ツアーのポイント

ポイント 加計呂麻島でカヤック又はSUP(スタンドアップパドル)体験
2月は請島と与路島も訪問

リアス式の入り江に縁どられ琉球と大和の文化が交錯する加計呂麻島。島内観光だけでなく、シーカヤック(又はSUP)で漕いで行く無人ビーチからのシュノーケルもお楽しみいただきます(2/6発コースを除く)。2月は請島や与路島に渡り、様々な伝説を持つ請島最高峰ミヨチョン岳(398m)に登山し、雄大なパノラマをご覧いただきます。

ポイント 奄美群島から沖縄までの見どころも満喫

アクティビティだけでなく、各島々での見どころもしっかりと見学します。群島の歴史を学べる奄美博物館や、琉球国の祭司であったノロや国指定重要無形民俗文化財である諸鈍シバヤに関する展示を行う、瀬戸内町立郷土館などで加計呂麻の風習にふれます。また奄美十景のひとつ、沖永良部島の田皆岬や大島海峡を望む高知山展望台などの奄美群島屈指の景勝地の数々を訪れるほか、沖縄本島では琉球王国の世界遺産である今帰仁城や斎場御嶽なども見学します。

大島海峡でシーカヤック体験
琉球王国の聖地・斎場御嶽
瀬戸内町立郷土館
田皆岬(沖永良部島)

COLUMN 沖永良部島で楽しむケイビング(洞窟探検)

沖永良部島では専門ガイドの案内でケイビング(洞窟探検)をお楽しみいただきます。この島には大小約200から300の洞窟・鍾乳洞があり、洞窟の聖地といわれています。総延長日本第2位を誇る大山水鏡洞の一部では、ケイブパールをはじめ色々な鍾乳石が見られます。沖永良部島の特徴である水量が豊富な洞窟・鍾乳洞で、最下流にあたり特に水量が多い大蛇洞に入り、泳いだり匍匐前進したりと、約2時間洞窟内で神秘の世界を堪能します。
様々な鍾乳石が現れる大蛇洞

COLUMN 奄美大島での九州一(非公式)の落差を誇る
タンギョの滝を求めてリバートレック

奄美大島の住用川上流、紙屋原生林の奥深くにあるタンギョの滝はまだ公式な計測が行われていませんが、落差106m前後と推測され、九州一の落差ともいわれます。膝から腰までの深さの川をリバートレックで滝壺まで訪れます。白く長い滝が轟音を持って落ちる青い滝壺は、奄美一の秘境といえるでしょう。

滝壺近くまでリバートレックで迫る
轟音とともに流れ落ちるタンギョの滝

COLUMN 奇勝地の宝庫 徳之島

闘牛やギネスブックにも登録された長寿の島として有名ですが、東シナ海と太平洋に囲まれたこの小さな島には、奇岩が見られるムシロ瀬や犬の門蓋のほか、断崖絶壁が続く犬田布岬などの景勝地が多く存在します。サトウキビ畑が続くゆったりとした風景には、開発のまだ進んでいない数少ない日本の離島の魅力があります。

犬の門蓋
犬田布岬

出発日と料金

2020年~2021年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
12月12日(土) ~ 12月20日(日) 9日間 298,000円

Go To
キャンペーン料金

お支払い実額:
193,700円

※旅行代金への支援額:
104,300円
※地域共通クーポン:
45,000円

12月26日(土) ~ 01月03日(日)年末年始コース 9日間 298,000円

Go To
キャンペーン料金

お支払い実額:
193,700円

※旅行代金への支援額:
104,300円
※地域共通クーポン:
45,000円

02月06日(土) ~ 02月14日(日)請島・与路島も訪問 9日間 298,000円
発着地 現地発着
(奄美大島空港集合・那覇空港解散)
最少催行人員 4名(10名様限定)・添乗員同行
一人部屋追加代金 24,000円(加計呂麻島除く)
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問等はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • 現地集合解散となります。現地までの交通機関はご自身でお手配ください。

    <東京・大阪からの参考フライト> ※航空券手配をご希望の方はご相談ください
    ■東京
    【往路】JAL659  羽田12:05発 奄美大島14:35着
    【復路】ANA472  那覇16:45発 羽田19:00着
    ■大阪
    【往路】JAL2465 伊丹10:20発 奄美大島12:05着
    【復路】ANA770 那覇16:55発 伊丹18:50着

