ツアーのポイント

ポイント川本将士&高根澤淳(東京本社)と行く忘年登山

12月でも気軽に楽しめる山を選んで企画した2021年の忘年山行です。2021年もコロナ感染症が猛威をふるった1年となりましたが、2022年は国内・海外の山にもっと出かけることができるよう願って、一緒に年忘れ登山を楽しみましょう。冬の体力維持にも是非いかがでしょうか。

ポイント三浦半島と房総半島をフェリーでつなぎ、それぞれの山行を一度に楽しむ

三浦半島と房総半島、東京湾を挟んで対峙する2つの半島間をつなぐフェリーを利用し、それぞれの山行を効率良く楽しみます。「房総のマッターホルン」との異名を持つ伊予ヶ岳、相模湾と富士山の素晴らしい眺望が楽しめる三浦アルプスハイキング、悠久の歴史と豊かな自然に抱かれた鎌倉アルプスハイキングを一度に満喫しましょう。

ポイント荷物を預け身軽に歩く

ホテルへ山行に不要な荷物を預けておくため、毎日日帰り山行の荷物のみで身軽に歩くことができます。

グランビュー岩井の展望風呂
房総半島の海の幸も楽しむ

COLUMN 伊予ヶ岳~房総のマッターホルン~

伊予ケ岳(336m)は房総の山では珍しく鋭い岩峰をもっており、その姿から「房総のマッターホルン」との異名で呼ばれることもあります。登山口(約70m)から頂上直下の東屋まで気持ちの良いハイキングルートを歩いた後、ロープや鎖を頼りに登り(片道約20分)、山頂(336m)へ。東屋でお待ちいただくことも可能です。山頂からは、美しい双耳峰の富山(349m)、東京湾越しに久里浜や三浦半島を眺望することができます。千葉県内で山名に「岳」がつく山はここだけです。伊予ヶ岳の名は、愛媛県の石鎚山に山容が似ていることに由来すると言われています。「伊予」は愛媛県の古い呼び名で、黒潮文化の影響を感じさせます。

伊予ヶ岳
伊予ヶ岳山頂からの眺望

COLUMN 三浦アルプスハイキング~仙元山コース~

三浦アルプスは、三浦半島の逗子市、横須賀市、葉山町にまたがる縦走ルートです。本ツアーでは、仙元山コースを楽しみます。京急逗子・葉山駅から路線バスを利用し、風早橋バス停からハイキングスタート。仙元山頂(118m)から晴れた日は相模湾と富士山が一望できます。山頂以降は稜線歩きを楽しみ、馬頭観音への道を分け、稜線から車道に出て京急田浦駅でゴールを迎えます。

三浦アルプス・仙元山からの眺望

COLUMN 鎌倉アルプス天園コース

天園コースは、北鎌倉の建長寺を起点とし、鎌倉の最高峰・大平山も経由して別名「六国峠」とも呼ばれる天園を目指すハイキングルートです。道中、「かながわの景勝50選」にも選ばれている鎌倉十王岩からの眺望も楽しむことができます。鎌倉十王岩は、相模湾を望む展望地で鶴岡八幡宮から海まで続く鎌倉市の目抜き通り・若宮大路もはっきり見え、振り返ると横浜方面の風景が広がります。

建長寺
鎌倉アルプスを歩く

出発日と料金

2021年
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
12月21日(火) ~
12月23日(木)川本将士・髙根澤淳(東京本社)同行
3日間59,800円
発着地 現地発着(京急横須賀中央集合/JR岩井駅解散) 最少催行人員 6名(10名様限定)・添乗員同行
一人部屋追加代金 5,000円
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問等はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • 現地集合解散となります。現地までの交通機関はご自身でお手配ください。

    ■東京からの参考アクセス
    往路:京急品川駅 09:00発(京急本線特急・三崎口行) - 京急横須賀中央駅 09:57着
    復路:JR岩井駅 15:49発(JR内房線・木更津行) - JR君津駅 16:29着
       JR君津駅 16:35発(JR内房線快速・逗子行) - JR東京駅 18:00着

    ■大阪からの参考アクセス
    往路:JR新大阪駅 06:33発(JR新幹線のぞみ82号・東京行) - JR品川駅 08:52着
       京急品川駅 09:00発(京急本線特急・三崎口行) - 京急横須賀中央駅 09:57着
    復路:JR岩井駅 15:49発(JR内房線・木更津行) - JR君津駅 16:29着
       JR君津駅 16:35発(JR内房線快速・逗子行) - JR東京駅 18:00着
       JR東京駅 18:21発(JR新幹線のぞみ249号・新大阪行) - JR新大阪駅 20:48着

