ツアーのポイント

ポイント 特別撮影許可取得 ミナミセミクジラとパタゴニアのワイルドライフ

ゾディアック(強化ゴムボート)を3日間終日チャーターし、1500頭を超すミナミセミクジラが繁殖、子育てのために集まるバルデス半島の海に出かけます。混載の観光船では行くことのできない海域まで出かけ、ミナミセミクジラを撮影、観察します。ブリーチングやスパイホップなど海上行動が活発で好奇心旺盛なミナミセミクジラは撮り応えのある動物です。許可取得にはおおよそ2~3カ月必要です。お早めにお問い合わせください。

ポイント ミナミゾウアザラシの赤ちゃんが誕生する季節

マゼランペンギンが上陸し営巣、産卵の季節。オスがメスを呼ぶ求愛の姿に出会うこともあります。また、ミナミゾウアザラシは出産、子育ての季節。何百頭のミナミゾウアザラシが一斉に出産します。また、メスを奪い合って戦うオスの雄姿も観察できるかもしれません。その他、グアナコやカンムリシギダチョウなどパタゴニアならではの野生動物の観察、撮影にも挑戦します。

ポイント 大西洋の海の幸に舌鼓

アルゼンチンで有名な肉料理はもちろん、バルデス半島ではシーフードも見逃せません。夕食は小さな町の人気店での食べ比べをお楽しみください。
訪問する
世界遺産

バルデス半島

COLUMN ミナミセミクジラ Southern Right Whale

バルデス半島で観察されるミナミセミクジラは南極海とバルデス半島を回遊するグループで、毎年1000頭以上がバルデス半島の湾へ繁殖・子育てにやってきます。ミナミセミクジラの英語名のRight Whaleは「捕鯨に良いクジラ」という意味からついた名で、かつては捕鯨のため激減しましたが、現在は保護下にありその数が回復してきたといいます。9月は繁殖のため、ブリーチングやペックスラップ(胸びれたたき)などの行動が見られる季節。また、ミナミセミクジラの中には船に興味を持つ個体がおり、そばまでやってきてボートの様子をうかがったりすることもあります。体長13m~15mにもなるミナミセミクジラ。その大きさ、優しさを感じることのできるホエールウォッチングです。

2017年のツアーで撮影した「オタリアと遊ぶミナミセミクジラ(ドローン撮影)」(バルデス半島の現地レポートはこちら
イリングというミナミセミクジラ特有の行動
一定時間尾びれを海面に出しています
カロシティと呼ばれる白いコブが並ぶミナミセミクジラの頭部
ⒸELPADIRO
ボートに寄ってきた若いミナミセミクジラ
ペックスラップ(胸びれたたき)
子クジラの白い個体

COLUMN バルデス半島の野生動物と野鳥

ミナミゾウアザラシ:

9月上旬に半島の西側で出産します。オス1頭が50~70頭の雌を持つコロニーを作り、時にはコロニーに近づくオスと争います。この季節は赤ちゃんの誕生を目撃するチャンスも。

メスと生まれたばかりの赤ちゃん

マゼランペンギン:

パタゴニアの海岸で見られるペンギンで9月上旬に上陸し、巣作りをし、卵を産みます。バルデス半島のサンロレンソではおよそ20万羽のペンギンのコロニーを観察することができます。

卵を温めるマゼランペンギン

レア:

1羽のオス、10羽ほどのメスが1つの巣に卵産み、オスが孵化したひなの世話をする鳥です。

レア

マーラ:

パタゴニア、アルゼンチンの固有種でテンジクネズミ科最大種。いつもペアで行動します。

マーラの親子
アラゲアルマジロ
アメリカオオアジサシ
アナホリフクロウ
ナンベイヒメウ
カンムリシギダチョウ
ズグロムナジロヒメウ

COLUMN HOTEL のんびり6連泊、アルゼンチンの田舎ステイ

del Nomade デル・ノマッド[プエルトピラミデス/6連泊]

