ツアーのポイント

ポイント 天山山脈とタクラマカン砂漠、シルクロードの大自然を堪能

ウルムチからカシュガルへの移動は天山山脈越えフライトを利用。万年雪を頂く天山山脈の壮麗な景色を空からお楽しみいただけます。また、ホータンからクチャへの移動は第二砂漠公路を利用し、タクラマカン砂漠を縦断します。空と陸から、新疆の広大な自然を満喫する旅です。

天山山脈越えフライト
タクラマカン砂漠

ポイント みどころの多いホータンで連泊

9日間の日程ながら、みどころの多いホータンでは2連泊。各所でしっかりと見学時間を設けているのはもちろん、シルクロードのオアシス都市らしい風情あるバザール散策などもお楽しみいただきます。

訪問する
世界遺産

シルクロード:長安=天山回廊の交易路網(キジル千仏洞、スバシ故城)

COLUMN 果てしなく広がる タクラマカン砂漠

タリム盆地の中心に位置し、東西1,000㎞、南北400㎞、面積33万k㎡、中国の砂漠の43%を占める大砂漠、タクラマカン。アフリカのサハラ砂漠に次いで世界第2位の規模があり、砂丘の高さは70~80m程、高いものでは250mにも達します。昼夜の寒暖の差が激しく、極度に乾燥した過酷な環境のタクラマカンは、いにしえより人々から怖れられていました。隊商や旅人は出発前に何度も沐浴し、深く祈りを捧げて神に加護を求めると同時に、家族に別れを告げたといわれています。それゆえに、ウイグルの言葉でタクラマカン(一度入ったら二度と出られないの意)と呼ばれるようになったとされています。

果てしなく広がるタクラマカン砂漠

COLUMN 新疆最大の石窟 キジル千仏洞

3~8世紀にかけて造られたクチャ郊外のキジル千仏洞。236の石窟が残され、その壁画総面積は約1万㎢。新疆ウイグル自治区で最大規模の石窟です。塑像は破棄されてしまいほとんど残っていませんが、内部には素晴らしい壁画が現存します。壁画の題材は、釈迦の誕生から涅槃までの仏伝図、釈尊の生前の物語と古代西域の各民族の人々を描いた風俗画など。ラピスラズリの青色を多用した鮮やかな色彩の壁画が見られます。また、38窟(音楽洞)で見られる西域の楽器の数々は、日本の正倉院にも伝来したことが判る貴重なものです。

キジル千仏洞
内部に残る菱形格本生譚の壁画

COLUMN シルクロードの味覚を楽しむ

古くから中国と中央アジア地域を結ぶ新疆ウイグル自治区は、民族や文化、宗教だけでなく、東西の食文化の交差点でもあります。日本のうどんにもよく似たラグメン、中央アジア風ピラフのポロ、焼き立てのナン、スパイスたっぷりのシシカバブといったウイグル料理の他、シルクロード名物・季節のフルーツなど、訪れる時期ならではの味覚もご用意。もちろん、本格的な中華料理もお楽しみいただけます。シルクロードの中継地は、隠れた美食の宝庫です。

ラグメン
ウイグル料理の代名詞。色々な種類の味付けがあり、たっぷりの具材と麺をからめて食べます。
ナン
一口に“ナン”と言っても大きさや種類は様々。窯から焼きあがったばかりの温かいナンは絶品です。
シシカバブ
羊肉の串焼きはシルクロードの定番メニュー。食堂の前や夜市では、必ずと言っていいほどシシカバブを焼く姿が見られます。
フルーツ
寒暖差が激しく糖度の高い果物が育ちます。夏はスイカやハミウリ、冬はざくろやリンゴ。年間を通じて新鮮な果物が味わえます。

