ツアーのポイント

ポイント アムダリヤの源流ゾルクルと、流域に残る古代遺跡を訪問

かつてオクサスと呼ばれた中央アジアの大河・アムダリヤ。この河の最初の一滴が流れ出るゾルクルと、アフガニスタン国境に残る古代遺跡タフテ・サンギンを訪問。

ポイント ワハーン回廊の山々を望むパミール最深部へ

パミールの山岳地帯風景と、その地に住む少数民族の暮らしに触れる旅。パミールの湖沼群、ワヒ族・キルギス族の移牧の暮らし等、パミール最深部でしか見られない風景が広がります。タジキスタン再訪の方、パミール高原の景色・山・人の写真を撮りたい方、絵を描きたい方にもおすすめの少人数限定企画です。

ポイント タフテ・サンギンへ

アフガニスタンとの国境をなすアムダリヤ流域に残るグレコ・バクトリア時代の遺跡タフテ・サンギンを訪問。かつてアムダリヤに捧げたオクサス神殿が残る遺跡を、時間をかけてゆっくりと見学します。

COLUMN アムダリヤとゾルクルのワヒ族

全長2574kmの長さを持つ中央アジアの大河アムダリヤ。かつてギリシャ語で「オクサス」と呼ばれたこの河の流域には、バクトリア、ソグディアナ、ホラズムの3つの大きな国が栄えました。アラビア語では「狂った」という意味の「ジェイフン」と呼ばれましたが、これは水源となるパミール高原の雪解けによりその流れを大きく変える程の荒れ狂う水量がかつてはあったことに由来します。パミール高原のゾルクルからはパミール川が流れ出し、その後ワハーン川、パンジ川、ワクシュ川と合流してアムダリヤになります。アムダリヤの源と言われるゾルクルには、夏の間ワヒ族の家族が移牧でやって来ます。ツアーではゾルクルの湖畔に滞在し、短い夏の間に家畜と共に移動して暮らすワヒ族の生活に触れ、美しいパミールの山並みに囲まれたゾルクル湖畔での伝統的な生活を垣間見ます。

目の前に広がるパミール山脈の雄大な景色
ワヒ族の一家
コリスポラ(アブラナ科)

COLUMN グレコ・バクトリアの古代遺跡
タフテ・サンギン

タフテ・サンギンの遺構

「石の玉座」を意味するタフテ・サンギンは、パンジ川とワクシュ川の合流点近く、アムダリヤ流域に残るグレコ・バクトリア時代の遺跡です。対岸のアフガニスタン側には、同時代に栄えたアイ・ハヌムの遺跡が残りますが、ギリシャ系の住民が多かったアイ・ハヌムに比べタフテ・サンギンは土着のバクトリア人が多く住んでいたと言われています。アムダリヤのほとりに残る遺構にはオクサス神殿が残り、ここから発掘された数々の出土品は、ドゥシャンベの国立博物館に展示されています。


象牙製アキナケス剣の鞘

オクサス神殿の二号回廊から出土したこの鞘は、鹿をつかむライオンの図柄の下の部分に、ヤギとネコ科の猛獣の頭部のレリーフも彫られています。


彩色のバクトリア人の頭像

キルバシアという白い被り物をしたこの男性は、サトラップ(総督)の像と言われていますが、かつてのゾロアスター教の神官もまた、白い衣装に白いキルバシアを被っていたことから、この男性は神官であったとの説もあります。


ギリシャの河の神シレノス・マルシアス

2本の「ディアウロス」という縦笛を吹くシレノス・マルシアスの像。オクサス神殿に捧げられたこの河の神の像の基壇にはギリシャ語で碑文が刻まれていますが、内容を見るとバクトリアの名称が書かれています。研究者はこのことがギリシャとバクトリアの融合を表しているとしています。2本の縦笛もふたつの異なる文化を表しているのかもしれません。

アキナケス剣の鞘
バクトリア人の頭像
シレノス・マルシアス像

出発日と料金

2019年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
06月11日(火) ~
06月26日(水)高山植物の花咲く季節
16日間 698,000円
07月09日(火) ~
07月24日(水)高山植物の花咲く季節
16日間 698,000円
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
ソウル
昼又は午後発 空路、東京、大阪よりそれぞれソウルへ。着後、航空機を乗り換えて、カザフスタン最大の都市アルマトイへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、ソウルにて合流します。
アルマトイ泊
大阪
ソウル
午前発
ソウル
アルマトイ
18:10発
21:55着
2 アルマトイ
ドゥシャンベ
午前着 航空機にて、タジキスタンの首都ドゥシャンベへ。着後、ドゥシャンベ市内観光(タフテ・サンギンの出土品が展示される国立博物館独立広場等)。
ドゥシャンベ泊
3 ドゥシャンベ
クルガンチュペ
08:00発
17:00着
専用車にて、クルガンチュペへ。途中、仏教寺院跡の残るアジナ・テパを見学します。
クルガンチュペ泊
4 クルガンチュペ
(タフテ・サンギン)
  アムダリヤのほとりに残るグレコ・バクトリア時代の遺跡タフテ・サンギンへ日帰り観光。対岸にアフガニスタンを望むオクサス神殿跡を見学します。
クルガンチュペ泊
5 クルガンチュペ
カライクム
08:00発
17:00着
四輪駆動車にて、タジク族の暮らすアフガニスタンとの国境の村カライクムへ。途中、パミールの美しい山々もご覧いただけます。
カライクム:民家風ゲストハウス泊
6 カライクム
ホルグ
08:00発
17:00着
四輪駆動車にて、パンジ川沿いを走り、ゴルノ・バダフシャン自治州の州都ホルグ(2,070m)へ。パンジ川の対岸に、アフガニスタンの村々を眺めることができます。
ホルグ:ゲストハウス泊
7 ホルグ
(ガラム・チャシュマ)
イシュカシム
(カライ・カハカ)
ヤン村
08:00発