バルデス半島内唯一の宿泊地プエルト・ピラミデスに6連泊。人口300人ほどの小さな町でのアットホームな滞在も楽しみのひとつです。海岸へは徒歩圏内で早朝、ドローンなどで空撮も楽しめます。
※空撮の詳細はお問い合わせください。

客室の一例
朝食の様子

出発日と料金

2019年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
09月18日(水) ~
09月28日(土)
11日間 798,000円
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京 深夜発 空路、東京より深夜のフライトでドーハへ。
機中泊
2 ドーハ
ドーハ
ブエノスアイレス
早朝着
07:20発
21:35着
ドーハ着後、航空機を乗り換えサンパウロ経由にてブエノスアイレスへ。着後、空港近くのホテルへ。
ブエノスアイレス泊
3 ブエノスアイレス
トレレウ
トレレウ
プエルト・ピラミデス
午前発

約3時間
午前の国内線でパタゴニア地方のトレレウ又はプエルト・マドリンへ。着後、専用車にてバルデス半島のプエルト・ピラミデスへ。
プエルト・ピラミデス:デル・ノマッド 計6連泊
4 プエルト・ピラミデス   3日間、ボート(ゾディアック)をチャーターし、ヌエボ湾でホエールウォッチングに出かけます。
●ミナミセミクジラの観察・撮影:
ミナミセミクジラが繁殖、子育てのために集まるヌエボ湾。毎年1500頭以上がこの湾に集まります。天候にもよりますが3日間ゾディアックボートでの観察を予定しています。
●オタリアのコロニーの観察・撮影:
ご希望の方はオタリアとシュノーケリングも可能です。
5
6
7 2日間、専用車で世界遺産バルデス半島の島巡りをします。
●ミナミゾウアザラシのコロニーの観察・撮影:
この季節は出産の季節で赤ちゃんの誕生を見ることができるかもしれません。また、オス同士の争いを観察できるチャンスも。
●マゼランペンギンのコロニーの観察・撮影:
繁殖のため営巣地に20万羽以上集まる季節。
●その他、バルデス半島各地でグアナコ、レア、マーラ、アルマジロなどパタゴニア地方の野生動物・野鳥を観察・撮影するチャンスがあります。
※時間や訪問の順番など、天候を見て現地にてご案内します。
8
9 プエルト・ピラミデス
トレレウ
トレレウ
ブエノスアイレス
約2時間
午後発
夕方着
夜発
専用車にてトレレウ又はプエルト・マドリンへ。空路、ブエノスアイレスへ。着後、航空機を乗り換えてサンパウロ経由の便にてドーハへ。
機中泊
10 ドーハ 20:25着 ドーハ着後、航空機を乗り換えて帰国の途につきます。
機中泊
11 ドーハ
東京
02:20発
18:40着
着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝7/昼7/夜6:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:カタール航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存期間は帰国時まで有効なものが必要です。
気候・服装 パタゴニア地方の9月は冬から春への移行期です。日中の気温は10℃~20℃で、南風が吹くと気温が下がり、風がなく晴れると気温が上がります。防水の上下に、しっかりした防寒着、防寒具(毛糸の帽子、防水手袋など)をご用意ください。また、ボートに持ち込む荷物は防水対策が必要です。靴は運動靴をご用意ください。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
日程について パタゴニア地方の航空機はスケジュールが変わりやすいため、発着時間の変更によっては日程変更が生じる事があります。また、バルデス半島は雨が降ると未舗装の道がぬかるみ、大雨の後には移動ができなくなります。その場合は訪問できない個所が生じることがあります。
ホエールウォッチングについて 3日間のホエールウォッチングでは専用のゾディアックボートを利用します。終日の観察となり、昼食はボート上となります。南風が強いと港が閉鎖され船が出せなくなることもあります。計5日間滞在し、天候などによって日程は入れ替えをします。
許可証について バルデス半島でボートをチャーターするためには特別撮影許可の取得が必要です。従って、当コースは野生動物の撮影を主な目的とされる方に限定させていただきます。許可申請は出発の約3か月前に締め切りとなります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。