企画者の声

ポイント同行ガイド・戸塚学さんからのメッセージ

奄美大島は沖縄とも違った独特な雰囲気を感じられる島です。だからこそここでしか出会えない鳥たちがいます。春は繁殖シーズンで比較的出会えるチャンスが多いこの時期をチョイスしました!

森の水場にやって来るルリカケスを狙って待っている時間にドラミングの音が聞こえればそれはオーストンオオアカゲラです。ドラミング音を頼りに探して撮影にチャレンジします。運が良ければペアでいることもあります。ルリカケスの撮れ高次第で美声のさえずりの主アカヒゲを探して撮影します。ひょっこりと現れるリュウキュウキビタキやシャイなカラスバト、ズアカアオバトも狙えるかもしれません。他にもアマミコゲラ、リュウキュウサンショウクイにも期待します。オオトラツグミは早朝さえずりを頼りに探し、撮影を試みます。

夜間はアマミノクロウサギ、リュウキュウコノハズク、アマミヤマシギを探します。運が良ければアマミケハガネズミに出会えるかもしれません。

撮影が中心なので少人数限定。移動は極力少なくして、じっくりと腰を落ち着けて撮影ができるように心がけています。撮影はしないけれどじっくりと観察がしたいというウォッチャーにも最適です。

ルリカケス
オーストンオオアカゲラ

PROFILE 同行ガイド 戸塚学 (とづか・がく)

1966年愛知県生まれ・在住。高校3年生の時に写真に興味を持つ。子供のころから好きだった自然風景や生き物を中心に撮影をする。現在は「きれい・かわいい・かっこいい」写真よりも人間臭さを感じられるシーンや人間生活との関りを感じられる環境的な撮影に取り組む。究極は「臭いのする写真」を目指す。作品は写真集・写真展での発表の他、雑誌・図鑑・カレンダーに使用。写真集は「らいちょうころころ」など。

COLUMN春の奄美大島で出現を期待したい野鳥・野生動物

ルリカケス、オーストンオオアカゲラ、アカヒゲ、アマミヤマシギ、オオトラツグミ、アマミコゲラ、ズアカアオバト、カラスバト、シロハラクイナ、サシバ、ミサゴ、リュウキュウサンショウクイ、アマミシジュウカラ、リュウキュウツバメ、アカヒゲ、アマミノクロウサギ、アマミケナガネズミなど。

アマミコゲラ
ズアカアオバト
リュウキュウツバメ
シロハラクイナ
サシバ
リュウキュウコノハズク
オオトラツグミ
アマミケナガネズミ

COLUMN奄美大島での野鳥撮影に備えて

レンズ交換式のカメラ(一眼・ミラーレス)500㎜以上の超望遠レンズがあれば充分ですが、100‐400㎜クラスの望遠レンズでもテレコンバーターで対応ができます。三脚に関してはご自身の機材を支えられるものをお持ちください。風景を撮りたい方は広角系のズームレンズをお忘れなく。 夜間撮影ではストロボは使えるとは思えませんので高感度に強いカメラが有利となります。撮影用のLEDライトで探してその明かりで撮影をします(ストロボは不要です)。

出発日と料金

2021年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
04月09日(金)~04月12日(月)
戸塚学さん同行
4日間 168,000円
発着地 現地発着
(奄美空港集合・解散)
最少催行人員 4名(5名様限定)・戸塚学さん同行
一人部屋追加代金 4,800円
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • 現地集合解散となります。現地までの交通機関はご自身でお手配ください。
  • <東京・大阪からの参考フライト> ※航空券手配をご希望の方はご相談ください。
    【東京方面】
    往路:JAL643  羽田 08:15発 鹿児島 10:00着
       JAL3729  鹿児島 11:40発 奄美大島 12:35着
    復路:JAL658  奄美大島 15:05発 羽田 17:10着
    【大阪方面】
    往路:JAL2465 伊丹 09:40発 奄美大島 11:25着
    復路:JAL3732 奄美大島 16:10発 鹿児島 17:00着
       JAL2412 鹿児島 17:50発 伊丹 19:00着

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール
1 奄美空港
奄美大島

13:00発

奄美空港に13時集合。専用車にて島内での野鳥撮影。 天然記念物のオーストンオオアカゲラアカヒゲルリカケスの他、ズアカアオバトなどを狙います。夕方、ホテルへ。
奄美大島:ビッグマリン奄美泊|食事:朝× 昼× 夜×
2 奄美大島 早朝よりオオトラツグミのポイントへ。天然記念物のオオトラツグミはなかなか観察・撮影の難しい貴重な野鳥です。午後、ホテルに戻り休憩。夕食後、夜の撮影に出かけます。再びオオトラツグミを探す他、アマミヤマシギリュウキュウコノハズク等を撮影。アマミノクロウサギアマミケナガネズミなどが現れる事もあります。
※夜の撮影は深夜までとなり、ホテルに戻るのは0時~1時頃を予定しています。
奄美大島:ビッグマリン奄美泊|食事:朝○ 昼× 夜×
3

奄美大島



朝食後、島内での野鳥撮影にでかけます。引き続き、 奄美大島の固有種を中心に野鳥撮影をお楽しみください。
奄美大島:ビッグマリン奄美泊|食事:朝○ 昼× 夜×
4 奄美大島
奄美空港


14:00着

早朝より最後の野鳥撮影へ。午後、専用車にて空港へ。
14時頃、奄美空港にて解散。
食事:朝○ 昼× 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝3/昼0/夜0

ご案内とご注意

気候・服装 日中の最高気温は20~25℃程度で、天気が良ければ夏服でお過ごしいただけます。最低気温は12~15℃です。早朝・夜の撮影用にフリースやジャンパー等の上着、ヘッドライトや懐中電灯もご準備下さい。また、降雨に備えて折畳み傘と上下セパレート式の雨具もお持ちください。靴は防水性の軽登山靴やハイキングシューズが最適です。奄美大島にはハブが生息しています。夜・早朝の暗い時間帯の撮影時は極力車内から撮影しますが、車外に出ての撮影用に長靴もご準備ください。
利用予定ホテル

日程をご覧ください。

野鳥撮影について 早朝の撮影に出かける日は5時頃にホテルを出発します。2日目の夜の撮影は20時30分頃にホテルを出発し、深夜の0時~1時頃にホテルに戻る予定です。天候や鳥の観察・撮影状況により撮影時間を短くしたり、柔軟に撮影ポイントを変更することがあります。日程表に記載の野鳥・野生動物は必ずしも撮影・観察できるとは限りません。予めご了承ください。
車について 奄美大島島内での移動はヴァンもしくは小型車に分乗となります。
食事について 早朝の撮影に出かける日の朝食はおにぎりなどのお弁当になります。尚、ツアー中の昼食・夕食は含まれておりません。昼食はコンビニエンスストアなどでお買い求めいただいたり、道中の食堂などで召し上がっていただきます。夕食はホテルや近隣のレストランなどで召し上がっていただけます。それぞれ現地で実費をお支払いください。
その他のご注意 当コースは添乗員が同行しないコースのため、旅の記録のサービスはございませんが、同行ガイド作成の「観察した野鳥リスト」を送付いたします。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。