ツアーのポイント

ポイント 野生動物の子どもが多く見られる季節 サファリに最適な乾季のベストシーズンに設定

外敵から狙われにくい雨季に誕生した野生動物の子どもたちが親に連れられサバンナを歩く2月。ゾウやライオンなどの愛らしい親子の姿と出会えます。セレンゲティ国立公園、アンボセリ国立公園では2連泊し、全行程で計8回のサファリをお楽しみいただきます。

ポイント アフリカ最高峰キリマンジャロ(5,895m)を展望

ケニアのアンボセリ国立公園はキリマンジャロの麓に広がっています。天気が良ければ、サファリ中はもちろん、ご宿泊いただくオルトカイ・ロッジからもキリマンジャロの展望をお楽しみいただけます。

ポイント サファリ専用車は全員窓側のオープントップ

ゆっくりと動物観察ができるようケニア、タンザニアともに全員窓側保証。サファリに便利なオープントップ・カーを利用します。
訪問する
世界遺産

大地溝帯にあるケニアの湖沼群(ナクル湖国立公園、ケニア)/ンゴロンゴロ自然保護区(タンザニア)/セレンゲティ国立公園(タンザニア/ケニア)

COLUMN 2月、新鮮な草や水を求めて草食動物がやってくる セレンゲティ国立公園

ケニアとタンザニアにまたがる広大なサバンナを150万頭以上のヌー、20万頭以上のシマウマ、50万頭ものトムソンガゼルが、季節の移り変わりとともに新鮮な草を求め移動していきます。夏をマサイマラで過ごした草食動物たちは、小雨季の始まる11月頃からセレンゲティへの移動を開始。1月にはセレンゲティの南東部で出産シーズンを迎えます。そして雨季が終わる6月ごろ、セレンゲティで過ごした200万頭の草食動物たちは再びマサイマラを目指し北上していきます。ヌーやシマウマの赤ちゃんが多く見られる2月出発限定で、セレンゲティ国立公園に2連泊し、朝・夕計3回のサファリをお楽しみいただきます。

木の上でくつろぐヒョウ
ブチハイエナの親子 © Miho Kagawa
マサイキリン © Miho Kagawa
シマウマの親子 © Miho Kagawa
チーターの子供 © Tomo Akiyama

COLUMN 【オプショナルツアー/日程7日目】
気球に乗ってサバンナを展望 バルーンライド

早朝ロッジを出発し、約1時間のバルーンライドをお楽しみいただきます。その後、サバンナで朝食をとり、ミニサファリをしながらロッジへ戻るツアーです(添乗員は同行せず、現地英語ガイドが同行いたします)。
■料金:65,000円(1名様)
■お申し込み・お支払い方法:ご出発前に日本でお申し込み、お支払いいただきます。
■旅行企画・実施:Balloon Safari 
※詳細は担当までお問い合わせください。
※バルーンライドにご参加の場合、その日の早朝のサファリドライブにはご参加いただけません。

COLUMN アフリカ最高峰キリマンジャロを望むロッジに泊まる

オルトカイ・ロッジ[アンボセリ国立公園/2連泊]

ケニア・アンボセリ国立公園では、アフリカ最高峰キリマンジャロを望む「オルトカイ・ロッジ」に宿泊。解放感あふれるロッジの庭からは、頂に氷河を残す“アフリカの屋根”を背景にゾウやキリンなどの野生動物がサバンナを歩く、アフリカならではの風景をお楽しみいただけます。

