ツアーのポイント

ポイントベトナム南部~中部の国立公園で希少な野生動物を観察!

カッティエン国立公園、フォンニャケバン国立公園を中心に、ベトナムの野生動物・野鳥観察を楽しむ8日間の旅。アカアシドゥクラングールやキホオテガザル、ハティンラングールなどベトナムの森に生息する希少な霊長類の他、、スイロク(水鹿)の別名を持つサンバー、カッティエンのハイドからは美しいミドリシマヤイロチョウの観察チャンスもあります。

ポイントナイトサファリで夜行性の生き物も観察

カッティエン国立公園ではナイトサファリにもご案内。爬虫類や両生類などの他、運が良ければピグミースローロリスの観察チャンスもあります。

ポイントデルタ地帯ではボートクルーズでカワゴンドウを観察

ホーチミンから車で約2時間ほどに位置するカンザー。マングローブの森が広がるデルタ地帯で、カニクイザルやブタオザルが観察できるモンキーアイランドの訪問やメコン川のボートクルーズでイラワジイルカとも呼ばれるカワゴンドウの観察にも出かけます。

訪問する
世界遺産

フォンニャ=ケバン国立公園

COLUMN ベトナムの森に生息する希少な野生動物たち

ベトナムの森にはアカアシドゥクラングールやクロアシドゥクラングールなどインドシナ半島の固有種であるドゥクラングール類、キホオテナガザルなど絶滅危惧種にも指定される希少な霊長類が暮らしています。かつてのベトナム戦争で多くの森林が破壊された事などから個体数が激減した動物たちも保護活動のおかげで徐々に個体数が戻ってきています。その他、カッティエン国立公園のサンバーやガウル、メコン川の河口エリアに生息するカワゴンドウなど、ベトナムの様々な野生動物との出会いが期待できます。

アカアシドゥクラングール
Red-shanked Douc Langur
膝から足首までが栗色やオレンジ色をしている特徴が「アカアシ」の名に由来しています。熱帯雨林や二次林に4~15頭程度の群れをつくって暮らし、ダナン近郊やフォンニャケバン国立公園の森で観察のチャンスがあります。
クロアシドゥクラングール
Black-shanked Douc Langur
黒っぽい手足と灰色の体、青みがかった顔が特徴のクロアシドゥクラングール。カンボジアとベトナムにのみ生息し、主に常緑樹林で群れを成して暮らします。2連泊するカッティエン国立公園の熱帯雨林は彼らの生息地となっています。
キホオテナガザル
Yellow-cheeked Gibbon
オスの頬の毛が黄色をしたテナガザルの仲間で、ベトナム、ラオス、カンボジアに生息しています。徐々に個体数は回復しつつありますが、必ずしも観察できるとは限らない希少種です。
ピグミースローロリス
Pygmy Slow Loris
インドシナ半島東部を中心に生息するロリスの仲間。動きがとても遅い事からスローロリスと呼ばれています。夜行性で見つけるのも簡単ではない動物ですが、カッティエン国立公園のナイトサファリで探します。
サンバー
Sambar Deer
別名スイロク(水鹿)とも呼ばれ、その名の通り湿地帯の森林に生息しています。中国南西部から東南アジア、南アジアなどに広く分布し、ツアーではカッティエン国立公園で観察のチャンスがあります。
カワゴンドウ
Irrawaddy Dolphin
イラワジイルカとも呼ばれ、東南アジアの河川の河口などに棲息しています。カンザーからのボートクルーズで観察します。

COLUMN ベトナムの野鳥 カッティエン国立公園

標高150ⅿ~250ⅿ程の低地に熱帯雨林が広がるカッティエン国立公園。ベトナムでバードウォッチャーに人気の高い国立公園です。今回のツアーでも観察ハイドからの野鳥観察をお楽しみいただきます。その名の通り緑色の体に縞模様が美しいミドリシマヤイロチョウやカッショクコクジャクなどの野鳥達も期待できます。

