ツアーのポイント

ポイント フローレスに3連泊 ヘリコプターでエル・ミラドール遺跡へ

フローレスからエル・ミラドール遺跡へは往復ヘリ コプターを利用。アクセスの困難さから訪れる人が 非常に少なく、未だ密林の中に埋もれる様に残っています。マヤ古代都市発祥のひとつとも考えられる、 謎の多いエル・ミラドール遺跡をじっくりと見学し ます。

ポイント まだまだ訪れる事の少ない古代マヤ遺跡を探訪

グアテマラ北部から中部には数多くの古代マヤ遺跡 が残っています。一般的なツアーではなかなか訪れないセイバル遺跡、アグアテカ遺跡、ヤシャ遺跡や ワシャクトゥン遺跡を訪問。グアテマラ再訪の方に もお勧めのツアーです。

ポイント メキシコ経由のアエロメヒコ航空利用

米国を経由しないため、米国電子渡航認証システム (ESTA)の取得や米国の入国手続きは不要です。

訪問する
世界遺産

ティカル国立公園

COLUMN 古代マヤ遺跡エル・ミラドールへ

メキシコとの国境近くの密林の中に残る遺跡。その存在は航空写真などで20世紀初頭には知られ ていましたが、人を寄せ付けない密林の奥深くに位置していたため、長年ほとんど注目されずにい ました。1978年から始まった発掘調査により、この遺跡が、古典期に栄えたティカルやカラクム ルといった周辺の大都市遺跡とは異なり、先古典期に栄えた都市遺跡であることやマヤ世界一高い ピラミッド建造物を有する事などが分かると、一躍注目を浴びるようになりました。現在でもアク セスは容易ではなく、片道1泊2日かけてのトレッキングかヘリコプターのどちらかしか方法があ りません。当ツアーではフローレスからヘリコプターを利用。僅か30分程でエル・ミラドール遺跡を訪れる事ができます。

フンアフプが冥界から父親の首を持ち帰るシーン
エル・ティグレへと登る
ジャガーの鉤爪の神殿
雨の神チャークの仮面

【ご注意】

ヘリコプターは5人乗りのため、ヘリコプター2機に分乗して、エル・ミラドール遺跡へ向かいます。片道 約30分のフライトですが、ヘリコプターは1機しかないため、2度ピストン運行する事になり、全員が揃ってから 一緒に遺跡を観光します。観光後は再び、2機に分乗してフローレスへ戻ります。ヘリコプターフライトの予備日 を2日間設けていますが、悪天候や機材のトラブルなどの理由により、エル・ミラドール遺跡を訪れる事ができな い可能性もあります。その場合は、代替観光へご案内した上で、お一人様40,000円をご返金いたします。

COLUMN 一般的なツアーではなかなか訪れない
密林の奥深くに眠るマヤ遺跡

アグアテカ遺跡

王家の継承争いによりティカルから分派した貴族が入ってきたドス・ピ ラス。本家ティカルと熾烈な争いを 繰り広げた都市国家が最後の砦にし たのがアグアテカです。強固な自然 の要塞であったことを物語る土塁や 大地の裂け目などの遺構が多く見つ かっています。密林の奥深くに眠り、ボートでしかアクセスすることができない遺跡です。

密林にひっそりと佇むアグアテカ遺跡
ワシャクトゥン遺跡

「8の石」を意味し、低地マヤ遺跡で発見当時もっとも古い328年(マヤ長期歴:8.14.10.3.15)という8バクトゥンから始まる暦が刻まれた石碑が見つかった事で知られています。また古典期のはじめまではティカルと並ぶ勢力を持っていたと言われています。遺跡内の広場には、天文台となる3つのピラミッドと観測用の ピラミッドが残っています。

ワシャクトゥン遺跡
セイバル遺跡

最盛期には1万人を超える人口を抱えたマヤ先古典期の都市遺跡。パシオン川西岸に急峻な断崖の丘陵上に位置します。マヤ遺跡の特徴的なピラミッドや神殿跡に加え、ワトゥル・チャテル王をはじめとするレリーフが施された保存状態の良い石碑が数多く残っています。

ワトゥル・チャテル王が描かれた石碑
ヤシャ遺跡

ベリーズとの国境に近く、ヤシャ湖とサクナブ湖に臨む遺跡で、「緑の水」という意味を持ちます。500以上の遺構が発見され、各建造物群はサクベと呼ばれる古代マヤの道路網によって結ばれています。中央メキシコのテオティワカン文明の影響が強く見られます。

