ツアーのポイント

ポイント 往路はデリー/パロ間航空機利用
10日間でブータン3都市とシッキム・ダージリンを訪問

往路はヒマラヤ展望フライトでデリーからパロへ移動し、西ブータンの3都市を周遊。復路は陸路でインドへ国境越えをすることでシッキム・ダージリンまで効率よく訪問することができます。

ポイント ブータンの春と秋の祭り「ツェチュ」を見学

ブータンでは一年を通し、多くのツェチュ祭が催されています。「ツェチュ」とはチベット文化圏の寺院でのお祭りのことをいいます。4/4発コースは春の祭り「パロ・ツェチュ」、9/26発コースでは秋の祭り「ティンプー・ツェチュ」を見学。僧たちによって踊られる躍動的な仮面舞踊チャム、村人の素朴な歌や、民族舞踊などが披露され、大変にぎわいます。

ポイント インドの中のチベット世界・シッキムと紅茶の産地・ダージリンを訪問

ブータンから陸路で国境を越えて、インドの中でもチベット文化が残るシッキムと、ヒマラヤの避暑地ダージリンへ。ヒマラヤの山々の展望や世界遺産トイ・トレインの乗車もお楽しみいただきます。

ポイント ご参加の方にプレゼント

小物入れにも便利なブータン製の竹細工のお弁当箱「ボンチュー」と、旅に役立つ西遊旅行オリジナル「ブータンハンドブック」をプレゼントいたします。

訪問する
世界遺産

インドの山岳鉄道群

COLUMN 年に一度の特別な日を地元の人々と楽しむ
ブータンの祭り「ツェチュ」を見学


4/4発コース:ブータン最大の春を呼ぶ祭り「パロ・ツェチュ」を見学

チベット仏教をヒマラヤ一帯に流布したグル・リンポチェ(パドマサンバヴァ)にちなんだ祭り。グル・リンポチェが「月の10日にツェチュ祭のあるところには必ず戻ってくる」という言葉を残したことから、各月の10日に法要が行われます。その中でも5日間にわたって繰り広げられる「パロ・ツェチュ」はブータンに春を呼ぶ特別なお祭りです。

仮面舞踊「チャム」を鑑賞
道化役「アツァラ」
移動式曼荼羅を見る子ども

9/26発コース:首都ティンプーで行われる「ティンプー・ツェチュ」を見学

2008年に現国王の戴冠式のためにタシチョ・ゾンの脇に建てられた会場で行われます。祭り期間中は、一張羅で着飾った人々が各地から集まり3日間に渡って祭りが開催されます。躍動感溢れる仮面舞踊チャムや各地域の民俗舞踊などが披露されます。祭り会場の外では出店が並び、買い物を楽しむ人たち、お弁当を囲む家族、駆け回る子供たちなどの姿が見られます。

仮面舞踊「チャム」
正装した地元の人々

COLUMN インドの中のチベット世界「シッキム王国」

チベットでの宗派間抗争に敗れたニンマ派の高僧が、シッキムに逃れて1642年に王国を建国してから1975年にインドに併合されるまで、この地では独自のチベット文化が育まれてきました。首都ガントクではエンチェ僧院など、チベットにまつわる多くのみどころを訪問します。

ダージリンの街から望むカンチェンジュンガ
エンチェ僧院
タシ・ビューポイントから望むヒマラヤ

COLUMN 世界遺産トイ・トレインに乗車
ヒマラヤの避暑地ダージリンを走る

トイ・トレイン(おもちゃの鉄道)の愛称で親しまれているダージリンのヒマラヤ鉄道は、アジア最古の登山鉄道です。ニュー・ジャルパイグリからダージリンまで、全長88kmの区間を時速10kmほどの速度で7~8時間かけて走ります。標高差は2,000m、線路幅はわずか61cmです。現在ではディーゼル機関車に置き換わっていますが、開業当時の姿の蒸気機関車が一部使用されています。

世界遺産トイ・トレインとヒマラヤの展望

出発日と料金

2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
04月04日(土) ~
04月13日(月)パロ・ツェチュ祭見学
10日間 428,000円
09月26日(土) ~
10月05日(月)ティンプー・ツェチュ祭見学
10日間 428,000円
発着地 東京発着 最少催行人員 8名(15名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 12,000円(11月6日現在の見込み)
一人部屋追加代金 62,000円
日本の国内線割引 日本主要都市から東京への国内線特別割引がございます(エア・インディア指定便に限る)。詳しくはお問い合わせください。
国際線のビジネスクラス 日本/デリー間は往復15万円~28万円の追加で別途手配いたします。ご予約の時期によって、料金が変わることがありますのでご希望の方はお早めにお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。
  • 祭りの期間中はホテルが非常に混みあうため、御一人部屋をお取りできなかったり、分宿になることがあります。

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
デリー
11:15発
17:00着
空路、東京より直行便にてインドの首都デリーへ。デリー着後、ホテルへ。
デリー泊
2 デリー
パロ
パロ
(ドチュ・ラ)
プナカ
早朝発

