ツアーのポイント

ポイント 古代インカ道を歩きマチュピチュへ

500年前の人々と同じように一歩ずつインカ道を歩いて辿り、3泊4日かけてマチュピチュを目指します。インカ道に点在する遺跡を歩いて訪れる事で当時の人々の暮らしぶりがより身近に感じられると共に、サルカンタイ(6,271m)やプーマシージョ(5,950m)などインカの霊峰(アプ)が連なるアンデスの山々の展望もお楽いただくことができます。

ポイント 高所順応に配慮した効率のよい日程

旅の始めは標高3,350mのクスコに2連泊。初日は世界遺産クスコの旧市街を、翌日はインカ文明を知る上で重要な"聖なる谷”ウルバンバ渓谷をそれぞれ観光します。クスコに2連泊することで、インカ道トレッキングの前に高所順応を行うことができる日程となっています。

ポイント ワイナピチュに登頂 マチュピチュ遺跡の魅力を満喫

3泊4日のインカ道を踏破した後は、マチュピチュ村に宿泊し、翌日もマチュピチュ遺跡を訪れます。神殿や祭壇などインカ文明を物語る貴重な遺跡の見学と背後に聳えるワイナピチュ(2,690m)を登り、マチュピチュ遺跡の魅力を満喫します。

訪問する
世界遺産

クスコ市街/マチュピチュの歴史保護区/インカ道

COLUMN 西遊旅行で行く 安心のペルートレッキング

標高2,600mのピスカクチョを出発し、3,000m~4,000mの峠をいくつも越えるインカ道トレッキング。西遊旅行では、3泊4日の山行を皆様に快適にお過ごしいただけるよう、様々な工夫をしています。

1日の始まりはコカ茶から

目覚まし時計代わりのモーニングティーで起床。洗面器に入れて配られるお湯で顔を洗い、朝食のあと、いよいよインカ道のトレッキングに出発です。

現地スタッフがテントを設営

テントの設営・撤収は全て現地スタッフが行います。キャンプに到着するとテントはすでに完成していますので、疲れた体をすぐに休めることができます。

専属のコックがトレッキングに同行

経験豊富なコックが同行。ロモ・サルタード(牛肉と野菜炒め)や鱒のグリル、キアヌのサラダなどバラエティに富んだ料理をご用意します。

最小限の荷物でトレッキング

荷物をいれたダッフルバッグは、ポーターがキャンプ地まで運びます。水やカメラなど必要最低限のお荷物をデイパックにつめて身軽に歩くことができます。

出発日と料金

2020年~2021年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
2020年 10月02日(金) ~
10月12日(月)
11日間 598,000円
2020年 10月09日(金) ~
10月19日(月)
11日間 598,000円
2021年 06月04日(金) ~
06月14日(月)
11日間 618,000円
2021年 08月13日(金) ~
08月23日(月)
11日間 658,000円
2021年 09月17日(金) ~
09月27日(月)
11日間 618,000円
発着地 東京発着 最少催行人員 8名(15名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 21,000円(12月5日現在の見込み)
一人部屋追加代金 58,000円(テント泊含む)
日本の国内線割引 大阪・名古屋・福岡・札幌をはじめ、日本主要都市から片道7,000円の追加で別途手配いたします(国際線の航空会社の指定便に限る)。但し、席数に限りがあるため、ご希望の便が確保できないことがあります。詳しくはお問い合わせください。
国際線のビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

コース難易度

体力 43kmのインカ道を3泊4日かけて、1日5~7時間歩きます。道は良く整備されていますが、峠越えを含むアップダウンの多い行程ですので十分な体力が必要です。
高度 最高宿泊高度は3,770m、最高到達地点は4,234mです。徐々に高度を上げますが、頭痛などの軽度の高山病の症状が出ることがあります。
宿泊 テント3泊 テント設営は全てスタッフが行い、テント場は整備されています。
荷物 日本からスーツケースでご持参いただき、クスコにて4泊5日の荷物(7kg以内/寝袋含む)が入るバックに詰め替えます。バッグは現地にて貸し出します。トレッキング中はデイパックをご用意ください。

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
米国内都市
米国内都市
リマ
午前又は午後発
午前又は午後着
午後又は夕方発
夜又は深夜着
空路、日付変更線を越えて米国内都市へ。着後、航空機を乗り換えて、ペルーの首都リマへ。着後、空港近くのホテルへ。
リマ泊
2 リマ
クスコ
午前発
午前着
午前、航空機にて、かつてのインカ帝国の都クスコ(3,350m)へ。着後、世界遺産クスコの観光(太陽の神殿跡に建つサントドミンゴ教会(外観)、インカ時代の石組十二角の石アルマス広場等)。
クスコ泊
3 クスコ
(インカの聖なる谷)
(サクサイワマン)
  “インカの聖なる谷”ウルバンバ渓谷を観光(白い棚田が広がるマラスの塩田、円形の段々畑・モライの遺跡)。その後、インカの精巧な石組み技術を今に伝えるサクサイワマンを見学。
クスコ泊
4 クスコ
ピスカクチョ
ピスカクチョ
ワイジャバンバ
07:00発
08:30着
約5時間
専用車にてピスカクチョ村(2,600m)近郊の82km駅へ。
●インカ道トレッキング(約5時間)
インカ道トレッキングを開始。ウルバンバ川沿いの荒涼とした景観の中を、ベロニカ(5,862m)などアンデスの山々を眺めながらクシチャカ川沿いに登り、ワイジャバンバ村のキャンプ(2,950m)へ。途中、ヤクタパタ遺跡を望むことができます。
テント泊
5 ワイジャバンバ
ワルミワニュスカ峠
パカイマヨ

