ツアーのポイント

ポイント全行程約54㎞(縦走路のみだと計42km)を前編と後編に分けて、確実にセブンマウンテンの踏破に挑戦

累積標高差(登り)は4,500m以上で健脚向けのコースになりますが、中間の御在所岳を境に、前編・後編に分けて、より確実な踏破を実現します。自信のある方につきましては、是非一気に連続参加ください。

ポイント前半(南部)は花崗岩質、後半(北部)は石灰岩質と風景の変化も楽しい登山。極力ヤマビルのいない時期に縦走。

滋賀県側(西側)は緩やかな傾斜を描き近江盆地につながり、三重県側(東側)は伊勢平野に向かって急崖となっていて、山頂部には準平原が隆起したために平坦地が多くなっています。夏~秋にかけてはヤマビルが活発に活動するエリアなので、そこを避けた時期に設定いたしました。

ポイント10名様限定 経験豊富な添乗員1~2名が同行し縦走をしっかりサポート!

10名様限定の少人数制で実施します。荷物が多くなる等の理由から、なかなか個人では全山縦走の実現が難しいですが、経験豊富な添乗員が安全第一でしっかりサポートいたします。

ポイント随所で温泉地に宿泊

長時間の縦走の疲れを、自然に囲まれた温泉宿で癒します。前編のラスト、後編の初日には歴史のある湯の山温泉、後編の中盤には「美肌の湯」永源寺温泉。前編・後編で連続参加希望の方も、心身の疲れをとって翌日以降に繋げることが可能です。

COLUMN セブンマウンテン全山縦走に挑戦

三重県と滋賀県の県境を南北に走る鈴鹿山脈は、総延長およそ60km、東西幅約10kmにわたります。昭和39年(1964年)に始まった登山大会(今は開催されていません)の名称にちなみ“鈴鹿セブンマウンテン”が代表的な山として親しまれています。①入道ヶ岳(にゅうどうヶ岳/906m)、②鎌ヶ岳(かまヶ岳/1,161m)、③御在所岳(ございしょ岳/1,212m)、④雨乞岳(あまごい岳/1,238m)、⑤釈迦ヶ岳(しゃかヶ岳/1,092m)、⑥竜ヶ岳(りゅうヶ岳/1,099m)、⑦藤原岳(ふじわら岳/1,144m)。古くから近江と伊勢を結ぶ間道として利用された峠も幾つも越えていきます。降水量が非常に多く、日本海の季節風と太平洋の黒潮の影響で、中部温帯固有種、日本海型、高山性など、1800種にもおよぶ植物にも出逢える山域です。

入道ヶ岳(906m)からみおろす街並み(前編)
東雨乞岳から御在所岳、鎌ヶ岳を望む
竜ヶ岳(1,099m)の頂を目指す(後編)
藤原岳(1,144m)の山頂にて(後編)
鈴鹿山脈におちる夕陽

出発日と料金

2021年~2022年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
12月05日(日) ~
12月08日(水)【前編】楠修(大阪支社)同行
4日間78,000円
12月08日(水) ~
12月11日(土)【後編】楠修(大阪支社)同行
4日間98,000円
04月03日(日) ~
04月06日(水)【前編】
4日間78,000円
04月06日(水) ~
04月09日(土)【後編】藤原岳のフクジュソウの季節
4日間98,000円
発着地 現地発着
(前編:JR四日市駅集合・近鉄湯の山温泉駅解散)
(後編:近鉄湯の山温泉駅集合・三岐鉄道西藤原駅解散)
最少催行人員 5名(10名様限定)・添乗員同行
一人部屋追加代金 前編:4,000円 (四日市市泊のみ)
後編:設定がございません
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問等はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • 現地集合解散となります。現地までの交通機関はご自身でお手配ください。

    <東京・大阪からの参考アクセス>

    【前編】
    <東京方面>
    往路:東京駅13:09発 - 新幹線のぞみ35号(博多行) - 名古屋駅14:45着
       名古屋駅15:03発 - 関西本線(東海)快速(亀山行) - 四日市駅15:40着
    復路:湯の山温泉駅09:04発 - 近鉄湯の山線(近鉄四日市行) - 近鉄四日市駅09:30着
       近鉄四日市駅09:51発 - 近鉄名古屋線急行(近鉄名古屋行) - 近鉄名古屋駅10:24着
       JR名古屋駅10:49発 - 新幹線のぞみ102号(東京行) - 東京駅12:24着
    <大阪方面>
    往路:新大阪駅13:57発 - 新幹線のぞみ228号(東京行) - 名古屋駅14:47着
       名古屋駅15:03発 - 関西本線(東海)快速(亀山行) - 四日市駅15:40着
    復路:湯の山温泉駅09:04発 - 近鉄湯の山線(近鉄四日市行) - 近鉄四日市駅09:30着
       近鉄四日市駅09:39発 - 伊勢志摩ライナー(賢島行) - 伊勢中川駅10:09着
       伊勢中川駅10:10発 - ビスタカー(大阪難波行) - 鶴橋駅11:26着
       鶴橋駅11:37発 - JR大阪環状線京橋方面(桜島行) - 大阪駅11:53着

