ツアーのポイント

ポイント 永遠の都ローマへ ラスト107kmのハイライトを歩く

ラツィオ州立公園の緑溢れる森や牧草地、中世の面影を色濃く残す美しき街並み、古代ローマ帝国の輝かしい栄光の軌跡をたどり永遠の都ローマへのラスト107kmのハイライトを歩きます。初代教皇聖ペトロが眠るヴァチカン市国を目指すドラマティックな巡礼路です。

ポイント ヴァチカンで受け取る巡礼証明書

巡礼手帳にスタンプを押すのも旅の楽しみのひとつ。ヴァチカン到着後、サン・ピエトロ教会の法王庁・巡礼事務所に申請して、巡礼を終えたことを証明する巡礼証明書を受け取ります。長い道のりを経てヴァチカンを自身の足で踏みしめるこの体験は巡礼者にしか味わえない特別な瞬間です。

ポイント 巡礼中は荷物送迎付き

スーツケースなどは荷物車が運ぶので、巡礼中は最低限の荷物で歩くことができます。

訪問する
世界遺産

サン・ピエトロ大聖堂

COLUMN ヴィア・フランチジェナ Via Francigena

イングランドのカンタベリーからフランス、スイスのアルプス山脈を抜けローマを結ぶ、約2000kmにも及ぶ巡礼路。10世紀にイングランドのカンタベリー大司教シゲリックが初めて教皇座のあるヴァチカン(ローマ)まで徒歩で行ったのが始まりとされています。本ツアーでは、歴代教皇たちが愛した美しき街ヴィテルボから、ローマの礎を築いたエトルリア文明や中世の面影を色濃く残す街並み、そして古代ローマ帝国の輝かしい栄光の軌跡をたどり、永遠の都ローマへと続くラスト107kmのハイライトを歩きます。クライマックスのサン・ピエトロ大聖堂にたどりつくとそこは、2000年の歴史を誇るカトリックの聖地ヴァチカン市国。歴代教皇と芸術家たちが築きあげた美の殿堂、比類なき祈りの空間。長い道のりを経て、聖地ヴァチカンを自身の足で踏みしめる瞬間は、特別な体験となることでしょう。

貴重な史跡も見られます
渓谷を歩くこともあります
ローマへの距離を示す標柱(モホン)
カンパニャーノ・ディ・ローマの展望
モンテマリオの丘よりサン・ピエトロ大聖堂を望む

【現地で手に入る巡礼アイテム】
巡礼手帳(クレデンシャル)
宿や食堂でスタンプを押していく巡礼手帳。100㎞を歩き切った証となります。現地でプレゼントいたします。
巡礼証明書
(テスティモーニウム)
ヴァチカン市国までのラスト100km以上の巡礼路を踏破するともらうことができます。

COLUMN イタリアの食も楽しむ 

イタリア料理も楽しみのひとつ。ワインとおいしい食事をお楽しみいただけます。ボリュームたっぷりの前菜からパスタやピッツア、シーフード、お肉料理などバラエティに富んだお皿が並びます。ローマ発祥で日本でも定番のスパゲッティ・カルボナーラも本場にてぜひご賞味ください。

ピッツァ・マルゲリータ(一例)
スパゲッティ・カルボナーラ(一例)
お肉料理(一例)
前菜の盛り合わせ(一例)
朝はカプチーノでスタート

出発日と料金

2024年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
05月14日(火) ~
05月22日(水)
9日間 498,000円
10月08日(火) ~
10月16日(水)
9日間 498,000円
発着地 東京・大阪発着 最少催行人員 6名(13名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 78,000円(12月14日現在の見込み)
一人部屋追加代金 46,000円
国際線のビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

コース難易度

体力 歩きやすいルートですが、街から街へ峠道を越えたり、旧市街の急坂を上り下りします。多少の勾配のある長距離を連日歩くことができる体力が必要です。アスファルトの舗装路と山道や砂利道などの非舗装路が半々位の巡礼路です。
高度 高山病の心配はありません。
宿泊 全ホテル泊 各地中級クラス、地方の小さなホテルが中心で、アメニティも最低限です。バスタブはありませんが、シャワーは各部屋に備え付けられています。
荷物 日本からスーツケースでご参加いただけます。宿から宿へ荷物を運送しますので、1日に背負う荷物は巡礼路歩き用のデイパックのみです。

