ツアーのポイント

ポイント 雄大な自然と悠久の歴史を巡る旅

古来より様々な民族や王朝が行き交い、興亡を繰り返してきたペルシャとアナトリア。貴重な歴史遺産の数々を見るとともに、大小アララト山やウルミエ湖、ヴァン湖など荒々しくも変化に富んだ、雄大な自然も大きな魅力のルートです。

ポイント イラン北西部に残る世界遺産を訪ねる

ローマよりも早くキリスト教を国教とした古代アルメニア。イラン北西部には、今も信仰の対象として巡礼の人々が訪れるアルメニア正教会群が残ります。

ポイント 東トルコの雄大な自然と悠久の歴史を巡る旅

数千年前から様々な民族や王朝が行き交った東部アナトリア。アニやアクダマール島など、西トルコにはないスケールの大きな自然や遺跡が魅力です。

ポイント ネムルート山(2,150m)で迎える神秘的な夜明け

荒涼としたアナトリアの大地に聳える山の頂には、コンマゲネ王朝の王達や神々の巨石像が残っています。巨石群が朝日に浮かび上がる光景は圧巻です。
訪問する
世界遺産

アルメニア人修道院建造物群(イラン)/ネムルート山(トルコ)/アニの古代遺跡(トルコ)

COLUMN 古代シルクロードの要衝 アニ

トルコの最東部、アルメニアとの国境近くに残るアニの遺跡。ビザンチン、ペルシャ、アラブ、中央アジアなど様々な地域との交易路上にあった商業都市でした。紀元10~11世紀の最盛期は、「40の門がある都市」とも「千と一の教会がある都」とも呼ばれ、多くのキャラバンがこの街を行き交いました。2016年に世界遺産に登録されたアニの遺跡には、アルメニア正教の大聖堂や教会群、セルジューク朝時代に建てられたモスクなどが残ります。

アニの遺跡に残るアルメニア教会
教会内のフレスコ画
セルジューク朝時代のモスク

COLUMN イラン北西部に残るアルメニア教会

紀元301年に世界で最初にキリスト教を国教とした古代アルメニアは、イラン北西部のトルコとの国境付近にあたる地域にも数々の教会を建立し、イランでは2008年に3つの修道院建造物が世界遺産に登録されました。そのうちの「黒の教会」と呼ばれる聖タデウス教会は、アルメニアで殉教したキリストの12弟子の一人タダイが葬られています。また、ゾルゾル教会はダムの建設で水没の危機にありましたが、アルメニア人の技師により現在の場所に移転された経緯があります。ツアーでは、イラン北西部の荒涼とした大地に佇むアルメニア教会を訪問します。

荒涼とした大地に佇むゾルゾル教会の聖マリア礼拝堂

COLUMN コンマゲネ王国の威光が眠る地 ネムルート山

ユーフラテス川上流の西岸地帯は、古くからコンマゲネと呼ばれる地域でした。アッシリア、アケメネス朝ペルシャ、アレキサンダー大王という順で支配されますが、アレキサンダー大王亡き後に、大王の将軍の一人セレウコスが興したセレウコス朝の領土になります。紀元前162年にコンマゲネはセレウコス朝から独立し、ヘレニズムとペルシャ文化を融合させます。アンティオコス1世の治世に、彼はネムルート山に巨大な人工施設を建設します。ギリシャ神やペルシャの神々の像が祀られたこの場所は、アンティオコス1世自身の墳墓とも宗教施設とも言われていますが、何の目的で造られたか依然謎のままになっています。ツアーでは、様々な神々の像に朝日が当たる時間に遺跡を訪れ、古代コンマゲネ王国の栄華にふれます。

朝日に照らされるネムルート山頂の巨石像

出発日と料金

2019年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
06月10日(月) ~
06月21日(金)
12日間 428,000円
08月05日(月) ~
08月16日(金)
12日間 498,000円
09月16日(月) ~
09月27日(金)
12日間 468,000円
発着地 東京発着 最少催行人員 8名(15名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 34,000円(12月7日現在の見込み)
一人部屋追加代金 58,000円
ビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 少人数限定コースのため再利用割引・特別割引はありません。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京 21:25発 空路、東京よりトルコのイスタンブールへ。
機中泊
2 イスタンブール
イスタンブール
テヘラン
03:35着
09:50発
14:25着
イスタンブール着後、航空機を乗り換えて、イランの首都テヘランへ。着後、ホテルへ。
テヘラン泊
3 テヘラン
ウルミエ
朝発
午前着
朝の便にて、空路、ウルミエへ。着後、ウルミエ市内及び郊外の観光(アラベスク文様の細工が美しい塔セ・ゴンバド、1800年頃建てられたアッシリア正教のマリア教会ウルミエ湖等)。
ウルミエ泊
4 ウルミエ
マクー
08:00発
18:00着
専用バスにて、断崖に囲まれたマクーへ。途中、アルメニア正教の聖地で、世界遺産にも登録されているゾルゾル教会聖タデウス教会(黒の教会)を見学。途中、天気が良ければアララト山を遠望することができます。
マクー泊
5 マクー
(国境)
カルス
08:30発

