ツアーのポイント

ポイント お遍路の完全踏破を目指す高知西部編

歩き遍路の高知県ルートは、「修行の道場」と呼ばれるとても長い道のりです。そのため、高知市を境に東部と西部に分けてご案内いたします。西部編は、東部編のゴールである高知市の雪蹊寺から歩を進め、四万十市へ向かいます。その後、足摺岬の金剛福寺へ往復した後、宿毛市でゴールを迎えます。
※愛媛編、香川編は来春3~4月にかけての設定を予定しております。

ポイント 荷物を預け身軽に歩き遍路を楽しむ

歩き遍路の完全踏破に憧れながら、背負う荷物の量が障壁となって二の足を踏んでいる方が多いと思います。本ツアーでは、荷物回送と随所に取り入れたホテル連泊で日帰り分の荷物で歩いていただけるため、挑戦しやすい日程となっております。
※8~10日目の歩行時は、足摺岬往復用に2泊3日分の荷物をザックでお持ちいただきます。5~7日目と10日目は四万十市の同じホテルに宿泊しますので、不要な荷物はホテルに預けていきます。

COLUMN 順打ちで歩き遍路の結願を目指す

お遍路は、お大師さま(弘法大師・空海)によって開創された四国八十八ヶ所霊場をめぐる寺院巡拝の旅です。様々なまわり方がありますが、本ツアーでは、標識の見つけやすさ等を考慮し、徳島の1番札所から順番に巡礼する「順打ち」を四国4県の「区切り打ち」で歩き遍路完全踏破を目指します。全ての札所を巡ると八十八の煩悩が除かれ、八十八のご利益・功徳が得られると言われています。近年では自分自身を見つめるため、四国の大自然を楽しみながら自分の足で一周したい等、お遍路への尊敬を持ちつつも様々な目的の方が歩いています。全行程は約1200㎞を超え、世界にも類をみない壮大なロングトレイルと捉えることもできるでしょう。四国の自然・歴史・人々の営みを包み込む四国遍路の旅路へ一歩踏み出してみませんか。

巡拝用品
第35番清瀧寺

COLUMN お遍路の身支度について

ハイキング・トレッキングの服装・装備等でも、ご本尊様に対する敬いの心を持ち、お寺に巡拝するという姿勢で臨めば問題が無いと言われています。白衣や金剛杖、菅笠(すげがさ)等の着用・使用はお客様におまかせしておりますが、ご購入をご希望の方は添乗員にご相談ください。

お遍路身支度の一例

出発日と料金

2022年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
01月11日(火) ~
01月22日(土)川本将士(東京本社)同行
12日間 348,000円
発着地 現地発着(高知駅集合/解散)
最少催行人員 5名(10名様限定)・添乗員同行
一人部屋追加代金 25,000円
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • 現地集合解散となります。現地までの交通機関はご自身でお手配ください。
    [東京・大阪からの参考アクセス] ※航空券の手配も承ります。お気軽にお問合せください。
    【東京方面】
    ■往路:(航空機)ANA561 羽田 07:55発 - 高知 09:25着
        (リムジンバス)高知空港 09:25発 ‒ 高知駅09:50着 ※航空機の到着を待って出発します
    ■復路:(リムジンバス)高知駅11:45発 ‒ 高知空港12:10着   
        (航空機)ANA566 高知 13:35発 - 羽田14:50着
    【大阪方面】
    ■往路:(高速バス)高知エクスプレス号 JR大阪駅06:30発 /三ノ宮BT07:34発 高知駅11:46着
    ■復路:(高速バス)高知エクスプレス号 高知駅12:40発 三ノ宮BT17:07着 ※この便は大阪駅には止まりません
      又は(高速バス)高知エクスプレス号 高知駅13:50発 三ノ宮BT20:03着/JR大阪駅21:13着

コース難易度

体力 1日の歩行時間は最長で約8時間半です。特別な技術は必要ありませんが、長時間歩行可能な体力が必要です。
高度 高山病の心配はございません。
宿泊 ホテル泊
荷物 歩き遍路に不要な荷物は、ホテルに置いておくか、回送車で次のホテルまで運びます。

■雪蹊寺~埋立



■横浪~稲毛




ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール
1

高知駅
高知城前駅
雪蹊寺
清瀧寺

12:00発


夕方着

高知駅に集合。着後、専用車で高知城前駅付近のホテルへ向かい、歩行に不要な荷物を預けた後、東部編のゴール・雪蹊寺へ。
●歩き遍路(約3時間半)
雪蹊寺→34番種間寺→仁淀川→35番清瀧寺
着後、専用車で高知城付近のホテルへ戻ります

高知市泊|食事:朝× 昼× 夜○
2 清瀧寺
青龍寺
埋立
朝発

午後着

専用車で清瀧寺へ。
●歩き遍路(約5時間半)
清瀧寺→宇佐大橋→36番青龍寺→宇佐大橋→埋立
着後、送迎車で土佐市のホテルへ。
※不要な荷物は土佐市のホテルへ回送します。

