ツアーのポイント

ポイント 金子貴一氏からのメッセージ

今回の企画は、アイヌ民族を中心テーマに、集合場所である道東・北見市のホテルから出発し、道央の新千歳空港で解散する北海道大横断の旅です。旅のはじめに訪れる北方民族博物館では、旅の予習としてアイヌ民族の概要と、極東の周辺諸民族との関係を理解します。1万年前以降の日本最大規模の古代遺跡「ポー川史跡」と、世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産「北黄金貝塚」、約1300年前に北の大陸からもたらされたオホーツク文化の遺跡「モヨロ貝塚」では、アイヌ文化の起源に迫ります。
旅のクライマックスは、江戸時代(1669年)、松前藩の搾取に対して起こしたアイヌ民族最大の蜂起「シャクシャインの戦い」の拠点となった砦跡での、アイヌの首長シャクシャインの法要祭への参加です。アイヌの伝統儀式やユネスコ無形文化遺産・アイヌ古式舞踊の数々を見学し、昼食にはアイヌ料理もお召し上がりいただけます。更に、江戸時代以降のアイヌ民族と和人との関係を見つめる為、江戸幕府が蝦夷地を直轄するにあたり設置した蝦夷三官寺の一つ「有珠善光寺」にて秋季彼岸施餓鬼会法要に参加し、幕末にロシアの進出を防ぐため北方警備にあたった「会津藩士の墓」と、明治時代の屯田兵人形75体を祀る「信善光寺」を訪れます。
現在、北海道最大のアイヌコタン(集落)がある阿寒湖畔では、アイヌの案内役と共に森の中を歩きながらアイヌ伝統の知恵を学びます。知床世界自然遺産ではクジラやイルカを求めてオホーツク海クルーズに繰り出し、現在でも噴気活動が続く硫黄山を散策し、阿寒湖では船上からパノラマを眺望して、アイヌ民族の生活の舞台となった北海道の広大な自然と野生動物の世界にふれます。旅の最後には、昨年開業したばかりのウポポイ(民族共生象徴空間)・国立アイヌ博物館を訪れ、旅の復習と共に、更にアイヌ民族への理解を深め、新たなアイヌ体験をしていただく予定です。旅を通して、温泉宿に泊まり、新鮮な海鮮料理や郷土料理にも舌鼓を打つ魅力満載の旅です。またとない機会です。どうぞ奮ってご参加ください!

アイヌ料理の一例
アイヌの民族楽器「ムックリ」の演奏体験
「ムックリ」の製作体験

PROFILE 金子貴一氏プロフィール

1962年、栃木県生まれ。栃木県立宇都宮高校在学中、交換留学生としてアメリカ・アイダホ州に1年間留学。大学時代はエジプトの首都カイロに7年間在住し、1988年、カイロ・アメリカン大学文化人類学科卒。在学中よりテレビ朝日カイロ支局員を経てフリージャーナリスト・西遊旅行添乗員として活躍。中国や中東、仏教などへの造詣も深く、雑誌や新聞などへの執筆も多数行っている。特に、日本の歴史と宗教に関しては、4年間に亘り、東京新聞に連載記事を執筆。

訪問する
世界遺産

知床

COLUMN シャクシャイン法要祭

江戸時代初期、日高地方の首長であったシャクシャインは、北海道のアイヌ民族を実質的に支配していた松前藩に対してアイヌ諸氏族と協力して反乱を起こします。この反乱はシャクシャインの戦いと呼ばれ、和人(松前藩/江戸幕府)に対するアイヌ民族の大規模な反乱となりました。シャクシャイン陣営は戦力では劣っていたものの徹底抗戦を続けますが、戦闘の長期化を避けたい松前藩はシャクシャイン陣営に和睦を持ち掛け、その宴の席でシャクシャインを謀殺してしまいます。新ひだか町では毎年シャクシャインを偲ぶ法要祭を行っており、ツアーではこの法要祭に参加し、アイヌ民族伝統の儀式を見学します。お昼にはアイヌ料理の昼食が振舞われ、法要祭の後には伝統舞踊の交流会も行われるなど、現代に受け継がれるアイヌ民族の世界を感じられる機会となっています。

