ツアーのポイント

ポイント 一度の旅で山陰地方が誇る名峰の数々に登頂

紅葉のベストシーズンに鳥取から島根へ山陰地方を横断。紅葉で名高い百名山の大山(だいせん)、蒜山(ひるぜん)高原三座縦走、島根県の名峰・三瓶(さんべ)山の計6座を添乗員と現地に精通した登山ガイドのサポートで効率よく登ります。

ポイント 世界遺産「石見銀山」を歩き、日本一危険な国宝として有名な「三徳山投入堂」を参拝登山

2007年に世界遺産に指定された石見銀山。江戸時代には世界の1/3の銀を産出していたといわれています。現地ガイドとともに温泉津(ゆのつ)港から大森代官所まで当時を偲びながら歩きます。また、日本一危険な国宝として有名な「三徳山投入堂(みとくさんなげいれどう)」も参拝登山。誰もが写真で見たことはあるであろう断崖絶壁に造られた寺院は、世界に誇る優れた建物です。

ポイント 山陰地方の食と温泉も楽しむ

各宿泊地の夕食は、日本有数の水揚げを誇る境港の新鮮な海の幸や大山鶏など、地のものを交えた料理をお召し上がりいただきます。三瓶と温泉津は歴史ある山陰の温泉街です。温泉のみならず、趣のある温泉街の散策もお楽しみください。

訪問する
世界遺産

石見銀山遺跡とその文化的景観

COLUMN 山陰地方の名峰を歩く

大山 1,709m

日本百名山で鳥取最高峰のみならず、中国地方の最高峰でもあります。富士山に似た山容が特徴的で、鳥取県西部の旧国名が伯耆国であった事から、別名:伯耆富士とも呼ばれています。

中国地方最高峰・大山
大山登山口付近のホテルに宿泊

 

蒜山

上蒜山(1,202m)・中蒜山(1,123m)・下蒜山(1,100m)を総称して「蒜山」または「蒜山三座」と呼ばれ、上蒜山は日本二百名山でもあります。鳥取県南部と岡山県北部に跨って位置し、大山、三瓶山とともに大山隠岐国立公園として国立公園に指定されています。今回は、蒜山三座を縦走するルートを歩きます。

中蒜山の紅葉
下蒜山登山道・8合目付近の雲海

 

三瓶山 1,126m

日本二百名山で島根県のほぼ真ん中に位置し、大山隠岐国立公園に属します。「出雲国風土記」の国引き神話にも登場し、最高峰の男三瓶を主峰に、女三瓶、子三瓶、孫三瓶など6つの峰が連なります。男三瓶山北麓から室の内にかけて広がるブナやコナラなどで構成される自然林は「三瓶山自然林」として国の天然記念物に指定されています。

三瓶山
室の内の紅葉

COLUMN 日本一危険な国宝として有名な「三徳山投入堂」も参拝登山

三徳山三佛寺は標高900メートルの三徳山に境内を持つ山岳寺院です。その奥院である投入堂は垂直に切り立った絶壁の窪みに建てられた他に類を見ない建築物で、国宝に指定されています。誰もが一度は写真で見たことがあるであろう断崖絶壁に造られた寺院は、世界に誇る優れた建物です。屋根は軽快な反りを、堂を支える柱の構成などは建築美からも優れた建物です。詳しい建造時期ははっきりとしていませんが、修験道の開祖、役小角が法力で建物ごと平地から投げ入れたという伝承が語り継がれています。
三徳山・文殊堂手前の鎖場
日本一危険な国宝として有名な三徳山投入堂

COLUMN 石見銀山ウォーキング 沖泊港から大森代官所へ

世界遺産・石見銀山は戦国時代後期から江戸時代前期に栄えた日本最大の銀山です。最盛期には日本の3分の1にあたる銀を産出していたといわれたと言われており、最も多くの銀を産出していたのが大森銀山と呼ばれています。周辺は重要伝統的建造物群保存地区にも指定されており、今でも当時の面影を色濃く残す町並みを楽しむことができます。今回のウォーキングでは、採掘した銀を運び出した現在の温泉津地区の沖泊(おきどまり)港から、大森代官所跡までの銀の道をご自身の足で辿っていただきます。趣のある温泉津の温泉街での散策もお楽しみください。
沖泊から石見銀山街道を歩き、大森へ 
石州瓦が美しい大森の町並み