コース難易度

体力 普段から日帰り登山やハイキングを楽しまれている方ならどなたでもご参加いただけます。伊予ヶ岳では一部岩場があり、ロープや鎖を使って登ります(片道20分)。
高度 高山病の心配はありません。
宿泊 ホテル泊
荷物 登山に不要な荷物はホテルに置いておくことができるので、毎日日帰り分の荷物で歩いていただけます。



ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール
1 京急横須賀中央駅
北鎌倉駅
建長寺
天園
鎌倉駅
京急横須賀中央駅
10:00発
11:00着
(3時間20分)

15:30発
16:30着
京急横須賀中央駅に午前10時集合。駅付近のホテルに荷物を預けた後、路線バスと在来線で北鎌倉駅へ。
●鎌倉アルプス天園コースハイキング(3時間20分)
北鎌倉駅から徒歩で天園コースのスタート地点・建長寺へ。鎌倉の最高峰・大平山(159m)を経由し、別名「六国峠」とも呼ばれる天園を目指します。道中、相模湾と鎌倉市街を望む鎌倉十王岩からの眺望も楽しみです。天園着後、覚園寺方面に下山し、鎌倉市街の散策を楽しみながら鎌倉駅へ。その後、在来線と路線バスで京急横須賀中央駅へ。夕食は、横須賀海軍カレーをお召し上がりください。
横須賀:セントラルホテル横須賀泊|食事:朝○ 昼× 夜○
2 京急横須賀中央駅
風早橋
仙元山
京急田浦駅
京急横須賀中央駅
久里浜港
金谷港
浜金谷駅
岩井駅
07:54発
08:42着
(5時間)
15:00着




18:30着
在来線と路線バスで風早橋へ。
●三浦アルプスハイキング(5時間)
葉山市の風早橋から仙元山(118m)に登り、眼下に相模湾、遥か富士山まで一望する眺望を楽しみます。その後、三浦アルプスの南尾根・東尾根を縦走し、乳頭山(202m)を経て横須賀市の京急田浦駅へ。相模湾方面から東京湾方面に抜けるダイナミックな稜線歩きを満喫します。
その後、在来線で京急横須賀中央駅へ戻りホテルで荷物を受け取った後、在来線と路線バス及びフェリーで房総半島の金谷港へ。着後、徒歩で浜金谷駅へ移動し、在来線で岩井駅へ。着後、徒歩で岩井駅付近のホテルへ。夕食は房総半島の海の幸をお召し上がりください。ホテルの展望風呂は、地上40mに位置し、雄大な房総の海、天気が良ければ富士山もご覧いただけます。
岩井:グランビュー岩井泊|食事:朝○ 昼× 夜○
3 岩井駅
天神郷

岩井駅

07:55発
08:21着
(5時間)
15:30解散

●伊予ヶ岳・富山縦走(5時間)
伊予ヶ岳登山口(約70m)から頂上直下の東屋まで気持ちの良いハイキングルートを歩いた後、ロープや鎖を頼りに登り、伊予ヶ岳山頂(336m)へ(片道20分)。※東屋でお待ちいただくことも可能です。山頂から東京湾越しに久里浜や三浦半島の眺望をお楽しみください。再びロープや鎖を頼りに慎重に下った後、しばらくして富山方面への分岐へ。双耳峰の山容が美しい富山(349m)へ縦走した後、岩井駅へ。駅付近のホテルに戻り、預けていた荷物を受け取った後、岩井駅で解散。
食事:朝○ 昼× 夜×
  • 日程表記載のコースタイムは、休憩時間を含まない一般的なコースタイムです。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝2/昼0/夜2

ご案内とご注意

気候・服装 ハイキング中は天気が良ければ、長袖で過ごすことができますが、悪天時や強風が吹くと体感気温は下がります。防寒対策として、フリースや薄手のダウンジャケット等もお持ちください。また悪天時や強風に備え、上下セパレート式の雨具も持参をお願いします。足元は、登山靴が最適です。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
在来線の鉄道運賃と路線バス代について 旅行代金に含まれておりません。各自でお支払いください。
食事について 昼食は、旅行代金に含まれておりません。コンビニエンスストア等でご購入いただきます。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。