シャクシャイン法要祭でのアイヌ伝統儀式
真歌公園のシャクシャイン像

COLUMN 道東を代表する二大遺跡 モヨロ貝塚とポー川史跡自然公園

紀元後5世紀頃、サハリンよりオホーツク沿岸部に移住した人々によって形成されたオホーツク文化は、当時の北海道の続縄文文化とは大きく異なっていました。後に擦文文化と共にアイヌ文化の形成に大きな影響を与えたものの、アイヌ文化の成立と共に姿を消した謎の海洋民族とも評されています。モヨロ貝塚はオホーツク文化の研究の中心となった遺跡であり、オホーツク文化独特の住居址や出土品をご覧いただくことができます。ポー川史跡自然公園は1万年以上前から人々が暮らした土地として、縄文・続縄文・オホーツク・擦文・アイヌ文化の各時期の遺跡が残されています。特に史跡伊茶仁カリカリウス遺跡では日本最大規模の竪穴住居址群が確認されており、併設の展示施設とあわせてご覧いただけます。

出土品(ポー川史跡自然公園)
復元竪穴住居(ポー川史跡自然公園)
モヨロ貝塚の竪穴住居跡


出発日と料金

2021年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況

09月18日(土) ~
09月24日(金)シャクシャイン法要祭・金子貴一さん同行

7日間 288,000円
発着地 現地発着(北見市内ホテル集合/新千歳空港解散) 最少催行人員 6名(10名様限定)・添乗員同行
一人部屋追加代金 20,000円
  • 全行程添乗員として金子貴一氏が同行いたします。
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 日程が合わない場合、途中参加・離団可能です。ご相談ください。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • ツアーは北見市内ホテル集合・新千歳空港解散です。現地までの交通機関はご自身でお手配下さい。
    弊社での航空券手配をご希望される方はご相談ください。
    [東京・大阪からの参考フライト]
    【東京方面】
    往路:ANA4779 羽田 16:45発 - 女満別 18:30着
    復路:ANA078 新千歳 19:30発 - 羽田 21:10着
    【大阪方面】
    往路:ANA3824 関西 14:20発 - 羽田 15:35着
       ANA4779 羽田 16:45発 - 女満別 18:30着
    復路:ANA1720 新千歳 19:00発 - 関西 21:15着


ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール
1 北見市 20:00集合 20:00までに北見市内のホテルに各自集合。
北見市:パコジュニア北見泊|食事:朝× 昼× 夜×
2 北見市
網走市
羅臼町
08:30発

17:00着
午前中、75体の屯田兵人形が残る信善光寺へ。その後、アイヌ民族やオホーツク海沿岸地域を含め、世界各地の北方民族の文化が展示される北方民族博物館を見学します。網走市のレストランにて各自昼食をお召し上がり頂いた後、オホーツク文化の遺跡が残るモヨロ貝塚館へ向かいます。その後、羅臼へ。ホテルの羅臼温泉にて、旅の疲れを癒します。
羅臼町:らうす第一ホテル泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
3 羅臼町
標津町
中標津町
08:30発

