ツアーのポイント

ポイント 春の訪れを感じる4種の花巡り

河津の桜並木、みなみの河津桜と菜の花街道、大島の椿、修善寺の梅林。運が良ければオオシマザクラも見られるかもしれません。

ポイント 海底火山が生み出した伊豆の絶景

奇岩やリアス式海岸で縁取られる伊豆半島。堂ヶ島や龍宮窟など、洞窟に天窓の空いた神秘的な景観が見られます。今も噴煙上げる三原山が生み出した大島では、壮大な地球の造形美をお楽しみください。

ポイント 各地でこだわりの温泉ホテルに宿泊

「堂ヶ島ニュー銀水」では海を見下ろすオーシャンビューや西伊豆の夕陽を堪能。「伊豆今井浜東急ホテル」は河津まで徒歩20分。ライトアップされた河津桜の観賞へご案内します。大島では、三原山を望む源泉かけ流しの温泉ホテルで疲れを癒します。

「堂ヶ島ニュー銀水」ロビーからの夕陽
「伊豆今井浜東急ホテル」客室の一例

COLUMN 春の訪れを告げる早咲きの河津桜

本州では早咲きの桜に分類され、2月上旬から咲き始める“河津桜”。日本固有種のオオシマザクラとカンヒザクラの自然交配から生まれ、日本を代表するソメイヨシノに比べ濃いピンク色と、たくさんの花が玉のように塊になって咲くのが特長です。1955年に河津川沿いで偶然見つけられた桜が、1974年の学術調査で新種と判明し「河津桜」と命名されました。伊豆の温暖な気候により早咲きで、開花から1ヵ月ほどかけて満開になるため、比較的長く楽しむことができます。数キロに渡る川沿いに植えられた桜並木は、見る者を魅了してやみません。みなみの桜では土手を覆う菜の花とのコントラストが、大島では青い海を背景にした河津桜が楽しめるかもしれません。

大島の河津桜
みなみの桜

COLUMN 大島 火山が生み出した島と300万本の椿

大島を形成した海底火山は4〜5万年前に活動を開始したと考えられ、2万年前頃には現在の形の原型になったとされています。その後も断続的に噴火を繰り返し、1777年の大噴火により、中央にそびえる三原山(764m)のカルデラが形成され、1986年の爆発を伴う大きな噴火で溢れ出た溶岩は、今も大地を黒く覆い、地球の息吹を感じることができます。火山灰を含む土壌は水はけが良く、穏やかな気候を好むヤブツバキが自生しており、古くから防風林として植えられていました。種からは椿油が、花びらは染め物に、木材は炭になるなど、島の人たちは椿の木を余すことなくなく利用してきました。花は一斉に咲くことはなく、立地や気温差によって1月から3月にかけて見頃が続きます。また、大島は日本固有種オオシマザクラの発祥の地でもあります。

三原山から流れ落ちた溶岩
伊豆大島の椿

COLUMN 世界でも有数のジオサイト・伊豆半島ジオパーク

かつて伊豆は本州から数百km南に位置する海底火山群でした。フィリピン海プレートの上にできた海底火山や火山島はプレートとともに北に移動し、100万年ほど前に本州に衝突し、約60万年前には現在のような半島の形になりました。このプレートの動きは現在も伊豆の大地を本州に押し込み続けていて、地殻変動によりさまざまな地形を作っており、多くの美しい景観や温泉を有する現在の伊豆半島を形成しています。伊豆半島は、世界のどこを探しても同種の例を見ない、地球上の特異点ともいえる場所です。

烏帽子山
龍宮窟から空を見上げる

出発日と料金

2021年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
02月16日(火) ~
02月19日(金)
4日間 148,000円
02月26日(金) ~
03月01日(月)
4日間 148,000円
発着地 現地発着(修善寺駅集合・竹芝桟橋解散) 最少催行人員 6名(12名様限定)<添乗員同行>
一人部屋追加代金 21,000円
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問等はお気軽に担当までお問い合わせください。


ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール
1 修善寺
堂ヶ島
10:30発
15:30着
修善寺駅集合。専用車にて修善寺梅林へ。淡く色づく20種1000本の梅の花をお楽しみください。天気がよければ、雪化粧した富士山を背景にご覧いただけます。その後、奇岩の立ち並ぶ西伊豆・堂ヶ島へ。着後、リアス式の海岸と天窓から光が差し込む洞窟めぐりのクルーズをお楽しみください。その後、ホテルへ。天気が良ければ、ホテルから駿河湾に沈む夕日の絶景をご観賞いただけます。
堂ヶ島:堂ヶ島温泉ニュー銀水泊|食事:朝× 昼× 夜〇
2 堂ヶ島
石廊崎
南伊豆
龍宮窟
河津
10:00発



17:00着
専用車にて、伊豆ジオサイトが点在する海岸沿いにて石廊崎へ。途中、海から立ち上がる烏帽子山千貫門の景観をご堪能ください。着後、伊豆半島の最南端の断崖絶壁を散策。その後、南伊豆へ。青野川沿いに咲く約2kmにわたるみなみの桜と菜の花街道の景観をお楽しみください。その後、海岸沿いの洞窟に直径50mの巨大な天窓が開く龍宮窟を散策した後、河津町へ。夜、ご希望の方は、ライトアップされた河津桜の並木道の散策へご案内します。
河津:伊豆今井浜東急ホテル泊|食事:朝○ 昼× 夜○
3 河津
稲取
大島
14:00発
15:00発
15:35着
午前中、河津川沿いに咲き誇る、3kmにおよぶ河津桜をじっくりと散策します。その後、電車で稲取へ。着後、東海汽船のジェットフェリーにて伊豆諸島の大島へ。着後、早咲きの椿と、天気が良ければ遠く富士を望む椿花ガーデンの散策をお楽しみください。
大島:大島温泉ホテル泊|食事:朝○ 昼× 夜○
4 大島
竹芝桟橋
15:10発
17:30着
出発まで、島内に300万本も咲く椿を観賞しながら、大島の島内観光(今も噴煙をあげる三原山から流れおちた溶岩流先端の散策、2万年もの間繰り返された噴火によってできた縞模様の地層大切断面、2本の巨木により開かれた泉津の切り通しなど)。午後の東海汽船のジェットフェリーにて竹芝桟橋へ。着後、解散。
食事:朝○ 昼× 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝3/昼0/夜3

ご案内とご注意

気候・服装 全行程冬服が必要です。伊豆大島は黒潮の影響を受けた暖かい気候が特徴ですが、冬は季節風の西風が強く吹く日も多く、フリースやウィンドブレーカー、ダウン等の十分な防寒着をお持ちください。雨具も必ずお持ち下さい。2時間程度の散策がありますので、スニーカーなどのしっかりとした靴でご参加ください。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
お食事について 昼食代は含まれておりません。各地レストランなどへご案内いたします。各自でお支払いください。
伊豆ジオサイト散策について 2020年7月の豪雨により一部遊歩道が通行禁止となっております。当日開放されている箇所へご案内いたします。
その他のご注意 花の開花時期はその年の気候により多少ずれることがあります。
河津町~伊豆稲取駅までの鉄道運賃は旅行代金に含まれておりません。各自でお支払いください(220円)。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。