ツアーのポイント

ポイント 憧れのカラコルム・ハイウェイを大走破 カシュガル観光も充実した12日間

イスラマバードからカシュガルへ、パキスタンと中国を結ぶ1,300㎞のカラコルム・ハイウェイを大走破!峻険な山々や美しい名峰、雄大なパミール高原やカラクリ湖、迫力の大自然を間近に望めるアドベンチャー・ロードです。上部フンザ・アッタバード湖沿いにトンネルが開通したことにより、移動時間が大幅に短くなった新しいカラコルム・ハイウェイをお楽しみください。シルクロードの要衝カシュガルも訪問します。

ポイント 桃源郷フンザの中心地カリマバードに3連泊

北部パキスタンの観光の拠点・カリマバードに3連泊。7,000m級のカラコルムの高峰群が聳え、圧巻の山岳風景をゆったりとお楽しみいただきます。

ポイント パキスタンに残る仏教遺跡を訪問

西域から天竺へ。各地に点在するかつてシルクロードに栄えた仏教の名残り、大規模な仏教大学のあったタキシラ遺跡や、渡河する仏教僧によって描かれたと言われるシャティアール、チラスの岩絵も見学します。

ポイント 旅がより楽しくなるオリジナルグッズを ご参加の方にプレゼント

西域から天竺へ。各地に点在するかつてシルクロードに栄えた仏教の名残り、大規模な仏教大学のあったタキシラ遺跡や、渡河する仏教僧によって描かれたと言われるシャティアール、チラスの岩絵も見学します。
訪問する
世界遺産

タキシラ仏教遺跡(パキスタン)

COLUMN クンジュラブ峠を越えてカシュガルへ

フンザの中心地・カリマバードから上部フンザ、標高4,733mのクンジュラブ峠を越えて新疆ウイグル自治区のカシュガルへ。道中、美しいカラコルムの山々や間近に迫るパスー氷河、パミール高原の大自然を満喫します。国境の町・スストにて出国手続きを済ませた後は、クンジュラブ国立公園内を走り、徐々に標高を上げていきます。峠付近ではヤクやアイベックス、マーモットなどの動物たちが姿を見せることも。中国側に入ると広大なパミールの高原、ムスターグ・アタ(7,546m)、コングール峰(7,719m)など、雄大な景色に出迎えられます。

間近に迫るパスー氷河
アイベックスに出会えるチャンスも
(4月、10月)
秋のクンジュラブ国立公園

COLUMN 天山・崑崙・カラコルム山脈を望む 山岳フライト

ウルムチ/イスラマバード間は、天山、カラコルム、ヒンドゥークシュといったユーラシア大陸でも主要な山脈を越える山岳フライトです。K2、ラカポシ、ナンガパルバットなどパキスタンが誇る7,000m~8,000mの高峰を眼下に展望することができます。景色は天候に左右されますが、晴れれば絶景の山岳フライト、このハイライトコースでのみお楽しみいただけます。

フライトから望む世界第2の高峰K2(8,611m)

COLUMN 旬のシルクロードを味わう

各地でシルクロードの味覚を満喫。5月~9月はフルーツが美味しいシーズンです。パキスタンでは、夏はマンゴーやフンザで採れるさくらんぼ、杏、9月からはザクロなど。新疆では夏から秋にかけてハミウリやブドウ、スイカなど甘くみずみずしいフルーツを存分にお楽しみください。新疆では羊の串焼き・ケバブなどのウイグル料理もお召し上がりいただきます。

羊肉の串焼きシシカバブ
8月はマンゴーが旬のシーズン

出発日と料金

2019年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
06月21日(金) ~
07月02日(火)晴天率の高い、山の展望のベストシーズン
12日間 438,000円
08月02日(金) ~
08月13日(火)マンゴーが旬のシーズン
12日間 458,000円
09月13日(金) ~
09月24日(火)晴天率の高い、山の展望のベストシーズン
12日間 448,000円
10月18日(金) ~
10月29日(火)秋、フンザの紅葉・黄葉の季節
12日間 448,000円
発着地 東京・大阪発着 最少催行人員 10名(13名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 16,700円(2月14日現在の見込み)
一人部屋追加代金 66,000円
日本の地方発着 福岡・名古屋・札幌から地方出発も別途手配で可能です(バンコク合流)。詳しくは担当までお問い合わせください。
ビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。
  • 特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
バンコク
大阪
バンコク
バンコク
イスラマバード
午前発


11:45発
15:35着
19:00発
22:10着
空路、東京・大阪よりそれぞれバンコクへ。着後、航空機を乗り換えて、パキスタンの首都イスラマバードへ。着後、ホテルへ。
※添乗員同行の場合は、東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、バンコクにて合流します。



