【ギアナ高地ツアー実施の可否について】

現在のベネズエラ情勢を鑑み、当ツアーはご出発の3ヶ月前を目途に、その時期の現地情勢を踏まえてツアーを実施、又は中止するかを判断する予定です。皆様のご理解をお願い申し上げます。

ツアーのポイント

ポイント 11日間の日程でゆくギアナ高地

最大14名様の人数限定でじっくりとギアナ高地を巡ります。旅の前半は、大平原グランサバナを四輪駆動車で巡り、いくつもの名瀑を見学。随一の雄姿を誇るアポンワオの滝も訪れます。

ポイント エンジェルフォールのキャンプ場でハンモック泊

眼前にエンジェルフォールを望むキャンプ場でハンモック泊をお楽しみください。さらに、エンジェルフォールへのハイキングでは通常訪れるライメ展望台だけでなく、条件が許せば更に奥へと進み、滝から落ちる水が流れ注ぐ天然プールまでご案内します。

ポイント 上空からも2度のエンジェルフォール展望チャンス

カナイマ発着時にそれぞれエンジェルフォールを展望する遊覧飛行を組み込み、上空から2回、エンジェルフォールの雄姿を展望するチャンスを設けました。 ※9日間コースはエンジェルフォール遊覧飛行は1回のみとなります。

ポイント 14名様限定!少人数で行くギアナ高地の旅

ボートや小型機での移動、ロライマ山やエンジェルフォール遊覧飛行、ハンモック泊などの際にできるだけ快適にお過ごしいただけるよう、最大14名様の人数限定コースとさせていただいております。

ポイント ロライマ山遊覧ヘリフライトもツアー代金に含まれています

ロライマ山からわずか15㎞にあるパライ・テプイに宿泊するため、山頂の天候状況を確認しながら遊覧飛行を実施。そのため、遊覧飛行の実施率に自信があります!天候が許せば、片道15分ほどのフライトで山頂に着陸。"失われた世界"を堪能できます!ヘリでは全員窓側の席をご利用いただきます(着陸できた場合の滞在時間は15~20分程度)。

ポイント 特製「ギアナ高地ハンドブック」 プレゼント!

ギアナ高地のツアーにご参加の皆様に、西遊旅行特製の「ギアナ高地ハンドブック」をプレゼント!ギアナ高地の成り立ちから豆知識、各地のみどころ、ハンモックの使い方などの旅のコツ、スペイン語・英語会話集など、ディープな内容満載の旅行ガイドブックです!

訪問する
世界遺産

カナイマ国立公園

COLUMN ギアナ高地二大絶景の旅

ギアナ高地が誇る絶景スポットと言えばエンジェルフォールとロライマ山。どちらも遊覧飛行で上空からその雄姿を展望します。ロライマ山には天候が許せば山上台地に着陸し、「失われた世界」を体感することができます。また、カナイマからボートに乗って1泊2日かけてエンジェルフォールへ。滝を目の前に望むキャンプ地でのハンモック泊では、朝に夕に世界最大の落差を誇るエンジェルフォールの姿を望みます。また、ジャングルの中のハイキングでライメ展望台へ。さらにはその奥の天然プールまで訪れ、より間近にエンジェルフォールの姿をご覧いただくことができます。

外界と隔絶されたロライマ山の山上台地
展望台より見上げるエンジェルフォール

COLUMN エンジェルフォールとロライマ山 2つの遊覧飛行へご案内

エンジェルフォール遊覧飛行とロライマ山遊覧ヘリフライトがしっかりと組み込まれており、遊覧飛行代は旅行代金に含まれております。追加料金をお支払いいただくことなく、ギアナ高地の大自然を体感できる2つの遊覧飛行を皆様にお楽しみいただきます。

落差979mのエンジェルフォールを上空から望む
ロライマ山ヘリコプターフライト
ドロセア・ロライマエ
ステレゴピスギアネンシス
ブロッキニア・リドゥクタ

出発日と料金

2019年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
07月11日(木) ~
07月21日(日)
11日間 718,000円
08月08日(木) ~
08月18日(日)
11日間 798,000円
09月01日(日) ~
09月11日(水)
11日間 718,000円
09月12日(木) ~
09月22日(日)
11日間 718,000円
10月10日(木) ~
10月20日(日)
11日間 718,000円
11月14日(木) ~
11月24日(日)
11日間 718,000円
発着地 東京発着 最少催行人員 7名(14名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 28,000円(1月11日現在の見込み)
一人部屋追加代金 58,000円(エンジェルフォール・キャンプ泊除く)
ビジネスクラス 東京/マイアミ間往復の追加費用の目安は40万円前後となります。ご予約の時期によって、料金が変わることがありますのでご希望の方はお早目にお問い合わせください。
日本の国内線割引 日本主要都市からは片道7,000円の追加で別途手配いたします(国際線の航空会社の指定便に限る)。詳しくはお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
米国内都市
マイアミ

