ツアーのポイント

ポイント 一度、宮之浦岳を登った方にもおすすめしたい花山歩道

ご案内するのは、宮之浦岳と永田岳を登り、花山歩道を経て、西部林道へ至る1泊2日の縦走コースです。なかでも花山歩道は、日本でわずか5ヶ所しかない原生自然環境保全地域に指定されており、日本の自然保護制度の中で最も厳しい規制により守られている場所です。森の美しさと希少さから地元ガイドに人気が高く、かつ訪れる人の少ない静かな縦走路です。

ポイント シャクナゲ咲く時期にシャクナゲの特に多い縦走路を行く

屋久島に自生する固有種・ヤクシマシャクナゲは、標高1,300m付近から山頂部にかけて、5月中旬からわずか3週間ほどの間に咲き誇ります。シャクナゲが特に多く見られるのは、投石平から宮之浦岳周辺と永田岳から鹿之沢小屋周辺です。ヤクシマシャクナゲが一斉に咲き乱れ、山肌を染め上げる様はまさに桃源郷と言っても過言ではありません。

ポイント トローキの滝・シーカヤック

海に直接流れ落ちる豪快な「トローキの滝」をめがけてシーカヤック(カヌー)をお楽しみいただきます。海の上から眺めるモッチョム岳とトローキの滝は一見の価値ありです。経験豊富なガイドが丁寧にご案内しますので、初めての方でも安心してご参加いただけます。

訪問する
世界遺産

屋久島

COLUMN“洋上のアルプス” 屋久島の自然

屋久島は、鹿児島県大隅半島の南西約60kmの海上に位置する島で、周囲約130kmの円錐形の地形からなり、島の90%は森林です。島の中央に聳える宮之浦岳 (1,936m)をはじめ、標高1,000mを超える山が40数峰連なり、洋上のアルプスと呼ばれています。宮之浦岳を含む屋久杉自生林や西部林道付近など、島の面積の約21%はユネスコの世界遺産に登録されています。日本にはたった4つしかない世界自然遺産(白神山地・知床・小笠原)のうちの一つで、1993年に白神山地と共に日本で初めて登録されました。

林芙美子の名著『浮雲』の中で「屋久島は月のうち、三十五日は雨」と表現されるほど屋久島は雨が多く、平地部で約3,000~4,000mm、山岳部では10,000mmの降水量があります。東京の年間降水量の約1,500mmと比べると、その凄まじさをおわかりいただけると思います。これは、暖かい黒潮に囲まれ、なおかつ高い山が多く、近海からの水蒸気が山の斜面を上昇して雲となり、多量の雨を降らせるからです。この雨のおかげで緑豊かな森が育まれ、まさに生命力豊かな自然が広がっています。

宮之浦岳を目指して主稜線を進む
日本南限の高層湿原・花之江河
ヤクシカと共存しているヤクシマザル

COLUMN屋久島随一と名高い、美しい森の広がる花山歩道

シャクナゲ咲く5月下旬に宮之浦岳と永田岳を登り、花山歩道を経て、西部林道へ至るコースを1泊2日で縦走します。歩行距離は約23kmで、1日目は10時間前後、2日目は8時間前後の長時間行動となります。一般的な宮之浦岳から新高塚小屋に至る縦走路に比べ、より厳しいコースとなります。淀川登山口(1,360m)から入山し、日本最南の高層湿原・花之江河を経てシャクナゲ咲く投石平へ。ここから視界が開け、気持ちのよい主稜線を進み、日本百名山で九州最高峰の宮之浦岳(1,936m)を登ります。焼野三叉路から西側に縦走を続け、第2峰で岩の殿堂のような猛々しい永田岳(1,886m)を登ります。宮之浦岳と永田岳の頂上稜線が特にシャクナゲが多く、ヤクシマシャクナゲが咲き誇る美しい景色をご覧いただけることでしょう。ローソク岩や障子尾根の岩峰群の眺めも見事です。主稜線から樹林帯に入り、水の豊富な鹿之沢小屋で宿泊します。

翌日は、100mほど登り返して尾根に取り付きます。ここからが原生自然環境保全地域となり、屋久島随一と名高い美しい森に圧倒されます。大石展望台、日本一のハリギリの巨木を経て、花山広場へ。ここからよく整備された道を下りますが、急な斜面が続くので気を抜かずに花山歩道入口へ下山します。花山歩道入口の標高が510mと低いので、この日は、屋久島ならではの幅広い植生の変化(垂直分布)を見ることができます。下山後は、専用車で未舗装の西部林道を進み、屋久島を代表する滝の一つ「大川(おおこ)の滝」を見て縦走を締めくくります。

