ツアーのポイント

ポイント ハバナからサンティアゴ・デ・クーバへ 陸路で巡るキューバの旅

コロニアル調の街並み広がる世界遺産のオールドハバナやトリニダを訪れ、古き良きキューバを心ゆくまで堪能します。アメリカとの国交が正常化し、大きな転換期を迎えているキューバ。訪れるなら今がお勧めです。

ポイント 英雄チェ・ゲバラの足跡を辿る

コロンブスによって開かれ、キューバ革命時にはチェ・ゲバラによって解放された都市としても知られるサンタクララ、18世紀カリブ海の海賊の襲撃に備えて砦が築かれたスペインの植民都市で、2005年に世界遺産にも登録されたシエンフエゴス、そしてキューバ革命の火蓋を切ったサンティアゴ・デ・クーバなど、チェ・ゲバラゆかりの地を訪ねます。

ポイント 文豪ヘミングウェイゆかりの地を訪問

小説『老人と海』の舞台となったコヒマル村、小説『誰がために鐘はなる』を執筆したオールドハバナのホテル・アンボス・ムンドス、現在は博物館となっているヘミングウェイの邸宅跡、その他、ヘミングウェイゆかりのレストラン「フロリディータ」での昼食もお楽しみいただきます。

訪問する
世界遺産

ハバナ旧市街とその要塞群/トリニダとロス・インヘニオス渓谷/サンティアゴ・デ・クーバのサン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城/ビニャーレス渓谷/キューバ南東部のコーヒー農園発祥地の景観/シエンフエゴスの都市歴史地区/カマグエイ歴史地区/グランマ号上陸記念国立公園

COLUMN キューバに残る8つの世界遺産を訪問

ハバナ旧市街とその要塞群

ヘミングウェイゆかりのホテル・アンボス・ムンドスや歴史的建造物、要塞群の残る旧市街。クラシックカーに乗車しドライブもお楽しみください。

オールド・ハバナのカテドラル広場
サン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城
(サンティアゴ・デ・クーバ)

海賊の襲撃に備えて作られた砦で、サンティアゴ・デ・クーバ海戦の舞台ともなりました。

要塞からサンティアゴ湾を望む
ビニャーレス渓谷

オルガノス山脈の自然と土着の建築や伝統が見事に融合した緑豊かな渓谷です。

緑豊かなビニャーレス渓谷
トリニダ

オールド・ハバナと共に古き良きキューバの雰囲気を残す旧市街がみどころです。

トリニダの旧市街
シエンフエゴス

フランス系入植者達により造られた新古典主義様式の建造物が並ぶ歴史の町。

コロニアル建築が美しいシエンフエゴス
カマグエイ

16世紀に先住民からの襲撃に備えて造られたコロニアルな旧市街が残っています。

迷路のように入り組んだカマグエイの街
グランマ号上陸記念国立公園

1956年にフィデル・カストロたちがグランマ号でキューバ上陸を果たした地。

グランマ号の上陸地点へ
キューバ南東部コーヒー農園発祥地

グラン・ピエドラ山脈に点在するコーヒー農園。19世紀にフランス人が造った邸宅が保存されています。

コーヒープランテーション内に残る邸宅

COLUMN キューバ第二の都市 サンティアゴ・デ・クーバ

キューバ第二の都市サンティアゴ・デ・クーバは、西にある首都ハバナと並ぶ東の重要な都市。キューバ革命の火蓋が切られたモンカダ兵営やシボネイ農場といった革命関連のみどころから、世界遺産に登録される城砦サン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城まで、数多くのみどころがある町です。街の雰囲気は陽気でおおらか、首都ハバナとは異なる空気が流れています。

アスンシオン聖堂

COLUMN 【オプショナルツアー/日程9日目】トロピカーナショー

日程9日目、ご希望の方は夜にオプショナルツアーで世界屈指のキャバレーショーにご案内します。1939年開店の老舗キャバレー「トロピカーナ」の特別席でキューバンサルサをはじめ、様々なジャンルの音楽や踊りの鑑賞をお楽しみください。
[スケジュール] 夜21時頃ホテル出発 → 22:00~23:45頃キャバレーショー → 深夜0時頃ホテル到着
■料金:25,000円 ■最少催行人員:1名
■お申し込み・お支払い方法:ご出発前に日本でお申し込みください。
※往復専用車送迎付き。添乗員は同行しませんが、現地日本語ガイドがご案内します。

出発日と料金

2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
05月14日(木) ~
05月25日(月)
12日間 498,000円
10月01日(木) ~
10月12日(月)
12日間 498,000円
発着地 東京発着 最少催行人員 9名(15名様限定) ・添乗員同行
燃油サーチャージ 21,000円(12月5日現在の見込み)
一人部屋追加代金 59,000円
日本の国内線割引 大阪・名古屋・福岡/東京間は片道10,000円の追加で別途手配いたします(アエロメヒコ航空の指定便に限る)。その他の地方からの国内線割引についてはお問い合わせください。
国際線のビジネスクラス 東京/ハバナ間は往復390,000円の追加で別途手配いたします。ご予約の時期によって、料金が変わることがありますのでご希望の方はお早めにお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
メキシコシティ
メキシコシティ
ハバナ
14:25発
13:00着
18:45発
22:45着
空路、東京より日付変更線を越えてメキシコシティへ。着後、航空機を乗り換えてキューバの首都ハバナへ。着後、ホテルへ。
ハバナ:メモリーズ・ミラマール泊
2 ハバナ   終日、ハバナ旧市街および新市街の観光革命広場、文豪ヘミングウェイが逗留したホテル・アンボス・ムンドスアルマス広場ビエハ広場カテドラル広場フエルサ要塞旧国会議事堂(外観)、ラム酒蒸留博物館)。オビスポ通りの散策もお楽しみください。昼食はヘミングウェイゆかりの店フロリディータにご案内します。午後、クラシックカーでのドライブモロ要塞の見学をお楽しみくたさい。
ハバナ:メモリーズ・ミラマール泊
3 ハバナ
シエンフエゴス
トリニダ

