ツアーのポイント

ポイント 収穫の秋、黄金に染まる棚田と少数民族を求めて

刈り入れに精を出す少数民族の姿と、一面に輝く稲穂の風景はこの時期ならではのもの。色鮮やかな民族衣装と黄金が織りなす色彩は息を呑む美しさです。

ポイント ベトナム北部・山岳部の最深部を巡る

入域に特別許可が必要なハジャン省。観光客がほとんど訪れることがないため、少数民族は今も独自の伝統を守りながら暮らしています。最北の地まで行くからこそ出会える、少数民族の人々の暮らしや風景をご堪能ください。

ポイント 6ヶ所の定期市と素朴な村々を巡るゆったり紀行

各地で週に一度開催される定期市を訪問。それぞれ趣の違う市場には、華やかな民族衣装に身を包んだ人々が集います。昔ながらの暮らしを営む少数民族の村では、人々が農作業に勤しむ様子を目にすることができるでしょう。

シンチェンの水曜市に集う花モン族
麻織物で有名な白モン族の村を訪問

COLUMN 棚田の収穫時期に訪問する
ベトナム北部、少数民族の里めぐり

ベトナム北部の山深い地域。あまり観光客の訪れることのないこの地には、今も昔ながらの生活を営む少数民族が暮らしています。彼らは少ない耕地で生活していくため、長い年月をかけて何百段も続く見事な棚田を作り上げてきました。秋は特別な季節。春に田植えをし、精魂を込めて育てた稲が収穫の時期を迎えます。秋にこの地へ赴くと、黄金色の稲穂の中で、赤や黒の民族衣装に身を包んだ人々が農作業をする光景に出会うことができるでしょう。また、道中訪れる定期市には、色鮮やかな刺繍や藍で染められた衣装を纏う様々な少数民族が集います。いつもよりお洒落をした人々で賑わう華やかな市場を訪れ、のんびりと散策をお楽しみください。

ドンバンの日曜市
稲の収穫をするランテン・ザオ族の女性たち
ターバン・ザオ族の女性と黄金色の棚田
花ロロ族の女性
モン族のスカート

COLUMN ベトナム北部の田舎料理に舌鼓

土地柄、豪華なレストランはありませんが、素材を活かした素朴な味わいの品々が人気です。もちもちのおこわ、ほくほくのお芋、採れたて野菜の炒め物やベトナム料理の代表格「フォー」など。どこか懐かしく、日本人の口にもよく合います。現地で育まれた自然の恵みをたっぷりとご賞味ください。

滋味深くやさしい味わい

出発日と料金

2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
09月10日(木) ~
09月22日(火)
13日間 368,000円
09月17日(木) ~
09月29日(火)
13日間 368,000円
発着地 東京・大阪発着 最少催行人員 6名(10名様限定) ・添乗員同行
燃油サーチャージ 5,600円(3月11日現在の見込み)
一人部屋追加代金 37,000円
ビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 村の訪問と撮影をスムーズに行うため、各出発日最大10名様限定にてご案内します。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
ハノイ
大阪
ハノイ
10:00発
13:35着

10:30発
13:25着
空路、東京・大阪よりそれぞれベトナムの首都ハノイへ。着後、ホテルへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、ハノイにて合流します。
ハノイ泊
2 ハノイ
ディエンビエンフー
ディエンビエンフー
ムオンライ

午前又は午後発


4時間

航空機にてフランス軍との激戦地となったディエンビエンフーへ。着後、専用車にてムオンライへ向かいます。途中、赤モン族の村を訪問します。
ムオンライ泊
3 ムオンライ
シンホー
ライチョウ

