ツアーのポイント

ポイント 小型ラグジュアリー船エル・アレフ号で巡る
ラジャ・アンパット諸島の海

世界的にもその美しさで知られるラジャ・アンパット諸島。ラグジュアリーな小型船エル・アレフ号をチャーターし、7泊8日の船旅をお楽しみいただきます。海鳥の観察やシュノーケリング、ダイビングをお楽しみいただくほか、ワイゲオ島やバタンタ島に上陸し、ベニフウチョウやアカミノフウチョウなど極楽鳥の観察にもご案内します。

ポイント 西パプア州のアルファク山でバードウォッチング

旅の前半は西パプア州のマノクワリからアルファク山へ。4日間に渡りカンザジフウチョウやキンミノフウチョウなどの極楽鳥をメインターゲットに、バードウォッチングをお楽しみいただきます。

ポイント 6名様より催行、8名様限定の少人数の旅

客室全6部屋の小型船エル・アレフ号をチャーター。フウチョウの観察をじっくりとお楽しみいただけるように最大8名様までの少人数限定コースとしております。

COLUMN 4皇帝が支配した海に浮かぶラジャ・アンパット諸島

インドネシアのニューギニア島からハルマヘラ島の間に位置するラジャ・アンパット諸島は1500を越える島・岩礁・洲などから形成されています。ラジャ・アンパットとは四人の王を意味しており、これはかつてこの地の4つの大島を4人の王が納めていたという伝承によるものです。現在、この諸島の海はダイバー憧れの地となっているほか、極楽鳥の名で知られる色鮮やかなフウチョウ類が生息し、バードウォチャーにとっても一度は訪れてみたい場所となっています。小型ラグジュアリー船エル・アレフ号を西遊旅行だけでチャーターし、贅沢な海と森の旅にご案内します。


ダイビングとシュノーケリングで楽しむラジャ・アンパット諸島

クルーズ中は様々なポイントでダイビングやシュノーケリングをお楽しみいただけます。ダイビング費用は全て旅行費用に含まており、追加費用は不要です。海洋生物の宝庫と呼ばれマンタなどの大物だけでなく、ピグミーシーホース、フロッグフィッシュ、スプレンディッドドティーバック、この地域でしか見られない歩くサメ“エポレット・シャーク”などこの地域特有の生物の観察も大きな楽しみです。ダイビングのライセンスをお持ちでない方はシュノーケリングをお楽しみいただけます。

ラジャ・アンパット諸島
ラジャ・アンパット諸島の珊瑚礁
マンタ
ピグミーシーホース

COLUMN バード・オブ・パラダイス(極楽鳥)の生息する森へ

インドネシアのラジャ・アンパット諸島やニューギニア島周辺は極楽鳥とも呼ばれるフウチョウ類が数多く生息している地域として有名です。今回のツアーでは旅の前半、アルファク山周辺ではカタカケフウチョウやカンザシフウチョウ、キンミノフウチョウ等。後半のクルーズ中にワイゲオ島ではベニフウチョウ、バタンタ島ではアカミノフウチョウの観察を狙います。

カタカケフウチョウのオス
アカミノフウチョウのオス
キンミノフウチョウのオス

COLUMN 小型ラグジュアリー船 エル・アレフ号

木目調の美しい帆船エル・アレフ号の客室は全6部屋。最大8名様までの少人数限定クルーズ。ラジャ・アンパット諸島の海を熟知したクルーが世界屈指のダイビング・シュノーケリングポイント、海鳥やフウチョウの観察ポイントへご案内します。全てのキャビンにシャワー・トイレが完備。航行中も甲板から美しい風景をお楽しみいただきながら、贅沢なひとときをお過ごしいただくことができます。

エル・アレフ号
全長:40m 幅:8m 階層:3階 巡行速力:9ノット 客室:全6部屋

エル・アレフ号
エル・アレフ号のデッキ
ダイニング
ブリッジデッキスイート(1室)
アンダーメインデッキキャビン(4室)

出発日と料金

2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
10月05日(月) ~
10月19日(月)
15日間 下記表参照
客室タイプ 旅行代金
アンダーメインデッキキャビン 2名一室利用:1,630,000円
1人部屋利用: 1,780,000円
ブリッジデッキスイート 2名一室利用:1,980,000円
1人部屋利用:2,280,000円
発着地 東京・大阪発着 最少催行人員 6名(8名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 12,000円(11月6日現在の見込み)
一人部屋追加代金 20,000円(マノクワリ、ソロン泊のみ)
国際線のビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 少人数限定コースのため再利用割引・特別割引はありません。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
ジャカルタ
大阪
ジャカルタ
ジャカルタ
昼発
夕方着

