ツアーのポイント

ポイント 南アフリカ・ボツワナ2ヶ国に広がる カラハリ・トランスフロンティアパークでサファリ

南アフリカの北ケープ州とボツワナを跨ぐように広がるカラハリ・トランスフロンティアパークに2連泊。計4回のサファリをお楽しみいただきます。早朝から約6時間かけてのたっぷりサファリドライブ、また夕方から夜にかけてのサファリではナイトサファリで夜行性の動物も観察します。

ポイント ナマクワランドでワイルドフラワーを観察

1年に一度、8月中旬から9月上旬にかけてワイルドフラワーの花園が現れるナマクワランド。ウエストコースト国立公園、マイキーズフォンテーンなどの花の名所を訪れ、ワイルドフラワーの観察をゆっくりとお楽しみいただきます。

ポイント 知られざるアウグラビーズ・フォールズ国立公園も訪問

落差56m、世界第6位の規模を誇るアウグラビーズの滝を見学します。

COLUMN アフリカ初の越境公園 カラハリ・トランスフロンティアパーク

2000年、カラハリ・トランスフロンティアパークはアフリカで初めての国境を跨いだ保護区域として正式に指定されました。南アフリカとボツワナの国境付近に広がり、公園の総面積は3万8,000㎢、ボツワナ側の面積が2万8,400㎢、南アフリカ側の面積が9,600㎢で21世紀の動植物保護のモデルとなることが期待されています。象やサイ、バッファローなどの大型草食動物は生息していませんが、ライオンやチーター、セグロジャッカルなどの捕食動物の観察率が高いことで知られ、特にこの地域にのみ生息するカラハリライオンはライオンの中でも最も美しいとさえ言われます。また、スプリングボックやオリックス、レッドハーテビーストなどの草食動物に、愛らしいミーアキャットやオオミミギツネ、ケープフォックス、アフリカンワイルドキャット、多くの猛禽類を観察できるチャンスがあります。公園内のロッジに宿泊し、計4回のサファリを存分にお楽しみいただきます。

オリックス© Tomo Akiyama
スプリングボックを狙うチーター
ヨーロッパジェネット
世界最小の猛禽類 コビトハヤブサ
オオミミギツネ

COLUMN 奇跡の花園 ナマクワランド

砂漠に降る春の雨が、ナマクワランドの荒野に一面の花畑を出現させます。8月中旬から9月上旬にかけて、荒涼とした大地が突如として色鮮やかな花畑へと変わり、多くの観光客がこの地に足を運びます。ナマクワデイジーやビートルデイジーなどのキク科の植物を中心に、色鮮やかな花々が一斉に咲き、花の競演が始まります。ウエストコースト国立公園、マイキーズフォンテーン、ナマクワ国立公園のスキルパッド自然保護区などの花の名所を訪れ、心ゆくまで美しい花園を堪能していただきます。

ピンクッション
ブルビネラ
アフリカンデイジー

出発日と料金

2019年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
08月21日(水) ~
08月29日(木)
9日間 578,000円
08月29日(木) ~
09月06日(金)
9日間 578,000円
発着地 東京・大阪発着 最少催行人員 8名(12名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 9,600円(11月7日現在の見込み)
一人部屋追加代金 58,000円
ビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
シンガポール
午前又は夕方発
午後又は夜着
空路、東京・大阪よりシンガポールへ。着後、航空機を乗り換えて、南アフリカのヨハネスブルグの経由でケープタウンへ。
※添乗員は東京・大阪どちらか一方より同行し、シンガポールで合流します。
機中泊
大阪
シンガポール
10:55発
16:40着
2 シンガポール
ケープタウン
ケープタウン
ウエストコースト国立公園
クランウィリアム
02:00発
09:45着
11:00発


18:00着
ケープタウン着後、専用バスにてクランウィリアムへ。途中、ウエストコースト国立公園を訪れ、ワイルドフラワーの観察をお楽しみください。
8月中旬から下旬にかけて、ケープタウン周辺からナマクワランド地方はワイルドフラワーの咲く美しい季節を迎えます。
クランウィリアム:クランウィリアムホテル又はクランウィリアムロッジ泊
3 クランウィリアム
マイキーズフォンテーン
スプリングボック
08:00発

