ツアーのポイント

ポイント トルコ中央部に残る史跡を訪問

先史時代からオスマン時代まで、全土に無数の史跡が残るトルコ。トルコ中部に残る、紀元前8世紀のフリギアからヘレニズム、ビザンチンにかけての時代に絞った史跡を訪ねる新企画です。まだ日本では知られていない史跡の数々を、丹念に訪ねます。

ポイント ヘレニズム時代の名残を辿る

ゴルディオンの結び目を解いたアレキサンダー大王、大王の後にこの地の支配を継いだセレウコスの名を冠した町シリフケ等、アナトリアの地に残るヘレニズム時代の浪漫にふれます。

ポイント アナトリアに生きたキリスト教徒の信仰にふれる

岩窟教会が残るキリストラ、ビザンチン時代のビンビル・キリセやアラハン修道院等、かつてこの地で暮らした初期キリスト教徒の生活と信仰にふれます。

ポイント アフィヨンで連泊を設けた日程

フリギア観光の拠点アフィヨンでは連泊を設け、フリギアの谷に残る数々の史跡をゆっくりと見学します。

COLUMN ゴルディアスの結び目の伝承が残るフリギア
フリギア王国とアレキサンダー大王

紀元前334年、マケドニアからダーダネルス海峡を渡ってアナトリア半島に上陸したアレキサンダー大王。この時、小アジアと呼ばれたこの地はすでに宿敵アケメネス朝ペルシャの領土でした。しかし、アケメネス朝の支配に不満を抱いていたフリギアやリディア等の土着の諸国は、新しい王が来たということで大王を歓迎したため、大王の軍隊は順調にアケメネス朝の領土を獲得し、その後パレスチナ、レバノン、エジプトへと大遠征を続けて行きました。大王が訪れたフリギアのゴルディオンには、「この結び目を解いた者はアジアの支配者となる」との伝承をもつ、誰もほどくことができない縄で結わかれた戦車がありました。しかし大王は一刀のもとにこの縄の結び目を切断し、「運命は伝説によってもたらされるものではなく、自らの剣によって切り拓くものである」と宣言したといわれています。ツアーでは、この地に残る巨大墳墓等、大王が来る以前から栄えていたフリギア王国の栄華を辿ります。

ミダス王のモニュメント
アスランタシュに残る2頭のライオンが彫られた墳墓

COLUMN ビザンチン時代のキリスト教遺跡 アラハン修道院

トルコ南部を走るタウロス山脈の山中に、5世紀後半から6世紀前半のビザンチン時代に建てられたアラハン修道院が残っています。この修道院には、近くで切り出された石を利用して造られた巨大な礼拝堂や浴場、洗礼槽そして岩窟教会等が残っています。ここは元々修道院だったという説と、キリスト教徒のための一大巡礼センターだったという説があります。人里離れたタウロス山中に残る修道院で、この地で守られたかつてのキリスト教徒の信仰に迫ります。

東聖堂
イクテュスのレリーフ
葡萄のレリーフ

COLUMN ゼウグマのモザイク

ユーフラテス川の畔に残る古代都市遺跡ゼウグマ。アレキサンダー大王の家臣セレウコスによって築かれ、セレヴカヤ・ユーフラテスという名が付けられました。セレウコスの娘ラオディケは、コンマゲネ王国のミトリダテス1世に嫁ぎ、この町はコンマゲネ王国の領土になります。ローマ帝国によりコンマゲネ王国が征服されると、ローマはこの町をゼウグマと名付けました。ツアーで訪れるガジアンテップのゼウグマ・モザイク博物館には、邸宅跡などから発掘された合計面積1,700㎡のモザイクが、考古学博物館には「ジプシーの少女」をはじめとしたモザイク画が展示されており、その美しさは見る者を圧倒します。

ジプシーの少女を描いたモザイク

COLUMN アナトリアに残る初期教会群

かつてのアナトリアは、パレスチナで興ったキリスト教を受け入れた初期のキリスト教徒達が移り住んだ場所でした。彼らはカッパドキアに代表される、岩を切り出して造った岩窟教会や地下教会に住んでいました。ツアーで訪れるキリストラの地にも、彼らが住んだ古い教会や住居などが残っています。外観から見ると自然の岩のように見えますが、内部は巨大な彫刻が施され、さらに隠された抜け穴には、照明と換気のような非常に完璧なシステムが作られていました。 ローマ帝国の時代、キリスト教徒だったキリストラの住民は、異教徒、偶像崇拝者、および他の異なる宗教から逃れ、キリストラと名付けられたこの場所に定住し、攻撃から身を守るためにここに様々な教会、聖域、礼拝堂を建てたといわれています。