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール
1 奄美空港
名瀬
14:45発
17:30着
奄美大島空港に集合。着後、名瀬市内で奄美群島の文化や歴史を展示する唯一の総合博物館である奄美博物館と平家伝説と密接に結びついた有盛神社を見学します。その後ホテルへ。
奄美大島・名瀬:ウェストコート奄美泊|食事:朝× 昼× 夜○
2

名瀬
(タンギョの滝リバートレック)
古仁屋
加計呂麻島

08:00発



17:30着

専用車で大島海峡に面した瀬戸内町へ。途中、住用にて原生林を散策しながら九州一の落差とされるタンギョの滝(約106m・非公式)をリバートレック(徒歩往復約1時間半)。瀬戸内町着後、大島海峡を望む高知山展望台や、荒波に現れた玉石が海岸を埋めるホノホシ海岸も訪れます。また、琉球国の祭司であったノロに関する資料を展示する瀬戸内町立郷土館も見学します。その後、古仁屋から海上タクシーで加計呂麻島へ。
加計呂麻島:来々夏ハウス(相部屋)泊
食事:朝○ 昼○ 夜○
3

加計呂麻島
(シーカヤック又はSUP)
(シュノーケル)

  終日、2グループにわかれて加計呂麻島を巡ります。 島内観光では安脚場の戦跡、特攻隊指揮官として駐屯した文学者・島尾敏雄の墓碑、琉球交易で港の目印にしたというデイゴの並木於斎の巨大ガジュマル、ノロがお清めに使った嘉入の滝など訪れます。その間、もう一方のグループはシーカヤック又はSUPで無人のビーチへ行き、サンゴの海でのシュノーケルなどのマリンアクティビテイをお楽しみいただけます。午後は交代していただきます。
※添乗員はマリンアクティビティに同行いたします。
加計呂麻島:来々夏ハウス(相部屋)泊
食事:朝○ 昼○ 夜○
4 加計呂麻島
古仁屋
徳之島

朝発
10:00発
12:20着

海上タクシーで古仁屋に戻ります。着後、定期フェリーで闘牛や長寿の島としてギネスブックに登録されたことで有名な徳之島へ。専用車にて徳之島の島内観光ソテツトンネルウンブキ洞窟ムシロ瀬犬の門蓋犬田布岬樹齢300年のガジュマル等)。
※夜は、島唄を聞きながらの夕食をお楽しみください。
徳之島:ホテルニュー西田泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
5 徳之島
沖永良部島
09:40発
11:30着
午前中のフェリーで「花と鍾乳洞の島」といわれる沖永良部島へ。着後、沖永良部島の島内観光日本一のガジュマル田皆岬、琉球式の城でガジュマルの森に同化した後蘭孫八の城跡潮吹き穴フーチャなど)。
沖永良部島:フローラルホテル又はシーワールド泊
食事:朝○ 昼○ 夜○
6 沖永良部島
(ケイビング)
  午前中、沖永良部島でのケイビング。専門ガイドと共に装備をつけて洞窟へ。総延長日本第2位を誇る大山水鏡洞の一部で豊富な水量の洞内を泳いだり匍匐前進する大蛇洞を探検します(約2時間)。午後、島内観光。貴重な水源として利用されてきた水路跡・暗川(くらごー)、琉球北山王朝の支配下にあった時代の島主世之主(よのぬし)の墓、唐人式風葬墓の残るワンジョビーチのほか、1890年に座礁したカナダ船トゥループ号の慰霊碑も訪れます。
沖永良部島:フローラルホテル又はシーワールド泊
食事:朝○ 昼○ 夜○
7 沖永良部島
与論島
12:00発
13:40着
早朝、天気が良ければ日の出の名所ウジジ浜で2021年の初日の出をご覧いただきます(※12/26発コースのみ)。昼のフェリーで与論島へ。着後、混乗車で与論島観光ヨロン駅与論城跡舵引き丘など)。
与論島:プリシアリゾート又は青海荘泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
8 与論島
沖縄本島・本部港
今帰仁
14:30発