17:00着
朝、ホルグのバザールを見学。その後、四輪駆動車にて、アフガニスタンのワハーン回廊を眺めながらヤン村(2,700m)へ。途中、国境の町イシュカシム(2,457m)、5世紀の要塞跡カライ・カハカ遺跡を訪問。また、ガラム・チャシュマでの温泉浴もお楽しみいただけます。道中、天気が良ければ、パミール高原やヒンドゥークシュの雄大な高峰群も眺めることができます。
ヤン村:民家風ゲストハウス泊
8 ヤン村
ヴァン
ランガール
13:00発

15:00着
午前中、ヤン村及び周辺の観光(スーフィー行者ムバラキ・ワハーニーの博物館ヤムチュン砦外観等)。また、ビビ・ファティマの岩風呂で温泉浴をお楽しみいただけます。その後、四輪駆動車にて、パミール川とワハーン川が合流する町ランガール(2,810m)へ。途中、仏教遺跡などが残るヴァンを見学。ランガール着後、村内を散策し、古代の岩絵も見学。
ランガール:民家風ゲストハウス泊
9 ランガール
ゾルクル(湖)
07:00発
15:00着
ランガールより北上し、パミール川とワハーン川の合流地点を眺めパミール川沿いにゾルクル湖を目指します。アフガニスタンのワハーン回廊の山並み、大パミール山脈の景色、湖畔で放牧するワヒ族の暮らしに触れる一日です。
ゾルクル:民家またはテント泊
10 ゾルクル(湖)
ジャルティ・ゴンバズ
13:00発
16:00着
午前中、湖の付近に点在するワヒ族の民家を訪問。午後、ジャルティ・ゴンバズへ。ゾルクル湖の東からはキルギス族のエリアに入ります。着後、温泉浴をお楽しみください。
ジャルティ・ゴンバズ:民家泊
11 ジャルティ・ゴンバズ
アリチュール
08:00発
17:00着
四輪駆動車にて、アリチュールへ。途中、湧水を湛えるオクバリクなど高山湖も眺望。
アリチュール:民家風ゲストハウス泊
12 アリチュール
マルガブ
08:00発
18:00着
四輪駆動車にて、マルガブへ。着後、簡単な市内観光バザールモスク等)
マルガブ:ゲストハウス泊
13 マルガブ
カラクル(湖)
13:00発
17:00着
午前中、休養。四輪駆動車にて、パミール・ハイウェイの最高地点のアク・バイタル峠(4,655m)を越え、高山湖のカラクル(3,923 m)へ。
カラクル:民家風ゲストハウス泊
14 カラクル(湖)
オシュ
オシュ
ビシュケク
早朝発
16:00着
夕方発
午前中、キジル・アート峠(4,282m)を越え、キルギスへと入りサリタシュへ。その後、一路オシュへ。夜の便にてビシュケクへ。
ビシュケク泊
15 ビシュケク
アルマトイ
アルマトイ
10:00発
16:30着
23:10発
専用車にて国境を越えカザフスタンのアルマトイへ。夕食後、深夜の航空機にてソウルへ。
機中泊
16 ソウル 07:50着 着後、航空機を乗り換えて東京・大阪帰国の途につきます。
ソウル
東京
午前又は午後発
ソウル
大阪
午後発
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝14/昼 14/夜 14:機内食は除く
  • 利用予定航空会社: アシアナ航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) タジキスタン(8,260円)代行手数料(4,320円)、旅券の残存有効期間は入国時6ヶ月半、査証余白は見開き2ページを含む3ページ以上必要です。カザフスタン、キルギスは査証不要です。査証とは別にゴルノ・バダフシャン自治州の入域許可証、ゾルクル自然保護区入域許可を取得します。
気候・服装 晴れれば日中は暑く長そでシャツ1枚程度で過ごせますが、標高4,000mを越える地点では夏でも雪が降ることがあり民家やキャンプでの宿泊に備え十分な防寒着・防寒具をご用意ください。靴は履きなれた運動靴・トレッキングシューズが最適です。温泉に入る方はタオルをご持参ください。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
高山病のご注意 最高宿泊高度が4,125mで高山病の影響が予想されるコースです。ご参加の方全員に健康アンケートのご記入をお願いしております。弊社では高山病対策として、添乗員がパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)を持参します。
高山病についてのご注意と取り組み
海外旅行保険について ご参加の方には疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。
荷物について スーツケースでのご参加も可能ですが、積み込みスペースに限りがあるため、中型サイズ以下(キャスターを含めて高さ70cm以内)のものでご参加ください。
宿泊地について このコースで訪れる地域はアルマトイ、ドゥシャンベ、クルガンチュペ、ビシュケクを除きいわゆる「ホテル」と言える宿泊施設はありません。タジキスタンではマルガブ、ホルグでのみお一人部屋が確保できますが部屋数に限りがあり、トイレや洗面所は共同となります。またそれ以外の場所では民家を改造したゲストハウスに宿泊し、男女別の大部屋となります。ゾルクル湖畔ではテント泊または湖畔の放牧小屋の宿泊となりその場合には一部屋に全員で泊まることになります。懐中電灯やヘッドライトはご持参ください。マルガブ、ホルグにてお一人部屋をおとりできない場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額はお返しいたします。
テント泊につい 寝袋(三季用)が必要となります。お持ちでない方には弊社より有料(5,000円)で貸し出しいたします。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。