ツアーのポイント

ポイント 樹氷と雪原の広がる日本百名山・四阿山に挑戦

山頂からの眺めは上信高原髄一と名高い四阿山(2,354m)。菅平高原のホテルから、専用車にて登山の起点である旧あずまや高原ホテル(1,450m)に移動し、シラビソの樹氷が広がる樹林帯を軽アイゼンとスノーシューを併用して登ります。山頂からは、浅間山をはじめ北・中央・南アルプスと八ヶ岳連峰、群馬県の上毛三山、日光白根山など360度の大パノラマをお楽しみいただけます。安心して四阿山に挑戦いただけるよう登山ガイド・添乗員の2名体制で皆さまをしっかりサポートいたします。

四阿山の頂上稜線
四阿山から望む雄大な景色

ポイント 白銀の湯ノ丸山に登頂

湯ノ丸山(2,101m)は、群馬県嬬恋村と長野県東御市・上田市の境にあり、浅間連峰西側に位置する山です。展望の良い山でありながら、冬でも湯ノ丸スキー場から比較的容易に登頂することができます。スキー場にほど近い快適な湯の丸高原ホテルに宿泊し、登山の起点つつじ平まではリフトを利用します。中腹の鐘分岐から傾斜が増しますが、危険箇所はなく冬山入門に最適なコースです。

スノーシューを履きツツジ平から出発
湯ノ丸山の山頂

COLUMN 基本的な冬山装備(入門編)

軽アイゼンまたはスノーシューで訪れる雪山入門コースに必要な冬山装備をご紹介します。これらを必ずご準備の上、ツアーにご参加ください。
※スノーシューが必要なコースは弊社でご用意します。

●帽子・ネックウォーマー:ウールやフリース等、耳まで覆える保温性の高いもの。
●サングラス・ゴーグル:紫外線対策として。吹雪の時はゴーグル。
●ウエア:3層に分けた重ね着が基本。肌着はメリノウールなどウール製品が最適。吸水速乾素材でも可。 ミドルレイヤーは厚手のフリースや中綿。行動中のダウンジャケットは不可。 アウター上下は雪山用ヤッケ。ゴアテックスのレインウェアでも可。
●グローブ:防水性のグローブと、インナーグローブの2層又は3層が最適。
●登山靴:4シーズン又は冬山用登山靴。
●バックパック:30~40リットル程度。雪上でのザックカバーは不可。ザック内が濡れないように防水のスタッフバッグなども要。
●ダブルストック:バランスを支えるため。スノーバスケットも要。
●ロングスパッツ:ウェアへの雪の侵入を防ぐため。
●軽アイゼン:6本爪。4本爪またはチェーンスパイクは不可。
●テルモス:暖かい飲料を携行するため。

出発日と料金

2022年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
01月09日(日) ~
01月11日(火)
3日間 98,000円
03月06日(日) ~
03月08日(火)伊藤勇太郎(東京本社)同行
3日間 98,000円
03月18日(金) ~
03月20日(日)
3日間 98,000円
発着地 現地発着
(JR佐久平駅集合/JR上田駅解散)
最少催行人員 4名(8名様限定)・添乗員同行
一人部屋追加代金 8,000円
  • 国内旅行企画のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問等はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • 現地集合解散となります。現地までの交通機関はご自身でお手配ください。
    <東京・大阪・名古屋からの参考アクセス>
    ■東京方面
    【往路】東京駅 12:04発(新幹線あさま611号・長野行) → 佐久平駅 13:30着
    【復路】上田駅 16:31発(新幹線はくたか568号・東京行)→ 東京駅 17:52着
    ■大阪・名古屋方面
    【往路】新大阪駅 09:15発(新幹線のぞみ218号・東京行)→ 東京駅 11:45着
        名古屋駅 10:06発(新幹線のぞみ218号・東京行)→ 東京駅 11:45着
        東京駅 12:04発(新幹線あさま611号・長野行)→ 佐久平駅 13:30着
    【復路】上田駅 16:31発(新幹線はくたか568号・東京行)→ 東京駅 17:52着
        東京駅 18:09発(新幹線のぞみ57号・博多行)→ 新大阪駅 20:36着
        東京駅 18:09発(新幹線のぞみ57号・博多行)→ 名古屋駅 19:45着

