ツアーのポイント

ポイント ユネスコ世界ジオパークの隠岐諸島をめぐる

日本海に浮かぶ歴史と文化、そして見事な海岸線や景勝地が続く隠岐諸島。島後、島前(西ノ島、知夫里島、中ノ島)のそれぞれ個性ある4島を船で巡ります。西ノ島での国賀海岸の夕日をみながらのハイキングは格別です。

ポイント 世界遺産「石見銀山」を歩き、日本一危険な国宝として有名な「三徳山投入堂」を参拝登山

2007年に世界遺産に指定された石見銀山。江戸時代には世界の1/3の銀を産出していたといわれています。ツアーでは現地のガイドとともに当時を偲びながら歩きます。また、日本一危険な国宝として有名な「三徳山投入堂」も訪れます。

ポイント山陰地方の食も楽しむ

山陰地方は、境港や隠岐諸島など豊かな漁場に恵まれています。各地で地のものを交えた料理をお召し上がりいただきます。また、隠岐諸島は周囲を日本海に囲まれ岩場が多く、魚介類や貝類など新鮮な海の幸の宝庫です。島後では重要文化財の佐々木家にて地産の食材をつかった昼食をお召し上がりいただきます。

訪問する
世界遺

石見銀山遺跡とその文化的景観

COLUMN 石見銀山の大森地区
倉吉の重要伝統的建造物群保存地区をのんびり街散策

世界遺産・石見銀山は戦国時代後期から江戸時代前期に栄えた日本最大の銀山です。最盛期には日本の3分の1にあたる銀を産出していたといわれており、最も多くの銀を産出していたのが大森銀山とよばれています。周辺は重要伝統的建造物群保存地区にも指定されており、今でも当時の面影を色濃く残す町並みを楽しむことができます。 倉吉では、美しい街並みを誇る白壁土蔵群を散策します。

龍源寺間歩内部
倉吉の白壁土蔵群
石見銀山・石州瓦の町並み
重要文化財の佐々木家住宅(島後)

COLUMN 日本一危険な国宝として有名な「三徳山投入堂」も参拝登山

三徳山三佛寺は標高900mの三徳山に境内を持つ山岳寺院です。その奥院である投入堂は垂直に切り立った絶壁の窪みに建てられた他に類を見ない建築物で、国宝に指定されています。誰もが一度は写真で見たことがあるであろう断崖絶壁に造られた寺院は、世界に誇る優れた建物です。屋根は軽快な反りを、堂を支える柱の構成などは建築美からも優れた建物です。詳しい建造時期ははっきりとしていませんが、修験道の開祖、役小角が法力で建物ごと平地から投げ入れたという伝承が語り継がれています。

日本一危険な国宝と言われる三徳山投入堂
三徳山のクサリ坂

COLUMN 隠岐ユネスコ世界ジオパーク

ジオパークとは、「大地の公園」を意味し、地球(ジオ)を学び、丸ごと楽しむことができる場所をいいます。隠岐ユネスコ世界ジオパークは、島根半島の北40~80kmの日本海に点在する4つの有人島と多数の無人島によって構成されており、今回訪れる各地はこのジオパークに含まれています。日本海と日本列島形成の歴史を記録した岩石をはじめ、環境変動の結果生み出された独自の植生や、隠岐の地史・地理・地質が生み出した自然環境に最適化した文化、日本海の離島という地理によって育まれた歴史などが狭い島の中でコンパクトに見られる、大地と人、人と自然をつなぐジオパークです。


摩天崖でのハイキング(西ノ島)
太古の地層が見られる赤壁(知夫里島)

出発日と料金

2021年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
05月14日(金) ~
05月19日(火)
6日間 208,000円
09月06日(月) ~
09月11日(土)
6日間 208,000円
発着地 現地発着
(JR倉吉駅集合/出雲市駅解散)
最少催行人員 5名(8名様限定)・添乗員同行
一人部屋追加代金 20,000円
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • 現地集合解散となります。現地までの交通機関はご自身でお手配ください。
  • 航空機をご利用の場合の東京からの参考アクセス(航空券手配をご希望の方はご相談ください)
    【往路】 ANA293  羽田空港 09:10発 – 鳥取空港 10:25着
    【往路連絡バス】  鳥取空港 10:55発 – JR倉吉駅 11:45着
    【復路連絡バス】  出雲市駅 18:10発 – 出雲空港 18:40着
    【復路】 JAL286   出雲空港 19:35発 – 羽田空港 21:00着
    ※電車などでお越しの場合は、JR倉吉駅・改札前に12:00にご集合ください。

