ツアーのポイント

ポイント 未知の国ガイアナ、スリナム、仏領ギアナを陸路で横断

南米の中でもまだまだ訪れるツアーも少ない3ヶ国を巡る旅。ガイアナのジョージタウンから陸路でスリナム、仏領ギアナまで、南米最後の秘境と呼ばれるガイアナ3ヶ国を陸路で巡ります。

ポイント 自然、歴史、民族、そして、 近代的な科学技術にふれる旅

ガイアナのカイエトゥール・フォールに代表される豊かな自然、ロワイヤル島が物語る知られざる流刑の歴史、ギアナ宇宙センターで再認識する人間の叡智─。自然から最新の科学技術まで、各地でさまざまな見どころにご案内します。

ポイント 各地で連泊を設けたゆとりある日程

ガイアナの首都ジョージタウン、スリナムの首都パラマリボ、ギアナ宇宙センターで有名な仏領ギアナのクールーにそれぞれ2連泊し、ゆとりのある日程で充実した観光をお楽しみいただけます。

訪問する
世界遺産

パラマリボ市街歴史地区(スリナム)

COLUMN 名瀑カイエトゥール・フォール

ガイアナにあるカイエトゥール・フォールは日本ではまだあまり知られてはいませんが、その落差は226mで一段の滝としては世界最大級。有名なナイアガラの約4.5倍もの落差があります。熱帯雨林の奥深くに眠 るこの滝へのアクセスは小型機のみで、フライトからも雄大な滝の姿をご覧いただくことができます。ビジターセンター近くの滑走路に着陸し、そこからは歩いて3カ所の展望ポイントを巡ります。迫力あるカイエトゥール・フォールを間近にご覧いただく他、モウセンゴケなどの食虫植物やゴールデンロケットフロッグなどを観察できるチャンスもあります。この機会にぜひカイエトゥールまで足を延ばし、他とは違う迫力の滝を心行くまでご堪能ください。

ゴールデンロケットフロッグ
モウセンゴケ
知られざる名瀑カイエトゥール・フォール

COLUMN 南北アメリカ唯一のオランダ語圏 スリナム共和国

1975年にオランダから独立したスリナム。国名は先住民のスリネン人に由来します。首都パラマリボにはオランダ植民地時代の名残で、旧総督府や城塞などが残っており、スリナム川沿いの町並みは「パラマリボ市街歴史地区」として世界遺産に登録されています。また、イギリス植民地時代に造られ、オランダ統治時代に拡張されたズィーランディア要塞の見学やコメウィン川でピンクイルカの観察もお楽しみいただきます。

17世紀に建設されたズィーランディア要塞
ピンクイルカ

COLUMN フランス国立宇宙センターのロケット発射基地
ギアナ宇宙センター

フランス領ギアナのクールーにあるギアナ宇宙センターは、JAXAやNASAと共同で多くの宇宙開発プロジェクトを推進している欧州宇宙機関(ESA)が有する宇宙センターです。商用ロケットとして数多くの打ち上げ実績を誇るアリアンロケットの発射台があることでも有名です。その巨大で近未来的な設備は、見る人々を圧倒し宇宙への夢をかきたてます。宇宙センター主催のツアーに参加し、発射台やコントロールセンターなどを見学します。

実物大のロケットの模型
コントロールルーム
ソユーズロケット発射台

出発日と料金

2019年~2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
10月11日(金) ~
10月21日(月)
11日間 798,000円
01月17日(金) ~
01月27日(月)
11日間 798,000円
発着地 東京発着 最少催行人員 8名(15名様限定) ・添乗員同行
燃油サーチャージ 21,000円(6/28現在の見込み)
一人部屋追加代金 88,000円
ビジネスクラス 東京/マイアミ間は往復30~50万円前後の追加で別途手配いたします。ご予約の時期によって、料金が変わることがありますのでご希望の方はお早めにお問い合わせください。
日本の国内線割引 日本主要都市からは片道7,000円の追加で別途手配いたします(ただし、国際線航空会社の指定便に限る)。詳しくはお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
米国内都市
米国内都市
マイアミ
午前又は午後発
午前又は午後着
昼又は午後発
夕方又は夜着
空路、日付変更線を越えて、米国内都市乗り換えでマイアミへ。
マイアミ泊
2 マイアミ
ジョージタウン
午後発
夜着
午前中、自由行動。午後の航空機にてガイアナの首都ジョージタウンへ。着後、専用 バスにてホテルへ。
ジョージタウン泊
3 ジョージタウン
(カイエトゥール国立公園)
  午前、小型機にてカイエトゥール国立公園へ。上空よりガイアナが誇る落差226mの 大瀑布カイエトゥール・フォールをお楽しみください。また、陸からもこの大瀑布をご覧いただきます。午後、首都ジョージタウン観光(世界最大の木造の教会セント・ジョージ教会植物園等)。
ジョージタウン泊
4 ジョージタウン
( 国境)
パラマリボ

