ツアーのポイント

ポイント 広大なお花畑が展開する北海道屈指の縦走路を行く

大雪山主峰・旭岳から大雪の奥座敷といわれるトムラウシ山までの表大雪の主稜線は、北海道で一位、二位を争う屈指の縦走路です。通常、2泊3日の登山行程が一般的ですが、ツアーでは3泊4日の余裕をもった行程で縦走します。噴煙を吹き上げ格調高い山容の北海道最高峰・旭岳、北海平や高根ヶ原をはじめとした溶岩台地に広がる色鮮やかお花畑、氷河期の名残をとどめる永久凍土が作り出す構造土や泥炭凍結丘(パルサ)、高層湿原など大雪山らしい地形が展開し「カムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)」という美しいアイヌ語の表現もなるほどと納得できるような素晴らしい景観が広がっています。

ポイント 縦走の前後には快適な温泉宿に宿泊

縦走前に宿泊する旭岳温泉では、大正3年から続く歴史と5本もの源泉(自噴泉)を持つ湯元・湧駒荘(ゆこまんそう)に宿泊。縦走後にはトムラウシ温泉の一軒宿・東大雪荘(ひがしたいせつそう)に宿泊します。縦走前の寛ぎと厳しい縦走後の疲れを、縦走前後にそれぞれ良質な泉質の露天風呂で癒します。

ポイント 少人数限定。経験豊富な登山ガイドと添乗員が同行する万全のサポート!

5名様より催行し、9名様限定の少人数制です。また、添乗員に加え、北海道在住の経験豊富な登山ガイドが同行し、気象条件が厳しく、テント泊が必要なため個人では困難な旭岳からトムラウシ山への縦走登山をしっかりサポートします。

COLUMN カムイミンタラ~神々の遊ぶ庭~

北海道の中央に位置し、東西南北約60kmに渡る広大な山系を誇る大雪山。2,000m級の峰々を中心に構成され主峰・旭岳は標高2,291mで北海道で最も高い山です。上川アイヌの人々が「ヌタップカウシュッペ(広い湿地の上につくもの・川がめぐる上の山)」と呼び、中でも神秘的な山容や高山植物の大群落を「カムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)」と呼んで崇敬と畏敬の対象としてきました。旭岳からトムラウシ山までの表大雪、北大雪、ニペソツ山を中心とする石狩連峰の東大雪、十勝岳連峰の4つの山域からなる大雪山国立公園は、初期の1934年に指定され、日本最大の国立公園です。また、北緯41°以北という高度領域が非常に広く、山々がなだらかに広がっているため、日本最大の高山帯を形成しています。地理的にもカムチャツカ、シベリア、日本の本州からの合流点となっているほか、温帯・寒帯の狭間でもあり、永久凍土や多くの周氷河地形が残ることから高山植物の種類も豊富です。「富士山に登って山岳の高さを語れ。大雪山に登って山岳の大さ(おおいさ)を語れ」という文人・大町桂月の名言は広く知られています。

大雪山主峰・旭岳
噴煙を巻き上げる旭岳
花咲く高根ヶ原の稜線
大雪の奥座敷・トムラウシ山

COLUMN 火山活動による形成と多様な動植物が生息する大雪山

大雪山は長い成長の歴史を有する火山群で氷河期の100万年前から70万年前に火山活動を開始し、現在の形になったは2万年前と言われています。氷河期の名残りとどめる地質や地形、火山活動によって形成された溶岩台地や岩礫地、高層湿原などの自然条件、さらに大雪特有の気象条件などの生育環境が多種多様の高山植物を育んできました。山頂部付近の高山植物群落には日本の高山植物の4割に相当する約250種が確認され、これらの中には希少種も多く、エゾオヤマノエンドウやホソバウルップソウ、エゾイワツメクサ、ダイセツトリカブト、クモイリンドウなどの大雪山固有種やリシリリンドウのような分布の限られた種類も見られます。多様性に富んだ自然環境は、ヒグマやエゾシカなどの大型ほ乳類をはじめ、クマゲラやシマフクロウなどの希少な野生動植物の生息地となっています。また、北海道の寒冷な岩場にのみ生息するエゾナキウサギや大雪山にしか生息しない高山蝶ウスバキチョウ、アサヒヒョウモンなどは、氷河期に大陸から渡ってきた後に温暖化により寒冷な高山だけに残された氷河期の生き残り「遺存種」と呼ばれています。

