ツアーのポイント

ポイント 豪華客船パウカン号にてイラワジ河クルーズ

古都バガンからマンダレーまで2泊3日のクルーズをゆっくりとお楽しみいただきます。

ポイント インダー族の暮らすインレー湖で2連泊

みどころの多いインレー湖では2連泊し、周辺のカックー遺跡や湖上の寺、インディン遺跡などを訪問します。

ポイント 仏教遺跡残るバガン、古都マンダレーでも充実の観光内容

カンボジアのアンコール遺跡、インドネシアのボロブドゥール遺跡と並んで世界三大仏教遺跡のひとつに数えられるバガン、ミャンマー最後の王朝が都とした古都マンダレーの観光もお楽しみいただきます。

ポイント ご参加の方にプレゼント

ミャンマーの伝統衣装「ロンジー」をプレゼント。男女とも一枚の大きな布地を巻きスカートのようにし、日常的に着用しています。

COLUMN 豪華客船PAUKAN号でイラワジ河クルーズ

「パウカン」とはかつてのバガンの王朝の都市名で、PAUKAN号はこの旧都市名から名付けられました。英国統治時代から運行していた定期船を模して造られ、キャビンはコロニアル風とミャンマーの伝統様式を融合させたインテリアとなっています。 古都バガンからマンダレーまで2泊3日のゆったりとしたクルーズをお楽しみいただきます。

河辺の村に停泊中のPAUKAN号
快適なデッキ
気さくな船のクルー

ROOM
メインデッキ客室の一例

パウカン号は、ロウワー、メイン、アッパーとサンデッキの4層になった船です。サンデッキには屋外チェアーのほかにサロンバーやラウンジ、操舵室があります。全室リバービュー。当コースではメインデッキ(16㎡)のお部屋を利用いたします。


■デラックスキャビンにアップグレード

アッパーデッキに位置するデラックス・キャビン(21㎡)の手配も可能です(1部屋60,000円<お二人様でご利用の場合、お1人様30,000円>)。部屋数に限りがありますので、ご希望の方はお早めにお問い合わせください。


FOOD

ダイニングルームはメインデッキにあり、洋食とミャンマー料理の両方をご賞味いただけます。

ダイニングルーム
料理の一例

ACTIVITY

クルーズ中は川沿いの村に立ち寄り、素朴な村を散策したり、船上からの景観をお楽しみいただくほか、船内のスパ(有料)もご利用いただけます。

船のクルーがミャンマーの文化を紹介
道中素朴な村を散策

COLUMN 水の民インダー族の暮らすインレー湖へ

多くの少数民族が暮らすシャン州の風光明媚なインレー湖。その湖上で暮らす民族がインダー族です。インダー族は湖に浮島を作り、家を建て、魚を採って生活をしています。浮島では野菜も栽培されていて、インレー湖でとれたトマトは味が良いことで有名です。そして、細長いこの湖の移動手段はカヌー。インダー族の人々は船の上で片足を使い艪を操ります。

伝統漁を行うインダー族 伝統漁を行うインダー族
カヌーで移動するインダー族の家族 カヌーで移動するインダー族の家族

COLUMN 【オプショナルツアー】※9日間コース5日目・12日間コース7日目
バガン遺跡バルーンフライト Over the Bagan

朝日に照らされるバガン遺跡を上空から望むバルーンフライト。朝靄に包まれた無数の仏塔が眼下に広がる、幻想的な光景をお楽しみください(送迎付、添乗員は同行しません)。
■料金:37,000円 
■飛行時間:約1時間
■お申し込み・お支払い方法:ご出発前に日本でお申し込み、お支払いください。
■旅行企画・実施:Balloon Over Bagan又はOriental Ballooning又はGolden Eagle Ballooning
※大変人気がありますので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

COLUMN 【特別企画 10/6発 12日間コース】~インレー湖の祭りと聖地ゴールデンロックも訪問~
「豪華客船で行く2泊3日のイラワジ河クルーズとインダー族の暮らすインレー湖12日間」

10/6発12日間コースでは、インレー湖のファウンドーウー祭りを見学。

毎年、雨季明けの頃、水上に暮らすインダー族によって行われるインレー湖の祭り。神話上の鳥「カラウェイ」をかたどった舟には仏像が納められ、祭りの間、次々と湖の浮島をめぐります。