コース難易度

体力 普段からハイキングやウォーキングを楽しんでいる健康な方ならどなたでもご参加いただけます。三徳山投入堂は短いですが、一部鎖場などを通過する登山要素のある参拝となります。
高度 高山病の心配はありません。
宿泊 ホテル泊
荷物 現地ではジャンボタクシー等での移動となります。荷物を積むスペースが限られますので、大型のスーツケースはご遠慮ください。鉄道利用の箇所もございますので小型キャリーケースなどの利用が便利です。参拝登山・ハイキングに不要な荷物は不要な荷物は専用車又はホテルに置いておくことができます。歩行中は、1日に背負う荷物を入れるザック(25~35リットル程度が目安)をご用意ください。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール
1 倉吉駅
三徳山投入堂
倉吉
12:00集合
12:30着
約3時間
倉吉駅改札前に12:00に集合。ホテルに荷物を置き、専用車にて「日本一危険な国宝」といわれる三徳山投入堂へ。鎖場などもある登山道を経て断崖にはめ込まれたような投入堂を参拝します(約3時間)。 その後、専用車にて倉吉へ戻ります。
倉吉泊|食事:朝× 昼× 夜○
2 倉吉
境港
島後
12:00発
13:30着
14:10発
18:35着

(午前、投入堂参拝の予備日。予定通りの場合は、歴史ある倉吉白壁土蔵群を散策します。 )
午後、倉吉から専用車で境港駅へ。その後、フェリーにて隠岐最大の島・島後の西郷港へ。 着後、ホテルへ。

島後泊|食事:朝○ 昼× 夜○
3 島後   島後を一周します。都万の船小屋群を見学し、湿原の油井の池を訪ねます。また、水若酢神社を訪問し、三大巨木かぶら杉に立ち寄ります。昼食は重要文化財でもある佐々木家住宅にて地元食材を利用した昼食をご賞味ください。その後、東海岸の海岸線を巡ります。断崖の続く景観を楽しみながら白島展望台に向かいます。夕刻は西郷の街歩きを楽しみましょう。
島後泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
4 島後
中ノ島
西ノ島
朝発

午後着
島後からフェリーにて島前の中ノ島へ。島をぐるりと周り、西ノ島の別府港へ。西ノ島では、焼火山中腹の岩窟の中に社殿が建つ焼火神社を見学した後、夕日に合わせて専用車にて隠岐随一の景勝地国賀海岸へ。牛馬が放牧される摩天崖から国賀海岸へのハイキング(約1時間)をお楽しみいただきます。

西ノ島泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
5 西ノ島
知夫里島
西ノ島
七類港
松江
朝発

午後発
夕方着
夜着
朝、知夫里島へ。赤壁の断崖アカハゲ山など、ダイナミックな島の景色をお楽しみください。その後、再び船にて西ノ島別府港へ。別府港より隠岐諸島を離れます。七類港に到着後、路線バスにて松江へ。
松江泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
6 松江駅
大田市駅
大森代官所跡
石見銀山ウォーク
大森代官所跡
出雲市駅

08:35発
09:27着
09:45着
約3時間
15:00発
16:20着

列車と専用車にて世界遺産石見銀山の大森地区へ。語り部の案内にて歴史的な建造物や文化財など、当時の面影を残す街並みを見ながら、石見銀山の大森地区をじっくりと歩きます。往時に銀を掘り出した龍源寺間歩も見学します。 大森地区の食堂等へご案内し、各自でご昼食をお召し上がりいただいた後、専用車と列車にて出雲市駅へ。着後、解散。

食事:朝○ 昼× 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 積雪の状況や吹雪などにより、通行止めや大幅に予定が変更になる場合がございます。
  • 食事回数:朝5/昼3/夜5

ご案内とご注意

気候・服装 三徳山参拝登山の際、天気が良ければ長袖で歩くことができますが、悪天時は体感気温が下がります。フリースやウィンドブレーカー等の防寒着をお持ちいただき、降雨に備え、上下セパレート式の雨具をお持ち下さい。参拝登山時の靴は防水の効いたトレッキングシューズや軽登山靴が最適です。
利用予定ホテル 倉吉:ホテルセントパレス倉吉、ホテルアーク21
島後:隠岐ビューポートホテル、ホテルみやび、隠岐プラザホテル、アイランドホテルしまじ
西ノ島:国賀荘、みつけ島荘
松江:グリーンリッチホテル松江駅前、松江ユニバーサルホテル
昼食について 1日目は事前に各自でお召し上がりください。2日目と6日目の昼食は、食堂などにご案内し、ご実費にてお召し上がりいただきます。
日程について フェリー運航状況、道路事情や天候により日程は変更となる場合があります。登山とウォーキングは、天候などの状況によりルートを変更したり、中止する場合があります。予めご了承ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。