午前又は午後発

午後又は夜着

空路、日付変更線を越えて、米国内都市乗り継ぎでマイアミへ。
マイアミ泊
2 マイアミ
バルセロナ(ベネズエラ)
プエルト・オルダス

朝発

夕方着

航空機にて、バルセロナ(ベネズエラ)へ。着後、専用車にてギアナ高地の玄関口プエルト・オルダスへ。
プエルト・オルダス泊
3 プエルト・オルダス
チバトン
08:00発
18:00着
専用車にて、卓状台地(テプイ)の麓に広がる標高1,400m前後の大平原グランサバナ内のチバトンへ。
チバトン又はカモイラン又はサンフランシスコ・デ・ユルアニ泊
4 チバトン
(アポンワオの滝)
パライ・テプイ

07:00発

18:30着

専用車にて、グランサバナ随一の雄姿を誇るアポンワオの滝を見学します。その後、パライ・テプイへ。途中、カマの滝を見学。パライ・テプイからは目の前にロライマ山、クケナン・テプイ、ユルアニ・テプイなど卓状台地の大パノラマが広がります。
パライ・テプイ:ロッジ泊
5 (ロライマ山遊覧飛行)
パライ・テプイ
サンタ・エレナ

午前発
夕方着
朝、ロライマ山、クケナン・テプイ、そしてグランサバナが広がる驚異の世界を展望できるロライマ山遊覧ヘリフライトをお楽しみください。その後、専用車にてサンタ・エレナへ。途中、ユルアニの滝を見学。碧玉の岩盤でできたハスペの滝を見学します。
サンタ・エレナ泊
6 サンタ・エレナ
(エンジェルフォール遊覧)
カナイマ
エンジェルフォール・キャンプ

朝発


夕方着

小型機にてカナイマへ。途中、天気が良ければ、巨大なアウヤン・テプイとエンジェルフォールを上空から眺める遊覧飛行をお楽しみいただきます。カナイマ着後、ボートクルーズでエンジェルフォールが間近に迫るキャンプへ向かいます。
※この日はエンジェルフォールを展望できるキャンプにて、現地スタイルのハンモックで宿泊。
エンジェルフォール・キャンプ:ハンモック泊
7 (エンジェルフォール展望台)
エンジェルフォール・キャンプ
カナイマ


14:00発

18:00着

●エンジェルフォール展望台ハイキング
早朝、キャンプを出発しエンジェルフォールの展望台へ向かいます。展望台からは、落差979mの大瀑布を眼前に仰ぎ見ることができます。また、条件が許せば展望台から更に奥へと進み、滝から落ちる水が流れ注ぐ天然プールまでご案内します。午後、ボートでカナイマへ。
カナイマ泊
8 (カナイマ湖クルーズ)
カナイマ
(エンジェルフォール遊覧)
プエルト・オルダス


午後発

夕方着

朝、カナイマ湖のボートクルーズをお楽しみください。滝の裏側を歩くことができるサポの滝も訪れます。その後、小型機にてプエルト・オルダスへ。途中、天気が良ければ再びエンジェルフォールを上空から眺める遊覧飛行をお楽しみいただきます。
プエルト・オルダス泊
9 プエルト・オルダス
バルセロナ(ベネズエラ)
マイアミ