08:00発


15:00着

専用バスにてトリニダへ。途中、フランス系入植者によって造られた新古典主義様式の建造物が並ぶ世界遺産の町シエンフエゴス観光ホセ・マルティ広場などを見学します。昼食は邸宅パラシオ・デ・バジェにてロブスター料理をご賞味ください。トリニダ着後、トリニダ市内観光サンティシマ教会カンテーロ博物館ラ・カンチャンチャラ等)。
トリニダ:メモリーズ・トリニダ・デルマール泊
4 トリニダ
サンクティ・スピリティス
カマグエイ

朝発


午後着

専用バスにてキューバ中部の町カマグエイへ。途中、キューバ最古の教会といわれるパロキアル・マヨール・デル・サンクティ・スピリティス教会を見学します。午後、世界遺産の町カマグエイの歴史地区を見学します。
カマグエイ:グランホテル泊
5 カマグエイ
バヤモ
グランマ上陸記念公園
サンティアゴ・デ・クーバ

朝発



夕方着

専用バスにてキューバ南部のサンティアゴ・デ・クーバへ。途中、馬車の町と呼ばれるバヤモ、チェ・ゲバラがグランマ号で上陸したグランマ上陸記念公園を見学します。
サンティアゴ・デ・クーバ:カサグランダ泊
6 サンティアゴ・デ・クーバ
(グラン・ピエドラ)
  午前、サンティアゴ・デ・クーバ市内観光7月26日モンカダ兵営博物館サンタ・イフィヘニア墓地、世界遺産サン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城(モロ要塞)等)。午後はコーヒー農園発祥の地として世界遺産にも登録されるグラン・ピエドラに残る農園主の邸宅を訪れます。
サンティアゴ・デ・クーバ:カサグランダ泊
7 サンティアゴ・デ・クーバ
シエゴ・デ・アビラ
08:00発
17:00着
専用バスにて北上し、シエゴ・デ・アビラへ。
シエゴ・デ・アビラ:ラ・ルエダ泊
8 シエゴ・デ・アビラ
サンタクララ
ハバナ

朝発


夕方着

専用バスにてハバナへ戻ります。途中、チェ・ゲバラゆかりの町サンタクララ観光チェ・ゲバラ記念霊廟、キューバ革命の流れを決定づけた装甲列車襲撃跡カピーロの丘等)。
ハバナ:メモリーズ・ミラマール泊
9 ハバナ
(ビニャーレス渓谷)
  終日、世界遺産ビニャーレス渓谷の観光ムラル壁画インディヘナ洞窟ハスミネス展望台たばこ農園)。
※夜、ご希望の方はオプショナルツアーにて、トロピカーナキャバレーショーにご案内します。
ハバナ:メモリーズ・ミラマール泊
10 ハバナ
メキシコシティ
15:05発
17:25着
午前、ヘミングウェイゆかりの町コヒマルや氏が晩年に暮らした邸宅跡のヘミングウェイ博物館を見学。午後の航空機にてメキシコシティへ。着後、航空機を乗り換え、東京へ。
機中泊
11 メキシコシティ 01:50発 日付変更を越えます。
機中泊
12 東京 06:20着 着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝9/昼9/夜8:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:アエロメヒコ航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) 不要ですがツーリストカードの取得が必要です。キューバツーリストカード(2,100円)、代行手数料(4,400円)、写真1枚、旅券の残存有効期間は入国時に3ヶ月以上必要です。査証欄余白は1ページ以上必要です。
気候・服装 亜熱帯及び熱帯気候に属するため、年間を通じて高温多湿で全行程夏服で過ごせますが、朝晩は涼しくなることがあります。冷房対策も兼ね、上に羽織るものもお持ちください。この時期は雨季の始まりと終わりにあたり、スコール性の雨が降ることがあります。雨具は必ずお持ちください。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
宿泊について 各地のホテルとも土地柄バスタブはなくシャワーのみとなります。また、キューバのホテルは水回りのトラブルなど設備は十分ではありません。予めご了承ください。
観光について サンタクララのチェ・ゲバラ記念霊廟や装甲列車襲撃現場、トリニダのカンテーロ博物館は、政府の命令や政治的な理由により突然見学が制限される場合があります。その場合は代替の観光地へご案内します。ヘミングウェイ博物館は、窓の外からの見学となります。インディヘナ洞窟の観光は、他のお客様とご一緒となる場合があります。
その他のご注意 キューバを旅行する際は、海外旅行保険(米国系保険会社は不可)への加入が義務付けられています。ご旅行の際は必ず英語表記の契約証明書を持参してください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。