ツアーのポイント

ポイント 8名の少人数限定!登山ガイドと山専門添乗員がしっかりサポート

不安の多い大人数のツアー登山では無く、参加者一人一人にガイドの目が届く少人数限定企画。熟達した登山ガイドと西遊旅行の山専門の添乗員の2名体制で最大8名様のグループをしっかりサポートします。

ポイント 南アルプスを代表する北部の百名山四座を一度に踏破

甲斐駒ヶ岳、仙丈ケ岳、間ノ岳、日本二位峰・北岳といった、南アルプス北部に鎮座する名峰群を稜線伝いに一気に縦走します。高山植物を愛でながら、樹林帯から岩稜帯まで変化に富んだ景色をご堪能下さい。稜線から見える景色は文句なしの眺望です。

ポイント 山小屋に5泊の大縦走にチャレンジ

それぞれ個性のある山小屋に泊まり、食事をとるのも山の楽しみです。序盤の北沢峠では2連泊し、行動にゆとりをもって縦走登山を開始できます。最終日に泊まる北岳山荘では、朝と夕と雲上の景色をお楽しみください。

雲中より空を突く富士山
北岳山荘と日本第三位峰・間ノ岳(3,190m)を望む

出発日と料金

2021年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
08月12日(木) ~
08月17日(火)
6日間 168,000円
09月02日(木) ~
09月07日(火)
6日間 168,000円
発着地 現地発着
(JR伊那市駅集合/JR甲府駅解散)
最少催行人員 6名(8名様限定)・添乗員同行
一人部屋追加代金 設定がございません
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • 現地集合解散となります。現地までの交通機関はご自身でお手配ください。
  • <東京・大阪からの参考アクセス> ※航空券手配をご希望の方はご相談ください。
    【東京方面】
    往路:①JR東京駅7:55発 – 立川 – (特急あずさ13号) - 岡谷 - JR伊那市駅13:13着
       ②バスタ新宿9:35発 – 伊那バスターミナル13:00着 – JR伊那市駅 13:07着
    復路:①JR甲府駅 16:31発 – (特急あずさ42号) - JR新宿駅18:04着
       ②甲府駅バスターミナル17:00発 – (富士急行バス) – 19:10着

    【大阪方面】
    往路:JR新大阪駅8:57発 – (東海道新幹線のぞみ96号) – 名古屋 – (ワイドビューしなの7号)– 塩尻 – 岡谷 - JR伊那市駅13:13着
    復路:JR甲府駅16:31発 – (特急あずさ42号) – 八王子 – 新横浜18:21着/18:29発 – (東海道新幹線のぞみ57号)– JR新大阪駅20:36着

コース難易度

体力 6日間にわたる縦走登山です。普段から山歩きに慣れている事が参加の条件です。
高度 高山病の心配はありません。
宿泊 山小屋泊
荷物 登山に不要な荷物を置いておくことができませんので、1日目より登山装備を持って歩く縦走登山です。



ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール
1 JR伊那市駅
戸台大橋
北沢峠
13:30発

15:15着
13:25、JR伊那市駅集合。専用車にて戸台大橋へ移動後、路線バスに乗り換えて南アルプス登山の拠点、北沢峠(2,032m)へ。自然に囲まれた北沢峠こもれび山荘にて(旧長衛荘)、2連泊します。
北沢峠:こもれび山荘泊|食事:朝× 昼× 夜○
2 北沢峠
甲斐駒ヶ岳
北沢峠
●甲斐駒ヶ岳登山(コースタイム:7時間10分)
樹林帯の急登を登り、前衛峰の駒津峰(2,740m)へ。駒津峰からは森林限界を超えた岩稜帯となり、迫力のある巨石が現れます。しばらく進むと花崗岩が砕けた砂礫道に変わり、日本百名山・甲斐駒ヶ岳(2,967m)に登頂。山頂からは、眼前に北岳、仙丈ケ岳、鳳凰三山、その奥に富士山、北側には八ヶ岳、西側には中央アルプスと絶好の展望を楽しみます。その後、往路を戻ります。
北沢峠:こもれび山荘泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
3 北沢峠
仙丈ケ岳
仙丈小屋
●南アルプス縦走(コースタイム:4時間40分)
昨日同様、樹林帯を登って尾根沿いに進んでいきます。森林限界を超えると小仙丈ケ岳(2,855m)、正面にはこれから登る仙丈ヶ岳をよく展望できます。右手に藪沢カールを見下ろしながら、眺めの良い稜線を辿っていくと、南アルプスの女王と称される日本百名山・仙丈ヶ岳(3,033m)に登頂。北沢峠を経て反対側には猛々しい甲斐駒ヶ岳、正面には北岳、間ノ岳の迫力ある姿を望むことができます。その後、高山植物に囲まれた仙丈小屋(2,900m)へ。午後は、周辺の散策等、ごゆっくりお寛ぎください。
仙丈小屋泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
4 仙丈小屋
伊那荒倉岳
両俣小屋
●南アルプス縦走(コースタイム:5時間20分)
再び仙丈ヶ岳に登り返した後、大仙丈沢カールを見下ろしながら延々と南に続いていく仙塩尾根を辿ります。下り気味にアップダウンを繰り返して伊那荒倉岳(2,518m)へ。続けて南下していくと樹林帯に入り、野呂川越分岐(2,316m)より急坂を下ると緑に包まれた両俣小屋(2,000m)に到着します。
両俣小屋泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
5 両俣小屋
間ノ岳
北岳山荘
●南アルプス縦走(コースタイム:6時間20分)
野呂川越分岐まで登り返した後、再び仙塩尾根を辿って三峰岳(みぶだけ2,999m)へ。ガレ場を登りきると、日本百名山・間ノ岳(3,190m)に登頂します。広々とした山頂に立つと、反対側に日本一の標高を誇る富士山が現れ存分に望むことができます。その後、富士山に次ぐ日本二位の標高である北岳(3,193m)を眺めながら、尾根を北上して北岳山荘(2,900m)に到着。稜線上の素晴らしい展望を満喫できます。
北岳山荘泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
6 北岳山荘
北岳
広河原
芦安
甲府
早朝発

13:00発
14:20着
16:20着
●南アルプス縦走(コースタイム:5時間20分)
雄大な富士山のシルエットと朝焼けの景色を楽しんだ後、尾根沿いに登り、日本百名山・北岳(3,193m)に登頂します。山頂からは北アルプスまで、360度の眺望をお楽しみください。その後、高山植物を楽しみながら樹林帯を下っていき広河原(1,520m)へ下山。着後、専用車にて、芦安温泉へ。入浴後(約1時間)、JR甲府駅にて解散。
食事:朝○ 昼× 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 日程表記載のコースタイムは、休憩時間を含まない一般的なコースタイムです。
  • 食事回数:朝5/昼4/夜5

ご案内とご注意

気候・服装 登山中は天気が良ければ、半袖又は長袖で過ごすことができますが、悪天時や強風が吹くと体感気温は下がります。フリースや薄手のダウンジャケット等の防寒着をお持ちください。また、悪天時や強風に備え、上下セパレート式の雨具をお持ち下さい。登山時の靴は防水の効いたトレッキングシューズや軽登山靴が最適です。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
荷物について 登山に不要な荷物を置いておくことができませんので、連日の縦走に備え、荷物は最小限で軽量にするようお願いします。
宿泊について 山小屋での宿泊は、基本的に男女別相部屋をリクエストしますが、予約状況によって男女混合の大部屋利用になることもあります。
食事について 山小屋にて注文したお弁当を各自お持ちいただきます。1日目は事前に購入しご準備ください。
交通について 1日目に路線バス(南アルプス林道バス)で通過予定の”戸台大橋~北沢峠”間ですが、令和2年7月の大雨により南アルプス林道が被災したため、現在、後半にある歌宿から北沢峠の間は通行ができない状況となっています。開通予定は8月以降を予定されていますが、延期となる場合、歌宿から北沢峠まで、6.3kmの距離を歩行する必要性が生じます(所要:約1時間30分)。出発日が近づきましたら最新の状況をお知らせいたしますが、予めご承知おきください。なお、被災箇所(平右衛門沢から藪沢間)は仮設歩道の設置が予定されています。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。