ツアーのポイント

ポイント奄美大島でアクティビティを楽しむ

2021年日本で5番目の世界自然遺産に登録された奄美大島。ヒカゲヘゴやオキナワウラジドガシなど亜熱帯特有の植物が茂る金作原生林の散策や、西表島に次いで日本で2番目に大きいマングローブ林でのカヌーと固有の自然をお楽しみください。

ポイント奄美群島 加計呂麻島と喜界島へ

加計呂麻島は美しいグラデーションの海が広がる一方で、戦争の歴史や奄美の典型的な集落が今でも残る島です。その一方、隆起サンゴでできた喜界島は今でも隆起が続く生きた島です。奄美大島だけではなく、特色のある加計呂麻島と喜界島をお楽しみいただけます。

阿伝集落(喜界島)
奄美大島名物の鶏飯
訪問する
世界遺産

奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島(奄美大島、徳之島)

COLUMN 世界自然遺産 奄美大島

奄美群島最大の面積を誇る奄美大島は世界的にも貴重な固有種や絶滅の恐れのある動植物の生息地として重要な地域で2021年に世界自然遺産に登録されました。

■金作原原生林

亜熱帯植物のヒカゲヘゴの森が広がる金作原。傘代わりにできそうなクワズイモの葉っぱや樹齢150年以上のオキナワラウラジロガシ、国指定天然記念物のリルカケスやキノボリトカゲなどが生息します。太古を思わせる景観が広がる金作原をガイドの説明を聞きながら散策します。

■マングローブ林

日本では西表島について2番目の広さを誇る奄美大島のマングローブ原生林。カヌー体験は、最初に基本練習がありますので、初心者の方にも安心してご参加いただけます。独特な生態系をもつマングローブ林をお楽しみください。

金作原原生林
マングローブ原生林でカヌーを楽しむ

COLUMN 日本の原風景が残る加計呂麻島

奄美大島の古仁屋港から約15分で到着する加計呂麻島は「実久ブルー」といわれる青く美しいビーチが広がります。「にほんの里100選」という人の営みが育んだすこやかで美しい里の一つに加計呂麻島は選ばれており、日本の原風景が残る島です。

■嘉入の滝と嘉入集落

加計呂麻島の西側にある嘉入の集落。同集落にはかつてノロと呼ばれる琉球地域の女性祭司が祭祀を行った神聖な建物「トネヤ」や「アシャゲ」や身を清めた聖域であったと伝えられている嘉入の滝など民俗空間が多く残っています。

嘉入の滝

COLUMN サンゴが隆起してできた島  喜界島

隆起サンゴでできた喜界島は現在でも年間2ミリ隆起を続けています。周囲48kmあまりの小さなこの喜界島では台風に備えたサンゴの石垣が残っています。また、歌舞伎などの演目にもある俊寛流刑の地とも言われており歴史的にも重要な史跡が残っています。

■スギラビーチとウフヤグチ鍾乳洞

喜界島を代表するスギラビーチは、サンゴ礁をくり抜いてつくられており、およそ250mにわたる真っ白な砂浜と透き通った美しい海が続きます。ウフヤグチ鍾乳洞は、長さ30mほどの小さな鍾乳洞。戦時中に防空陣地として使用された際に鍾乳石は壊されていますが、ドーム状の神秘的な空間が広がります。

スギラビーチ

出発日と料金

2021年 出発日~帰着日 日数 旅行代金 催行状況
12月28日(火) ~
01月01日(土)年末年始コース
5日間 218,000円
01月10日(月) ~
01月14日(金)
5日間 198,000円
02月07日(月) ~
02月11日(金)
5日間198,000円
発着地 現地発着
(奄美空港集合・喜界空港解散)
最少催行人員 5名(7名様限定)・添乗員同行
一人部屋追加代金 10,000円
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問等はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • 現地集合解散となります。現地までの交通機関はご自身でお手配ください。
    <東京・大阪からの参考フライト> ※航空券手配をご希望の方はご相談ください
    ■東京方面
    往路:JAL659 羽田 12:00発 - 奄美大島 14:35着
    復路:JAL3784 喜界島 15:05発 - 鹿児島 16:10着
       JAL650 鹿児島 16:40 - 羽田 18:10
    ■大阪方面
    往路:JAL2465 伊丹 10:20発 - 奄美大島 12:05着
    復路:JAL3784 喜界島 15:05発 - 鹿児島 16:10着
       JAL2412 鹿児島 18:00発 - 伊丹 19:10着

