジニツェから野生のクロッカスが咲くポラナ・カラトウキまでの往復ハイキングにご案内いたします。クジニツェに戻った後、昼食。その後、ロープウェイを乗り継ぎ大カスプロヴィ山の山頂駅まで往復します。(標高1,987m)山頂駅付近から、ポーランドとスロヴァキアに広がるタトラ山脈の絶景をお楽しみください。
ザコパネ泊
4 ザコパネ
(クジニツェ)
約6時間 ●タトラ山脈展望ハイキング(約6時間)
専用車と混乗車にてクジニツェへ(約15分)。クジニツェからムロワニエク小屋までの往復ハイキングにご案内いたします。ムロワニエク小屋からは、タトラ山脈の豪快な山容をお楽しみください。
ザコパネ泊
5 ザコパネ
シヴァ・ポラナ
ホホウフ谷ハイキング
クラクフ
約5時間 ●タトラ山脈フラワーハイキング(約5時間)
専用車にてシヴァ・ポラナへ(約20分)。ポラナ・ホホウォフスカまでの往復ハイキングにご案内いたします。ポラナ・ホホウォフスカでは、美しい野生のクロッカスが一面に広がるホホウフ谷の絶景をお楽しみください。その後、専用車でクラクフへ。
※ポーランドの古都クラクフに2連泊。
クラクフ泊
6 クラクフ
(ザリピエ)
(ヴィエリチカ岩塩抗)
  午前中、クラクフから専用車でザリピエへ。ペイントアートで彩られた「絵本の世界」とも称されるザリピエ村の散策をお楽しみいただきます。その後、専用車でクラクフへ戻ります。途中、世界最古の岩塩鉱山の一つで長さ300㎞までに達したヴィエリチカ岩塩抗を見学します。
クラクフ泊
7 クラクフ
ワルシャワ
  午前中、世界遺産クラクフの観光(王の居城ヴァヴェル城クラクフ中央広場など)中世に迷い込んだかのような美しい街並みの散策をお楽しみいただきます。クラクフでの滞在を楽しんだ後、専用車にてクラクフ駅へ。高速鉄道ペンドリーノでワルシャワ中央駅へ戻ります(約2時間半)。着後、専用車に乗り換えてホテルへ。
ワルシャワ泊
8 ワルシャワ
ドバイ
15:00発
22:45着
午前中、自由行動。その後、航空機にてドバイへ。
機中泊
9 ドバイ
東京
ドバイ
大阪
02:40発
17:35着
03:00発
17:15着
ドバイにて航空機を乗り換え、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝6/昼6/夜6:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:エミレーツ航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存期間は、ポーランド出国時90日以上必要です。
気候・服装 歩行中は長袖シャツ程度で過ごせますが、ハイキング中の朝晩や曇天の日はかなり冷え込みます。また、ポーランドは高緯度にあるために、標高は低くとも春でも雪になることもあるため、十分な防寒具及び雨具をお持ちください。足元は、防水の効いた軽登山靴やハイキングシューズが最適です。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
ハイキングについて 普段から歩き慣れている方でしたら、どなたでもご参加いただけます。日程4日目のタトラ山脈展望ハイキングは、天候や積雪状況により、ルートを変更することがあります。
その他のご注意 花の開花状況はその年の気候により多少ずれることがあります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。