14:00発

18:00着
ヒマラヤ展望フライトにてブータンの空の玄関口パロへ。着後、パロ谷の観光(寺院と城が一体化した巨大なパロ・ゾン、ブータン最古の寺院のひとつキチュ・ラカン等)。
その後、専用バスにてドチュ・ラ(峠:3,090ⅿ)を越えて、かつての「冬の都」プナカへ。途中、天気がよければブータンヒマラヤを展望することができます。
※4/4発コースはこの日にパロ・ツェチュ祭を見学します。
プナカ泊
3 プナカ
ティンプー
パロ
08:00発

17:00着
朝、丘陵上に建つチミ・ラカンプナカ・ゾンへ。その後、専用バスにてパロへ戻ります。途中、ブータンの首都ティンプーにてブータンの政治と宗教を司るタシチョ・ゾンや町のランドマーク・時計広場に立ち寄ります。
夜は、ブータン衣装ゴ(男性)、キラ(女性)の着付け教室をお楽しみください。
※9/26発コースはこの日にティンプー・ツェチュ祭を見学します(チミ・ラカンとプナカ・ゾンは2日目に、パロ観光は5日目に見学)。
パロ泊
4 パロ   朝、パドマサンバヴァが瞑想したという、チベット仏教屈指の聖地タクツァン僧院までハイキング(往復5~6時間)。上まで登らずに、途中の展望台でお休みいただくこともできます。また、民家訪問や焼き石のお風呂ドツォを体験。夕食は、ブータンの家庭料理をお召し上がりください。
パロ泊
5 パロ
プンツォリン
約6時間 専用バスにて、ブータン国境の町プンツォリンへ。
※4/4発コースは深夜から早朝にかけてパロ・ツェチュ祭の最終日に開帳される大掛仏トンドルを見学します。
プンツォリン:パークホテル泊
6 プンツォリン
ダージリン
09:00発
16:00着
専用車に分乗し、西ベンガル州のダージリンへ。
ダージリン泊
7 ダージリン   早朝、カンチェンジュンガを望むヒマラヤの展望台タイガー・ヒル(2,590m)へご案内します。午前中、世界遺産のヒマラヤ鉄道トイ・トレインに乗車。ゆっくりとダージリンの街並みや山岳風景を眺めながらグームへ。午後はゆっくりと本場ダージリンでのティータイムをお楽しみください。夕方、天気が良ければカンチェンジュンガの展望ポイントにご案内いたします。
ダージリン泊
8 ダージリン
ガントク
08:00発
13:00着
専用車にて州境を越え、かつてのシッキム王国の都ガントク(1,600m)へ。着後、ガントク市内観光エンチェ僧院バザール散策等)。
ガントク泊
9 ガントク
バグドグラ
バグドグラ
デリー
デリー
07:00発
12:00着
夕方発

21:10発
早朝、ヒマラヤの展望台タシ・ビューポイントへ。その後、専用車に分乗して西ベンガル州のバグドグラへ。着後、航空機にてデリーへ。着後、航空機を乗り換えて帰国の途につきます。
機中泊
10 東京 08:45着 着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝7/昼7/夜8:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:エア・インディア
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) ブータン(4,600円)、インド(1,250円)、代行手数料(4,400円×2ヶ国)。旅券の残存有効期間・査証欄余白はブータン出国時6ヶ月以上・3ページ以上必要です。
気候・服装 日中は暖かく長袖シャツ程度でお過ごしいただけますが、朝晩は冷え込みますので十分な防寒具もお持ちください。日差しが強いので日除けもご用意ください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
日程について ブータンの玄関口・パロ空港は谷間にあるため、天候により発着が遅れることがあります。また、祭りの期間中や開催日の前後には臨時便が運航されることがあるため、発着地・経由地・発着時間が突然変更になることがあります。
観光について ゾンや寺院、僧院、ラカンは観光地ではありませんので、現地の都合により入場できないことがあります。その場合は外観のみの観光となります。入場見学の場合も内部での帽子、傘の使用、襟がないシャツ、ノースリーブ、サンダルの着用は禁止されています。タクツァン僧院へは、山道を歩きます(往復5~6時間)。歩くことが苦手な方は、僧院が見える第一展望台のカフェテリアでお待ちいただくことも可能です(第一展望台までは片道1時間半~2時間)。駐車場(標高2,500m)~第一展望台(標高2,800m)は約2km、第一展望台からタクツァン僧院まで(標高2,900m)は約2.5kmです。ヒマラヤ鉄道のトイ・トレインは蒸気機関車に乗車予定ですが、現地の都合によりディーゼル機関車になることがあります。
宿泊について 祭りの期間中は非常にホテルが混み合うため、御一人部屋をお取りできなかったり、3人以上の大部屋泊、分宿、ゲストハウス泊になることがあります。また、宿泊地の変更を余儀なくされることも考えられます。そのような場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。