ツアーのポイント

ポイント 日本最西端・与那国島に3連泊

晴れた日には台湾の山も見渡せる国境の島・与那国に連泊。日帰りでは決して感じることのできない、島の自然や人々の暮らし、ゆったりとした時の流れを堪能していただけます。

ポイント 日本在来馬ヨナグニウマでホーストレッキングに挑戦

レッスンを受けてからトレッキングに挑戦するので初心者でも引き馬ではなく、自ら馬を動かします。亜熱帯のジャングルや砂浜など様々なロケーションでの乗馬が楽しめます。

ポイント カヌー、キャニオニング、シュノーケリング アクティビティが満載

ジャングルに流れる川でのキャニオニング、マングローブ林でのカヌー、チャーターボートで巡る島シュノーケリングと、変化に富んだアクティビティをお楽しみください。

マングローブカヤック体験
渓流でのキャニオニング

COLUMN 日本在来種ヨナグニウマ

与那国馬(ヨナグニウマ)は日本在来馬の1種です。日本在来馬は、北海道和種、木曽馬、野間馬(愛媛)、御崎馬(宮崎)、対州馬、トカラ馬、そして沖縄県の与那国馬と宮古馬の計8種類です。与那国馬は1969年に町の天然記念物に指定されました。その起源はモンゴルと言われ、古墳時代以降に朝鮮半島から日本に持ち込まれました。与那国に関する文献が少なく、いつ島に渡ってきたかは不明ですが、「チマンマ(島馬)」と呼ばれ、農家の大切な働き手として、人々に愛されてきました。競馬で使われるサラブレッドとは異なり、体高は120cmほど、体重もサラブレッドの半分以下でとても小さな馬です。ただし足腰は強く、100kgを超える荷物も運んでいたといいます。今回は背中を拝借し、長閑で美しい砂浜や、亜熱帯ジャングルの中へ分け入るホーストレッキングをお楽しみいただきます。

日本在来種のヨナグニウマ
亜熱帯の森でホーストレッキング

COLUMN 古代遺跡?自然地形? 「与那国島海底地形」

1986年、地元ダイバーによって発見されました。古代遺跡説、自然地形説がありますが、現在の調査では後者が有力です。もともと侵食されやすい地質で、垂直や水平の階段状の部分は、マグマの冷却時に規則的な亀裂が発生し、それに沿って岩石が侵食される「方状節理」という現象で形成されています。また、200万年以上前に形成された八重山断層群に沿って東南方向に10度から15度ほど傾いていていることから、人工物ではないとされています。東西約250m・南北150mに広がる巨大な一枚岩で、階段状やアーチ状の岩もあり宮殿を彷彿とさせるその地形は、古代文明の跡というロマンを掻き立てます。ガラス張りの船底のグラスボートよりご見学いただきます。

グラスボートから見る海底
神秘的な海底

COLUMN チャーターボートで巡る 八重山の離島シュノーケリング

石垣島と西表島との間に浮かぶ2つの島からなる新城島(あらぐすくじま:パナリ島)。地元の人の同行がなければ上陸することができず、訪れる人も少ないことから、周囲は美しいサンゴ礁に囲まれています。透明度も高くシュノーケリングには絶好のポイントとなっています。島がハート型をした黒島近海でもシュノーケリングに適したポイントが多数あります。泳ぎ疲れるまで八重山の美しい海を存分にお楽しみください。

透明度の高いパナリ島周辺の海
シュノーケリングで楽しむ八重山の海

出発日と料金

2021年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
07月26日(月) ~
07月31日(土)
6日間 248,000円
08月15日(日) ~
08月20日(金)橋本祥子(大阪支社)同行
6日間 248,000円
10月05日(火) ~
10月10日(日)
6日間 248,000円
11月02日(火) ~
11月07日(日)ご好評につき追加設定
6日間 248,000円
発着地 現地発着(与那国島宿泊地集合・新石垣空港解散) 最少催行人員 4名(7名様限定)・添乗員同行
一人部屋追加代金 15,000円
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問等はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • 東京・大阪からの参考フライト(航空券手配をご希望の方はご相談ください。)
    ■東京方面
    往路:JAL973   羽田/石垣 14:15/17:10、RAC745 石垣/与那国 17:45/18:15
    復路:ANA092  石垣/羽田 15:15/18:10
    ■大阪方面
    往路:JTA083   関西/石垣 09:55/12:20、RAC745 石垣/与那国 17:45/18:15
    復路:ANA1748 石垣/関西 12:10/14:40