キリマンジャロを望むオルトカイ・ロッジ
サバンナを望むプール
客室の一例

出発日と料金

2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
02月05日(水) ~
02月14日(金)
10日間 548,000円
02月12日(水) ~
02月21日(金)
10日間 548,000円
発着地 東京発着 最少催行人員 8名(15名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 21,600円(5月29日現在の見込み)
一人部屋追加代金 89,000円
ビジネスクラス 東京/ナイロビ・キリマンジャロ間は往復42万~50万円の追加で別途手配いたします。ご予約の時期によって、料金が変わることがありますのでご希望の方はお早めにお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京 21:25発 空路、ソウル経由でエチオピアのアディスアベバへ。
機中泊
2 アディスアベバ
アディスアベバ
ナイロビ
ナイロビ
ナクル湖国立公園
07:10着
08:15発
10:25着
11:30発
18:00着
アディスアベバ着後、航空機を乗り換えて、ケニアの首都ナイロビへ。着後、専用車にてナクル湖国立公園へ。
※国立公園内に位置するロッジに宿泊。
ナクル湖国立公園:フラミンゴ・キャンプ泊
3 ナクル湖国立公園
アンボセリ国立公園
07:00発
18:30着
早朝、シロサイの棲息地として知られるナクル湖国立公園でのサファリドライブをお楽しみください。その後、アフリカ最高峰キリマンジャロの麓に位置するアンボセリ国立公園へと向かいます。途中、ナイバシャ湖へ立ち寄り、ボートサファリで水鳥やカバ、マサイキリンなどの観察をします。
※キリマンジャロを望む開放感溢れる「オルトカイ・ロッジ」に2連泊。
アンボセリ国立公園:オルトカイ・ロッジ泊
4 アンボセリ国立公園   朝、アンボセリ国立公園のサファリドライブ。白く輝くキリマンジャロを背景にサバンナを駆け巡る動物たちをご覧いただけます。その後、マサイ族の村を訪問。歌と踊りの歓迎式をお楽しみください。昼食後、ロッジにて休養。
夕方、再びサファリドライブキリマンジャロの展望台へもご案内いたします。
アンボセリ国立公園:オルトカイ・ロッジ泊
5 アンボセリ国立公園
(国境)
ンゴロンゴロ自然保護区

08:00発

17:30着

専用車にて国境のナマンガへ。タンザニアへと入国し、大噴火口とサバンナから成るンゴロンゴロ自然保護区へ向かいます。
ンゴロンゴロ自然保護区近郊:マレラバレーロッジ泊
6 ンゴロンゴロ自然保護区
オルドバイ渓谷
セレンゲティ国立公園

13:00発

18:30着

午前中、ンゴロンゴロ自然保護区でのサファリドライブをお楽しみください。クレーター内では、季節による移動が少ないため、シマウマ、ヌー、ライオン、カバなど数多くの動物を容易に観察することができます。午後、セレンゲティ国立公園へ。途中、アフリカ最古級の化石人骨が発見されたオルドバイ渓谷に立ち寄ります。
セレンゲティ国立公園泊
7 セレンゲティ国立公園   朝と夕方の2回、セレンゲティ国立公園でのサファリドライブをお楽しみください。ライオンや象、シマウマ、ヌーなど数多くの野生動物を観察することができます。
※この季節はサバンナの早春にあたり、かわいい赤ちゃんを連れた野生動物達を数多く観察できる季節です。
※ご希望の方は早朝、オプショナルツアーにてバルーンライドをお楽しみいただけます。
セレンゲティ国立公園泊
8 セレンゲティ国立公園
アルーシャ
10:00発
18:00着
朝、セレンゲティ国立公園でのサファリドライブをお楽しみください。その後、専用車にてアルーシャへ。
アルーシャ泊
9 アルーシャ
キリマンジャロ
キリマンジャロ
アディスアベバ
アディスアベバ
13:30発
14:30着
17:35発
20:05着
23:35発
専用車にてキリマンジャロ空港へ。着後、航空機にてアディスアベバヘ。着後、航空機を乗り換えて、ソウル経由で帰国の途につきます。
機中泊
10 東京 20:25着 着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝7/昼 8/夜 7:機内食は除く
  • 利用予定航空会社: エチオピア航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) ケニア(6,000円)、タンザニア(6,000円)、代行手数料(4,000円×2ヶ国=8,000円+消費税)、写真2枚。旅券の残存有効期間は6ヶ月以上、査証欄余白は5ページ以上(見開き2ページを含む)必要です。
気候・服装 日中は長袖シャツ程度で過ごせますが、朝晩は冷え込みますので、ジャンパーやフリースなどの防寒具が必要です。サファリドライブ時の埃除けに、マスクやスカーフをご用意ください。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
観光について 自然観察ですので、写真や日程表中の動物が必ずしも見られるとは限りません。予めご了承ください。
荷物について 荷物を積み込むスペースに限りがありますので、スーツケースは中型サイズ以下(キャスターを含め高さ66cm以下)のものでご参加いただきますよう、ご協力お願いいたします。
予防接種について 黄熱病の予防接種の証明書が必要です。また、マラリアに対する注意が必要な地域です。予防薬が販売されていますので、詳しくは担当までお問い合わせください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。