ツアーのポイント

ポイント白馬で純白のライチョウを探す

氷河時代からの生き残りと言われ、高山帯の生態系を代表する特別天然記念物のライチョウ。高山のハイマツ林という特殊な環境にいるため、絶滅が心配されている鳥です。古来より、日本では山は信仰の対象であったため、神聖な”神の鳥”として敬われてきました。そのため、警戒心が弱く逃げることがない、世界でも珍しい鳥です。3月は純白の保護色になり、運が良ければペアでいる姿に出会うチャンスもあります。保護の観点から場所は伏せておきますが、白馬の山に純白のライチョウを探しにいきます。野生ですので必ずしも観察できるとは限らないため、ライチョウ探しは2回のチャンスを設けております。

ポイント冬の北アルプスの山々の絶景

夏や秋は大勢のトレッカーや観光客で賑わう上高地、白馬を、雪が降り積もる静寂の季節に訪れます。スノーシューを初めて使う方でも参加しやすいコースとなっており、冬ならではの道を歩いて雪や霧氷を纏ったシラビソや白樺の原生林、北アルプスの山々の絶景を楽しみます。

ポイント軽井沢野鳥の森のいきものたち

軽井沢野鳥の森でムササビがマントのような体を大きく広げ、夕暮れの森に飛んで行く姿を観察します。日本のムササビは、世界のムササビの仲間のうちでも最大級の大きさ。ムササビの生態なども学びます。また、日中は野鳥の森をのんびり歩きながら渡り鳥や動物たちの足跡を探しながら冬の出会いを楽しみます。冬の森は木々の葉が落ちて、明るく見通しがよくなり、姿が見えにくかった小鳥たちを見つけやすくなります。

氷結した大正池から望む穂高連峰
冬でも水中で美しく漂う梅花藻
ムササビがマントのような体を大きく広げ飛んでいきます
愛らしいムササビ

COLUMN アニマルトラッキングとは

雪の上には動物が歩いた足跡、食事をした跡、糞などが残ります。残された痕跡から、どういう動物が、どのような行動をしたか、どのような生活をしているかなど、その動物の生態を読みとることをアニマルトラッキングと言います。冬の真っ白な雪原にまさにアニマルトラッキングの宝庫でニホンカモシカ、ニホンザル、ノウサギ、キツネ、テン、リス、オコジョなどの足跡を見つけることができます。運が良ければ冬毛の動物たちに出会えることもあります。

冬に貴重な餌を探すニホンザル
近年、魚類を食べて越冬することが発見されました
アニマルトラッキング(ノウサギの足跡)

COLUMN 冬の長野を楽しむための装備リスト

・フリースなどの上にダウンジャケットなどの防寒具。
・中綿入りのパンツや、雪山用のパンツ。タイツを着用するとより暖かく過ごせます。
・手袋はインナーとアウターが独立しているものが便利です。細かな作業はインナー手袋で作業します。
・耳が隠れるフリースや毛糸の帽子も必携です。また、ネックウォーマーやマフラーもあると安心です。
・保温性の水筒
・携帯カイロもあると安心です。
・雪の反射光を防ぐ偏光サングラス・ゴーグル
・靴は、雪山用の登山靴がベストです。一般的な登山靴でも構いませんが、革製や防水加工の登山靴をご用意ください。登山靴の場合、雪の中を歩きますのでスパッツ(ゲーター)なども用意ください。



出発日と料金

2023年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
03月08日(水) ~
03月13日(月)中沢伴行(東京本社)同行
6日間 228,000円
03月15日(水) ~
03月20日(月)ご好評につき追加設定
6日間 228,000円
発着地 現地発着
(JR松本駅集合/JR軽井沢駅解散)
最少催行人員 5名(8名様限定)・添乗員同行
一人部屋追加代金 23,000円
  • 国内旅行企画のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 部屋数が限られるため、お一人部屋の確保ができない場合がございます。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問等はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • 現地集合解散となります。現地までの交通機関はご自身でお手配ください。

    <東京・大阪からの参考交通機関>
    【往路】JR新宿駅 10:00発 – (特急あずさ13号) - JR松本駅 12:37着
        JR新宿駅 11:00発 – (特急あずさ17号) - JR松本駅 13:35着
        JR新大阪駅 09:57発 - (新幹線のぞみ102号) - JR名古屋駅 10:47着
        JR名古屋駅 11:00発 - (ワイドビューしなの9号)- JR松本駅 13:05着
    【復路】JR軽井沢駅 13:00発 - (新幹線あさま616号) - JR東京駅 14:12着
        JR東京駅 14:30発 - (新幹線のぞみ41号) - JR新大阪駅 17:00着