ヤクシマシャクナゲの咲く季節
切り出した花崗岩で造られた鹿之沢小屋
永田岳の稜線から望む障子岳

COLUMNトローキの滝でのシーカヤック

屋久島を代表する名瀑の一つ「トローキの滝」は、海に直接流れ落ちる豪快な滝です。海に直接流れ落ちる滝は珍しく、知床のカムイワッカの滝と屋久島のトローキの滝だけといわれています。二人乗り艇に乗って滝壺近くまでシーカヤック(カヌー)をお楽しみいただきます。鯛ノ川の赤い橋とモッチョム岳を背景にして約6メートルの高さから流れ落ちる様子は一見の価値ありです。経験豊かなガイドが、丁寧にご案内しますので、初めての方でも安心してご参加いただけます。

海の上から見るモッチョム岳

出発日と料金

2022年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
05月26日(木) ~
05月29日(日)シャクナゲ咲くシーズン
4日間 168,000円
発着地

現地発着 (屋久島空港集合・解散)

最少催行人員

4名(8名様限定)・添乗員同行

一人部屋追加代金 8,000円(山小屋・テント泊を除く)
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • 現地集合解散となります。現地までの交通機関はご自身でお手配ください。
    【東京・大阪・名古屋・福岡からの参考アクセス】※現地までの航空券手配をご希望の方はご相談ください。
    【東京方面】
    往路:JAL643 羽田 08:15発 - 鹿児島 10:00着 → JAL3743 鹿児島 10:25発 - 屋久島 11:05着
    またはJAL643 羽田 08:15発 - 鹿児島 10:00着 → JAL3745 鹿児島 11:35発 - 屋久島 12:15着
    復路:JAL3746 屋久島 13:35発 - 鹿児島 14:10着 → JAL650 鹿児島 16:20発 - 羽田 18:00着
    またはJAL3750 屋久島 16:35発 - 鹿児島 17:10着 → JAL652 鹿児島 18:45発 - 羽田 20:25着
    またはJAL3756 屋久島 19:00発 - 鹿児島 19:35着 → JAL654 鹿児島 20:35発 - 羽田 22:20着

    【大阪方面】
    往路:JAL2451 伊丹 11:20発 - 屋久島 13:10着
    復路:JAL2450 屋久島 14:40発 - 伊丹 16:10着

    【名古屋・福岡方面】
    往路:ANA3861 中部 09:30発 - 福岡 10:55着 → JAL3673 福岡 13:00発 - 屋 久島 14:05着
    復路:JAL3672 屋久島 12:45発 - 福岡 13:50着 → ANA3862 福岡 14:45発 - 中部 16:05着

コース難易度

体力 1泊2日の山小屋またはテント泊の縦走登山です。1日のコースタイムは6時間から8時間と長時間になります。特別な技術は必要ありませんが、夏山の縦走経験がご参加の条件です。
高度 高山病の心配はありません。
宿泊 民宿2泊、山小屋またはテント1泊。山小屋は大部屋で、テント泊の場合は男女別に2~4名利用となります。
荷物 登山に不要な荷物は、専用車や宿泊施設へ置いておくことができますので、スーツケースやバッグでのご参加が可能です。縦走登山中は、寝袋とマットなど1泊2日分の背負う荷物を入れる中型ザックをご用意ください。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール
1 屋久島空港
安房

14:30発
15:00着

屋久島空港に14:20集合。専用車で安房の民宿へ。鹿児島港から高速船利用の方は、安房港から民宿へ直接お越しください(徒歩15分/距離1km)。遅いフライトで到着される場合は18:00までに民宿へ直接お越しください。
安房:水明荘泊|食事:朝× 昼× 夜○
2 安房
淀川登山口
宮之浦岳
永田岳
鹿之沢小屋

 

●宮之浦岳・永田岳登頂(コースタイム:8時間/約12km)
早朝、専用車にて淀川登山口(1,360m)へ移動し、縦走開始。淀川小屋を経て、モミやスギの樹林帯の急登を進み、花之江河(1,640m)の湿地帯へ。投石平から視界が開け、気持ちのよい主稜線を進み、日本百名山&九州最高峰・宮之浦岳(1,936m)へ。焼野三叉路から西側に縦走を続け、第2峰・永田岳(1,886m)を経て、避難小屋の鹿之沢小屋(1,560m)へ。
鹿之沢小屋:山小屋またはテント泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
3 鹿之沢小屋
花山歩道入口
大川の滝
安房
 

