ツアーのポイント

ポイント ベストシーズンに憧れの西アジア最高峰に登る

カスピ海南岸のアルボルズ山脈最高峰で、西アジアの最高峰。美しい独立峰から、日本では別名「イラン富士」とも呼ばれており均整の取れた美しい火山に魅せられて、多くの人々に登られている人気の山です。

ポイント 高所順応日と登頂予備日を設けた安心の5,000m峰登頂

アタック・キャンプではテントではなく快適な山小屋に宿泊。また、標高4,020mで2泊するため、高所順応にも配慮しており、万全の態勢で5,671mのダマバンド山を登頂します。万が一の悪天候にも備えて、登頂予備日を設けて登頂チャンスを2回設定しています。

訪問する
世界遺産

ゴレスタン宮殿

COLUMN イラン最高峰ダマバンド山(5,671m)登頂

首都テヘランから北へ66キロに位置するダマバンド山は、高所順応日を含めて3泊4日で登れる5,000m峰。夏季のダマバンド登頂は雪も少なく比較的登りやすいためイラン人の登山家、トレッカーの間でも人気の山です。特別な技術や装備は必要としませんが、高所経験と11~12時間程度の登頂ができる十分な体力が必要です。
※ゴスファンド・サーラ/アタック・キャンプ間は、荷物は7Kgまで馬が運搬いたします。
※まれにこの時期でも積雪があることもあります。
1日目 ゴスファンド・サーラ~アタック・キャンプ  高低差1,100m、約6時間
2日目 高所順応日
3日目 アタック・キャンプ~登頂 高低差1,600m、往復約11~12時間 (登り約7~8時間、下り約4時間)
4日目 アタック・キャンプ~ゴスファンド・サーラ~テヘラン ゴスファント・サーラまで約3時間、その後専用車でテヘランへ

アタック・キャンプより望むダマバンド山頂
山頂に到達
ダマバンド山登頂ルート
アルボルス山脈を望みつつ下山

COLUMN 下山後は充実のテヘラン観光とイランの食を楽しむ

テヘランでは、古典的なペルシャの工芸や建築に、西洋の影響を見事に統合した世界遺産のゴレスタン宮殿や地元の人たちで賑わいを見せるバザールを見学。また、肉・野菜・豆類を壺で煮込んだ、トマトベースの伝統料理「アブ・グーシュト」をご賞味いただきイランの食も楽します。

ガージャール朝の王宮ゴレスタン宮殿
アブ・グーシュト

出発日と料金

2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
08月15日(土) ~
08月23日(日)夏季のベストシーズン
9日間 418,000円
09月12日(土) ~
09月20日(日)夏季のベストシーズン
9日間 398,000円
発着地 東京・大阪発着 最少催行人員 8名(13名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 不要(12月5日現在の見込み)
一人部屋追加代金 22,000円(山小屋泊除く)
国際線のビジネスクラス 日本/テヘラン間は往復28~38万円前後の追加で別途手配いたします。ご予約の時期によって、料金が変わることがありますのでご希望の方はお早めにお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

コース難易度

体力 登頂日は高低差1,600mを11~12時間かけて往復しますので十分な体力と高所経験が必要です。
高度 最高宿泊高度は約4,020m、最高到達地点は5,671mです。アタック・キャンプにて高所順応日を設けていますが、高山病の影響が十分に予想されます。
宿泊 山小屋3泊 寝袋(冬用)が必要です。
荷物 日本からスーツケースでご参加いただき、ラリジャンにて荷物を詰め替えます。3泊4日分の荷物(7kg以内/寝袋含む)が入るバックをご用意ください。登山中はデイパックをご用意ください。

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
大阪
深夜発

23:20発
空路、東京・大阪よりカタールのドーハへ。
機中泊
2 ドーハ
ドーハ
ドーハ
テヘラン
テヘラン
ラリジャン
早朝着

04:50着

07:20発
10:55着


16:00着

ドーハ着後、航空機を乗り換えてイランの首都テヘランへ。
着後、専用車にてラリジャンへ。
ラリジャン泊
3 ラリジャン
ゴズファンドサーラ
アタックキャンプ
07:00発
08:00着
約6時間
専用車にて登山口のゴスファンドサーラ(2,910m)へ。
●ダマバンド登山(約6時間)
アタックキャンプ(4,020m)へ。
山小屋泊
4 (アタックキャンプ滞在)   終日、アタックキャンプに終日滞在し、高所順応。
山小屋泊
5 アタックキャンプ
山頂
アタックキャンプ