約7時間

●インカ道トレッキング(約7時間)
インカ道特有の石段を登り、最大の難所ワルミワニュスカ峠(4,234m)を越え、谷間のパカイマヨ(3,600m)のキャンプ地へ。
テント泊
6 パカイマイヨ
ルンクラカイ峠
プユパタマルカ

約7時間

●インカ道トレッキング(約7時間)
インカ道の中で2番目に高い峠・ルンクラカイ峠(3,975m)を越えます。途中、半月形の姿が美しいインカ時代の関所跡ルンクラカイ遺跡を見学。峠を越えた後、稜線上に造られたサヤクマルカ遺跡を見学。道中、コケやシダが美しい森へ植生が変化していきます。その後、岩をくり抜いたインカのトンネルを抜け、稜線上のキャンプ地プユパタマルカ(3,770m)に到着。
テント泊
7 プユパタマルカ
マチュピチュ遺跡
マチュピチュ遺跡
マチュピチュ村
約7時間

約30分
早朝、天気がよければ、キャンプ地から朝焼けに染まるインカの霊峰サルカンタイ(6,271m)やプーマシージョ(5,950m)を展望できます。
●インカ道トレッキング(約7時間)
プユパタマルカ遺跡や段々畑を持つインティパタ遺跡を見学しながら下ると、マチュピチュの食料を栽培したといわれているウィニャイワイナ遺跡に到着。見学後、平坦な道から最後の階段を上り、マチュピュ遺跡と周囲の山々を一望できるインティ・プンク(太陽の門)へ。そこから緩やかな坂を下りマチュピチュ遺跡(2,430m)に到着。混乗バスにてマチュピチュ村(2,060m)へ。
マチュピチュ村泊
8 (ワイナピチュ)
(マチュピチュ遺跡)
マチュピチュ村
オジャンタイタイボ
オジャンタイタイボ
クスコ
約3時間

午後発
夕方着
約2時間
●ワイナピチュ登頂(往復約3時間)
朝、再びマチュピチュ遺跡(2,430m)へ。標高差260mを登り、マチュピチュ遺跡にそびえるワイナピチュ(2,690m)に登頂。その後、インカの過去を物語る貴重なマチュピチュ遺跡を見学します。マチュピチュ村に戻り、高原列車と専用車にてクスコ(3,350m)へ戻ります。
クスコ泊
9 クスコ
リマ
リマ
午前又は昼発

深夜発
航空機にてリマへ。着後、リマの市内観光ワカ・ワジャマルカラファエル・ラルコ・エレラ博物館等)。夕食後、空港へ。航空機にて北米内都市へ。
機中泊
10 米国内都市
米国内都市
朝着
午前発
着後、再び航空機を乗り換えて帰国の途につきます。
機中泊
11 東京 午後着 着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝8/昼8/夜8:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:アメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空、ラタム航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら
  • 往復共に米国内都市で航空機を2回乗り換えることがあります。

ご案内とご注意

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間はペルー入国時に6ヶ月以上、査証欄の余白は6ページ以上必要です。アメリカ電子渡航認証システムによる渡航認証(ESTA)が必要です。実費(1,700円)、代行手数料(4,400円)。※ESTAの取得にはIC旅券が必要です。また、2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメン、北朝鮮に渡航または滞在したことがある方は、ESTAの取得ができず、既にESTAを取得している場合でも無効となるため、別途アメリカ査証の取得が必要になります。査証取得には面接が必要で時間もかかます。
気候・服装 日中は合服が基本となりますが、インカ道やクスコは標高が高いため気温の変化が大きく、曇天の日や朝晩は0℃近くまで冷え込むことがありますので、十分な防寒具をお持ちください。雨が降ることもありますので、しっかりした雨具もお持ちください。靴は防水の効いたトレッキングシューズが最適です。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
インカ道入域証 インカ道トレッキングに必要な入域証代(16,000円)は旅行費用には含まれておりません。別途ご請求いたします。入域証取得後のお取り消しの場合、ご旅行費用の取り消し料がかかる以前でも入域証代はご返金できません。
高山病について 高山病の影響が予想されるコースです。ご参加の方全員に健康アンケートのご記入をお願いしております。高山病対策として、添乗員はパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)を持参します。
高山病についてのご注意と取り組み
海外旅行保険について ご参加の方には疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。
宿泊について インカ道ではテント泊となり寝袋(冬用)が必要です。お持ちでない方には弊社より有料(5,000円)で貸出しいたします。宿泊地については、天候やキャンプ地の状況などにより変更させていただくことがあります。予めご了承ください。
ワイナピチュ登頂について ワイナピチュは、高度感があり、急で段差のある石段や岩場を歩く登山となります。また、入山には人数制限があり、先着順のお申込みとなっております。そのため、お申込み時期によっては入山許可を取得できない場合があります。その際は、マチュピチュ山(3,061m)へご案内いたします(標高差631m/往復約3.5時間)。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

【インカ道の入山規制について】

インカ道トレッキングの入場者数は500名に制限されており、本ツアーは入域証を取得できた場合のみ催行いたします。先着順のため、年々完売する時期が早まる傾向にあり、出発日の7ヶ月以上前に入域証が完売することもありました。確実に入域証を取得しインカ道トレッキングをお楽しみいただくため、ご協力をお願いいたします。なお、入域証の申請には、パスポートコピー(顔写真のページ)のが必要ですので、お申込みの際にお送りください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。