ツアーのポイント

ポイント ナミビアの雄大な自然をハイキングとサファリで楽しむ充実の9日間

世界屈指の美しさを誇るナミブ砂漠ではデューン45の砂丘登りやデッドフレイへのハイキングにご案内。さらに、花崗岩の不思議な景観が広がるスピッツコップ山麓でのハイキングとアフリカ最大級の保護区エトーシャ国立公園でのサファリドライブでナミビアの大自然を堪能する見所満載の9日間です。

ポイント 世界遺産ナミブ砂漠の国立公園内に2連泊し満天の星空と日の出を満喫

現地の言葉で「何もない場所」を意味するナミブ砂漠。広大な砂漠が広がるナミブ・ナオクラフト公園内のキャンプに2連泊することで、遮るもののない夜空に広がる星々をたっぷりとお楽しみいただけます。また、日の出前にデューン45などの砂丘直下まで移動することが可能となり、日の出を砂丘の山頂でお待ちいただくことができます。夜明けとともに劇的に変わる砂漠の色の変化をぜひご自身の目で見て体感されてください。

訪問する
世界遺産

ナミブ砂漠

COLUMN 世界で最も美しい砂漠を体感
ハイキングとキャンプ泊でナミブ砂漠を満喫

ナミブ砂漠は今から8000万年前にできたと言われる世界最古の砂漠、そして世界で最も美しいと称される砂漠です。ツアーでは風紋の美しさを誇るデューン45、枯れ木が林立するデッドフレイを訪問。更に世界最大級の高低差を誇るビッグダディに登頂し、見渡す限り続く砂漠の絶景を堪能いただきます。世界一美しい砂漠をじかに踏みしめ、雄大な自然を体感ください。ナミブ・ナオクラフト国立公園の中のキャンプに2連泊します。全設定日、可能な限りナミブ国立公園泊を新月の時期に合わせていますので、朝夕に移り変わる砂漠の風景と、ナミビアならではの満天の星空をゆったりとお楽しみいただけます。


砂漠のキャンプ泊
風紋の美しさで知られるデューン45

COLUMN ナミビアのマッターホルン
スピッツコップ山麓ハイキング

スワコプムントの北西に位置するスピッツコップには、岩峰群が立ち並ぶ荒涼とした赤い大地が広がります。中でも標高1,728mの岩峰は、その尖った特徴的な形状から「ナミビアのマッターホルン」とも称されています。この岩峰群は、数億年の歳月をかけて花崗岩が少しづつ風化し、形成されたもの。「ロックアーチ」と呼ばれるアーチ状の奇岩からスピッツコップの大地を覗き込めば、岩の額縁に切り取られた絵画の様な趣が醸し出され、あたかも他の惑星に迷い込んだような錯覚を覚えます。太古の大地を歩き、ここでしか味わえない不思議な景観をお楽しみください。

奇岩が連なるスピッツコップ山麓

COLUMN アフリカ最大級の動物保護区
エトーシャ国立公園

アフリカ最大級の動物保護区エトーシャ国立公園では、サファリドライブをお楽しみいただきます。動物達の集まる水場を訪れ、シマウマやヌー、オリックス、ゾウやキリンなどの野生動物を観察します。運がよければライオンやチーターなどの肉食動物も観察できるでしょう。

アフリカ最大級の動物保護区エトーシャ国立公園

出発日と料金

2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
02月16日(日) ~
02月24日(月)新月周辺にナミブ砂漠に滞在
9日間 428,000円
04月19日(日) ~
04月27日(月)新月周辺にナミブ砂漠に滞在
9日間 428,000円
発着地 東京発着 最少催行人員 10名(18名様限定) ・添乗員同行
燃油サーチャージ 19,000円(5月8日現在の見込み)
一人部屋追加代金 30,000円(テント泊含む)
ビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。
  • 特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。