ファウンドーウー祭り
ゴールデンロック

出発日と料金

2017年~2018年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
10月06日(金) ~
10月17日(火)
12日間 438,000円
11月20日(月) ~
11月28日(火)
9日間 378,000円
01月15日(月) ~
01月23日(火)
9日間 378,000円
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
ヤンゴン
11:00発
18:30着
空路、東京より直行便にてミャンマー最大の都市ヤンゴンへ。着後、ホテルへ。
ヤンゴン泊
2 ヤンゴン
ヘーホー
ヘーホー
カックー遺跡
インレー湖

朝発

10:00発

17:00着

朝、航空機にてヘーホーへ。着後、専用バスにてインレー湖へ。途中、パゴダ群の林立するカックー遺跡を見学します。
夕食はシャン州料理をご賞味ください。
インレー湖泊
3 インレー湖   終日、インレー湖をボートに分乗して巡ります(ファウンドーウーパゴダパゴダ群・インディン遺跡インダー族の浮島等)。
インレー湖泊
4 インレー湖
ヘーホー
ヘーホー
ニャウンウー
ニャウンウー
バガン

07:00発
08:00着
朝発

09:00発
09:30着

専用バスにてヘーホーへ。航空機にて世界三大仏教遺跡・バガン観光の玄関口・ニャウンウーへ。着後、オールド・バガンの仏教遺跡群を見学(シュエジーゴンパゴダアーナンダ寺院タビィニュー寺院等)。ミャンマーの伝統工芸・漆工房も訪問します。夕方、遺跡群と夕日の景観をお楽しみいただきます。
バガン泊
5 バガン
(イラワジ河クルーズ)
朝発 午前、豪華客船パウカン号に乗船します。
●イラワジ河クルーズ
乗船後、川辺の景色をお楽しみいただきながらクルーズ。夕方、川沿いの村に寄港します。
※ご希望の方は早朝、オプショナルツアーでバガン遺跡のバルーンフライトをお楽しみください。
パウカン号泊
6 (イラワジ河クルーズ)   ●イラワジ河クルーズ
終日、船の旅をお楽しみいただきます。途中、素焼きの壺作りをする素朴なヤンダボ村に立ち寄り、村の散策をお楽しみいただきます。夕方、川沿いの村に寄港します。
パウカン号泊
7 (イラワジ河クルーズ)
マンダレー
  ●イラワジ河クルーズ
朝食後、ミャンマー第2の都市マンダレーへ。着後、下船。その後、市内観光旧王宮マハムニパゴダクトゥドゥーパゴダ等)。
マンダレー泊
8 マンダレー
ヤンゴン
ヤンゴン

午前発

22:10発

航空機にてヤンゴンへ戻ります。ヤンゴン着後、市内観光(シュエダゴンパゴダ等)。夜発の航空機にて帰国の途につきます。
機中泊
9 東京 06:45着 着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝7/昼7/夜8:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:全日空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) ミャンマー(6,000円)、代行手数料(4,320円)、写真1枚。旅券の残存有効期間は入国時に6ヶ月以上必要です。
気候・服装 夏服が基本となります。朝晩の冷え込みや冷房対策に備えて上着をお持ちください。日差しが強いので、サングラスや帽子もお持ちください。クルーズ中のドレスコードに規定はありません。
利用予定ホテル 日程及び以下のホテルリストをご覧ください。
ヤンゴン:サミットパークビュー、グリーンヒル、セントラル、パノラマ、イースト、パークロイヤル 
インレー湖:ゴールデンアイランドコテージ、パラマウント、アマタガーデンリゾート、フーピン、スカイレイク、パラダイス 
バガン:タンデ、バガン、ミャンマートレジャーリゾート、アメージング、ルビートゥルー 
マンダレー:マンダレースワン、ヤダナボンダイナスティ、エーヤワディーリバービュー、マンダレーヒル
チャイティヨ:マウンテントップ、チャイティヨ、ゴールデンロック、ゲストハウス
パンフレットのご請求はこちら
観光について 日程中の市場や寺院は観光地ではありませんので、宗教行事などの理由により、訪問できないことがあります。また、パゴダや寺院など突然修復工事に入ることがあります。天候の安定する時季にツアーを設定していますが、イラワジ河クルーズのスケジュールは天候不順などにより変更・中止となる場合があります。予めご了承ください。イラワジ河クルーズは他のお客様との混乗になります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。