イスラマバード:ヒルビュー泊
2 イスラマバード
ベシャム
09:00発

17:00着

専用バスにてカラコルムハイウェイを北上し、ベシャムへ。
ベシャム泊
3 ベシャム
チラス
08:00発
17:00着
専用バスにてカラコルム・ハイウェイを北上し、チラスへ。途中、シャティアールの岩絵及びチラスの岩絵を訪問。
チラス:シャングリラ・インダスビュー泊
4 チラス
カリマバード
08:00発
15:00着
専用バスにて、カリマバードへ。途中、ヒマラヤ山脈・カラコルム山脈・ヒンドゥークシュ山脈が一点に集まる三大山脈の合流ポイント、フンザの名峰ラカポシ(7,788m)のビューポイントへ立ち寄ります。道中、世界第9位の高峰ナンガパルバット(8,126m)の展望が期待できます。
カリマバード:ダルバール又はバルチット・イン泊
5 カリマバード
(ドゥイカル)
(ナガール)
(アルチット)
  早朝、天気が良ければ専用車にてドゥイカル村へ。南側にラカポシ、スパンティーク(7,027m)、北側にフンザピーク(6,270m)やレディフィンガー(5,985m)など朝焼けの高峰群を展望します。その後、フンザ川の対岸ナガールへ。スパンティークやウルタル(7,388m)の展望ホーパル氷河を見学します。午後、アルチット村を訪問。
カリマバード:ダルバール又はバルチット・イン泊
6 カリマバード   朝、ハセガワメモリアルスクールを訪問。その後、かつての領主ミールの城・バルチット城バザールを見学、散策します。ゆっくりと過ごす桃源郷フンザをお楽しみください。
カリマバード:ダルバール又はバルチット・イン泊
7 カリマバード
(アッタバード湖)
ススト

09:00発


15:00着

専用バスにて2015年9月に開通したトンネルとカラコルム・ハイウェイを通りスストへ。アッタバード湖カテドラルの高峰群、パスーピーク(7,478m)から流れ落ちるパスー氷河など上部フンザ・ゴジャール地区の美しく壮大な景観をお楽しみください。途中、ワヒ族の人々が暮らす村も訪問します。
ススト:PTDC泊
8 ススト
クンジュラブ峠
(国境)
タシュクルガン

09:00発


18:00着

専用バスにてクンジュラブ峠(4,733m)へ。国境を越え、広大なパミール高原を走り、中国側の国境の町タシュクルガン(3,200m)へ。
タシュクルガン泊
9 タシュクルガン
カラクリ湖
カシュガル

08:00発


18:00着

専用バスにて、スバシ峠(4,200m)を越えカシュガル(喀什)へ。途中、ムスターグ・アタ(7,546m)やコングール峰(7,719m)の展望が広がるカラクリ湖(3,600m)を訪問。夕食は、羊の串焼き・ケバブなどのウイグル料理をご賞味ください。
カシュガル泊
10 カシュガル
ウルムチ

午後発


午前中、カシュガル市内観光エイティガールモスク職人街・旧市街の散策等)。その後、航空機にて、新疆ウイグル自治区の中心地・ウルムチへ。着後ホテルへ。
ウルムチ
11

ウルムチ

イスラマバード
タキシラ
イスラマバード

08:15発
08:15着

23:20着

朝発の航空機にてパキスタンの首都イスラマバードへ。天山、カラコルム、ヒンドゥークシュ山脈など、7,000m級の高峰群を見渡す絶景の山岳フライトをお楽しみください。着後、ガンダーラ最大の仏教遺跡群タキシラを見学(都市遺跡シルカップジョウリアン僧院址博物館)。夕食後、空港へ。航空機にて、バンコクへ。

機中泊
12 バンコク
バンコク
東京
バンコク
大阪
06:25着
07:35発
15:45着
08::25発
15:55着

バンコク着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。

  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝10/昼8/夜8:機内食は除く
    • 利用予定航空会社:タイ国際航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) パキスタン(100円)、代行手数料(4,320円)、写真2枚。旅券の残存有効期間は入国時に6ヶ月以上必要です。中国は査証不要です。
気候・服装 6月・10月は合服、8月・9月は夏服が基本となります。ただし、フンザからクンジュラブ峠、カラクリ湖にかけては標高が高く、曇天の日や朝晩はかなり冷え込みますので、セーターやライトダウンなどもお持ちください。歩きやすい服装に履きなれた靴でご参加ください。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
高山病について 徐々に標高を上げる高所順応しやすい日程ですが、標高3,000mを超える高地では頭痛など軽度の高山病の症状が出ることがあります。
高山病についてのご注意と取り組み
海外旅行保険について ご参加の方には疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。
日程について このコースの大部分は山岳道路を移動するため、天候や道路状況などの予測できない事態により一時的に通行不可能になることがあり、大幅に時間がかかることもあります。その場合は、宿泊地やルートの変更を余儀なくされることがあります。日程を延長せざるを得ないこともありますので、余裕を持ってご参加ください。
宿泊について 山岳地帯のホテルでは、お湯の時間制限があったり、停電になったりするなど設備が十分ではありません。
その他のご注意 黄葉・紅葉の状況はその年の気候により多少ずれることがあります。山岳地帯では高低差があるため、場所によりその程度が異なります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。