コース難易度

体力・技術 歩くことが好きな方でしたらご参加いただけます。
宿泊

ペンション・ホテル泊

荷物 スーツケースでのご参加が可能です。ただし、搬送車の積み込みスペースの関係上、ダッフルバッグまたは中型サイズ(高さ:キャスター(こま)付きで70cm以内)のスーツケースでご参加ください。



ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール
1 JR松本駅
沢渡温泉
14:10発
15:10着

午後14時00分、JR松本駅集合。送迎車にて沢渡温泉へ。

松本:ペンションしるふれい泊|食事:朝× 昼× 夜○
2 沢渡温泉
(上高地)
 

●アニマルトラッキング/上高地(往復 約6時間)
スノーシューでキツネ、ウサギ、テン、カモシカ、サルなど動物の足跡を探しながら歩きます。運が良ければ動物に出会えることもあります。 送迎車にて上高地へと続く釜トンネル入口(1,315m)へ。1.3kmのトンネルを抜けた先では、大正池や田代湿原を始め、雪に覆われた焼岳や穂高連峰の神々しい姿が現れます。穂高を眼前に望む河童橋(約1,500m)まで辿り着いたら、往路を戻ります。釜山トンネル入口着後、専用車で沢渡温泉へ。

松本:ペンションしるふれい泊|食事:朝○ 昼× 夜○
3 沢渡温泉
白馬
 

午前中、専用車にて白馬へ。着後、ねずこの森へ。
●アニマルトラッキング/ねずこの森(約2時間)

スノーシューでキツネ、ウサギ、テン、カモシカ、サルなど動物の足跡を探しながら歩きます。運が良ければ動物に出会えることもあります。ねずこの森入口(1280m)よりブナ、ミズナラ、ホウの木の森歩きを楽しみます。途中、樹齢数百年の大きなネズコ(ヒノキ)の巨木に出会います。 ホテル着後、ゆったり温泉浴をお楽しみください。

白馬:白馬ハイランドホテル泊|食事:朝○ 昼× 夜○
4 白馬  

●ライチョウ探しスノーシューハイキング(約4時間)
高山のハイマツ林へ移動し、スノーシューで白馬の山並みを楽しみながら純白のライチョウを探しに出かけます。 ホテル着後、ゆったり温泉浴をお楽しみください。

白馬:白馬ハイランドホテル泊|食事:朝○ 昼× 夜○
5 白馬
軽井沢
午後発
夕方着

●ライチョウ探しスノーシューハイキング(約4時間)
高山のハイマツ林へ移動し、スノーシューで白馬の山並みを楽しみながら純白のライチョウを探しに出かけます。 その後、専用車にて軽井沢へ。夜、軽井沢野鳥の森で空飛ぶムササビウォッチングへ。マントのような体を大きく広げ、夕暮れの森に飛んで行く姿を観察します。

軽井沢:ドーミー倶楽部軽井沢泊|食事:朝○ 昼× 夜○
6 軽井沢
JR軽井沢駅
12:15発
12:30着

●野鳥の森ネイチャーハイキング(約2時間)
軽井沢野鳥の森をのんびり歩きながら渡り鳥や動物たちの足跡を探しながら冬の出会いを楽しみます。専用車にてJR軽井沢駅へ。着後、解散。

食事:朝○ 昼× 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝5/昼0/夜5
  • 日程表記載のコースタイムは、休憩時間を含まない一般的なコースタイムです。

ご案内とご注意

気候・服装

3月の長野の山の気温は、最高気温6℃前後、最低気温0℃以下の気温になります。冬服およびダウンジャケットやフリースなどの防寒着、毛糸の帽子や手袋などの防寒具は十分にご用意ください。靴は雪の上を歩きますので、防水性の4シーズン用登山靴、または冬山登山靴が良いでしょう。また、散策の際は両手が空くようにバックパックをご準備ください。天気が良いと雪上は眩しいため、サングラスもあると便利でしょう。詳細の服装・持ち物は「基本的な冬山装備」をご覧ください。

利用予定ホテル 日程をご覧ください。
お食事について 日程表に含まれていないお食事に関しては、現地にて実費でお支払いください。昼食の場所にはご案内いたします。
ツアーについて 積雪の状況や吹雪などにより、通行止めや大幅に予定が変更になる場合もあるため、日程に余裕をもってご参加ください。
スノーシューハイキングについて 積雪の状況や吹雪などにより日程変更する場合がございます。また、悪天候でロープウェイが運休になった場合は、山麓でのスノーシューに変更になることもございます。雪が少ない場合はスノーシューでなく、つぼ足で歩くこともあります。
日程のご注意 写真や日程表に記載の野生動物はその観察を保証したものではありません。
旅行条件について 取引条件はこちらの 国内旅行 旅行条件書を、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。