地面を埋め尽くすようなチングルマ
チングルマ
砂礫地に広がるコマクサの群生
コマクサ
エゾノツガザクラ
チシマツガザクラ
エゾコザクラ
キバナシオガマ
チシマクモマグサ
ミヤマリンドウ

出発日と料金

2022年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
07月28日(木) ~
08月02日(火)花の季節
伊藤勇太郎(東京本社)同行
6日間 228,000円
発着地 現地発着(新千歳空港集合・解散) 最少催行人員 5名(9名様限定)添乗員同行
一人部屋追加代金 設定がございません
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • 現地集合解散となります。現地までの交通機関はご自身でお手配ください。

    <東京・大阪・名古屋・福岡からの参考アクセス> ※航空券手配をご希望の方はご相談ください。
    【東京方面】
    往路:ANA61便 羽田11:00発-新千歳12:35着 または JAL511便 羽田10:30発-新千歳12:05着
    復路:ANA62便 新千歳12:30発-羽田14:10着 または JAL510便 新千歳13:00発-羽田14:35着

    【大阪方面】
    往路:ANA773便 伊丹09:50発-新千歳11:45着 または JAL2001便 伊丹08:15発-新千歳10:05着
    復路:ANA776便 新千歳13:15発-伊丹15:05着 または JAL2006便 新千歳12:45発-伊丹14:35着

    【名古屋方面】
    往路:ANA703便 中部09:35発-新千歳11:25着 または JAL3101便 中部08:35発-新千歳10:15着
    復路:ANA710便 新千歳14:10発-中部15:50着 または JAL3116便 新千歳17:35発-中部19:20着

    【福岡方面】
    往路:ANA289便 福岡10:00発-新千歳12:25着
    復路:ANA290便 新千歳14:40発-福岡17:00着 または JAL3512便 新千歳14:00発-福岡16:25着

コース難易度

体力・技術 1日の実際の歩行時間の目安は約6~8時間で、縦走1日目のみ9時間30分となります。標高差は登りで最大約690m、下りで最大1,180mです。縦走2~3日目は300m程度のアップダウンが続きます。また、一部雪渓歩きもあります。歩行ペースが求められ、テント泊縦走用の荷物(13kg前後)を担ぎ、普段から長期間の縦走登山に耐えうる充分な基礎体力があることがご参加の条件です。
宿泊 テント3泊またはテント1~2泊・避難小屋1~2泊、旅館2泊
テント泊は男女別で一テント2~3名利用です。避難小屋泊は男女混合の大部屋です。寝袋(三季用)と寝袋の下に敷くマットが必要です。寝袋をお持ちでない方には弊社で有料(5,000円/重量720g)で貸し出しいたします。旅館泊は男女別で一部屋2~4名利用となります。
荷物 縦走用の荷物(13kg前後)を背負って全行程を歩きます。縦走中に不要な荷物を置いておくことができませんので、荷物は工夫をして軽量化に努めるようお願いします。また、共同装備・食料の分担(1kg~2kg程度)があります。



ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール
1 新千歳空港
旭岳温泉
13:00発
17:00着
新千歳空港12:50集合。専用車にて大雪山国立公園内にあり、旭岳の西麓に位置する旭岳温泉(1,100m)へ。
大正3年から続く歴史と5本もの源泉を持つ湯元・湧駒荘(ゆこまんそう)に宿泊。翌日から4日間に渡る縦走登山に備えゆっくりお寛ぎください。夕食には、海産物はもちろん、その土地で採れた食材にこだわり工夫を凝らした創作料理をご賞味ください。
旭岳温泉:湧駒荘泊|食事:朝× 昼× 夜○
2 旭岳温泉
姿見駅
旭岳
白雲岳
白雲岳避難小屋
朝、徒歩にて大雪山旭岳ロープウェイ山麓駅へ(約15分)。着後、ロープウェイにて姿見(すがたみ)駅へ(約10分)。
●トムラウシ山縦走1日目(コースタイム:7時間30分)
姿見駅(1,600m)から縦走開始。チングルマやエゾノツガザクラ咲く遊歩道を進み、噴気を上げる旭岳を投影する姿見ノ池へ。ここから火山礫の急登を登り、金庫岩を越え、北海道の最高峰で大雪山主峰・旭岳(2,291m)へ。北は黒岳や北鎮岳、南はトムラウシ山と十勝連峰の展望が広がります。その後、旧噴火口カルデラの御鉢平を一望にする北海岳(2,149m)を越え、溶岩台地に広がるエゾコザクラやイワブクロ、固有種エゾオヤマノエンドウのお花畑、岩が重なったなだらかな尾根を登り、屈指の好展望地・白雲岳(2,230m)へ。その後、白雲岳分岐に戻り、白雲岳避難小屋(1,990m)へ。
白雲岳避難小屋:テントまたは避難小屋泊
食事:朝× 昼× 夜○
3 白雲岳避難小屋
高根ヶ原
忠別岳
忠別岳避難小屋
●トムラウシ山縦走2日目(コースタイム:4時間10分)
板状の岩礫地が続くスレート平を進み、日本の山岳風景とは思えないようなスケール感溢れる溶岩台地・高根ヶ原へ。コマクサやイワウメ、固有種ホソバウルップソウなどが随所に咲き誇ります。東側には高原沼の箱庭のような景色が眼下に広がります。さらに進み忠別沼を過ぎ、忠別岳(1,963m)を越え、忠別岳避難小屋(1,630m)へ。
忠別岳避難小屋:テントまたは避難小屋泊
食事:朝○ 昼× 夜○
4 忠別岳避難小屋
五色岳
化雲岳
南沼キャンプ地
●トムラウシ山縦走3日目(コースタイム:5時間)
忠別岳避難小屋から主稜線まで登り返し、その後、急登を辛抱強く登ると五色岳(1,868m)の山頂です。西に進路を変え、湿地帯の木道を進み、化雲岳(かうんだけ/1,955m)へ。山頂からはヒサゴ沼分岐を越え、トムラウシ山を目指します。この周辺は、神遊びの庭と呼ばれ、お花畑と美しい景色が広がります。ヒサゴのコルからトムラウシ山までは奇怪な溶岩地形や構造土が見られ、日本庭園、ロックガーデンと呼ばれる湿地帯や巨岩、岩場が続き、高山植物が咲き乱れます。北沼からトムラウシ山の山裾を巻いて南沼キャンプ地(1,950m)へ。着後、岩が積み重なった斜面を慎重に登り、トムラウシ山(2,141m)を条件が許せば往復します。山頂からは、北に旭岳や白雲岳の表大雪、西にはオプタテシケ山を先頭に十勝連峰が整然と並ぶ景色が広がります。
南沼キャンプ地:テント泊|食事:朝○ 昼× 夜○
5 南沼キャンプ地
トムラウシ山
短縮登山口
トムラウシ温泉
●トムラウシ山縦走4日目(コースタイム:5時間30分)
朝、南沼キャンプ地からトムラウシ山(2,141m)を往復後、トムラウシ公園を通り、前トム平へ下ります。トムラウシ公園やその周辺は巨岩、奇岩が立ち並び、隙間を埋め尽くすハイマツと色とりどりの可憐な花々、太陽の位置により光を反射する大小の湖沼群が広がり、自然が創り出す美しい景色が広がります。その後、ロープのある岩礫地を下り、急な雪渓の残るコマドリ沢を慎重に下ります。コマドリ沢分岐から急登の階段を登り返した後は、樹林帯を進み、カムイ天上のぬかるみを越え、トムラウシ短縮登山口(960m)へ下山。縦走を終えます。着後、専用車にてトムラウシ温泉(650m)へ(約20分)。
トムラウシ温泉の一軒宿・東大雪荘(ひがしたいせつそう)に宿泊。源泉かけ流しの内湯と露天風呂で疲れを癒やします。
トムラウシ温泉:東大雪荘泊|食事:朝○ 昼× 夜○
6 トムラウシ温泉
新千歳空港
08:00発
12:00着
朝食後、専用車にて新千歳空港へ。着後、新千歳空港にて12:00解散。
食事:朝○ 昼× 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝4/昼0/夜5