ツアー日程表

           
地名 時刻 スケジュール
1

与那国島

夕方集合

夕方までに与那国島の宿泊施設に集合。ご到着便に合わせて宿泊施設の送迎車がお迎えにあがります。※宿泊施設のチェックインは14時です。夕食後、夜はナイトツアーへ出かけ、ヤシガニやヤエヤマオオコウモリ等の生物を観察します。運がよければ世界最大の蛾「アヤミハビル」に出会えるチャンスがあります。

与那国島:エデンの幸泊| 食事:朝× 昼× 夜○
2

与那国島

09:30発

朝、徒歩にて久部良港へ。半潜水海底観光船で未だ謎の多い海底地形をお楽しみ頂きます。 午後は、専用車で島内1周観光。琉球石灰岩の断崖が自然の展望台となっているティンダバナ(天陀鼻)を訪問。崖の上からは祖納集落と東シナ海の大海原が望めます。犬祖伝説で知られる岩屋イヌガン与那国島のシンボル立神岩「与那国富士」・宇良部岳登山(片道約30分)、ドラマ「Dr.コトー診療所」の撮影で使用をされた診療所へ訪れます。夕刻、島の西端にある西崎では日本で最後に沈む夕陽を観賞。

与那国島:エデンの幸泊| 食事:朝○ 昼× 夜○
3

与那国島

08:30発

午前中、日本在来馬であるヨナグニウマのホーストレッキング。草原や亜熱帯の森を横断しゆったりと風を感じながら与那国島の自然を満喫していただきます。午後は石灰岩の洞窟散策をお楽しみいただきます。

与那国島:エデンの幸泊| 食事:朝○ 昼× 夜○
4

与那国島
石垣島
(新城島)
(浜島)

09:00発
09:30着

ホテルから与那国空港へ移動し空路、石垣島へ。専用車にて港へ移動。チャーター船にてサンゴ礁に囲まれた神秘の島、パナリ島へ。黒島近海の数ヵ所のポイントでのシュノーケリングパナリ島内観光をお楽しみいただきます。

石垣島:エメラルドアイル石垣島| 食事:朝○ 昼× 夜○
5

石垣島
(西表島)

09:00発

朝のフェリーで西表島(大原港)へと渡ります。着後、島の約90%が亜熱帯の原生林に覆おわれた西表島でのアクティビティ楽しむ一日。シイラ川のマングローブでのカヌー体験渓流でのキャニオニングで、西表島の自然を体感してください。昼食は現地ガイド特製の八重山そばをご賞味ください。

石垣島:エメラルドアイル石垣島| 食事:朝○ 昼○ 夜○
6

石垣島

午前発

朝、専用車にて新石垣空港へ。着後、解散。

食事:朝○ 昼× 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝5/昼1/夜5

ご案内とご注意

気候・服装

7月~8月は最高気温は30℃前後まで暑くなり、夏服で過ごせます。10月~11月は最高気温25℃前後ですが、朝晩は冷え込むことがありますので上着を必ずご準備ください。足元は運動靴とサンダル、突然の雨に備えて雨具(セパレート式の雨具と折畳傘)もご準備ください。 なお、各種のアクティビティでは濡れても良いスタイルが必要です。 水着、ラッシュガード、ラッシュトレンカなどを各自ご準備ください。

利用予定ホテル 日程をご覧ください。
各アクティビティの参加条件 ■カヌーとキャニオニング 原則60歳までとなっています(61歳~65歳までのお客様で普段より山登りなどを行っている等、体力に自身のある方は参加可能な場合もありますのでお問合せください)。お申込みにあたっては身長・体重をお伺いし、ご参加可能か現地事業者に確認いたします(足のサイズが22cm以上〜29cm以下が対象となります)。
■ホーストレッキング 体重制限80kgとなります。それ以上の場合、超過料金にて90kgまで可能です。お問合せください。
■洞窟散策 整備されたいない自然の洞窟内を散策する為、汚れてもいい長袖、長ズボンの用意が必要です。 つなぎ700円、地下足袋300円でレンタルもございます。お問合せください。
■シュノーケリング 風がとても強く波が高い場合は、当日ツアー内容の変更もしくは中止となる場合がございます。その際は代替のツアーにご案内いたしますが、実費差額のご返金、またはご請求となる場合がございます。
■半潜水海底観光船 海底地形は潮の流れの早いところにあるため、波や海況によっては海底遺跡の海域まで到着できないことがあり、穏やかなポイントでの水中景観のご案内になる場合があります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。