17:30着

午前中、自由行動。レンタサイクルや浜辺でゆったりとした時間をお過ごしください。午後のフェリーにて沖縄本島の本部港へ。着後、今帰仁へ。途中、源為朝上陸記念碑運天展望台を訪れます。

今帰仁:ブエナビスタ今帰仁泊|食事:朝○ 昼× 夜○
9 今帰仁
那覇
08:00発
15:00着
朝、専用車にて世界遺産の今帰仁城(なきじんじょう)跡を見学。途中、琉球王国最高の聖地である斎場御嶽を参拝します。那覇空港着後、15時頃解散。
食事:朝○ 昼× 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝8/昼6./夜8

ご案内とご注意

GoToトラベルキャンペーンについて 本ツアーはGoToトラベル事業の支援対象です。
旅行代金から支援金を引いた金額がお客様のお支払い実額となります。国からの支援金はお客様に対して支給されます。当社は、支援金をお客様に代わって受領(代理受領)致しますので、お客様は、旅行代金に対する支援金を差し引いた「お支払い実額」をお支払いいただきます。 なお、お取消しの際は、旅行代金を基準として所定の取消料を申し受けます。お客様は、当社による代理受領ついてご了承のうえお申込みください。また、ご旅行中、宿泊施設にて居住地を確認する場合があるため、居住地を証明できるものをお持ちください(運転免許証、運転経歴証明書、健康保険証、マイナンバーカードなど)。

※支援金の上限に達し次第、割引価格での販売は終了となります。お早目にお申し込みください。
※新型コロナウイルスの感染拡大等に伴う政府の判断により、当ツアーがキャンペーン対象外となる場合がございます。
感染予防対策について ツアー実施にあたり、新型コロナウイルス感染予防対策を講じております。下記のページを必ずご確認いただきますよう、お願い申し上げます。
>新型コロナウイルス感染予防に対する取り組みと皆様へのお願い
気候・服装 日中は晴れると長袖シャツ程度で過ごせることもありますが、最低気温は10~15度程度でフリースやジャンパーなどの防寒着もお持ちください。また、降雨もありますので、上下セパレート式の雨具も必携です。靴は歩きやすい運動靴でご参加ください。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
宿泊について

2・3日目の加計呂麻島は男女別の相部屋となります。

荷物について 各地ではポーターがいないので、港での船の乗降や、移動中、宿での荷物は各自でお持ち運びいただきます。小型のキャリーケースやザック等コンパクトなカバンでご参加ください。観光中もデイパックをご用意ください。
ケイビングについて 水着・タオル、汚れても良い靴下をご準備ください。現地にてヘルメット・ヘッドランプ・つなぎ・膝あて・手袋・ウェットスーツ、シューズは無料で貸出しします。ご自身でお持ちになる事も可能です。シューズは濡れたり汚れたりしても良い、靴底の滑りにくい、くるぶしが隠れる程度のマリンシューズなどが最適です。閉所恐怖症の方や、暗い所が苦手な方はご遠慮ください。ケイビングの途中で1名でもリタイアする場合は全員が洞窟から出なくては行けません。また、大雨の後の増水など、気象条件などにより安全が確保できない場合は中止となる場合があります。その場合は代替観光との差額をご返金します。
日程について 海況や天候によって定期フェリーの運航ルートは変更になることがあります。その場合、上陸できない島や観光内容も変更となることがあります。予めご了承ください。
また、爆弾低気圧などの天候上の都合により定期フェリーが欠航する場合はツアーを中止する場合があります。その場合、ツアー代金は全額お返ししますが、ご自身手配分の旅費・宿泊費などの返金はございません。予めご了承ください。
シュノーケリングについて(12月コースのみ) シュノーケリングの際のレンタル(ウェットスーツ、シュノーケル、マスク、フィン)は現地にて用意します。マリンシューズ、水着はご自身でご準備ください。なお。当日の状況によってガイドの判断により開催出来ない可能性があります。その場合はシーカヤックで加計呂麻島のマングローブ林や海岸植生を観察するツアーを行います。また、シュノーケリングのポイントまではカヤック又はSUP(スタンドアップパドル)で向かいます。カヤックご希望の場合、参加人数により一人用か三人用どちらかでご案内します。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。