キリストラの岩窟教会群

出発日と料金

2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
05月10日(日) ~
05月19日(火)
10日間 388,000円
09月06日(日) ~
09月15日(火)
10日間 408,000円
10月04日(日) ~
10月13日(火)
10日間 398,000円
発着地 東京発着 最少催行人員 8名(16名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 27,000円(12月5日現在の見込み)
一人部屋追加代金 64,000円
国際線のビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 少人数限定コースのため再利用割引・特別割引はありません。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
イスタンブール
イスタンブール
アンカラ
11:45発
17:45着
19:00発
20:20着
空路、トルコ最大の都市イスタンブールへ。着後、航空機を乗り換えて、トルコの首都アンカラへ。着後、ホテルへ。
アンカラ泊
2 アンカラ
ゴルディオン
ペシヌス
アフヨン

11:00発
13:00着

午前中、数多くのヒッタイト帝国やフリギア王国の展示物があるアナトリア文明博物館を見学。その後、専用バスにて、温泉の町として知られるアフヨンへ。途中、アレキサンダー大王が綱を断ち切った伝承が残るフリギア王国の都ゴルディオンに残るミダス王の古墳墓、フリギア王国の重要な宗教儀式が行われたペシヌス遺跡を見学します。
アフヨン泊
3 アフヨン   終日、専用車にてヤズルカヤ遺跡(ミダス・シティ)に残るミダス王のモニュメントアスランタシュアスランカヤアレヤスティスなどの遺跡群を見学します。エスキシュヒールからアフヨンにかけては、フリギア王国が築いた遺跡が数多く残り、「フリギアの谷」と呼ばれています。
アフヨン泊
4 アフヨン
コンヤ
08:00発
12:00着
専用バスにてローマ帝国時代にイコニオムと呼ばれたコンヤへ。着後、考古学博物館を見学。午後、コンスタンティノープルからエルサレムへの巡礼路上にあった宿場町シッレを見学します。
コンヤ泊
5 コンヤ
カラマン
08:00発
16:00着
専用車にて、13世紀にカラマン侯国の都として栄えたカラマンへ。途中、岩の表面を切り出して造られた岩窟教会や住居が残るキリストラと、ビザンチン時代の教会群の遺構ビンビル・キルシェを見学します。
カラマン泊
6 カラマン
アラハン
シリフケ
08:00発

13:00着
専用車にて、アレキサンダー大王の家臣セレウコスが開いたかつてのセレウキア・カリュカドヌムのシリフケへ。途中、アラハンに残る巨大な修道院を見学。シリフケ着後、シリフケ市内観光シリフケ考古学博物館シリフケ城ローマ時代の石橋等)。
シリフケ泊
7 シリフケ
タルソス
アダナ
08:00発

17:00着
専用バスにてアダナへ。途中、ゼウス神殿やビザンチン時代の建造物、ローマ時代の遺構が残るウズンジャブルチ、使途パウロの生誕地タルソスに立ち寄ります。
アダナ泊
8 アダナ
ガジアンテップ
08:00発
12:00着
専用バスにて、ガジアンテップへ。着後、市内観光(ゼウグマ遺跡からのモザイクの展示が素晴らしいゼウグマ・モザイク博物館考古学博物館ガジアンテップ城等)。
ガジアンテップ泊
9 ガジアンテップ
イスタンブール
イスタンブール
11:25発
13:25着
16:35発
午前の便にて、イスタンブールへ。着後、航空機を乗り換えて、帰国の途につきます。
機中泊
10 東京 10:05着 着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝8/昼7/夜7:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:ターキッシュエアラインズ
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間はトルコ入国時に150日以上、査証欄余白は2ページ以上必要です。
気候・服装 各いずれの日付もベストシーズンにあたり合服で過ごせます。いずれの季節も朝晩の冷え込みに備えてしっかりとした上着をお持ちください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
観光について トルコの遺跡や博物館、モスク等は、現地事情により突然入場できなくなることがあります。その場合は外観のみの観光となります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。