●花山歩道縦走(コースタイム:6時間/約11km)
鹿之沢小屋を出発し、1,640m付近まで登り返すと快適な尾根歩きが始まります。ここからが原生自然環境保全地域となります。屋久島随一と名高い手つかずの美しい森を下ります。大石展望台、日本最大のハリギリの巨木を経て、花山広場へ。大竜杉を過ぎ、急な下りに気をつけながら、なおも下り、花山歩道入口(510m)へ下山。その後、専用車で未舗装の西部林道を通り、屋久島を代表する滝の一つで、日本の滝百選にも選ばれている大川の滝に立ち寄ります。その後、安房へ。

安房:水明荘泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
4 (トローキの滝シーカヤック)
安房
屋久島空港


12:00発
12:30着
●トローキの滝シーカヤック(約3時間30分)
屋久島を代表する名瀑の一つ「トローキの滝」のシーカヤック(カヌー)をお楽しみください。カヤック初体験の方でも安心してお楽しみいだけます。その後、専用車にて屋久島空港へ。屋久島空港にて12:30解散。
食事:朝○ 昼× 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝3/昼2/夜3
  • 日程表記載のコースタイムは、休憩時間を含まない一般的なコースタイムです。
  • 日程2・3日目は、悪天の際など現地ガイドの判断で1泊2日の縦走ではなく、日帰り登山に変更する場合があります(淀川登山口から宮之浦岳往復、荒川登山口から縄文杉往復など)。その際には、1泊分の宿泊代・食費などの追加費用はお客様のご負担となります。
  • 日程4日目は、悪天の際などトローキの滝シーカヤックが実施できない場合は、トローキの滝以外の場所でのカヤックを行う場合や島内観光に変更する場合があります。その際、島内観光と差額が生じる場合はお客様のご負担となります。

ご案内とご注意

気候・服装 登山中は天気が良ければ、薄手の長袖で過ごすことができますが、悪天時や強風が吹くと体感気温は下がります。屋久島(標高37m)の5月の平均気温は21℃(最高24℃、最低17℃)です。標高1,600mを超えた頂上稜線では、山麓の気温から10℃ほど低くなります。厚手のフリースや薄手のダウンジャケット等の防寒着をお持ちください。また、悪天時や強風に備え、上下セパレート式の雨具をお持ちください。登山時の靴は防水の効いたトレッキングシューズや軽登山靴が最適です。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
縦走について 7~10kg程度の個人装備を持ちながら長時間歩く縦走コースです。体力のない方はご参加いただけません。特別な登山技術は必要ありませんが、普段から山登りをされていて、夏山の縦走経験や1日10時間程度の登山道を歩く事のできる基礎体力があることがご参加の必須条件です。
縦走の荷物について 縦走中は1泊2日分の荷物をご自身で背負って歩きます。十分な大きさのザック(例:40~60L)をご用意ください。
【ご自身でご用意していただく装備】上下セパレートタイプの雨具/ストック/スパッツ(足首用)/タオル/防寒着/着替え/手袋(薄手・防寒用)/寝袋(三季用)/マット/行動食2日分//水筒(2L程度)/ヘッドランプ/食器/箸スプーン/トイレットペーパー/携帯トイレ(最低2セット)/個人常備薬/ヒル用スプレー
※食料や炊事道具は共同装備としてご用意いたします。寝袋をお持ちでない方に は弊社で有料(5,000円)で貸し出しいたします。
カヤック(カヌー)について カヤックに必要な装備品(カヤック、パドル、ライフジャケット、カヤック向けシューズ)は、現地にて無料で貸し出しします。濡れてもよい格好(水着やTシャツ、ラッシュガード)と日焼け対策(日焼け止め、帽子)、タオルをご用意ください。雨天でも実施します。大雨や増水などの場合は中止する場合があります。また、その日の海況、天気等によりガイドが判断し、トローキの滝以外の場所でカヤックを行う場合があります。なお、ご参加者には事前に「足のサイズ」をお伺いします。
その他のご注意 花の開花時期は年によってずれる事があります。尚、日程表中や写真の植物は必ずしも観察できるとは限りません。予めご了承ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。