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール
1

奄美空港
瀬戸内町古仁屋

15:00発
18:00着
奄美空港に集合。専用車にて奄美の自然や文化を展示する奄美パークへ。奄美の自然や歴史、文化を展示する奄美の郷と奄美の自然を描いた田中一村記念美術館を見学します。その後、大島海峡に面した瀬戸内町の古仁屋へ。
古仁屋泊|食事:朝× 昼× 夜○
2

瀬戸内町古仁屋
(加計呂麻島)
名瀬

07:45発

17:00着

フェリー又は海上タクシーにて奄美大島本島の南にある加計呂麻島へ。大島海峡を一望できる安脚場戦跡公園、樹齢300年以上のデイゴが並ぶ諸屯のデイゴ並木、映画「男はつらいよ」のロケ地でもある於斉のガジュマル、妖怪けんむんの住処と言われている武名の巨大ガジュマル、落差15m・女性司祭が意を清めていた嘉入の滝「トネヤ」や「アシャゲ」といった祭祀をつかさどる場所が今でも残る集落を散策します。フェリーまたは海上タクシーにて奄美大島へ戻ります。その後、奄美大島の中心地・名瀬へ。途中、奄美十景のひとつで、加計呂麻島を望む由井岳展望台も訪れます。
名瀬泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
3

名瀬
(金作原)
(マングローブ林)

  終日、奄美大島のアクティビティをお楽しみください。午前中は天然の亜熱帯広葉樹が広がる金作原(きんさくばる)原生林へ。亜熱帯独特の貴重な動植物の観察を楽しみます(約1時間30分)。午後はカヌーでマングローブ林を訪れます。マングローブに生息する生物の観察や、海と川の境目であるマングローブ原生林をゆったりとカヌーで進みます(約2時間)。
名瀬泊| 食事:朝○ 昼○ 夜○
4 奄美空港
喜界島

11:45発
12:05着

奄美十景のひとつで、晴れた日には喜界島まで見えるあやまる岬、干潮時にのみ現れるハートロックを訪れ、奄美空港へ。昼の便にてサンゴが隆起してできた喜界島へ。昼食後、喜界島を専用車で巡ります。防空壕としても使われていた鍾乳洞・ウフヤグチ鍾乳洞、サトウキビ畑が広がる中に約3.5kmまっすぐな道が続くサトウキビの一本道、南の島の貴婦人と呼ばれるオオゴマダラの観察地、島を一望できるサンゴ礁の高台・百之台展望台、喜界島の最高地点(211m)七島鼻等を訪れます。
喜界島泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
5 喜界島
喜界空港
09:00発
14:00着
引き続き喜界島を専用車にて巡ります。サンゴ礁に囲まれたスギラビーチ、樹齢100年を越える手久津久の巨大ガジュマル、サンゴの石垣が残る阿伝集落、喜界島に流された俊寛上人の墓を訪れます。昼食後、空港へ。着後、解散。
食事:朝○ 昼○ 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝4/昼4/夜4

ご案内とご注意

気候・服装 この時期の奄美大島・喜界島の平均気温は10~15℃前後ですが、朝晩は冷え込むこともありますのでフリースやダウンジャケットなどの防寒着もお持ちください。スニーカーなど歩きやすい靴でご参加ください。また雨が降ることもありますので、カッパなどの雨具もお持ちください。
利用予定ホテル

■奄美大島 古仁屋:サンフラワー・シティホテル、ライベストイン奄美
■奄美大島 名瀬:ホテルウエストコート奄美、ホテル レクストン奄美、ホテルニュー奄美、奄美観光ホテル、奄美サンプラザホテル、シティホテル奄美
■喜界島:喜界第一ホテル、ビジネスホテル喜界

観光について 3日目のカヌーは参加人数により一人用か二人用どちらかでご案内します。他のお客様と混乗となる場合がありますのでご了承ください。濡れてもかまわない服装でご参加ください。
荷物について 専用車のスペースに限りがあります。小型のキャリーケースまたは布製のバッグ等でご参加ください。
日程について フェリー運航状況、道路事情や天候により日程は変更となる場合があります。予めご了承ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。