08:00発


17:00着

専用車にてライチョウへ。途中、刺繍を施した黒い衣装を纏ったザオカウ族白モン族の暮らす標高1,800mの山里シンホーに立ち寄り、ザオカウ族の村を訪問します。
ライチョウ泊
4 ライチョウ
(ダオサンの日曜市)
  専用車にて、棚田が広がる美しい山上にあるダオサンへ往復観光。着後、ハニ族白モン族ザオカウ族、紅い帽子をかぶるダオコド族などが集うダオサンの日曜市を見学します。その後、ランテン・ザオ族の村などを訪問します。
ライチョウ泊
5 ライチョウ
サパ
08:00発
12:00着
朝、赤モン族の村を訪問。その後、専用車にてサパへ。途中、ランテン・ザオ族の人々の姿を見ることができます。サパ着後、街の散策をお楽しみください。
サパ泊
6 サパ
バックハー
08:00発
17:00着
午前中、専用車にて、サパ周辺の少数民族の村を訪問(サフォー族の村黒モン族の村赤ザオ族の村等)。その後、専用車にてバックハーへ。
バックハー泊
7 バックハー
シンチェンの水曜市
ビンクァン

08:00発


17:00着

朝、バックハー周辺に暮らす花モン族の村を訪問。その後、専用車にてビンクァンへ。道中、美しい棚田もご覧いただくことができます。途中、花モン族が集うシンチェンの水曜市を見学します。
ビンクァン泊
8 ビンクァン
ハジャン
08:00発
17:00着
専用車にてハジャン省の省都ハジャンへ。途中、ナムティのターパン・ザオ族の村に立ち寄ります。
ハジャン泊
9 ハジャン
ミンタンの金曜市
イェンミン

08:00発


17:00着

朝、白モン族ランテン・ザオ族の集まるミンタンの金曜市を訪問。その後、専用車にてイェンミンへ。途中、ヌン族の村、ハジャン省にのみ暮らすボ・イ族の村、麻の織物で有名な白モン族の村ランテン・ザオ族の村を訪れます。
イェンミン泊
10 (イェンミンの朝市)
イェンミン
ドンバン

09:00発
17:00着
イェンミンの朝市を見学した後、石灰岩の大地や奇岩群の美しい景色の中、ベトナム最北の地ドンバンへ。途中、花ロロ族の村、古い民家の残る白モン族の村、中国との国境近くに暮らす黒ロロ族の村を訪れます。
ドンバン泊
11 (ドンバンの日曜市)
ドンバン
メオバックの日曜市
ハジャン


08:30発


17:00着

朝、白モン族アオザイ・ザオ族の人々で賑わうドンバンの日曜市を見学。その後、専用車にてハジャンへ。途中、紺色の長い丈の衣装が特徴のアオザイ・ザオ族の村メオバックで行われる日曜市を訪問。
ハジャン泊
12 ハジャン
ハノイ
08:00発
17:00着
朝、パテン族の村へ。その後、専用車にてハノイへ。途中、ザオ・ワンチェット族の村を訪問します。
夕食後、深夜発の航空機にて東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。
機中泊
13 ハノイ
東京
ハノイ
大阪
00:20発
07:35着
00:20発
06:40着
着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝11/昼11/夜12:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:ベトナム航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間は、出国時に6ヶ月以上必要です。※前回のベトナム出国から30日以上が経過していない場合、滞在期間に関わらず査証の取得が必要になります。
気候・服装 乾季にあたり旅行のベストシーズンです。合服が基本となりますが、朝晩は冷え込みますので防寒具をお持ちください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
日程について このコースで訪れる地域は国境付近にあたるため、現地の治安状況や警察の命令等により、日程変更を余儀なくされたり、写真・ビデオの撮影が制限されることがあります。また、このコースの大部分は山岳地帯の道路を走ります。悪天候や車のコンディション、突然の道路工事等の思わぬ事態により、日程や宿泊地が変更になることがあります。
観光について 日程表中の少数民族の村や市場は観光地ではありませんので、農作業や宗教行事などの理由により、予定の村や市場を訪問できないことがあります。また、収穫の時期はその年の気候により多少ずれることがあります。
宿泊について ハノイ、サパ以外の場所では宿泊施設に限りがあるため、設備が十分に整っていないホテルや簡易宿泊施設のゲストハウス泊になります。バスタブがなくシャワーのみだったり、お湯の出が悪い等ご不便をおかけすることもありますが、辺境の地であることをご理解の上でご参加ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。