昼発
夕方着

夜発
空路、東京・大阪よりそれぞれインドネシアのジャカルタへ。着後、航空機を乗り換えて西パプア州のマノクワリへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、ジャカルタにて合流します。
機中泊
2 マノクワリ
アルファク山
朝着 朝、マノクワリに到着。専用車にてアルファク山のゲストハウスへ(標高1,600m)。着後、アルファク山周辺でのバードウォッチングをお楽しみください。
アルファク山:ゲストハウス泊
3 アルファク山   早朝よりバードウォッチング、カンザシフウチョウをメインターゲットに観察に出かけます。その他にもエボシツカツクリ、セスジパプアクイナ、ヤマネヅミムシクイ、タカネパプアチメドリ、チャイロニワシドリなど様々な野鳥を観察します。
アルファク山:ゲストハウス泊
4 アルファク山   早朝よりバードウォッチング、キンミノフウチョウをメインターゲットに観察に出かけます。その他、アルファクキャットバード、ネズミムシクイ、セアカパプアムシクイ、アカミツスイ、パプアオウチュウなど様々な野鳥を観察します。
アルファク山:ゲストハウス泊
5 アルファク山
マノクワリ
  早朝よりアルファク山での最後のバードウォッチング。その後、専用車にてマノクワリに戻ります。
マノクワリ泊
6 マノクワリ
ソロン
昼発 国内線にてソロンへ。着後、ホテルへ。
ソロン泊
7 ソロン
ワイサイ
ワイサイ近海
朝発
昼発
朝のフェリーでワイサイへ。着後、クルーズ船エル・アレフ号に乗船。午後はフリウィンボンダにてシュノーケリング/ダイビングをお楽しみください。※この日からチャーター船エル・アレフ号での7泊8日の旅の始まりです。
エル・アレフ号泊
8 (バードウォッチング)
ワイゲオ島近海
  早朝よりワイゲオ島に上陸。ベニフウチョウをターゲットにバードウォッチング。その後、カピクリやヤンブバのポイントでシュノーケリング/ダイビング
エル・アレフ号泊
9 (ヤンゲッロ)
ガム島近海
ワヤッグ島近海
  早朝よりボートにて海鳥の観察をお楽しみください。朝食後、ヤンゲッロのマングローブでのシュノーケリング/ダイビング。その後、北上しワヤッグ島近海へ。
エル・アレフ号泊
10 ワヤッグ島
アルユイ
  ワヤッグ島に上陸し、ピンディト山の展望台へハイキング。ラジャ・アンパット諸島を代表する美しい入り江、島の展望をお楽しみください。その後、ワヤッグ島近海にてシュノーケリング/ダイビングをお楽しみください。夕食はビーチにてバーベキューをご賞味ください。
エル・アレフ号泊
11 アルユイ
バタンタ島近海
  早朝、ボートにて海鳥の観察。その後、ラジャ・アンパットの中でも最も美しいポイントともいわれるアルユイ周辺でのシュノーケリングをお楽しみください。日没後はナイトダイブにもご案内します。その後、南下しバタンタ島近海へ。
エル・アレフ号泊
12 (バードウォッチング)
バタンタ島近海
(マンタサイト)
  早朝よりバタンタ島へ上陸。アカミノフウチョウをメインターゲットにバードウォッチング。その後、マンタの観察率が高いポイントにてシュノーケリング/ダイビング
エル・アレフ号泊
13 (バードウォッチング)
バタンタ島近海
  早朝、前日に引き続きバタンタ島に上陸しバードウォチング。再度、アカミノフウチョウの観察。その後、近海のポイントを巡りシュノーケリング/ダイビング
エル・アレフ号泊
14 ソロン
ジャカルタ又はデンパサール
ジャカルタ又はデンパサール
ジャカルタ又はデンパサール
午後発
夕方着

深夜発

深夜発
午前、ソロンにてエル・アレフ号を下船。午後の国内線(直行便又は経由便)にてジャカルタ又はデンパサールへ。着後、夜の航空機にて東京・大阪それぞれ帰国の途に就きます。
機中泊
15 東京

大阪
朝着

朝着
着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝12/昼12/夜12:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:ガルーダ・インドネシア航空、バティックエアー
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) 不要です。旅券の有効期限はインドネシア入国時6ヶ月以上、査証欄の余白連続2ページ以上必要です。
気候・服装 基本夏服で過ごせます。日差しが強いので日除け対策をしっかりとお願いします。スキューバダイビング、シュノーケリング用の水着、船上ではサンダルが便利です。10月は比較的雨の少ない季節ですが、熱帯性気候のため、雨は降る可能性があります。バードウォッチング時に備えて上下セパレート式の雨合羽は必ずご準備ください。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
宿泊について アルファク山のゲストハウスは3部屋しかないためお一人部屋はお取りできません。2~4名一室となります。各部屋に電気はなく、懐中電灯が必要です。シャワーはなく、バケツの水で汗を流すのみとなります。
海外旅行保険について ご参加の方には治療、救援費用の項目が無制限の海外旅行保険へのご加入をお願いしております。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

【クルーズ旅行 取消料の規定について】

本コースは取消条件が一般のツアーとは異なり、下記の通りとなります。ご旅行お申し込みの際には、海外クルーズ保険を同時にお申し込みされることをおすすめいたします。※弊社では東京海上日動の「クルーズ旅行取消費用」(特約)の取扱を開始しております。お申し込みの際には、是非同時にお申し込みください。
■旅行開始日の前日から起算して260日目まで・・・・・30万円
■259日前~180日前まで・・・・・・・・・・・・・・70万円
■179日目~ご出発日(旅行開始前)・・・・・・・・・・ご旅行費用の50%
■旅行開始後又は無連絡不参加・・・・・・・・・・・・ご旅行費用全額

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。