早朝発


夕方着

専用バスにて国境へ。フェリーで国境を越えてスリナムへと入り、パラマリボへ。
パラマリボ泊
5 パラマリボ   終日、パラマリボ旧市街(木造建築の内装が美しい聖ペトロ・パウロ大聖堂マーケット、17世紀にイギリス人によって建設されたズィーランディア要塞等)及び郊外の観光(植民地時代に海賊からプランテーションを守るために建てられたニューアムステルダム城砦、スリナム最古の製糖工場址等)。ボートに乗ってピンクイルカの見学にもご案内します。
パラマリボ泊
6 パラマリボ
( 国境)
サン・ローラン・デュ・マロニ
クールー

早朝発



夕方着

専用バスにて国境へ。ボートに乗って仏領 ギアナへ。着後、国境の街サン・ローラン・デュ・マロニ市内観光(19世紀フランスの流刑地であったギアナの歴史を物語る流刑者収容所跡地等)。その後、カイエンヌへ。着後、カイエンヌ市内観光パルミーツ広場セペロー城砦等)。その後、クールーへ。
クールー泊
7 クールー
(ロワイヤル島
セント・ジョセフ島)
  終日、双胴船にてクールー沖合いにあるサリュー諸島のセント・ジョセフ島とロワイヤル島の観光博物館囚人によって建設された教会牢獄址看守の館等)。フランス植民地時代、流刑地の中心的な役割を果たしていたサリュー諸島は「悪魔の島」とも呼ばれました。歴史を物語る島の見学をお楽しみください。
クールー泊
8 クールー
カイエンヌ
( 国境)
パラマリボ
08:00発


18:00着
午前中、2011年10月にソユーズが打ち上げられたギアナ宇宙センターを見学。国境を越えて再びスリナムへと入り、パラマリボへ。
パラマリボ泊
9 パラマリボ
アメリカ内都市
早朝発
午後又は夜着
空路、ポートオブスペイン、マイアミ乗り換えでアメリカ内都市へ。
マイアミ又はアメリカ内都市泊
10 アメリカ内都市 朝又は午前発 空路、東京へ帰国の途につきます。
機中泊
11 東京 午後着 着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝9/昼6/夜6:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:アメリカン航空、ユナイテッド航空、デルタ航空、カリビアン航空、スリナム航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら
  • ※往復共米国内都市で2回乗り換えることがあります。

ご案内とご注意

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間はスリナム出国時6ヶ月以上、査証欄余白は4ページ以上(見開き2ページ含む)必要です。また、アメリカのESTA渡航認証が必要です。実費(1,700円)、代行手数料(4,000円+消費税)。※ESTAの取得にはIC旅券が必要です。また、2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメンに渡航または滞在したことがある方は、ESTAの取得ができず、既にESTAを取得している場合でも無効となるため、別途アメリカ査証の取得が必要になります。査証取得には面接が必要で時間もかかるため、該当される方はお早めにお問い合わせください。
気候・服装 基本的に夏服で過ごせます。朝晩や冷房対策として上着もお持ちください。足元は歩きやすい運動靴が最適です。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
予防接種について 黄熱病の予防接種の証明書が必要です。
観光について 仏領ギアナのギアナ宇宙センターは、基地の事情で突然見学できなくなることがあります。ロワイヤル島、セント・ジョセフ島へのボートは、他のお客様との混乗となります。
日程について カイエトゥール国立公園へは小型飛行機を利用するため、悪天候の場合は欠航となる場合があります。その場合は、お1人様20,000円をご返金します。
10/11発コースについて 総合パンフレット145号で発表しておりました10/11発コースは本パンフレットにて新たにツアーを設定しております。
食事について 経由地のアメリカでの昼食、夕食はツアーに含まれておりません。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。