約12時間

●ダマバンド登頂(11~12時間)
砂と岩場のトレイルを登りダマバンド山(5,671m)登頂。登頂後、アタックキャンプまで戻ります。
山小屋泊
6 アタックキャンプ
ゴスファンドサーラ
ラリジャン

約4時間

登頂予備日。
●ダマバンド登山(約4時間)
ゴスファンドサーラへ下山。専用車でラリジャンヘ。
※前日に登頂できなかった場合はアタックキャンプに連泊しダマバンド山を登頂します。
ラリジャン又は山小屋泊
7 ラリジャン
テヘラン
09:00発
14:00着
専用車にてテヘランへ戻ります。
※前日アタックキャンプ泊の場合、ゴスファンドサーラへ下山後、専用車にてテヘランへ。
テヘラン泊
8 テヘラン 23:40発 午前中、自由行動。昼食は壺の中で肉と野菜を煮込んだ伝統料理アブ・グーシュトをご賞味ください。午後、テヘラン市内観光バザールゴレスタン宮殿等)。夕食後、夜の便にて、空路ドーハへ。
機中泊
9 ドーハ
ドーハ
東京
ドーハ
大阪
00:15着

02:10発
18:40着

02:10発
17:50着

ドーハ着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。

  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝6/昼7/夜7:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:カタール航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ)

イラン(2,500円)、代行手数料(4,400円)、写真1枚。旅券の残存有効期間は入国時に6ヶ月以上、査証欄余白は見開き2ページ以上必要です。なお、現在のパスポートにイスラエルの出入国スタンプやヘブライ語表記がある方はイランに入国できない場合がありますので、お早めにお問い合わせください。2011年3月以降にイランへの渡航歴がある場合は、ESTA(米国渡航認証)を利用して渡米することはできなくなり米国査証の取得が必要となりました。詳しくは担当までお問い合わせください。

気候・服装 夏の乾季にあたり、登山のベストシーズンです。登山中、日中は30℃以上まで気温があがりますので半袖または長袖シャツが基本となりますが、アタック・キャンプの朝晩は0℃以下まで冷え込みますので十分な防寒着もお持ちください。靴は防水の利いたトレッキングシューズが最適です。平地では夏服で過ごせます。また、女性は登山中もスカーフで頭髪を隠し、肌の露出を避けるよう義務付けられています。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
登山について 登頂には特別な技術や装備は必要ありませんが十分な体力と高所経験が必要です。また、夏季でも降雪がある場合がありますので、その場合は冬山登山の経験が必要です。日程3・6日目のゴスファンド・サーラ/アタック・キャンプ間は、荷物は7Kgまで馬が運搬いたします。
高山病について 最高宿泊高度は4,020mのアタック・キャンプ、最高到達高度は山頂の5,671mですので高山病の影響が十分に考えられるコースです。ご参加の方全員に健康診断書のご提出をお願いしております。高山病対策として、添乗員はパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)、携帯加圧装置を持参し、現地で酸素ボンベを用意します。
高山病についてのご注意と取り組み
海外旅行保険について ご参加の方には疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。
イランにおけるイスラムについて イスラム国の中でも、イランはその戒律が厳しい国のひとつです。外国人旅行者もある程度その戒律に従わなければなりません。酒類の持ち込み、飲酒は厳しく禁じられています。女性はスカーフの着用、体の線が出ない、ゆったりとした丈の長い上着の着用が義務付けられています。
観光について イランの遺跡や博物館、モスクなどは現地の事情により突然入場できなくなることがあります。
宿泊について アタック・キャンプ滞在は、山小屋の男女相部屋の大部屋泊となり、寝袋(冬用)が必要です。お持ちでない方には弊社より有料(5,000円)で貸し出しいたします。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。