    【後編】
    <東京方面>
    往路:東京駅11:33発 - 新幹線ひかり641号(新大阪行) - 名古屋駅13:14着
       近鉄名古屋駅13:26発 - 近鉄名古屋線準急(近鉄四日市行) - 近鉄四日市駅14:11着
       近鉄四日市駅14:30発 - 近鉄湯の山線(湯の山温泉行) - 湯の山温泉駅14:55着
    復路:西藤原駅16:21発 - 三岐鉄道三岐線(近鉄富田行) - 近鉄富田駅17:07着
       近鉄富田駅17:16発 - 近鉄名古屋線急行(近鉄名古屋行) - 近鉄名古屋駅17:49着
       JR名古屋駅18:06発 - 新幹線のぞみ242号(東京行) - 東京駅19:45着
    <大阪方面>
    往路:大阪駅12:15発 - JR大阪環状線京橋方面(天王寺行) - 鶴橋駅12:31着
       鶴橋駅12:36発 - アーバンライナー(近鉄名古屋行) - 近鉄四日市駅14:20着
       近鉄四日市駅14:30発 - 近鉄湯の山線(湯の山温泉行) - 湯の山温泉駅14:55着
    復路:西藤原駅16:21発 - 三岐鉄道三岐線(近鉄富田行) - 近鉄富田駅17:07着
       近鉄富田駅17:16発 - 近鉄名古屋線急行(近鉄名古屋行) - 近鉄名古屋駅17:49着
       JR名古屋駅18:10発 - 新幹線のぞみ49号(博多行) - 新大阪駅19:00着  

コース難易度

体力 1日の歩行時間は7~8時間程度、最長は後編の3日目で10時間を超えるでしょう。特別な技術は必要ありませんが、 1,000m級の山々の尾根を繋ぐアップダウンがある縦走路を連日歩ける体力が必要です。
宿泊 前編:温泉旅館1泊、ビジネスホテル1泊、および山小屋1泊
後編:温泉旅館2泊、および山小屋1泊
※山小屋は積雪状況により営業休止となることがございます。その際は、別手配(別料金)にてご案内させていただきます。
荷物 縦走中に不要な荷物を置いておくことができませんので、荷物は工夫をして軽量化に努めるようにお願いします。1日目から全行程、登山装備を持って歩きます。後編は、3日目の旅館から、宅配便を利用することが可能です。

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール
1

JR四日市駅

16:00発
JR四日市駅、改札前15:50集合。徒歩にて駅近くのホテルへ。
四日市市泊 |食事:朝× 昼× 夜○
2 JR四日市駅
椿大神社
入道ヶ岳
水沢峠
宮妻峡

早朝発

タクシーにて、登山口となる椿大神社(207m)へ。
●鈴鹿セブンマウンテン全山縦走1日目
(コースタイム5時間/約9km)

登山を開始し、入道ヶ岳(906m)へ登頂。その後、水沢(すいざわ)峠(862m)を経由し、鈴鹿川支流の内部川上流の渓谷、宮妻峡(みやづまきょう)のヒュッテ(345m)へ下ります。
宮妻峡:宮妻峡ヒュッテ泊 |食事:朝× 昼× 夜○
3 宮妻峡
水沢岳
鎌ヶ岳
御在所岳
湯の山温泉

早朝発

●鈴鹿セブンマウンテン全山縦走2日目
(コースタイム6時間10分/約8.3km)

登り返して、水沢(すいざわ)峠(862m)へ。北上し水沢岳(1,029m)、鎌ヶ岳(1,161m)を登頂。武平峠(877m)を経て、200名山の御在所岳(1,212m)を登頂。観光リフトとロープウェーを乗り継ぎ、湯の山温泉へ下ります。718年に薬師如来のお告げにより発見された美人の湯でゆったりとおくつろぎください。
湯の山温泉泊|食事:朝○ 昼× 夜○
4 湯の山温泉
近鉄・湯の山温泉駅


09:00着

朝食後、近鉄・湯の山温泉駅へ。着後、朝9時頃解散。
食事:朝○ 昼× 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝2/昼0/夜3

ご案内とご注意

気候・服装 晴れれば初冬の標準装備にてご参加いただけますが、悪天時や強風が吹くと体感気温は下がります。上下セパレート式の雨具、フリース、ダウンジャケット等の防寒着は必携です。登山時の靴は防水の効いたトレッキングシューズや軽登山靴が最適です。
※積雪状況により、軽アイゼンの利用が必要になる可能性があります。
利用予定ホテル 四日市市:三交イン四日市駅前、スーパーホテル四日市、ホテルエコノ四日市、ホテルリブマックス四日市駅前、プラトンホテル四日市
湯の山温泉:国民宿舎 湯の山ロッジ、ホテル湯の本、三峯園、渓流の宿 蔵之助、グリーンホテル
荷物について ザック(40L前後)をご用意ください。
【ご自身でご用意していただく装備】上下セパレートタイプの雨具/ダブルストック/スパッツ(足首用)/タオル/防寒着/着替え/手袋(薄手・防寒用)/行動食歩行日数分/昼食必要日数分(日程表内、昼Xになっている回数)/ヘッドランプ/トイレットペーパー/個人常備薬/水筒(2L程度)/マグカップ/食器セット ※食料や炊事道具は共同装備としてご用意いたします。
縦走について 連日、8~10kgほどの個人装備を持ちながら長時間のアップダウンを繰り返す縦走コースです。体力のない方はご参加いただけません。特別な登山技術は必要ありませんが、普段から山登りをされていて、夏山の縦走経験や1日10時間程度の登山道を歩くことのできる基礎体力があることがご参加の必須条件です。
お食事について 前編2日目の朝、及び全ての日の昼食は含まれておりません。日持ちするパンやアルファ米など各自でご用意ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。