出発日と料金

2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
10月26日(月) ~
10月30日(金)川本将士(東京本社)同行
5日間 178,000円

Go To
キャンペーン料金

お支払い実額:
122,000円

※旅行代金への支援額:
56,000円
※地域共通クーポン:
24,000円

11月04日(水) ~
11月08日(日)川本将士(東京本社)同行
5日間 178,000円

Go To
キャンペーン料金

お支払い実額:
122,000円

※旅行代金への支援額:
56,000円
※地域共通クーポン:
24,000円

発着地 現地発着
(JR倉吉駅集合・出雲市駅解散)
最少催行人員 6名(10名様限定)・添乗員同行
一人部屋追加代金 お問い合わせください
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • 現地集合解散となります。現地までの交通機関はご自身でお手配ください。
  • 航空機をご利用の場合の東京からの参考アクセス(航空券手配をご希望の方はご相談ください)
    ■往路
    【航空機】ANA293  羽田空港 09:15発 – 鳥取空港 10:35着
    【連絡バス】鳥取空港 10:55発 – JR倉吉駅 11:45着
    (電車や車でお越しの方は、JR倉吉駅・改札前に12:00にご集合ください。 )
    ■復路
    【連絡バス】出雲市駅 17:10発 – 出雲空港 17:40着
    【航空機】JAL286   出雲空港 19:30発 – 羽田空港 20:55着

コース難易度

体力 1日の歩行時間は4時間~6時間で、2日目の蒜山高原縦走のみ8時間です。(蒜山高原縦走の日は連泊1日目ですので縦走せず、ホテル付近の黄葉を眺めながらゆっくりお過ごしいただく事も可能です。)
高度 高山病の心配はございません。
宿泊 全ホテル泊
荷物 登山に不要な荷物は宿に置いておくことができます。登山中は、1日に背負う荷物を入れるデイパックをご用意ください。移動はタクシー等で行いますので、大型のスーツケースはご遠慮ください。

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール
1

倉吉駅
三徳山投入堂
倉吉駅
米子駅
大山しろがね

12:00集合
12:30着


18:00着

倉吉駅改札前に12:00に集合。専用車にて「日本一危険な国宝」といわれる三徳山投入堂へ。
●三徳山三佛寺投入堂 参拝登山(往復約2時間)
鎖場などもある登山道を経て断崖にはめ込まれたような投入堂を参拝します。
その後、専用車にて倉吉駅へ戻り、在来線特急にて米子駅へ。着後、専用車にて大山山麓のホテル・大山しろがねへ。
※大山しろがねに2連泊します。

大山町泊:ホテル大山しろがね泊|食事:朝× 昼× 夜〇
2 大山しろがね
下蒜山登山口
蒜山高原縦走
上蒜山登山口
大山しろがね

08:00発
09:00着
(約8時間)

 

17:00着

午前、専用車にて下蒜山(ひるぜん)登山口(515m)へ。
●蒜山高原3座縦走(約8時間)
下蒜山、中蒜山、上蒜山と蒜山三山を縦走します。下蒜山の5合目あたりまで登ると美しい山肌がひろがります。8合目急坂を登った後、振り返ると綺麗な稜線を見渡せます。下蒜山山頂(1,100m)からは、大山、中国山地、日本海と360度の大展望が楽しめます。ここから、中蒜山へは鞍部のフングリたわ(820m)まで下り、再び急登になります。中蒜山山頂(1,123m)は視界が開け、広大な蒜山高原が足元に広がります。ここから再度、鞍部へと下り、蒜山三座の最高峰・上蒜山(1,202m)へ登ります。その後、上蒜山登山口(610m)へと下ります。
下山後、専用車にて大山しろがねへ戻ります。

大山町泊:ホテル大山しろがね泊|食事:朝〇 昼〇 夜〇
3

大山しろがね
大山登山
大山しろがね
米子駅
大田市駅
三瓶温泉

08:00発
(約6時間)



17:00着


大山町のホテルから徒歩(約5分)にて夏山登山口(780m)へ。

●大山(1,709m)登山(約6時間)
黄葉に染まる西日本一と言われるブナ原生林の中の道を登り弥山頂上(1,709m)を目指します。約1,250mの五合目あたりで樹林帯は終わり、約1,350mにある六合目から上は、好展望を楽しみながらの急登になります。八合目付近では火山の砂礫の登りが続きますが、大山北壁の岩肌の眺めは素晴らしく、振り返れば中海や宍道(しんじ)湖が望めます。山頂付近は木道で整備されています。
下山後、専用車にて米子駅へ。着後、在来線特急にて大田市駅へ。着後、専用車で江戸時代より湯治場として栄えた趣ある温泉郷三瓶温泉へ。

