「パンジャーブからヒマーチャル・カングラ渓谷へ」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 南アジア(インド・ブータン等)方面 > パンジャーブからヒマーチャル・カングラ渓谷へ

パンジャーブからヒマーチャル・カングラ渓谷へ

シク教・チベット仏教の聖地も訪れるインド再発見の旅

  • 遺跡・史跡
  • 鉄道の旅
  • 大自然
  • カングラ鉄道とヒマラヤの山並み(3月)
  • シク教の総本山・黄金寺院(アムリトサル)
  • ノルブリンカ文化研究所(ダラムサラ)
  • 国境の町アタリーで行われるフラッグセレモニー
  • フラッグセレモニー
  • ゲルク派の総本山・ナムギャル僧院
  • シク教徒のボランティアによる食事の仕度風景
  • ロックガーデン
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • 個人旅行・フリープラン
  • このツアーの地図を見る
  • インドの旅

ツアーのポイント/ Tour Point 

ヒマーチャルの絶景路線「カングラ鉄道」Kangra Valley Railway

パタンコットから始まる約200kmのローカル線。中でもカングラからパランプールまで、山並みが美しい区間に乗車します。観光客も少なく、地元の人にとっての貴重な足となる素朴な鉄道の旅をお楽しみください。

カングラ鉄道とヒマラヤの山並み(3月)

カングラ鉄道の車内の様子

ダライ・ラマ亡命の地 ダラムサラ Dharamsala

チベット亡命政権拠点のダラムサラ。1960年にこの地に「中央チベット政権」が樹立され、今は約6000人の亡命チベット人が暮らしています。各省庁や、大学、チベット芸術の研究所など狭い土地に1つの国の機能が集約されています。
  • ゲルク派の総本山・ナムギャル僧院

  • チベット族のお坊さん

シク教の聖地 アムリトサル
Amritsar

長い髭を蓄え、長いターバンを見事に巻きあげたシク教徒の聖地アムリトサル、パンジャーブ州でパキスタン・ラホールと国境を接しています。シク教総本山である黄金寺院の訪問はもちろん、国境で毎夕行われるフラッグセレモニーも見学します。セレモニーは両国民の歓声で大盛り上がりです。

ターバン姿のシク教徒

世界に進出するシク教徒

「インド人と言えばターバンを巻いた人」というイメージがあるのはなぜでしょうか。実際にターバンを巻くのは、インド13億人の内わずか2%のシク教徒のみで、多く見かけることはありません。しかし、シク教徒は英国領時代から海外に進出する人が多く、早くから「ターバンの人=インド人」のイメージが世界的に広まりました。教義としては、カースト制や偶像崇拝、出家、苦行を否定し、自分が置かれている環境を享受して、世俗との関わりを重んじます。グルドゥワラと呼ばれるシク教寺院では、靴を脱ぎ下足番に預けます。また、毎日シンプルな食事が宗教を問わず寺院を訪れる人全てに振舞われます。その下足番も、食事の支度と片付けも、全てシク教徒のボランティアによって賄われています。インド人口の大多数を占めるヒンドゥー教と、わずが2%のシク教。全く異なる教えに基づきながらも共存できる2つの宗教の懐の深さは、実に興味深いものがあります。
  • シク教徒のボランティアによる食事の仕度風景

  • ターバン姿のシク教徒の男性

モダニズム建築の粋を集めた都市
チャンディーガル

モダニズム建築家「ル・コルビュジエ」によって丸ごと一つの「都市そのもの」が設計されたことで名高いチャンディーガルは、幾何学的に計算され尽した街並みそのものが見所です。インドの他の都市とは全く違った街並みをぜひrock_garden体感してください。

ロックガーデン

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
デリー
11:15発
17:00着
空路、東京より直行便にてインドの首都デリーへ。デリー着後、ホテルへ。
デリー泊
2 デリー
アムリトサル
早朝発 早朝の国内線にてシク教の聖地、アムリトサルへ。シク教総本山の黄金寺院を見学。その後、門前町として賑やかなバザールの散策。夕方、パキスタンとの国境の町アタリーを訪れ、日没時に行われるフラッグセレモニーをご覧いただきます。
アムリトサル泊
3 アムリトサル
ダラムサラ
10:00発
15:00着
専用車にてダライ・ラマ14世亡命の地ダラムサラ(1,800m)へ。
着後、ダラムサラのバザールの散策をお楽しみください。
ダラムサラ泊
4 ダラムサラ   終日、ダラムサラ観光ノルブリンカ芸術文化研究所ダライ・ラマ14世公邸(外観)、ナムギャル僧院セチュリン僧院チベット子供村等)。昼食はチベット料理をご賞味ください。
ダラムサラ泊
5 ダラムサラ
パランプール
(カングラ鉄道)
カングラ
チャンディーガル



11:00発
17:00着
朝、パランプールへ。カングラまでカングラ渓谷を走る列車に乗車、雪山を眺めながらの約2時間の鉄道の旅をお楽しみください。
その後、専用車にて針葉樹しげるカングラ渓谷を走りチャンディーガルへ。
チャンディーガル泊
6 チャンディーガル
デリー
午後発 午前中、チャンディーガル市内観光キャピタルコンプレックスロックガーデン等)。
その後、国内線にてデリーへと戻ります。着後、航空機を乗り換え東京方面の方は直行便で、大阪方面の方は香港経由の便で、それぞれ帰国の途につきます。
機中泊
デリー 21:15発
デリー 23:05発
7 東京 08:45着 着後、解散。
大阪 12:40着
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝5/昼5/夜5:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:エア・インディア
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2018年~2019年 出発日~帰国日 日数 東京発/東京・大阪着 催行状況
10月21日(日) ~ 10月27日(土) 7日間 248,000円
11月11日(日) ~ 11月17日(土) 7日間 248,000円
03月24日(日) ~ 03月30日(土) 7日間 248,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は12,000 円です(5月9日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(16名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 32,000円
国際線のビジネスクラス:往復150,000円より別途手配いたします。ご希望の方はお早めにお申し込みください。
特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) インド(1,550円)、代行手数料(4,320円)、写真1枚。旅券の残存有効期間は6ヶ月以上、査証欄余白は2ページ以上必要です。
気候・服装 乾期のベストシーズンです。晴れていれば日中は合服で過ごせますが、早朝や曇天の時は冷え込みます。ダウンジャケットやフリースなどの防寒着をお持ちください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
観光について 寺院・僧院は観光地ではないため、現地事情により入場できないことがあります。また、インドの鉄道は運行状況が不安定な為、大幅に遅れたり、運行しない場合もあります。特にカングラ鉄道は観光用ではなく地元の人が利用するローカル線のため、乗客数によってキャンセルになることもありえます。その場合、鉄道にて乗車予定の渓谷区間を専用車にて移動いたします。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行