ツアー日程表

 
  地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
大阪
深夜発
23:45発
空路、東京・大阪よりそれぞれアラブ首長国連邦のドバイへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、ドバイにて合流します。
機中泊
2 ドバイ
ドバイ
ドバイ
ローマ
ヴィテルボ
早朝着
05:15着
09:10発
13:25着
約2時間
ドバイ着後、航空機を乗り換えて、イタリアの首都ローマへ。着後、専用車にて、かつて教皇の街と言われ繁栄した中世の雰囲気が残るヴィテルボへ。
ヴィテルボ泊
3 ヴィテルボ
ヴェトラッラ
約7時間 ●ヴィア・フランチジェナ巡礼(約7時間)
ヴィア・フランチジェナ巡礼ラスト約107km地点のヴィテルボから、巡礼のスタート。中世の街並みを抜け、オリーブの果樹園が広がるラツィオ州の美しい景色を眺めながら、ヴェトラッラを目指して歩きます。
ヴェトラッラ泊
4 ヴェトラッラ
ストリ
ヴェトラッラ
約8時間 ●ヴィア・フランチジェナ巡礼(約8時間)
牧草地、ヘーゼルナッツの果樹園や森などの緑溢れる美しい景色を眺めながらローマ時代の面影が色濃く残るストリへ。途中、城壁に囲まれたカプラーニカの旧市街を歩きます。ストリでは、ローマ円形劇場をご覧いただけます。専用車にて、ヴェトラッラに戻り連泊します。
ヴェトラッラ泊
5 ヴェトラッラ
ストリ
カンパニャーノ・ディ・ローマ
約8時間 ●ヴィア・フランチジェナ巡礼(約8時間)
専用車にてストリへ。森や牧草地、小さな村々を進みカンパニャーノ・ディ・ローマへ。途中、ヴェイオ州立公園のモンテ・ジェラートの滝にも立ち寄ります。再び草原を歩き、森を抜けるとカンパニャーノ・ディ・ローマの旧市街が広がります。
カンパニャーノ・ディ・ローマ泊
6 カンパニャーノ・ディ・ローマ
イゾラファルネーゼ
約7時間 ●ヴィア・フランチジェナ巡礼(約7時間)
牧歌的な風景の中を歩き、イゾラファルネーゼへ。途中、中世の面影が残るフォルメッロの旧市街を歩きます。
イゾラファルネーゼ泊
7 イゾラファルネーゼ
ローマ
約7時間 ●ヴィア・フランチジェナ巡礼(約7時間)
巡礼の終着点であるローマを目指し出発します。ローマ市街に入る前に、自然保護区を歩き、モンテマリオの丘へ。丘からはヴァチカン市国内のサン・ピエトロ大聖堂を望みます。旧市街を経てヴァチカン着後、巡礼事務所で巡礼証明書の発行手続きをします。
ローマ泊
8

ローマ
ドバイ

15:25発
23:15着
午前、自由行動。午後、ローマ空港へ。航空機にて、ドバイへ。
機中泊
9 ドバイ
東京
ドバイ
大阪

02:40発
17:35着


03:00発
17:15着
ドバイ着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝6/昼5/夜6:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:エミレーツ航空

ご案内とご注意

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存期間はイタリア出国時に90日以上、査証欄の余白は1ページ以上必要です。
新型コロナに関する制限について 新型コロナに関する制限はありません。
気候・服装 日帰りハイキング用の装備でご参加いただけます。長袖シャツ程度で過ごせますが、曇天の日や朝晩は冷え込みますのでフリースやウインドブレーカー等の防寒着もお持ちください。雨が降ることもありますので、上下セパレート式の雨合羽は必ずお持ちください。靴は履き慣れたハイキングシューズ又は、トレッキングシューズが最適です。
利用予定ホテル 下記をご覧ください。
■ヴィテルボ:トゥッシャ、ミニパレス、ベストウェスタン
■ヴェトラッラ:アンティカ・ロカンダ
■カンパニャーノ・ディ・ローマ:ベニグニ、ポスティリオーニ、ジャルディーノ、チェナコロ、ベニーニ
■イゾラファルネーゼ:テンピオ・ディ・アポロ、カッシア
■ローマ:ドムス セッソリアーナ、カサ・ボナス、パストール
日程について 巡礼路歩きは天候などの状況によりルートを変更したり、中止する場合もあります。
宿泊について 場所によって部屋数に限りがありますので、近郊の宿泊地になったり、又は分宿、御一人部屋をお取りできない場合があります。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
昼食について 巡礼中の昼食は含まれています。事前にお渡しするサンドイッチをお召し上がりいただいたり、バール(カフェ)での軽食など現地にて都度、添乗員よりご案内いたします。
旅行条件について 取引条件はこちらの 海外旅行 旅行条件書を、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。