ツアーのポイント

ポイント現地ガイド同行で、東北が誇る八幡平の紅葉を満喫

9月中旬より色づき始める奥羽山脈の八幡平。専用車にて八幡平アスピーテラインや樹海ラインを走り、一年でいちばん鮮やかな山々の姿をご覧いただけます。現地ガイド同行で、八幡平山頂だけでなく八幡沼まで足を延ばし、こころゆくまで紅葉をお楽しみください。

ポイント海岸と内陸の三陸ジオパークのみどころを巡る

太平洋に聳え立つ200mの断崖絶壁が圧巻の北山崎、海に落ちる珍しいアンモ浦の滝、日本三大鍾乳洞の龍泉洞など、各ジオサイトではジオガイド同行で散策しながらじっくり見学。また、地元漁師が操る船で、海から北山崎の断崖に迫るサッパ船アドベンチャーズも体験いただきます。

ポイント日本民俗学の父・柳田國男ゆかりの「遠野物語」の世界へ

昔話の世界に迷い込んだようなカッパ淵、遠野の人々の暮らしを垣間見られる伝承園など、柳田國男の名著である説話集「遠野物語」の舞台を、現地ガイド同行で巡ります。

COLUMN大地の成り立ち、人々の営みを体感できる三陸ジオパーク

「三陸ジオパーク」は、青森県八戸市から岩手県、宮城県気仙沼市までの沿岸全16市町村で構成され、48カ所がジオサイトとして選定されています。岩手県の三陸海岸沿いは、南部は太古のゴンドワナ大陸の一部で、北部は太平洋プレートの沈み込みの付加体となっており、全く異なる環境で形成された地層が混在しています。まさに、地層・化石・鍾乳洞・海岸段丘など壮大なスケールでジオ(地球)を体感できる場所です。本ツアーでは、浄土ヶ浜や龍泉洞、北山崎の展望台など風光明媚な場所を訪れるのみならず、ジオガイドと共に周辺を歩き、なぜこの地形が見られるのかを知り、人々はどのようにこの地形を活かしてきたのか等のお話も伺います。

みちのく潮風トレイルの一部を歩く(黒崎海岸)
世界有数の透明度の高さを誇る地底湖(龍泉洞)
北山崎展望台から眺めるリアス式海岸

COLUMN遠野物語の世界

1910年、民俗学の父と呼ばれる柳田國男が著した「遠野物語」は、遠野出身の佐々木喜善が語る遠野地方の伝承や説話をまとめた一冊で、カッパや座敷童、姥捨などの話が登場します。岩手県の沿岸と内陸を結ぶ7つの街道が交わる拠点として発展した遠野は、商人や旅人がもたらした様々な物語が交わる場所でもありました。深い雪に閉ざされる冬の間、遠野の人々は曲り家の囲炉裏に集まり語らい続けました。古くから信仰されている養蚕と馬の神“オシラサマ”は、シルクロードに起源をもつといわれています。長い年月をかけて“土地の話”として熟成されたのが「遠野物語」なのです。

千体のオシラサマが展示されるオシラ堂
(伝承園・御蚕神堂)
カッパ淵
伝承園 曲り家

出発日と料金

2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
10月04日(日)~10月08日(木)八幡平紅葉のシーズン 5日間

168,000円

10月18日(日)~10月22日(木)八幡平紅葉のシーズン 5日間

168,000円

10月23日(金)~10月27日(火)遠野・八幡平紅葉のシーズン 5日間

168,000円

発着地 現地発着
(花巻空港・新花巻駅集合/盛岡駅解散)
最少催行人員 6名(10名様限定)・添乗員同行
一人部屋追加代金 13,000円
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • 現地集合解散となります。現地までの交通機関はご自身でお手配ください。
    [東京からの参考アクセス](下記利用がおすすめです)
    【往路】JR東京駅 08:48発(東北新幹線・やまびこ53号)– JR新花巻駅 11:54着
    【復路】JR盛岡駅 16:50発(東北新幹線・はやぶさ34号)– JR東京駅  19:04着

    [大阪からの参考フライト](航空券手配をご希望の方はご相談ください)
    【往路】JAL2183 伊丹 10:25発 – 花巻 11:45着
    【復路】JAL2190 花巻 18:55発 – 伊丹 20:30着
    ※盛岡駅→花巻空港間はアクセスバスがあります(片道45分)



ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール
1 花巻空港
新花巻駅
遠野
13:00発
13:30発
18:00着
飛行機利用の方は13:00に花巻空港に集合・出発。陸路の方は13:30に新花巻駅に集合・出発。専用車にて、「日本の原風景を残す場所」と呼ばれる遠野へ。着後、遠野市内観光(カッパ淵、伝承園、佐々木喜善の生家、デンデラ野等)。
遠野:あえりあ遠野泊|食事:朝× 昼× 夜○
2 遠野
宮古
(浄土ヶ浜)
岩泉
09:00発


