ツアーのポイント

ポイント 変化に富んだ2ヶ国の見どころを15名様限定で巡る

ティカル、コパン、キリグアの三大マヤ遺跡、スペイン植民地時代の面影を今に残す古都アンティグアなど、様々な見どころを盛り込みました。さらに、最大15名様迄の人数限定の旅で、ゆとりある観光をお楽しみいただきます。

ポイント 各地で郷土料理を堪能 

旅の楽しみである料理にもこだわり、ぺピアン、タッパード、カキックなど各地で郷土料理をご賞味いただきます。

訪問する
世界遺産

コパンのマヤ遺跡(ホンジュラス)/キリグア遺跡(グアテマラ)/ティカル国立公園(グアテマラ)/古都アンティグア(グアテマラ)

COLUMN 必見の三大マヤ遺跡 中米の密林の中で栄枯盛衰した古代文明

【1】マヤ文明最強国家 ティカル
ティカル 574㎢にわたる広大な敷地の中に大小3,000を超える遺跡が眠るマヤ文明最大の都市遺跡。全盛期の8世紀にはおよそ6万人の人口を擁する大都市だったと考えられています。かつては都市全体が漆喰で塗り固められ、朱色に塗られていたというから驚きです。ピラミッド型の4号神殿に登って辺りを見渡すと、ティカルが密林に眠る遺跡だということが一目瞭然です。

密林からのぞくティカル1.2.3号神殿
【2】マヤの芸術と学問の都 コパン
コパン モタグア川のほとりで、ティカルと同時期に栄えたコパン。石碑に施された美しい高浮き彫りの彫刻は必見です。マヤ文字でびっしり埋め尽くされた神聖文字の階段などを見ても、コパンの芸術性の高さがうかがえます。古い遺跡の上にかぶせるようにして新しい神殿を建てた様子をうかがい知ることも可能な貴重な遺跡です。

芸術性の高さで知られるコパン遺跡の神聖文字の階段
【3】マヤ最大の石碑 キリグア
コパンの衛星都市として、コパンと下剋上の争いを繰り広げた都市遺跡。広大な遺跡ではありませんが、マヤ世界一高い石碑やマヤ世界の始まりの日付が記された石碑などがあり必見です。自然の石の形を利用して精巧な彫刻が施された獣形祭壇もキリグア遺跡ならではの見どころです。

キリグアに残る高浮彫の石碑
精緻な彫刻が施されたキリグアの獣形祭壇

COLUMN 各地で郷土料理を堪能

旅の楽しみである料理にもこだわり、各地で郷土料理をご賞味いただきます。カボチャの一種を使ったペピアン、黒人文化と融合したココナッツベースのガリフナ料理のタッパード、香辛料で鳥肉を煮込んだカキックなど、その土地ならではの味をお楽しみください。また、木琴の一種マリンバの演奏を聴きながらご賞味もいただけます。

タッパードと魚
カキック
ペピアン

COLUMN 古都アンティグア 植民地時代の栄華の面影

アンティグアはスペイン植民地時代に3番目の首都として1543年に創設された町。中米で最も華やかな都市として栄えました。ところが、1773年の大地震によって壊滅的な打撃を受け、首都は現在のグァテマラ・シティに移されてしまいました。しかし、この町を愛し続けた人々は徐々に町を再建し、コロニアル調の美しい町並みが復活。博物館のようなたたずまいを残すこの町は1979年にユネスコの世界遺産に登録されました。

アンディグアのシンボルの時計台
アンティグアの街角にて

出発日と料金

2022~2023年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
11月18日(金) ~
11月25日(金)
8日間 498,000円
12月27日(火) ~
01月03日(火)年末年始コース
8日間 598,000円
01月20日(金) ~
01月27日(金)
8日間 498,000円
02月17日(金) ~
02月24日(金)
8日間 498,000円
発着地 東京発着 最少催行人員 8名(15名様限定) ・添乗員同行
燃油サーチャージ 94,000円(7月29日現在の見込み)
一人部屋追加代金 48,000円 ※12/27発:58,000円
国際線のビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
米国内都市
米国内都市
グアテマラ・シティ
午前又は午後発
午前又は午後着
昼又は午後発
夜着
空路、日付変更線を越えて、米国内都市へ。着後、航空機を乗り換て、グアテマラの首都グアテマラ・シティへ。
グアテマラ・シティ泊
2 グアテマラ・シティ
(国境)
コパン
(コパン遺跡)
07:30発