コース難易度

体力 歩くのが好きな方ならどなたでもご参加いただけます。
高度 高山病の心配はありません。
宿泊 ナミブ・ナオクラフト公園内キャンプではテントに宿泊します。トイレやシャワー、ダイニングテントが併設された快適なキャンプです。簡易ベッドと寝具があり、寝袋は不要です。
荷物 スーツケースでご参加いただけますが、ナミブ・ナオクラフト公園内キャンプ泊では、テント泊用の2泊3日分の荷物が入るバッグをご用意いただき、スーツケースは専用バスの中に置いておきます。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京 20:40発 空路、ソウルを経由して、エチオピアの首都アディスアベバへ。
機中泊
2 アディスアベバ
アディスアベバ
ウィントフック
ウィントフック
エトーシャ国立公園近郊
07:25着
08:35発
13:20着
14:00発
19:00着
アディスアベバ着後、航空機を乗り換えて、ナミビアの首都ウィントフックへ。
着後、専用バスにて、エトーシャ国立公園近郊へ。
エトーシャ国立公園近郊泊
3 エトーシャ国立公園近郊
(エトーシャ国立公園)
オマルル

13:00発

18:00着

早朝、塩性の湿地帯エトーシャ・パンの周囲に広がるアフリカ最大級の動物保護区・エトーシャ国立公園のサファリドライブをお楽しみいただきます。
その後、専用バスにてオマルルへ。
オマルル泊
4 オマルル
スピッツコップ山麓
(スピッツコップ山麓ハイキング)
(月の谷)
(ウェルウィッチア)
スワコプムント

09:00発


16:00着

●スピッツコップ山麓ハイキング(約2時間)
「ナミビアのマッターホルン」と称される。スピッツコップ岩峰群の景観の散策を楽しみます。
その後、専用バスにて一路大西洋岸の町スワコプムントへ向かいます。道中、大自然が造り出した奇観“月の谷”、寿命数百年から二千年といわれる稀少植物ウェルウィッチア(日本名は奇想天外)、を見学します。
スワコプムント泊
5 スワコプムント
ナミブ・ナオクラフト国立公園
10:00発
16:00着
専用バスにて、世界屈指の美しさを誇るナミブ砂漠の広がるナミブ・ナオクラフト国立公園へ。夜は満天の星空をお楽しみください。
※ナミブ・ナオクラフト国立公園内のキャンプに2連泊。
ナミブ・ナオクラフト公園内キャンプ:テント泊
6 ナミブ・ナオクラフト国立公園
(ソススフレイ砂丘・ビッグダディ)
(デッドフレイ)
約3時間 ●ナミブ砂漠ハイキング(約3時間)
世界最大級の高低差を誇るソススフレイ砂丘へ(ビッグダディに登頂)。下山後、デッドフレイを見学します。ゆっくりと公園内に滞在し、時間とともに表情を変えていく砂丘をお楽しみいただきます。
※ご希望の方は、オプショナルツアーで“世界一美しい砂漠”ナミブ砂漠を空から眺める遊覧飛行「ナミブ・デザート・フライト」にご案内します。
ナミブ・ナオクラフト公園内キャンプ:テント泊
7 (デューン45)
ナミブ・ナオクラフト国立公園
ウィントフック
約1時間
11:00発
17:00着
●ナミブ砂漠ハイキング(往復約1時間)
早朝、朝陽に染まる、風紋の美しさで知られるデューン45に登頂
その後、専用バスにてウィントフックへ戻ります。
ウイントフック泊
8 ウィントフック
アディスアベバ
アディスアベバ
14:30発
21:20着
22:25発
昼食後、航空機にてアディスアベバへ。着後、航空機を乗り換えて、ソウル経由で帰国の途につきます。
機中泊
9 東京 19:20着 着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝6/昼6/夜6:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:エチオピア航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間は入国時に6ヶ月、査証欄余白は1ページ以上必要です。
気候・服装 変化に富んだ地形のため、場所によって気候が異なります。日中は夏服で過ごせますが、砂漠等では朝晩はかなり冷え込みますので、基本的に夏服と冬服の両方が必要になります。スコール性の雨が降ることがありますので雨具も忘れずにご用意ください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
観光について 写真や日程表中の動物は野生動物ですので、必ずしも見られるとは限りません。
宿泊について ナミビアの地方のホテルでは、バスタブがなくシャワーのみであったり、お湯の出が悪い等、十分な設備が整っていないことがあります。また、日程4日目のスワコプムントは、宿泊施設に限りがあるため、ウォルビスベイに宿泊することがあります(スワコプムント/ウォルビスベイ間は車で30分程度です)。
その他のご注意 ナミビアの一部の地域では時々マラリアが発生しています。長袖シャツに長ズボンなど、肌を露出しない服装が最適です。蚊取り線香も必携です。予防薬も販売されていますので、詳しくは担当までお問い合わせください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。