16:30着
朝、国境を越え、アララト山を望みながらトルコのドゥバヤジットへ。着後、ノアの方舟の跡といわれるヌフン・ゲミシや、山腹のイサクパシャ宮殿を見学。途中、天気が良ければ、大アララト山小アララト山を展望できます。その後、専用バスにて、帝政ロシア時代の建築の残るアルメニアとの国境の町カルスへ。
カルス泊
6 カルス
エルズルム
08:00発
18:00着
朝、カルス博物館、アルメニア王国の都アニ遺跡を見学。その後、専用バスにて東ローマ帝国時代に皇帝の名にちなみテオドシオポリスと呼ばれた標高1,900mの高地に位置するエルズルムへ。
エルズルム泊
7 エルズルム
ヴァン
13:00発
18:30着
午前中、エルズルム市内観光(青いミナレットが美しいヤクティエ・メドレッセララムスタファ・パシャ・ジャミィチフテ・ミナーレ城塞等)。その後、専用バスにてトルコ最大の湖・ヴァン湖畔の町ヴァンへ。
ヴァン泊
8 ヴァン   午前中、オスマン朝時代に築かれたホシャップ城、ウラルトゥ王国の都チャウシュテペ遺跡を訪れます。昼食はヴァン湖で獲れた魚料理をご賞味ください。午後、ヴァン城を見学します。
ヴァン泊
9 ヴァン
ディヤルバクル
08:00発
14:00着
専用バスにてチグリス川沿いの要塞の町ディヤルバクルへ。途中、浮き彫りの美しいアルメニア教会の残るアクダマール島を訪問。ディヤルバクル着後、カルダニィ教会ウル・ジャミイを見学します。
ディヤルバクル泊
10 ディヤルバクル
キャフタ
08:00発
17:00着
専用車にて、キャフタへ。途中、ジュンデレ橋、コンマゲネ王家の女性達の古墳カラクシュ、夏の離宮跡アルサメイアを見学します。
キャフタ泊
11 キャフタ
ネムルート山
アデゥヤマン
イスタンブール
早朝発

13:45発
15:45着
早朝、ネムルート山へ。約20分山道を歩き、山頂から美しい朝日巨石像を見学。その後、アデゥヤマンへ。午後の便にて、空路、イスタンブールへ。
機中泊
12 イスタンブール
東京
01:40発
19:10着
着後、航空機を乗り換えて、帰国の途につきます。着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝9/昼8/夜9:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:ターキッシュエアラインズ
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) イラン(2,700円)、代行手数料(4,320円)、写真1枚。旅券の残存有効期間は入国時に6ヶ月、査証欄余白は見開き2ページ以上必要です。査証申請は団体で行うため、査証の先取りなどをご希望の場合は別途2,160円を頂戴いたします。なお、現在のパスポートにイスラエルの出入国スタンプがある方はイランに入国できない場合がありますので、お早めにお問い合わせください。2011年3月以降にイランへの渡航歴がある場合は、ESTA(米国渡航認証)を利用して渡米することはできなくなり米国査証の取得が必要となりました。詳しくは担当までお問い合わせください。トルコは査証不要です。
気候・服装 各月とも夏服が基本となります。ただし、標高の高い場所や早朝のネムルート山では冷え込みますので上着もお持ちください。イランで女性はイスラム法によりスカーフで頭髪を隠し、体の線を隠すためのコートや上着の着用を義務付けられています。詳しくは担当までお問い合わせください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
イランをご旅行するにあたって 数多いイスラム教の国の中でも、イランはイスラムの戒律が大変厳しい国のひとつです。外国人旅行者もある程度その戒律に従わなければなりません。酒類の持ち込み、飲酒は厳しく禁じられています。女性は観光客であっても頭髪を含む肌の露出が禁じられています。詳しくは担当までお問い合わせください。
観光について イランやトルコの遺跡や博物館、モスク等は、現地事情により突然入場できなくなることがあります。その場合は外観のみの観光となります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。