13:30着
専用バスにて、国境を越えホンジュラスへ入りコパンへ。着後、マヤ遺跡を代表する巨大なコパン遺跡を見学。遺跡には華麗な装飾が施され、当時の高度な芸術の数々をご覧いただくことができます。
コパン泊
3 コパン
(国境)
キリグア遺跡
フローレス

07:00発


19:00着

専用バスにて、国境を越えグアテマラへと戻り、湖畔の町フローレスへ。途中、保存状態の良い数々の石碑が残る世界遺産の古代都市・キリグア遺跡を見学します。昼食は 魚介類をふんだんに使った伝統料理タッパードをお召し上がりいただきます。
フローレス泊
4 フローレス
(ティカル遺跡)

 

大樹海に眠るマヤ最大の都市遺跡・ティカル遺跡をゆっくり見学。遺跡の中心広場グラン・プラサを拠点に、巨大なピラミッド型神殿、ピラミッド建築物の複合体コンプレッホ、巨大な住居跡のアクロポリスなどを見学します。
フローレス泊
5 フローレス
グアテマラ・シティ
朝発
午前着
朝、航空機にてグアテマラ・シティへ戻ります。着後、マヤ遺跡の出土品を数多く展示する国立考古学民族学博物館を見学します。昼食はグアテマラ伝統料理カキックをご賞味ください。
グアテマラ・シティ泊
6 (アンティグア)
グアテマラ・シティ

深夜発
専用バスにてコロニアルな街並みが美しい高原の古都アンティグアへ。着後、市内観光十字架の丘カプチナス修道院町の散策等)。その後、グアテマラ・シティへ。昼食はグアテマラ発祥の本場マリンバの演奏を聴きながら、 カボチャのソースを使った名物料理ペピアンをご賞味ください。その後、ホテルにて休養。夕食後、空港へ。深夜発の航空機にて米国内都市へ。
グアテマラ・シティ仮泊/機中泊
7 米国内都市
米国内都市
早朝着
午前又は午後発
航空機を乗り換えて東京へ帰国の途につきます。
機中泊
8 東京 午前又は午後着 着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝5/昼5/夜5:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:アメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空

ご案内とご注意

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間は入国時に6ヶ月以上、査証欄余白は2ページ以上必要です。
グアテマラ・ ホンジュラスへの入国に関して 両国ともワクチン接種証明書(2回目接種から14日以上経過)が必要です。
グアテマラからの出国に際して グアテマラ・シティ又はフローレスでPCR検査を受検していただきます。検査代(約100USドル ※2022年7月29現在)は、現地でお支払いください。
日本の出入国条件に関して 日本の出入国条件に関しては「海外渡航に必要な手続きと出入国の流れ」をご覧ください。
気候・服装 中央高地に位置するグアテマラ・シティ、アンティグアなどは日中は長袖シャツ程度で過ごせますが、朝晩は冷え込みますのでしっかりとした上着が必要です。コパン、フローレスなどは高温多湿の熱帯性気候ですので夏服が基本となります。雨が降ることがありますが、スコール性の雨ですので観光に支障ないことがほとんどです。
利用予定ホテル 下記をご覧ください。
■グアテマラ・シティ:ティカルフツーラ、サンタンデール、カサ・ベランダ
■コパン:プラザコパン、カミーノ・マヤ、プラザ ヨットバラム、プラザマグダレナ
■フローレス:カソナ デラ イズラ、ホテルペテン、パティオ サンタナ
宿泊について グアテマラ・シティ以外のホテルは土地柄バスタブがなくシャワーのみとなることがあります。コパン、フローレスのホテルは部屋数に限りがありますので、分宿となることがあります。
旅行条件について 取引条件はこちらの 海外旅行 旅行条件書を、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。