ツアーのポイント

ポイント 当時の面影残る江戸時代の街道・萩往還を完歩

毛利氏の参勤交代の道であり、坂本龍馬や吉田松陰など幕末の志士なども往来した歴史の道。「国指定史跡」「歴史の道百選」「美しい日本の歩きたくなる道」「夢街道ルネサンス」「日本風景街道」などさまざまな選定を受けている由緒ある街道です。瀬戸内海の防府から日本海側の萩まで、当時の面影が残る古道、全55kmを歩きとおします。

ポイント 不要な荷物を持たずに身軽に歩く。難所では安心の伴走車

ハイキングに不要な荷物はホテルや荷物車に預けることで、毎日身軽な装備で歩いていただけます。3日目の難所・板堂峠越えの際は荷物車が待機し、万が一のトラブルに対応しますので、安心して古道歩きをお楽しみいただけます。

ポイント 世界遺産の町・萩での滞在も充実

せっかく訪れた世界遺産の町・萩。最終日は松下村塾など旧松本村の史跡めぐりにご案内します。

ポイント 現地の語り部ガイドが同行 完歩証明書も授与

添乗員とともに同行するのが現地の語り部ガイド。各地の説明を聞きながら史跡をめぐり歩きます。ゴールの萩城跡では語り部ガイドより萩往還完歩証明書を授与します。

COLUMN 毛利氏参勤交代の古道 萩往還

萩往還は、毛利氏が江戸への参勤交代での御成道として開かれました。日本海側の萩と瀬戸内海側の三田尻港を結び全長はおよそ55kmにおよびます。山陰と山陽を結ぶ重要な交通路であり、幕末には、維新の志士たちが往来し、歴史の上で重要な役割を果たしました。 萩往還には、今でも人馬の往来に必要な一里塚や茶屋跡、通行人を取り締まる口屋跡が残っています。幕末に維新の志士たちが時代とともに駆け抜けた萩往還。当時の武士や庶民、そして幕末の志士たちに思いを馳せながら、全長55kmの古道歩きをお楽しみください。

天花坂口付近
六軒茶屋付近
美しい田園風景の中を歩く
悴坂
訪問する
世界遺産

萩城下町

出発日と料金

2021年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
03月29日(月) ~
04月02日(金)桜咲く季節
5日間 128,000円
05月09日(日) ~
05月13日(木)新緑の美しい季節
5日間 128,000円
05月31日(月) ~
06月04日(金)ゲンジボタル鑑賞の季節
5日間 128,000円
発着地 現地発着
(新山口駅集合・解散)
最少催行人員 6名(10名様限定)・添乗員同行
一人部屋追加代金 16,000円
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問はお気軽に担当までお問い合わせください。

コース難易度

体力 普段からハイキングやウォーキングをたのしんでいる健康な方ならどなたでもご参加いただけます。
宿泊 防府、湯田温泉、萩全てホテル泊で、お1人部屋手配も可能です。
荷物 ハイキングに不要な荷物はホテルや荷物車に預けることで、毎日身軽な装備で歩いていただけます。



ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 新山口
防府
13:19発
13:35着
13時に東海新幹線新山口駅に集合。山口宇部空港をご利用の方は新山口駅までの直行バスをご利用ください(所要30分)。在来線にて、萩往還のスタート地点、天満宮の町防府へ。
●萩往還ハイキング(所要約2時間・約3km)
ホテルチェックイン後、タクシーにて三田尻御舟倉跡へと移動し、萩往還の道スタート。足慣らしに防府天満宮まで歩き、ホテルへと戻ります。
防府:ホテルルートイン泊|食事:朝× 昼× 夜○
2 防府
山口湯田温泉
08:00発
17:00着
●萩往還ウォーキング(所要約8時間・約19km)
防府の市街地を抜け、ゆるやかに上り、瀬戸内海を最後に望む鯖山峠へ。群境の碑を越えると、山口市内へと入ります。禅昌寺の静かな境内での昼食後は平坦なルートを山口市街地へ。ゴールの瑠璃光寺到着後、タクシーにて山口市内の名湯・湯田温泉へ。
※5/31発ツアーは夕食後、一の坂川での蛍鑑賞にご案内します。
湯田温泉:ホテルルートイン泊|食事:朝○ 昼× 夜○
3 山口湯田温泉
佐々並
山口湯田温泉
08:00発
15:00着
17:30着
●萩往還ウォーキング(所要約6時間・約13.5km)
まずは、国宝瑠璃光寺五重塔を見学。その後、市街地を抜け、いよいよ萩往還のハイライトがスタート。難所四十二の曲がりを越え、六軒茶屋跡など当時の面影が残る石畳の道を歩きます。ルート最高地点・板堂峠(539m)、長門と周防の国境を越え、宿場町として栄えた古い町並みの残る佐々並集落へ。伝統家屋の家並みを散策後、路線バスにて湯田温泉へと戻ります。
湯田温泉:ホテルルートイン泊
|食事:朝○ 昼○ 夜○
4 山口湯田温泉
佐々並
萩城跡
萩市内
07:30発
08:00発
17:00着
17:30着
●萩往還ウォーキング(所要約8時間・約19.5km)
専用車にて佐々並へと戻り、日本海に向け歩き始めます。一升谷の石畳は約3kmにわたる当時の面影が残る石畳の道です。そうして多くの史跡の残る萩に近づきます。萩往還のゼロポイント・唐樋札場跡に到着後、更に白壁の古い町並みを歩き、ゴールは萩城跡です。その後、タクシーにて萩市内のホテルへ。
萩市内:ロイヤルインテリジェント泊|
食事:朝○ 昼○ 夜○
5 萩市内

新山口
13:05または14:50発
14:20または16:05着
午前中は萩市内の旧松本村の史跡を歩いて巡ります。松下村塾など吉田松陰はじめ幕末の志士ゆかりの地を訪ねます。その後、各自で昼食後、萩市内にて解散し、高速バスにて新山口駅へ(所要1時間15分)。
※高速バスは13:05発、または14:50発のいずれかご都合の良い便をご利用いただきます。
食事:朝○ 昼× 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝4/昼2/夜4

ご案内とご注意

気候・服装 歩行中は合服程度で歩きます。降雨もありますので、上下セパレート式の雨具をお持ちください。舗装されていない石畳の道なども多くございますので、歩きやすい防水のハイキングシューズ(ローカット可)でご参加ください。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
荷物について ハイキングに不要な荷物はホテルや荷物車に預けることができます。
お食事について 2日目の昼食につきましては、旅行代金に含まれませんが、コンビニエンスストア等で購入していただきます。3、4日目の昼食はお弁当を用意しております。なお1日目の昼食は各自おすませの上ご集合ください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。