16:30着
朝、徒歩にて遠野市立博物館へ。その後、専用車にて三陸海岸の宮古へ。昼食後、ジオガイドと共に白亜の砂浜と奇岩が聳える浄土ヶ浜の散策(1時間)。その後、専用車にて龍泉洞がある岩泉町へ。途中、河岸段丘の地形がよくわかる高さ115mの思案坂大橋に立ち寄ります。
岩泉:龍泉洞温泉ホテル泊|食事:朝○ 昼× 夜○
3 岩泉
田野畑周辺
(北山崎)
岩泉
(龍泉洞)
08:30発


16:30着
朝、専用車にて田野畑へ。「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財百選」に選ばれた机浜より、サッパ船アドベンチャーズ(1時間)をお楽しみください。地元漁師の操縦で、北山崎の海にそそり立つ奇岩に海から迫ります。その後、ジオガイドと共に田野畑周辺の三陸ジオ・ポイント巡り(北山崎展望台、ひらなめ海岸、宮古層群等)。昼食後、専用車にて日本三大鍾乳洞の龍泉洞へ。無数の鍾乳石や世界有数の透明度を誇る地底湖をお楽しみください。その後、ホテルへ。
岩泉:龍泉洞温泉ホテル泊|食事:朝○ 昼× 夜○
4 岩泉
普代
(みちのく潮風トレイル)
(三陸鉄道)
久慈
八幡平
09:00発




18:00着
朝、専用車にて、北三陸ジオパークのもうひとつのハイライト普代へ。途中、思惟大橋に立ち寄ります。午前中、ジオガイドと共にみちのく潮風トレイルの一部、ネダリ浜~黒崎展望台の散策(1.5時間)。太平洋にそそぐ落差150mの海岸瀑・アンモの浦の滝も見学します。昼食後、専用車にて普代駅に移動し、三陸鉄道に乗車し久慈へ向かいます。車窓より太平洋を望める、三陸鉄道のエリア内で最も景色が良いといわれる区間です。久慈駅着後、専用車にて八幡平へ。途中、漆工房を見学します。※昼食は三陸の海の幸をお召し上がりください。
八幡平温泉郷泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
5 八幡平
盛岡
08:00発
15:30着
午前中、八幡平周回トレッキング(2.5時間)。鏡沼・めがね沼、八幡平頂上、八幡沼まで足をのばします。また、八幡平アスピーテライン八幡平樹海ラインのドライブウェイでは、専用車の車窓より紅葉をお楽しみいただけます。一旦ホテルに戻って荷物を受け取り、昼食後、専用車にて盛岡へ。途中、岩手山を背景に佇む上坊牧野の一本桜に立ち寄ります。盛岡駅着後、解散。
食事:朝○ 昼× 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝4/昼1/夜4

ご案内とご注意

気候・服装 10月は日中の最高気温が20℃弱、最低気温は5℃近くです。合服が基本ですが、遠野や八幡平などの山間部は特に昼夜の寒暖差があります。各地、朝晩は冷え込みますのでダウンジャケット、フリースなどの防寒着をお持ちください。靴は履き慣れた運動靴が便利です。

■日程5日目・八幡平周回トレッキング:高低差は大きくありませんが、約2時間30分、石畳や階段・木道を歩きます。動きやすい服装とトレッキングシューズをご準備ください。雨具(上下セパレートタイプのもの)や水などはバックパックに入れてお持ちください。
利用予定ホテル

日程及び下記をご覧ください。
■八幡平温泉郷:八幡平マウンテンホテル、八幡平ライジングサンホテル

食事について 2・3・5日目の昼食は旅行代金には含まれておりません。現地にて添乗員がレストランへご案内いたしますので、各自実費をお支払い下さい。
北山崎サッパ船アドベンチャーズについて 所要時間は約1時間で、屋根のないモーターボートに乗って机浜から出発し、北山崎展望台の麓までを往復します。船は6名乗りの為、分乗となります。乗船の際はライフジャケットおよび膝丈のカッパの無料貸し出しがありますが、強風の際は足元が濡れる可能性があります。濡れても良い防水の靴をご準備ください。また、フリースやウィンドブレーカー等の防寒着も必須です。尚、天候や波の具合によって安全が確保できない場合は中止となる場合があります。その場合はお一人様3,800円をご返金します。
その他のご注意

紅葉の時期はその年の気候により多少ずれることがあります。八幡平周回トレッキングでは紅葉の具合をみて、ルートを変更してご案内する可能性があります。

旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。