18:00着
午前、ワイルドフラワーの名所マイキーズフォンテーンにて色鮮やかな花々の観察をお楽しみください。一面に広がる花畑や珍しい花々の観察が期待できます。その後、専用バスにて北上し、スプリングボックへ向かいます。
スプリングボック:スプリングボックイン泊
4 (ナマクワ国立公園)
スプリングボック
アウグラビーズ・フォールズ国立公園

14:00発
18:00着
午前、ナマクワ国立公園のスキルパッド保護区を訪れ、ナマクワデイジーやビートルデイジーをはじめ様々なワイルドフラワーの観察をお楽しみください。午後、アウグラビーズ・フォールズ国立公園へと向かいます。
アウグラビーズ・フォールズ国立公園:アウグラビーズフォールレストキャンプ泊
5 アウグラビーズ・フォールズ国立公園
カラハリ・トランスフロンティアパーク
10:00発

16:00着
朝、遊歩道を歩きアウグラビーズ滝を見学します。その後、南アフリカ・ボツワナの2ヶ国に跨るカラハリ・トランスフロンティアパークへ。夕方から夜にかけて、トゥヴィーリフィーレン地区でのサファリドライブ。ナイトサファリではオオミミギツネやアフリカンワイルドキャット、ジャコウネコ科のジェネット、アフリカワシミミズク等の観察のチャンスです。
カラハリ・トランスフロンティアパーク:トゥヴィーリフィーレンキャンプ泊
6 カラハリ・トランスフロンティアパーク   早朝よりカラハリ・トランスフロンティアパークにて約6時間のサファリドライブ。カラハリライオンをはじめとする捕食動物を狙う他、オリックス、レッドハーテビースト、ステンボックなどの羚羊類、オグロヌーやケープキリン、ミーアキャット等を観察。ワフリカソウゲンワシやコシジロウタオオタカ等の猛禽類も多く観察できます。午後、ロッジにて休養。夕方から夜にかけて再びサファリドライブへ。
カラハリ・トランスフロンティアパーク:トゥヴィーリフィーレンキャンプ泊
7 カラハリ・トランスフロンティアパーク
アピントン

約3時間

午前、前日に引き続きカラハリ・トランスフロンティアパークでの約6時間のサファリドライブ。存分に野生動物の観察をお楽しみください。午後、専用バスにてアピントンへ。
アピントン:ツァーヒツィーロッジ泊
8 アピントン
ヨハネスブルグ
ヨハネスブルグ
09:00発
10:35着
13:55発
専用バスにて空港へ。空路、ヨハネスブルグへ。着後、航空機を乗り換えてシンガポールへ。
機中泊
9 シンガポール 06:10着 シンガポール着後、航空機を乗り換えて東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。
シンガポール
東京
午前発
夕方着
シンガポール
大阪
13:55発
21:35着
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝6/昼 6/夜 6:機内食は除く
  • 利用予定航空会社: シンガポール航空、南アフリカ航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存期間は南アフリカ出国後30日以上、査証欄の余白は南アフリカ入国時2ページ以上必要です。
気候・服装 日中の気温は20~25℃程度ですが、朝晩は10℃位まで冷え込むこともあります。サファリ用にフリースやジャンパー、暖かい帽子や手袋などの防寒着も必要です。日中は日差しが強いので帽子やサングラス、砂ぼこり除けにスカーフやマスクも必携品です。ロッジのプールで泳がれる方は水着もご準備ください。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
観光について カラハリ・トランスフロンティアパークでは国立公園の所有するオープンサファリカーでサファリを行いますので、他のお客様と混乗となります。自然観察ですので、写真や日程表中の動物や花が必ず見られるとは限りません。また、ナマクワランド地方の花の開花時期は年によって前後する場合があります。予めご了承ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。