出発日と料金

2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
05月02日(土) ~
05月10日(日)ゴールデンウィークコース
9日間 388,000円
08月15日(土) ~
08月23日(日)ハミウリ・スイカの旬の季節
9日間 378,000円
09月19日(土) ~
09月27日(日)シルバーウィークコース・ハミウリ、スイカ、葡萄、ナシの旬の季節
9日間 388,000円
発着地 東京・大阪発着 最少催行人員 10名(18名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 5,000円(12月5日現在の見込み)
一人部屋追加代金 36,000円
国際線のビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
中国内都市
大阪
中国内都市
中国内都市
ウルムチ
午前又は午後発


午前又は午後発


午後又は夜発
空路、東京・大阪より中国内都市で航空機を乗り換えて、新疆ウイグル自治区の区都・ウルムチへ。着後、ホテルへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、ウルムチにて合流します。
ウルムチ泊
2 ウルムチ
カシュガル
(日曜大バザール)
朝発 天山山脈越えフライトにて、空路、中国最西端の町・カシュガルへ。着後、カシュガルの日曜大バザールを見学。市内の中央バザールだけでなく、ウイグル農民の集う動物市も訪問します。その後、カシュガル市内観光エイティガールモスク職人街等)。
カシュガル泊
3 カシュガル
メルケト
11:00発
15:00着
朝、引き続きカシュガル観光(ウイグル族の暮らす旧市街等)。その後、専用バスにて、芸術の里・メルケトへ。着後、世界無形文化遺産・ウイグル族の歌舞演奏「ドランムカム」を鑑賞します。昼食は、ウイグル風ピラフのポロをご賞味ください。
メルケト泊
4 メルケト
ホータン
09:00発
17:00着
西域南道を東へと向かい、隊商の町ホータンへ。昼食はラグメンやシシカバブなどウイグル料理をご賞味ください。
ホータン泊
5 ホータン   終日、ホータン市内及び郊外の観光(ガンダーラ様式の仏像が発見されたラワク(熱瓦克)遺跡マリクワット故城ユルンカシュ(白玉河)の河原等)。
ホータン泊
6 ホータン
タクラマカン砂漠
クチャ

07:00発


20:00着

専用バスにて第2砂漠公路を北上し、タクラマカン砂漠を縦断します。どこまでも続く砂丘、美しく波打つ風紋、林立する胡楊などを眺め、タリム川を渡り、天山南路のクチャへ。
クチャ泊
7 クチャ
ウルムチ
夜発 終日、クチャ観光(玄奘三蔵がインドへ向かう途中に立ち寄ったといわれる塩水渓谷キジル千仏洞スバシ故城等)。キジル千仏洞では、「音楽洞」として知られる38窟もご覧いただきます。夜発の航空機にてウルムチへ戻ります。
ウルムチ泊
8 ウルムチ
中国内都市
午後又は夜発 午前中、ウルムチ観光(「楼蘭の美女」など西域遺跡からの出土品が素晴らしい新疆ウイグル自治区博物館等)。午後発の航空機にて中国内都市へ。
中国内都市泊
9 中国内都市
東京
中国内都市
大阪
午前又は午後発


午前又は午後発
航空機にて東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝8/昼7/夜6:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:中国国際航空、中国東方航空、中国南方航空、山東航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間は、入国時に6ヶ月以上必要です。
気候・服装 5月、9月は合服、8月は夏服が基本となります。いずれの季節も朝晩は冷え込みますので上着をご用意ください。タクラマカン砂漠周辺では砂除けのスカーフやマスクをお持ちいただくと便利です。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
観光について ウルムチの新疆自治区博物館の「楼蘭の美女」などの展示物は、他の美術館に貸出される場合見学できないことがあります。このコースで観光する石窟では、内部の写真撮影が禁止されています。また、各地のバザールは現地事情により開催されなかったり、まれに外国人の立ち入りが制限されることがあります。予めご了承ください。
移動について 近年各地の検問が増え、通過に時間がかかり目的地到着の時間が予定よりも大幅に遅くなる場合があります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。