ツアーのポイント

ポイント インド南部から東部にかけて点在する遺跡を訪問

大乗仏教の大成者、龍樹菩薩の史跡「ナーガルジュナコンダ遺跡」、密教発祥の地ともされる「アマラヴァティ大塔」、密教曼荼羅の起源となる仏像群が見られるオリッサ州の仏教遺跡群を訪れ、日本仏教のルーツの一つに迫ります。

ポイント 2ヶ所で2連泊 長いご旅行も快適に

旅のハイライトとなるナーガルジュナサーガル、ブバネシュワルではゆとりの2連泊。じっくりと遺跡観光にご案内いたします。

ポイント カリンガ戦争の激戦地「ダウリの丘」も訪問

紀元前3世紀に、アショーカ王(阿育王)が仏教に深く帰依する転機となったカリンガ戦争の激戦地「ダウリの丘」を訪問。カリンガ戦争の800年後には、世界的な宗教となった仏教も日本に伝播することになります。

COLUMN 龍樹菩薩晩年の地 ナーガルジュナコンダ島を訪問

ナーガルジュナコンダはクリシュナ川中流右岸に存在した遺跡で、発見された碑文により、3世紀に栄えたイクシュヴァーク朝の都ビジャヤプリーの跡と考えられています。遺跡には王宮、チャイティヤなどの仏教建築、ヒンドゥー寺院など多くの遺構が存在していましたが、1950年代からダムが建設され、重要な九つの遺構が丘の上に移されました。ナーガルジュナコンダの語義は「ナガルジュナの丘」で、遺跡のわきの丘上で、仏教中観派の祖龍樹が瞑想をしたことに由来するといわれていますが、諸説あるようです。年代的にはクリシュナ川下流のアマラヴァティの遺跡に続き、仏陀を表すのに法輪や仏足のような「シンボル」から「仏像」への移行期にあたります。また、ヒンドゥー建築もみられることから仏教美術史上でも重要な遺跡となっています。

世界第3位の大きさを誇る人工湖ナーガルジュナサーガル
シヴァ寺院
卍仏塔
紀元前2世紀頃の巨石墳墓
チャムタスリ王女奉献塔

COLUMN 日本密教美術の起源 オリッサ3大僧院跡

オリッサ州カタック地区にある3大仏教遺跡ラトナギリ、ウダヤギリ、ラリタギリ。各遺跡に付く「ギリ」とは山の意で、いずれも山頂や山の中腹に残ります。日本の密教美術の故郷とされる所以は、ガンダーラ、マトゥラーの流れを汲むパーラ朝の釈迦三尊像は観音と弥勒が脇侍であるのに対して、オリッサではアジャンタやエローラの流れを汲んだ、蓮華手(観音)と金剛手が脇侍となっているところです。これは、日本の胎蔵界曼荼羅の形に通じます。また、観音像に関しては、パーラ朝では4、6、8、12臂と多種あるのに対して、オリッサでは4臂が半数を占め、手に羂索を持っているため、オリッサ州の観音像は日本で見られる不空羂索観音像の原型であるとも考えられています。

ラトナギリ 四臂観音立像
ウダヤギリ 宝生如来像 右脇侍・虚空蔵菩薩、左脇侍・観音菩薩
ウダヤギリ 金剛界五智如来を配した仏塔
ラリタギリ チャティヤ・グリハ(仏塔を祀った小堂)

出発日と料金

2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
01月13日(月) ~
01月22日(水)南インドの新年を祝う季節
10日間 358,000円
03月09日(月) ~
03月18日(水)
10日間 358,000円
発着地 東京発着 最少催行人員 8名(15名様限定) ・添乗員同行
燃油サーチャージ 17,000円(6月28日現在の見込み)
一人部屋追加代金 48,000円
ビジネスクラス 日本/デリー間は往復15万円~28万円の追加で別途手配いたします。ご予約の時期によって、料金が変わることがありますのでご希望の方はお早めにお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
デリー
デリー
ハイデラバード
11:30発
17:00着
夜発
空路、東京より直行便でインドの首都デリーへ。着後、航空機を乗換えてアンドラ・プラデーシュ州のハイデラバードへ。
ハイデラバード泊
2 ハイデラバード
ナーガルジュナサーガル
09:00発
12:00着
専用バスにてナーガルジュナサーガルへ。着後、仏教遺跡群があるアヌプ遺跡を見学します。
ナーガルジュナサーガル泊
3 ナーガルジュナサーガル
(ナーガルジュナコンダ)
  朝、船にて龍樹菩薩が晩年を過ごしたというナーガルジュナコンダ島を訪問。終日、遺跡群博物館を見学します。
ナーガルジュナサーガル泊
4 ナーガルジュナサーガル
ヴィジャヤワダ
08:00発
18:00着
専用バスにてヴィジャヤワダへ。途中、古代仏教寺院がそのままヒンドゥー寺院となったカポテーシュワラ寺院、密教発祥の地「南天鉄塔」ともされるアマラヴァティ大塔ウンダヴァリ石窟寺院等を見学します。
ヴィジャヤワダ泊
5 ヴィジャヤワダ
ラージャムンダリー
07:00発
18:00着
専用バスにてラージャムンダリーへ。途中、グントゥパリ仏教石窟を見学します。
ラージャムンダリー泊
6 ラージャムンダリー
(ボジャナコンダ)
(リンガラメッタ)
スリカクラム

08:00発



18:00着

専用バスにてスリカクラムへ。途中、仏教遺跡ボジャナコンダリンガラメッタにて石窟寺院、ストゥーパや大仏群を見学します。
スリカクラム泊
7 スリカクラム
ブバネシュワル
08:00発
17:00着
専用バスにてオリッサ州の州都ブバネシュワルへ。途中、多くのストゥーパが残ることで有名なサーリーフンダム遺跡を訪問します。
ブバネシュワル泊
8 ブバネシュワル   専用バスにてブバネシュワル郊外の観光。日本密教美術の起源となる仏像群が見られる仏教遺跡群ラトナギリラリタギリウダヤギリを見学します。また、プシュパギリ寺院跡で有名なラングディの丘も訪れます。
ブバネシュワル泊
9 ブバネシュワル
デリー
デリー

13:50発


午後発

午前中、アショーカ王が仏教に深く帰依する転機となった、カリンガ戦争の激戦地ダウリの丘を観光。その後、航空機にてデリーへ戻ります。着後、航空機を乗り換えて、帰国の途につきます。
機中泊
10 東京 08:45着 着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝8/昼8/夜7:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:エア・インディア
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) インド(1,250円)、代行手数料(4,000円+消費税)、写真1枚。旅券の残存有効期間・査証欄余白は申請時6ヶ月以上・2ページ以上必要です。
気候・服装 乾季のベストシーズンにあたります。日中は涼しく、長袖シャツに軽い上着程度で過ごせますが、朝晩は冷え込みますのでフリース等の防寒着もお持ちください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。