朝発

夜着

専用車にて、バルセロナ(ベネズエラ)へ。着後、航空機にてマイアミへ。
マイアミ泊
10 マイアミ
米国内都市
朝発 航空機にて米国内都市乗り継ぎで帰国の途につきます。
機中泊
11 東京 午後着 着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝7/昼8/夜7:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:アメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空、アビオール航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) アメリカ電子渡航認証システムによる渡航認証(ESTA)が必要です。 実費(1,700 円)、代行手数料(4,000 円+消費税)。※ESTA の取得にはIC 旅券が必要 です。また、2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、 イエメンに渡航または滞在したことがある方は、ESTA の取得ができず、既にESTA を 取得している場合でも無効となるため、別途アメリカ査証の取得が必要になります。査 証取得には面接が必要で時間もかかるため、該当される方はお早めにお問い合わせくだ さい。なお、旅券の残存有効期間はベネズエラ入国時に6ヶ月以上必要です。
気候・服装 ギアナ高地は標高1,000m以上の高原地帯ですが、緯度が低いため日中は日差しが強く夏服で過ごすことができます。朝晩は涼しくなりますので軽めの上着も ご用意ください。また、年間を通じて雨が多く、特に5月~10 月は雨季にあたるためしっ かりとした上下セパレート式の雨合羽が必要です。ロライマ山の山頂台地上は、朝晩や曇天・降雨時は10℃前後まで冷え込むためフリー スなどの防寒具も必要です。靴は滑り止め、防水の効いたハイキングシューズ・トレッ キングシューズ等が最適です。なお、エンジェルフォール・キャンプへのボートクルー ズでは、水しぶきが多くかかることもあるので、濡れても良い恰好が良いでしょう。川 などで水浴びをする機会もありますので水着もお持ちください。プエルト・オルダス、 サンタエレナなどは、高温多湿の熱帯性気候となり夏服で過ごせますが、 虫除け対策のため薄手の長袖と長ズボンが良いでしょう。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
荷物について 日本からはスーツケースでご参加可能ですが、ベネズエラ国内で利用 する小型機は荷物を置くスペースに限りがあるため、大きなスーツケースを持っていく ことができません。別途布製のかばんをご用意ください。
宿泊について プエルト・オルダス、サンタエレナ、米国内都市以外の場所では、簡易宿泊施設またはロッジ泊となり、部屋数に限りがあるため、御一人部屋をお取りできなかったり分宿となる場合があります。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。 チバトン、カモイラン、サンフランシスコ・デ・ユルアニのホテルは水シャワーのみだったり、電気の利用時間に制限があるなど設備は十分ではありません。どの町にも宿泊施設が一つしかないためチバトン泊はカモイラン又はサンフランシスコ・デ・ユルアニ泊となる事があります(チバトン/カモイランは車で約1時間、チバトン/サンフランシスコ・デ・ユルアニは車で約2時間15分)。パライ・テプイのロッジはソーラー式の蓄電池があり、電灯がありますが、電圧が十分ではないためカメラなどの充電はできません。天候不順などで電灯がつかない事もありますので懐中電灯は必携です。尚、水シャワーのみとなります。
観光について カナイマ~エンジェルフォールキャンプの2泊3日の日程は、現地の天候や小型機のスケジュールなどの理由で日程や宿泊地を入れ替えることがあります。また、その年の降水量等の状況によっては、ごく稀にチュルン川の水量が少なくボートが上流に進めないことがあり、エンジェルフォール・キャンプ泊を取り止めて手前のオルキディア島又はカナイマ泊に変更させていただく事があります。その場合は、エンジェルフォール直下へのハイキングは実施できませんので、ご了承ください。サポの滝の観光は、カラオ川の水量により実施ができなくなったり、同じように滝の裏側を歩くことができるアチャの滝の観光に替えさせていただいたりする場合があります。
食事について 米国内都市での食事はツアーに含まれておりません。
ロライマ山遊覧ヘリフライトについて 天候や気流の影響を大きく受けるため、発着 地や所要時間が変更になったり中止になる場合があります。万一、フライトキャンセル の場合は 30,000 円を返金させていただきますが、一旦ヘリコプターが離陸し、その後、 天候などの理由により山頂台地に着陸できなかったり、着陸地点が変更になったり、着 陸時間が短くなった場合は、返金はございませんので予めご了承ください。
エンジェルフォール遊覧飛行について 天候や気流の影響を大きく受ける山岳フライトのため、天候が悪くエンジェルフォールに近づけなかったり、望めない事があります。その際、返金等はございません。予めご了承ください。
現地国内線について 各国の国内線はスケジュールが変わりやすいため、日程変更を余儀なくされることがあります。
予防接種について 黄熱病の予防接種は特に義務付けられていませんが、受けられることが推奨されています。詳しくは担当までお問い合わせください。
偶然の事故に対応する保険について 偶然の事故に対応する項目(東京海上の偶然事故対応費用など)を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。
その他のご注意 自然観察ですので、写真や日程表中の動植物が必ずしも見られるとは限りません。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。