テオティワカン文明の影響が見られるヤシャ遺跡

出発日と料金

2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
02月08日(土) ~
02月16日(日)
9日間 598,000円
03月07日(土) ~
03月15日(日)
9日間 598,000円
発着地 東京発着 最少催行人員 5名(8名様限定) ・添乗員同行
燃油サーチャージ 21,000円(6/28現在の見込み)
一人部屋追加代金 53,000円
日本の国内線割引 大阪・名古屋/東京間は片道10,000円の追加で別途手配い たします(アエロメヒコ航空の指定便に限る)。その他の地方からの国内線割引に ついてはお問い合わせください。
ビジネスクラス 東京/グアテマラ・シティ間は往復420,000円の追加 で別途手配いたします。ご予約の時期によって、料金が変わることがありますの でご希望の方はお早めにお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
メキシコ・シティ
メキシコ・シティ
グアテマラ・シティ
15:25発
13:00着
16:00発
18:10着
空路、日付変更線を越えてメキシコ・シティへ。着後、航空機を乗り換えてグアテマラ・シティへ。着後、ホテルへ。
グアテマラ・シティ泊
2 グアテマラ・シティ
フローレス
フローレス
セイバル遺跡
ペテシュバトゥン湖畔
早朝発
朝着
朝発

夕方着
早朝の国内線にてフローレスへ。着後、ウスマシンタ川の支流パシオン川沿いの町サヤスチェへ。ボートで川をさかのぼりりセイバル遺跡を見学。その後、ペテシュバトゥン湖へ。
ペテシュバトゥン湖畔泊
3 ペテシュバトゥン湖畔
アグアテカ遺跡
フローレス
08:00発

18:00着
密林の中に佇む都市遺跡アグアテカ遺跡を訪れます。敵の襲来により突如終焉を迎えた遺跡を求め、密林へ分け入ります。その後、フローレスへ戻ります。
※ティカル遺跡、エル・ミラドール遺跡観光の拠点となるフローレスに3連泊。
フローレス泊
4 フローレス
(エル・ミラドール遺跡)
  ヘリコプターフライトにて密林に眠るエル・ミラドール遺跡を訪れます。かつてマヤ世界一高いピラミッド“ラ・ダンタ”を有し、先古典期に栄えた都市遺跡の見学をお楽しみください。エル・ミラドール遺跡への往復はヘリコプターを利用。フローレスから約30分のフライトです。
フローレス泊
5

フローレス
(ヤシャ遺跡・ ワシャクトゥン遺跡)

  (ヘリコプターフライト予備日) 前日、予定通りエル・ミラドール遺跡を訪 れた場合、この日はヤシャ遺跡ワシャク トゥン遺跡を見学します。
フローレス泊
6 (ティカル遺跡)
フローレス
グアテマラ・シティ

夜発
夜着
(ヘリコプターフライト予備日)前日までに、予定通りエル・ミラドール遺跡を訪れた場合は大樹海に眠るマヤ最大の都市遺跡・ティカル遺跡へ。遺跡の中心広場グラン・プラサを拠点に、巨大なピラミッド型神殿、ピラミッド建築物の複合体コンプレッホ、巨大な住居跡のアクロポリスなどを見学します。その後、国内線にてグアテマラ・シティへ。
グアテマラ・シティ泊
7 グアテマラ・シティ
メキシコ・シティ
19:10発
21:25着
午前中、自由行動。午後、マヤ遺跡の出土品を数多く展示する国立考古学民族学博物館の見学やショッピング等。その後、空港へ。航空機にてメキシコ・シティへ。(
機中泊
8 メキシコ・シティ 00:05発 航空機を乗り換えて、東京へ帰国の途につ きます。
機中泊
9 東京 06:20着 着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝6/昼6/夜6:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:アエロメヒコ航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間はグアテマラ入国時6ヶ月以上、査証欄余白は1ページ以上必要です。
気候・服装 乾季のベストシーズンです。年間を通じて高温多湿の熱帯性気候ですので夏服が基本となります。乾季であってもスコール性の雨が降ることがあるので、雨具が必要となります。中央高地に位置するグアテマラ・シティでは日中は長袖シャツ程度で過ごせますが、朝晩は冷えることがあるので軽めの上着が必要です。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
宿泊について ペテシュバトゥン湖畔のホテルは設備が良くありません。宿泊施設の限られた場所ですので予めご了承ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。