コース難易度

体力 積雪期の登山経験は必須ではありませんが、無雪期の2,500m級の山小屋泊登山の経験・体力が必要です。
高度 高山病の心配はございません。
宿泊 ホテル2泊:男女別で一部屋2名利用となります。また、お一人部屋の確保ができない場合がありますので、お一人部屋をご希望の方は、できる限りお早目にお申し込みください。
荷物 登山に不要な荷物は、宿泊施設へ置いておくことができますので、スーツケースやバッグでのご参加が可能です。登山の際に一日に背負う荷物を入れるデイパック(20~40リットル程度)をご用意ください。

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール
1 佐久平駅
湯ノ丸高原
14:15発
15:00着
JR佐久平駅に14:00集合。
専用車にて湯ノ丸高原ホテルへ。
湯ノ丸高原:湯ノ丸高原ホテル泊|食事:朝× 昼× 夜○
2 湯の丸高原
湯ノ丸スキー場リフト
湯ノ丸山
湯の丸高原
菅平高原
08:00発


14:00発
15:00着
●湯ノ丸山登頂(約3時間30分)
湯の丸スキー場のリフトに乗り、登山の起点・つつじ平(1,847m)へ。着後、スノーシューまたは軽アイゼンを装着し、湯ノ丸山を目指します。信越の山々を望みながら緩やかに登り、鐘分岐に差し掛かると八ヶ岳連峰の眺望が開けます。鐘分岐から一歩一歩着実に登り、湯ノ丸山(2,101m)へ。浅間・烏帽子火山群や北アルプスの大展望を楽しんだ後、中分岐経由で湯ノ丸高原ホテルへ下山。
着後、専用車にて菅平高原プラザホテルへ。
菅平高原:菅平高原プラザホテル泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
3 菅平高原
四阿山
菅平高原
JR上田駅
07:00発

15:00発
16:00着
●四阿山登頂(約7時間)
専用車にて登山口となる旧あずまや高原ホテル(1,450m)へ。着後、スノーシュー又は軽アイゼンを装着し、四阿山を目指します。牧草地と樹林帯を緩やかに登ります。里宮に差し掛かるとルートの傾斜が増していきます。シラビソの樹氷を見ながら、八合目まで登ると、風を遮るものが徐々に少なくなります。その後、山頂直下の急坂を登り、日本百名山・四阿山(2,354m)へ。山頂からの展望を楽しんだ後、往路を下山。
専用車にて菅平高原プラザホテルに立ち寄り後、上田駅へ。JR上田駅16:00解散。
食事:朝○ 昼○ 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝2/昼2/夜2

ご案内とご注意

気候・服装 厳冬期の山中は日中でもマイナス10℃以下にまで冷え込みます。十分な防寒着をご用意ください。また、軽アイゼン等の冬山装備が必要となりますので、詳しくは上記に記載の「基本的な冬山装備(入門編)」をご覧ください。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
冬山登山コースについて 天候に特に左右されるコースです。悪天候時にはガイド判断で安全を考慮し、登行を中止し、下山することがあります。また、当日に装備が不十分とガイドが判断した際には、登山へのご参加をご遠慮いただくことがあります。上記、「基本的な冬山装備(入門編)」を必ずご準備の上、ご参加ください。
食事について 1日目の昼食はお済ませの上、ご集合ください。2・3日目の昼食はお弁当(おにぎりなど)をご用意いたします。
湯ノ丸山登山について 湯ノ丸登山の際は、湯の丸スキー場のリフトを利用します。当日、悪天などでリフトが営業しない場合は、湯の丸高原ホテルから徒歩でツツジ平まで登ります(登り約40分)。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。