17:00着
朝食後、知床のクジラ・イルカ・バードウォッチングクルーズへ。2時間半ほどのクルーズでは、イシイルカやマッコウクジラ等の野生動物との遭遇が期待できます。その後、標津郷土料理武田にて昼食。地元産の新鮮な海の幸をお召し上がりいただきます。昼食後は日本最大規模の遺跡に竪穴住居遺構群が残るポー川史跡自然公園へ。その後、日本最大の砂嘴(さし)である野付半島へ。アイヌ民族が神聖な場として利用したタブ山チャシ跡、江戸時代末期に蝦夷地警備のため標津に陣屋を構えた会津藩士の墓を見学します。その後、中標津町へ。ホテルが掘削・管理する源泉から湧き出る天然温泉をお楽しみください。
中標津町:トーヨーグランドホテル泊
食事:朝○ 昼○ 夜○
4 中標津町
阿寒湖温泉
08:30発
12:00着
午前中、アイヌ語で「アトサヌプリ(裸の山)」と呼ばれる硫黄山の散策へ。その後、和人到達以前よりアイヌ民族が利用していた阿寒湖温泉へ。昼食はアイヌ料理をお召し上がりください。昼食後、「湖の時間 アイヌが愛する湖岸の景色と出合う旅」と題して、阿寒湖畔の森をアイヌの案内役と共に歩き、アイヌ儀式に参加し、森にまつわる話を伺います。また、アイヌの楽器「ムックリ」の製作・演奏体験もお楽しみください(計約2時間半)。夕方は自由に阿寒湖での滞在をお楽しみください。夕食後、「阿寒湖の森ナイトウォーク カムイルミナ」へ。世界的に注目されるカナダのデジタルアート集団「MOMENT FACTORY」が阿寒湖のアイヌ民族の伝説を光と音、プロジェクションマッピングなど最新のデジタルアートで表現する体験型アクティビティをお楽しみください(約50分)。その後、アイヌの古式舞踊と現代舞踊、デジタルアートが融合した舞台、阿寒ユーカラ「ロストカムイ」(約40分)をご鑑賞頂きます。
阿寒湖温泉:ホテル御前水泊│食事:朝○ 昼○ 夜○
5 阿寒湖温泉
帯広市
むかわ町
09:00発

18:00着
午前中、阿寒湖マリモクルーズへ。絶景を眺めながら阿寒湖上を巡り、途中、チュウルイ島に上陸してマリモ展示観察センターも見学します。昼食は道の駅あしょろ銀河ホール21にて、各自お召し上がりください。その後、帯広市の総合博物館、帯広百年記念館を見学します。ホテルではむかわ名物のシシャモ料理、またむかわ温泉の入浴もお楽しみください。
むかわ町:ホテル四季の風泊│食事:朝○ 昼× 夜○
6 むかわ町
(新ひだか町)
  朝、新ひだか町へ。新ひだか町の真歌公園にて毎年開催されるシャクシャイン法要祭に参加します。シャクシャインは江戸時代初期に松前藩に対するアイヌの一斉蜂起を主導し和人に対抗したものの、後に松前藩との和睦の席で謀殺されたアイヌ民族の首長。法要祭では、アイヌ伝統儀式をご覧頂けます。法要祭の途中、公園内のシャクシャイン記念館新ひだか町アイヌ民俗資料館シャクシャインの砦跡も見学します。昼食は法要祭会場の屋台にてアイヌ料理の軽食を各自お召し上がりください。法要祭終了後、芸能交流会ではユネスコ無形文化財に登録されたアイヌ古式舞踊をご覧いただけます。その後、ホテルへ。
むかわ町:ホテル四季の風泊│食事:朝○ 昼× 夜○
7 むかわ町
伊達市
白老町
新千歳空港
08:00発


18:00着
午前中、江戸初期再興の蝦夷地最古の寺・有珠善光寺施餓鬼会法要に参加。多くの国指定重要文化財を保存する宝物館も見学します。その後、北海道に存在する縄文貝塚の5分の1の面積を占める巨大な貝塚で、日本人の進化の過程でアイヌと倭人の分岐点となった北黄金貝塚へ。午後、2020年7月にオープンしたウポポイ(民族共生象徴空間)へ。国立アイヌ博物館を見学し、ご希望の方はアイヌ文化の体験事業にもご参加頂けます。見学後、新千歳空港へ。着後解散。
食事:朝○ 昼○ 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝6/昼4/夜5

ご案内とご注意

気候・服装 9月の北海道は日中で20℃前後と過ごしやすい気候ですが、朝晩は最低13℃程度となります。クルーズ時の船上では風の影響もあり体感温度が下がるため、上着を必ずご用意ください。また遺跡見学や阿寒湖の森の散策では歩く箇所もございますので、履き慣れた運動靴にてご参加ください。降雨の可能性もありますので、上下の雨合羽と折りたたみの傘などの雨具も必ずご準備ください。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
観光について 知床・阿寒湖では悪天候の場合クルーズ船が運休する場合がございます。運休時には差額分をご返金いたします。また、新ひだか町でのシャクシャイン法要祭、芸能交流会、有珠善光寺での施餓鬼会法要は主催者側の判断により開催の有無や内容が変更される場合がございます。予めご了承ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。