※現在弥山頂上付近は、木道の工事中で10月末終了予定と発表されていますが、工期が遅れた場合、弥山山頂の約50m手前までの登山となります。

三瓶温泉泊|食事:朝〇 昼〇 夜〇
4

三瓶温泉
三瓶自然館
三瓶山登頂
三瓶自然館
大田市駅
温泉津駅
温泉津温泉

08:00発
08:15着
(約4時間)




17:00着

●紅葉の島根最高峰・三瓶山登山(往復約4時間)
朝、専用車で三瓶山の姫逃池(ひめのがいけ)ルートの登山口となる三瓶自然館(590m)へ。ここから日本二百名山にも数えられる三瓶山(1126m)を往復します。
下山後、専用車にて大田市駅へ。着後、在来線で温泉津駅へ移動します。専用車にて石見銀山ともゆかりの深い、趣ある温泉郷温泉津温泉へ。
温泉津温泉泊|食事:朝〇 昼× 夜〇
5

温泉津温泉
大森代官所跡
温泉津駅
出雲市駅

08:00発
13:00着

 

16:20着

●世界遺産・石見銀山ウォーキング(約5時間)
往時に銀を世界に運び出した温泉津地区の沖泊港から、石見銀山の大森代官所跡を目指します。石見銀山街道の降路坂(430m)を越え、龍源寺間歩へ。間歩の見学後、歴史的な建造物や文化財など、当時の面影を残す街並みを見ながら、大森代官所跡まで歩きます。
昼食は、大森代官所跡付近の食堂などにご案内予定です(ご実費)。その後、専用車で温泉津駅へ。着後、在来線特急で出雲市駅へ。出雲市駅にて解散。
航空機利用の方は連絡バスで出雲空港へ。鉄道をご利用の方は、出雲市駅からそれぞれの帰路へ。

食事:朝〇 昼× 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝4/昼2/夜4

ご案内とご注意

GoToトラベルキャンペーンについて 本ツアーはGoToトラベル事業の支援対象です。
旅行代金から支援金を引いた金額がお客様のお支払い実額となります。国からの支援金はお客様に対して支給されます。当社は、支援金をお客様に代わって受領(代理受領)致しますので、お客様は、旅行代金に対する支援金を差し引いた「お支払い実額」をお支払いいただきます。 なお、お取消しの際は、旅行代金を基準として所定の取消料を申し受けます。お客様は、当社による代理受領ついてご了承のうえお申込みください。また、ご旅行中、宿泊施設にて居住地を確認する場合があるため、居住地を証明できるものをお持ちください(運転免許証、運転経歴証明書、健康保険証、マイナンバーカードなど)。

※地域共通クーポン券の発行は、10月1日以降に出発するツアーが対象となります。
※支援金の上限に達し次第、割引価格での販売は終了となります。
※新型コロナウイルスの感染拡大等に伴う政府の判断により、当ツアーがキャンペーン対象外となる場合がございます。
感染予防対策について ツアー実施にあたり、新型コロナウイルス感染予防対策を講じております。下記のページを必ずご確認いただきますよう、お願い申し上げます。
>新型コロナウイルス感染予防に対する取り組みと皆様へのお願い
気候・服装 トレッキング・登山中は天気が良ければ長袖で歩くことができますが、悪天時や強風が吹くと体感気温は下がります。フリースやウィンドブレーカー等の防寒着をお持ちいただき、降雨に備え、上下セパレート式の雨具をお持ち下さい。登山時の靴は防水の効いたトレッキングシューズや軽登山靴が最適です。
利用予定ホテル 大山町:ホテル大山しろがね
三瓶温泉:さひめ野、国民宿舎さんべ荘
温泉津温泉:輝雲荘、のがわや
昼食について 1日目は集合前に各自でお召し上がりください。4日目と5日目の昼食は、現地で食堂などにご案内しますので、実費にて各自でお召し上がりください。
日程について 登山とウォーキングは、天候などの状況によりルートを変更したり、中止する場合があります。
紅葉・黄葉について その年の気候により多少ずれることがあります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。