ご案内とご注意

気候・服装 登山中は天気が良ければ、薄手の長袖で歩くことができますが、悪天時や強風が吹くと体感気温は下がります。縦走中の気温の目安は、最高10℃前後、最低4℃前後です。フリースや薄手のダウンジャケット等の防寒着をお持ちください。また、降雨もありますので、上下セパレート式の雨具をお持ちください。登山時の靴は、履き慣れた防水性の高いハイカットの登山靴・トレッキングシューズをご用意ください。また、雪渓の通過があるため軽アイゼン(6本爪)も必要です。北海道の2,000m級の山の気候は本州の3,000m級の山と同条件です。
利用予定ホテル

日程をご覧ください。

縦走中の宿泊について

新型コロナウィルス対策の為、避難小屋は宿泊人数を通常の半分に制限しています。白雲岳避難小屋は25名、忠別岳避難小屋は20名です。避難小屋のため事前予約はできないため、当日、避難小屋に空きがあれば避難小屋に宿泊しますが、その可能性は低く、縦走中の宿泊は3泊ともテント泊になるものと思ってご準備ください。

荷物・装備について

縦走中は3泊4日分の個人装備に加え、一部の共同装備・食料を1kg~2kg程度背負っていただきます。十分な大きさのザック(例:40~60L)もご用意ください。また、充分な防水対策も必要になります。
【ご自身でご用意していただく装備】
履き慣れた防水性の高いハイカットの登山靴・トレッキングシューズ(ローカットは不可)/軽アイゼン(6本爪限定、チェーンスパイクや4本爪は不可)/上下セパレートタイプの雨具/ストック/スパッツ(足首用)/タオル/防寒着/着替え/手袋(薄手・防寒用)/帽子(日除け用・防寒用)/寝袋(三季用)/マット/昼食4日分/行動食4日分/ヘッドランプ/食器/箸スプーン/トイレットペーパー/携帯トイレ(2個以上)/虫除けスプレー/個人常備薬/水筒(2L程度)/テルモス(サーモス、0.3~0.5L)※食料や炊事道具、テント、浄水器、熊よけスプレーは共同装備としてご用意いたします。テント全体に敷く薄いマット(銀マット)は用意しませんので、寝袋の下に敷くマットは、各自必ずご用意ください。寝袋をお持ちでない方には弊社で有料(5,000円)で貸し出しいたします。

食事について

縦走中の朝食と夕食は、弊社にてご用意します。日程2日目の朝食1回分と2日目~5日目の昼食4回分は含まれておりません。事前に日持ちするパンやアルファ米など各自でご用意ください。なお、日程1日目の新千歳空港から旭岳温泉への移動の際にスーパーかコンビニに立ち寄りますので、その際に購入も可能です。山中では購入できません。

その他のご注意

紅葉や花の開花状況はその年の気候により多少ずれることがあります。

年齢制限について 当ツアーは、年齢が80才以上の方はお申し込みいただけません。
旅行条件について 取引条件はこちらの 国内旅行 旅行条件書を、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。