ミドリシマヤイロチョウ
カッショクコクジャク

出発日と料金

2023年~2024年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
12月10日(日) ~
12月17日(日)
8日間378,000円
01月26日(金) ~
02月02日(金)ご好評につき追加設定
8日間378,000円
発着地 東京・大阪発着 最少催行人員 5名(8名様限定) ・添乗員同行
燃油サーチャージ 19,000円(11月1日現在の見込み)
一人部屋追加代金 38,000円
国際線のビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。
  • 少人数限定コースのため再利用割引・特別割引はありません。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール
1 東京
ホーチミンシティ
大阪
ホーチミンシティ
ホーチミンシティ
カンザー
09:30発
14:15着

10:30発
14:05着

15:00発
17:00着
空路、東京・大阪よりベトナムのホーチミンシティへ。着後、専用車にてカンザーへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、ホーチミンシティにて合流します。
カンザー:キィナムリゾート泊
2 カンザー
(リバークルーズ)
カッティエン国立公園
朝発

夕方着
朝、モンキーアイランドを訪れカニクイザルやブタオザルを観察。その後、リバークルーズでイラワジイルカとも呼ばれるカワゴンドウの観察に出かけます。その後、専用車にてベトナム最大規模の熱帯雨林が広がるカッティエン国立公園へ。夕食後、ナイトサファリで爬虫類や両生類などを中心に夜行性の生き物の観察に出かけます。運が良ければピグミースローロリスの観察チャンスもあります。
カッティエン国立公園:
カッティエン国立公園ホテル又はグリーンバンブー泊
3 カッティエン国立公園  

この日はカッティエン国立公園での動物観察を楽しむ1日です。クロアシドゥクラングールやキホオテナガザルなどの霊長類、スイロク(水鹿)とも呼ばれるサンバーなどの観察。鳥類では美しいミドリシマヤイロチョウの観察も狙います。

カッティエン国立公園:
カッティエン国立公園ホテル又はグリーンバンブー泊
4 カッティエン国立公園
ホーチミン
ホーチミン
ダナン
約3時間

午後発
午後着
早朝、カッティエン国立公園での野鳥観察。ハイドからカッショクコクジャクやセキショクヤケイなどの観察をお楽しみください。その後、専用車にてホーチミンシティへ戻り、国内線にてベトナム中部の町ダナンへ。
ダナン:ルピン泊
5 ダナン
フォンニャケバン国立公園
早朝発
午後着
早朝、栗色の美しい足が特徴のアカアシドゥクラングールの観察に出かけます。その後、専用車にてフォンニャケバン国立公園へ。午後、フォンニャケバン国立公園では石灰岩の美しい洞窟を見学します。
フォンニャケバン国立公園:ラッキーホーム泊
6 フォンニャケバン国立公園 終日、フォンニャケバン国立公園にて野生動物や野鳥の観察をお楽しみいただく1日。絶滅危惧種に指定されるホオジロテナガザルの観察、希少なラオスモリチメドリ、セッカイガンムシクイなどの野鳥観察もお楽しみいただけます。運が良ければ珍しいベニガオザルに出会えるかもしれません。
フォンニャケバン国立公園:ラッキーホーム泊
7 フォンニャケバン国立公園
ドンホイ
ドンホイ
ハノイ
ハノイ
ハノイ
早朝発

午後又は夕方着
夕方又は夜発
夜着
24:30発
24:40着
専用車にて移動し、ベトナムとラオスの限られた狭い地域のみに生息する稀少なハティンラングールを観察します。その後、専用車にてドンホイへ。夕方又は夜の航空機にてホーチミンシティ又はハノイ乗り換えで、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。
機中泊
8 東京
大阪
07:00着
06:40着
着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
    • 食事回数:朝6/昼6/夜6:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:ベトナム航空

ご案内とご注意

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間は、入国時に6ヶ月以上必要です。
気候・服装 夏服が基本になります。早朝の観察や冷房の効いたホテルやバス車内用に上着をお持ちください。この時期は乾季にあたりますが、念のため雨具もご準備ください。靴は防水性のハイキングシューズなどが最適です。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
その他のご注意 自然観察ですので、記載の動物はかならずしも観察できるとはかぎりません。特にピグミースローロリス、キホオテガザル、ベニガオザルは観察の難しい種類です。
旅行条件について 取引条件はこちらの 海外旅行 旅行条件書を、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。