ツアーのポイント

ポイント 大雪山、富良野、美瑛、道央の白銀世界を体感

大雪山山麓の旭岳、十勝岳では白銀世界の中をスノーシューで満喫。富良野の冬景色を上空から満喫する熱気球フライトなど通常の冬の北海道ツアーでは体験できない雪と氷の世界に足を踏みいれるツアーです。

ポイント 旭岳、十勝岳ではスノーシューに挑戦。厳冬期しか見ることのできない雪と大雪山が織りなす絶景へ

スノーシューで冬季のみ間近まで近づくことができるの旭岳の噴気孔、火山活動によって出来た荒々しい地形と降り積もった雪が美しいコントラストを描く十勝岳の安政火口。厳冬期しか踏み入ることのできない秘境の地へ。

ポイント 幻想的な美瑛の青い池と白髭の滝

美瑛の白髭の滝と青い池は、別名ブルーリバーと称される美瑛川の美しい流れが作り出す名勝です。青い池は冬季は雪に覆われ、冬季限定で夜間ライトアップされ、その幻想的な景色は冬にしか体験できない美瑛の大きな見所です。

ライトアップされた美瑛の青い池
美瑛の白髭の滝

COLUMN 冬の大雪山国立公園 旭岳と十勝岳 安政火口

【旭岳】 噴気孔

国内最大の広さを誇る「大雪山国立公園」に位置する北海道の最高峰旭岳。中腹には複数の噴気孔が存在し、冬季においても水蒸気を噴き上げています。噴気孔に間近まで近づくことができるのは冬だけで、空に向かって噴煙を上げるその光景は圧巻です。息を吞む白銀の世界の中、地球の息吹をご体感ください。

【十勝岳】 安政火口

安政火口(ヌッカクシ火口)は富良野川の最上流部、三段山、上ホロカメットク山、上富良野岳に囲まれる谷間に位置し、大雪山には少ない火山活動によって出来た、荒々しい姿が特徴的です。過去3000年間に少なくとも3回の水蒸気爆発がおきたといわれており、現在も盛んな噴気活動を目にすることができ、周辺の荒々しい山肌に降り積もった雪と相まって冬季しか見ることができない絶景を生み出しています。

旭岳噴気孔
スノーシューで旭岳噴気孔へ

COLUMN 冬の北海道を楽しむための装備リスト

冬の北海道では朝晩の最低気温は氷点下20℃以下にまで下がることもあり、しっかりとした防寒対策が必要です。

・中綿入りのパンツや、雪山用のパンツ。タイツを着用するとより暖かく過ごせます。
・手袋はインナーとアウターが独立しているものが便利です。細かな作業はインナー手袋で作業します。
・耳が隠れるフリースや毛糸の帽子、ネックウォーマーやマフラーも必携です。
・保温性の水筒
・携帯カイロもあると安心です。
・雪の反射光を防ぐ偏光サングラス
・足元は靴底のしっかりした、防水性のあるスノーブーツ又は軽登山靴をご準備ください。



出発日と料金

2021年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
12月29日(水) ~
01月02日(日)年末年始コース
5日間238,000円
01月24日(月) ~
01月28日(金)
5日間198,000円
02月14日(月) ~
02月18日(金)
5日間198,000円
発着地 現地発着(旭川空港集合解散) 最少催行人員 5名(8名様限定)・添乗員同行
一人部屋追加代金 12/29発:35,000円、1/28発・2/14発:19,000円
(部屋数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。)
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • 参考フライト(航空券手配をご希望の方はご相談ください)

    ■東京方面
    往路:JAL533 羽田 10:25発 - 旭川 12:05着
    復路:JAL556 旭川 16:30発 - 羽田 18:20着

    ■大阪方面
    往路:JAL106 伊丹 08:35発 - 羽田 09:40着
       JAL533 羽田 10:25発 - 旭川 12:05着
    復路:JAL556 旭川 16:30発 - 羽田 18:20着
       JAL137 羽田 18:50発 - 伊丹 20:15着


ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール
1 旭川空港
白金温泉

13:00発
17:00着

13:00、旭川空港集合。専用車にて白金温泉へ。途中白髭の滝を訪問。ブルーリバーと称される美瑛川が作り出す冬の神秘的な風景をお楽しみください。日没後は幻想的な青い池のライトアップへご案内します。
白金温泉:白金四季の森 ホテルパークヒルズ泊
食事:朝× 昼× 夜○
2 白金温泉
十勝岳
(安政火口スノーシュー)
白金温泉
08:00発
13:00着

17:00着
日本百名山にもその名を連ねる十勝岳(2,077m)へ。白い噴気が立ち上る安政年間に噴火したといわれる安政火口へ。
●十勝岳 安政火口スノーシュー(所要約3時間)
標高差150m。十勝岳温泉から安政火口入口付近までを巡るコースです。雪に覆われ真っ白な一面の世界と火山活動によってできた荒々しく切り立った周辺の山々の姿は圧巻です。※深雪を歩き、風雪も強く、体力のある方向けのコースとなります。
スノーシューでハイキング後は十勝岳温泉へ。日帰り温泉に立ち寄り夕方まで休憩いただきます。
白金温泉:白金四季の森 ホテルパークヒルズ泊
食事:朝○ 昼× 夜○
3 白金温泉
旭岳温泉
(スノーシュー)
富良野
09:00発


17:00着
大雪山の最高峰旭岳でスノーシューをお楽しみいただきます。
●旭岳・姿見の池~噴気孔コース(約3時間)
ロープウエイにて標高1,100mから標1,600m地点(5合目)へと上がり、冬の時期だけすぐ側まで近づくことができる噴気孔を目指します。天気が良ければ旭岳を間近に、そして大雪山国立公園を一望できます。※深雪を歩き、風雪も強く、体力のある方向けのコースとなります。
その後、富良野へ。
富良野:ハイランドふらの泊|食事:朝○ 昼× 夜○
4 富良野
(熱気球フライト)
南富良野町
富良野

10:00発


16:00着

朝、白銀の富良野の風景を一望できる熱気球フライト(フライト時間:約20分間)へご案内します。天気がよければ、大雪山や十勝岳連邦の風景を眺望できます。その後、南富良野町へ。ワカサギ釣りなど冬ならではのアクティビティをお楽しみください。
富良野:ハイランドふらの泊|食事:朝○ 昼× 夜○
5 富良野
旭川空港

09:00発
15:00着

専用車にて旭川空港へ。旭山川動物園等、旭川市内観光。その後空港へ。着後、15:00頃解散予定。

食事:朝○ 昼× 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 日程表記載のコースタイムは、休憩時間を含まない一般的なコースタイムです。
  • 食事回数:朝4/昼0/夜4

ご案内とご注意

気候・服装 今回ツアーで訪れる北海道のエリアは最高気温も5℃前後と低く、寒い日はマイナス10~20℃程度にもなります。熱気球フライトの際は体感温度が風などの影響で下がりますので、しっかりとした防寒着や暖かい手袋、帽子などをご用意ください。各所で凍結も予想されるため、足元は靴底のしっかりした、防水性のあるスノーブーツ又は軽登山靴をご準備ください。スノーシューはスノーブーツや登山靴を履いた状態で装着いたします。しっかりとした防寒着は必ずご自身でご用意ください。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
観光について ■旭岳、十勝岳安政火口のスノーシュー
深雪のあるアップダウンがあるコースを歩きますので、十分な体力が必要です。出発後はコースの関係上途中で引き返すことができません。また旭岳ではロープウェイを利用します。ロープウェイの費用往復2,200円はツアー代金には含まれておりません。現地にてお支払い下さい。悪天候による視界不良、ロープウェイの運行停止など状況によっては催行が中止となる場合がございます。※いずれのコースも専門ガイドが同行いたします。

■熱気球フライト
フライト時間は約20分です。1回に5名までの定員となりますので、2回に分かれてフライトとなる場合があります。その場合、フライト順は当日抽選などで決めさせていただきます。急な天候の変化により、2回目のフライトだけが中止となる場合があります。また、熱気球は強い風、雨天時は実施ができません。当日の朝に天候判断し、開催の可否が決まります。当日に催行中止となった場合、熱気球フライトの代金をご返金させていただきます。

■わかさぎ釣り
釣り具などは現地でご用意します。湖の凍結状況によって場所の変更や中止になる場合があります。その際には現地にて代替日程をご案内させていただきます。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。