土佐市:土佐龍温泉 三陽荘泊|食事:朝○ 昼× 夜○
3 埋立
横浪
須崎
土佐久礼
07:10発


夕方着

送迎車で埋立(浦ノ内湾を進む須崎市巡航船乗り場)へ。
●歩き遍路(約8時間)
埋立・巡航船(07:10発・所要約55分)→横浪→須崎→焼坂峠→土佐久礼
着後、専用車で須崎市のホテルへ。
※不要な荷物は下船後、須崎市のホテルへ回送します。

須崎市:HOTELバンダガ|食事:朝○ 昼× 夜○
4 土佐久礼
岩本寺
 

専用車で土佐久礼へ。
●歩き遍路(約8時間)
土佐久礼→大坂遍路道→37番岩本寺
着後、専用車で須崎市のホテルへ戻ります。

須崎市:HOTELバンダガ|食事:朝○ 昼× 夜○
5 岩本寺
道の駅なぶら
 

専用車で岩本寺へ。
●歩き遍路(約6時間)
岩本寺→片坂峠→佐賀→伊田トンネル→道の駅なぶら
着後、専用車で四万十市のホテルへ。
※不要な荷物は四万十市のホテルへ回送します。

四万十市:新ロイヤルホテル四万十泊
食事:朝○ 昼× 夜○
6 道の駅なぶら
田野浦分岐
朝発
夕方着

専用車で道の駅なぶらへ。
●歩き遍路(約6時間半)
道の駅なぶら→井ノ岬トンネル→入野海岸→田野浦分岐
着後、専用車で四万十市のホテルへ。

四万十市:新ロイヤルホテル四万十泊
食事:朝○ 昼× 夜○
7 田野浦分岐
大岐の浜
朝発
夕方着

専用車で田野浦分岐へ。
●歩き遍路(約8時間半)
田野浦分岐→四万十大橋→伊豆田トンネル→大岐の浜
着後、専用車で四万十市のホテルへ。

四万十市:新ロイヤルホテル四万十泊
食事:朝○ 昼× 夜○
8 大岐の浜
金剛福寺
朝発
夕方着

専用車で大岐の浜へ。
●歩き遍路(約5時間半)
大岐の浜→窪津→38番金剛福寺
着後、足摺岬の散策を楽しんだ後、送迎車でホテルへ。
※不要な荷物は四万十市のホテルに預け、2泊3日分の荷物を背負って金剛福寺まで歩きます。

土佐清水:足摺国際ホテル泊|食事:朝○ 昼× 夜○
9 金剛福寺
大岐の浜

朝発
夕方着

送迎車で金剛福寺へ。
●歩き遍路(約5時間半)
金剛福寺→松尾トンネル→中浜→土佐清水→大岐の浜
着後、専用車で足摺岬のホテルへ.。

土佐清水:足摺国際ホテル泊|食事:朝○ 昼× 夜○
10 大岐の浜
宮ノ川トンネル

朝発
夕方着

専用車で大岐の浜へ。
●歩き遍路(約8時間)
大岐海岸→下ノ加江→真念庵→成山峠→宮ノ川トンネル
着後、専用車で四万十市のホテルへ。

四万十市:新ロイヤルホテル四万十泊
食事:朝○ 昼× 夜○
11 宮ノ川トンネル
延光寺
宿毛

朝発

夕方着

専用車で宮ノ川トンネルへ。
●歩き遍路(約6時間半)
宮ノ川トンネル→39番延光寺→宿毛駅付近
※不要な荷物は宿毛市のホテルへ回送します。

宿毛市:ホテルアバン宿毛泊|食事:朝○ 昼× 夜○
12 宿毛
高知

09:05発
11:06着

宿毛駅から土佐くろしお鉄道:特急あしずりで高知駅へ。 着後、解散。

食事:朝○ 昼× 夜○
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝11/昼0/夜11

ご案内とご注意

気候・服装 歩行中は天気が良ければ、長袖で過ごすことができますが、悪天時や強風が吹くと体感気温は下がります。防寒対策として、フリースや薄手のダウンジャケット等もお持ちください。また悪天時や強風に備え、上下セパレート式の雨具も持参をお願いします。靴は履き慣れたハイキングシューズ又はトレッキングシューズが最適です。
利用予定ホテル 日程および下記をご覧ください。
■高知市:ザクラウンパレス新阪急高知、ドーミーイン高知
食事について ツアー中、昼食は含まれておりません。コンビニエンストアや商店でご購入又は食堂にて召し上がってただきます。各自、実費をお支払いください。
その他のご注意 歩き遍路の各日の表記時間に各札所の参拝時間は含めておりません。また、 巡礼用品代及び、各札所(寺院)での納経代は旅行代金に含まれておりません。各自でご購入ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。